雫 さん プロフィール

  •  
雫さん: 金糸雀は夢を見る
ハンドル名雫 さん
ブログタイトル金糸雀は夢を見る
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mafuno1883-canaria17/
サイト紹介文相棒はスカイブルーのチョコボとかーくん、気ままにエオルゼアを旅するエトランゼ。
自由文ファイナルファンタジーXIVのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2017/04/19 16:40

雫 さんのブログ記事

  • ひと狩りしてきた!
  • ひと狩りして来たよ!!!!リオレウス、とにかく動き回る!!ヒラでいったけれど、後半はエスナ士!!お願いだから回復薬使ってと思いながらエスナしまくってたよ!!BGMが凄いイイ!!!モンハンのテーマのアレンジがイイ!!アイルーのミニオン、カワイイ!!!! [続きを読む]
  • 素敵なハウスにて
  • お友達がハウスをシェアしてくれました!とても素敵なおうちなのです。北欧ミステリー「凍てつく楽園」シリーズに出て来るようなおうちなのです。舞台となるスウェーデンのストックホルム群島のひとつ、サンドハムン島に建つサマーハウスのような。優しい薄い色に青がアクセント。キッチンでは、様々な美味しい料理が作られていそう。冒険の疲れを癒すバスルーム。良い香りのバスザルツでもたっぷり入れて、お湯につかっていたい。 [続きを読む]
  • 明珍一式(侍AF3)
  • 侍70のクエストクリアで貰える「明珍之鎧櫃」を使うと一式入手出来ます。 明珍陣笠【劣】明珍羽織【劣】明珍手甲【劣】明珍袴【劣】明珍下駄【劣】ネコだと陣笠に耳がついてしまうのが、ちょっと気になる。 [続きを読む]
  • 侍ジョブクエストをクリアして
  • ウルダハで出会ったひんがしの国の老剣豪ムソウサイとの物語。弟子の罪を償うために切腹を命じられたが、あえて汚名を着てエオルゼアに渡ったムソウサイ。それは弟子を倒す腕を持つ新たなる者を見出して鍛える事。病魔に侵された身体にもはや残された時間は少ない。そこで出会ったのが私。師匠の意志を継ぎ、闇落ちした彼の弟子ウゲツを成敗するため、ひんがしの国へと渡って・・・ウゲツは幕府転覆をたくらんでいた。赤誠組にも彼 [続きを読む]
  • 侍70になったでござる!
  • 侍がやっと70に。クエストはこれから頑張らないと・・・レベル上げの間に、アメノミハシラの強化も99になってしまいました!確かに、死者の宮殿よりも上がるのが早い。剣の道は険しいでござるよ!これからも日々修業でござる!! [続きを読む]
  • アメノミハシラ探検記
  • FCの皆さんと行って来ました!!4.35で実装になったアメノミハシラ。ぶっちゃけ、基本は死者の宮殿とほぼ同じ。開始はLV60からで魔器と呼ばれる武器と防具を鍛えながら内部を登っていきます。10層ごとで1度終わり、30層までクリアすると、クエストのストーリーも区切りとなって、31層以降に挑戦可能になります。内部は素敵な和風のお屋敷風。もの凄く広い宴会場みたいな層もあります。芸能人の結婚式用みたいな。範囲攻撃が痛い敵 [続きを読む]
  • 極ツクヨミ撃破!
  • FCで極ツクヨミ討滅戦に行って来ました!緊迫の激戦!!!範囲攻撃がエグい!!!安全地帯を求めて走り回るので、詠唱する暇がないヒラさんですwやったーーーー!!!最期まで美しく散る月下の華・・・倒れてそのまま・・・何度挑戦したのか忘れました。集中が切れそうになって、気合入れなおしまくりでした!たぶん、もっとイイSSを他の方があげてくれると思うけれど・・・一緒にクリアして下さった皆様!!!ありがとうございま [続きを読む]
  • 昔の衣装で出ています
  • ルーレットでメインクエストに行って来ました。メインクエはムービーが飛ばせなくなってじれったい時もありますが忘れかけていた物語を見ることが出来るのが楽しい時もあります。シドも昔の衣装で出ています。懐かしいな。イキってるネロさンとか・・・ガイウス閣下も酷いよね、ネロさンがいるのにシドを勧誘したり。それはネロさン、怒るわ・・・三国のgdgdを思うに、ガイウス閣下の言う事もわかるけれど、そういうガイウス閣下も [続きを読む]
  • マメット・ヨツユを飾る
  • マメット・ヨツユをお友達からいただきました!ちっちゃくなっても妖艶なヨツユです。無情な人生に歪んで歪みきった可哀そうなヨツユですが最期は美しいままで散っていったのは、わずかに救いかな。 [続きを読む]
  • 満ちては欠けゆく月の下で
  • ヨツユが哀しすぎる・・どんなに健気に生きようとも、無残に踏みにじられる華の恨みが積もり積もってドマを壊し、城さえも水に沈めた。荒れ果てたドマの地は、彼女の心の荒野のよう。今なら、そうとわかるけれど・・罪は罪。極ツクヨミに行って来ました。初見です。動画などを見て予習はしたけれど・・怖い。知り合いが多いとはいえ緊張しました。この手はひとつの攻略が流布すると、それを真似るのが主流らしいです。クリアは出来 [続きを読む]
  • 光るミニチュア・イロー
  • ミニチュア・イローをいただきました!光るんです!何か団らんという言葉が浮かんできます。厳しい草原での生活、それだからこそ一族の結束は大事。一族の結束は家族の結束あってこそ。今日の出来事や噂話、明日の心配、これから来る季節の事・・その部族によって異なる大切な事に関する話もあるでしょう。見ているだけで暖かい気持ちになれる調度品です。 [続きを読む]
  • タンク始めました!
  • 他のロールを知りたいので、今度はタンクに挑戦です。初めてのタンクは何がいいかな?と尋ねたら「ナイト」という答えが圧倒的だったので、まずは剣術士を始めました。メインクエはすぐにヒスる怖いお姉さんとやたらダンディに決めようとする謎のお兄さんが中心らしいです。MGPがあったのでゴールドソーサーで「神獣の加護」を交換して盾にミラプリしてたら「タンクさん、盾忘れてますよ」と注意されて凹んだので、もう少し経験を [続きを読む]
  • 吹奏楽でもセフィロス!セフィロス!
  • 「BRA★BRA FINAL FANTASY VII BRASS de BRAVO」へ行って来ました!同じオーケストラのコンサートでも「Distant Worlds」と違って、こちらは吹奏楽アレンジなのです。管楽器や打楽器の魅力満載のコンサートなのです。なかなか行かれなくて今回が初参加でした。ブラボー係とか手拍子とかお客さんも演奏に参加しちゃうとか、色々と楽しかったです。今回はFFVIIオンリーのコンサートです!ここでセフィロス!セフィロス!叫んでいるの [続きを読む]
  • BDでもセフィロス!セフィロス!
  • 来ましたーーーー!!!あのライブのBDでっす!!ケースの絵は舞台ではめちゃめちゃ不機嫌な声で”天の声”してたノムリッシュ、野村哲也氏。何かみんな不機嫌そう、ノムリッシュの不機嫌が伝染したかな?wBDのケースはパンフレットと同じキャラ絵をレイアウトしたもの。謎の青年はいません。もう正体はバレバレですけど。本編の他に、映像特典としてメイキングとトークセッションの模様が付いてます。さあ、セフィロスとクラウド [続きを読む]
  • パンダ、パンパン!!
  • 中国先行で実装されたパンダのマウント。日本でも売り出されて久しいのですが・・上野のシャンシャン人気にあやかってか、良く見かけるようになりました。お友達のヒマちゃんによると、星誕祭のクマさんより乗り心地が良いそうです。うーん・・・シャンシャンに兄弟が出来たら買おうかな!! [続きを読む]
  • ティラノサウルス出ました!
  • エオっ子は宵越しの箱は持たねェ!・・とばかりに開けまくったら出ました!禁断の地エウレカ「アネモス帯のロックボックス」から出ました!ティラノザウルス・・でかい!!!いつも通り種族で大きさが違うので、エレやルガのも見てみたいでっす!この巨体で空を飛ぶのも楽しい!!!!わーい!!!!!!荷物もいっぱい詰めるので、ゆるキャンじゃなくて本格的キャンプも楽々出来そうですぞ!! [続きを読む]
  • 楽しいエウレカ!!
  • FCの皆さんとエウレカに行って来ました!まずはラールガーズリーチでクエを受けてクガネに移動。性格悪そうなララが登場。クルル先輩に一方的に敵意をむき出し。クルル先輩と同じくシャーレアン本国のバルデシオン委員会の生き残り。バル島は消滅した時、島から出ていたために助かったらしい。バル島消滅の謎とエウレカに関係が?禁断の地 エウレカ:アネモス編クガネ第一波止場のロドニーと話して、中に入ってからもクルル先輩や [続きを読む]
  • 伝説の雷馬イクシオン
  • 初めてそばで見ました!!なにこの凄い威圧感!!!その後、集まった冒険者が美味しくいただきました。FCのPTに入れてもらっていたので金評価で6本の角片をもらいました。12本揃うとイクシオンホルンがもらえるのだそうです。こんな幸運はなかなか出会えそうにないけれど、いつかまた・・と楽しみが増えた感じで! [続きを読む]
  • 深層の真相?
  • お友達に誘われて「宝物庫ウズネアカナル」と「宝物庫ウズネアカナル深層」へ行って来ました!久しぶりの宝物庫です! ウズアカネル、アクアポリスに比べると敵が堅いし数が多い!移動の途中に鬼ヶ島!どう見ても鬼ヶ島だよね?きびだんごないけど。「転送魔紋の地図:深層」が手に入ったので、深層も行って来ました!深層の転送魔紋は見つけにくい!水の中だし、高さもあるのですよね。何よりも選択する扉が3つあるのが大変!!! [続きを読む]