investmenz さん プロフィール

  •  
investmenzさん: NZ投資と移住のリアル
ハンドル名investmenz さん
ブログタイトルNZ投資と移住のリアル
ブログURLhttps://investmenz.info/
サイト紹介文ふつうの個人によるニュージーランド投資と移住についてのリアルな体験談を書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 279日(平均2.5回/週) - 参加 2017/04/19 21:00

investmenz さんのブログ記事

  • 移住に向けての引越し準備(車購入編)
  • 日本では車を所有していない。移動は電車とバスをフル活用して、荷物を運びたい時など車がどうしても必要な時でもレンタカーで十分対応できてしまう。駐車場代、保険、車検等々の固定費がかからない身軽さは、車を持たない不便さを完全に上回る。周囲の「車持ち」には車がない生活は信じがたいようだけど、この感覚は車を手放したものでしかわからないのかもしれない。できればニュージーランドに行ってからもそうしたい。車だけじ [続きを読む]
  • 自分より他人を信じる人は投資しない方がいい
  • 年末年始の経済誌なんかでは「2018年大予測」みたいな特集が組まれる。投資関連の記事も、「株はまだまだ上がるよー!」「イヤイヤ、そろそろヤバイかもよ!」「ビットコインはこんなもんじゃないよー!」「暴落するからやめなさい!」みたいな感じで、予想がハズレても知らん顔する「(自称)未来予測専門家」の勝手な意見が並ぶ。投資で大成功してる人の中にだって、適確に未来予測できる人なんかはいない。誰とは言わないけど、 [続きを読む]
  • 移住に向けての引越し準備(報告編)
  • 2月に生活拠点をニュージーランドに移すことを家族に伝えておこうと思って、両親と姉に話をした。リアクションは、かつての「全力で反対」だった時よりマシになって「反対はしません」に軟化している。僕にとっては単に「引越しが国をまたいでいるだけ」で、反対される意味がよくわからないんだけど、家族からすると簡単に会える距離に僕がいると安心らしい。そういえば、勤務先の事務所がリース契約が切れるとかで移転するとなっ [続きを読む]
  • 移住に向けての引越し準備(修繕編)
  • 自宅を賃し出すとなると、家は「住まい」から「商品」へ変化して、品質を厳しくチェックされることになる。管理会社の担当者と専属の工事業者が、「商品」の状態を確認するためにうちにやって来た。3年前にこのマンションを購入した時に、壁紙やらコンロやら蛇口やら、必要と思われるところはキレイにしたつもりなので、そんなに修繕するような箇所はないだろう、と思っていた。ところが、工事屋のチェックマンがやたら時間をかけ [続きを読む]
  • 70歳の母、ニュージーランドプチ留学&旅行から帰還
  • ニュージーランドへプチ留学に行った義母が帰国したので感想を聞いてみた。第一声は、「サイコーに楽しかった!!!」さすがだ。語学学校(ロトルアイングリッシュ)での一週間は、楽しい先生とクラスメイトに恵まれ、授業は毎回大盛り上がりだったという。ホームステイにも大満足。自分の部屋からはロトルア湖が一望できると、絶景写真をLINEで送って来た。ホームステイ先に着いてすぐにWIFI接続して、LINEをやるあたりが並みの7 [続きを読む]
  • 移住へ向けての引越し準備(銀行編)
  • 引越しとなると、まずは自宅をどうするか決めなきゃいけない。当初は「売却一本」で行くつもりだったんだけど、地元を知り尽くした不動産業者の査定がやたらと低く、売却後に残債のカタマリが残っちゃうことが判明。方針をあっさり変更して、「賃貸オプション」を採用することに。マンションの管理会社に系列の賃貸部門があって、手っ取り早くそこ(A社)に相談してみた。日本の賃貸需要は1月から3月がMAXで、この時期を逃すと次 [続きを読む]
  • 2018年ニュージーランド移住計画
  • さかのぼること2005年、酉年。ニュージーランドから日本に帰国した僕は30代前半で、ほぼ無一文状態だった。やむなく嫁さんの実家に転がり込み、居候をさせてもらいながら日給1万円のガテン系バイトで食いつないだ。休日は貴重な就活の時間で、お義母さんの車を借りてひたすらネットカフェに通う日々。住むところがないもんだから求人検索する上で欠かせない必須ワードは「住み込み可」。前泊費用を浮かすため東京まで夜行列 [続きを読む]
  • NZ留学に出発する70歳母がなぜ老後を思いっきり満喫できているのか
  • 義母の「NZプチ留学」がいよいよ再来週に迫ってきた。出発準備は着々と進んでいるらしい。だけど、ちょっと気になっていることがあるという。それは、若い世代のクラスメイトに必ず聞かれるであろう質問。「70歳なのに、なんでわざわざ海外の学校で英語を勉強するの?」こう尋ねられたら、何て答えようか...「ヒマな上にカネがあり余ってるから」って言ったら引かれるから、「歳をとっても好奇心旺盛で、自分が知らない世界を体 [続きを読む]
  • 配達員のインド人移民がNZで億万長者になれたそのワケ
  • 管理会社のBarfootから毎月メールで届くニュースレター。チェックするのは、いつもの二つ。一つは自分の物件があるエリアのレントと価格の平均相場。そして、もう一つが不動産投資家へのインタビュー記事。他人の投資が参考になることはあまりないけど、共感を持てるの人の記事には刺激を受ける。今月は、オークランド在住のミゲルのストーリー。ミゲルは2005年にインドからオークランドにやってきた移民。移住した当初は家を買う [続きを読む]
  • 収入の増え方を比較したら見えてしまったサラリーマンの悲哀
  • 物件Gのレントレビューが終わり、来年1月以降の新レントが確定した。=2018年レント=物件G:$450→$470/週物件 I:$430→$450/週物件B:$440→$460/週わかりやすく全部20ドルUP。たかが20ドルと思うでしょ。されど20ドルなんです。例えば、今年と来年のレント収入差を単純計算すると、、、$20/週 × 52週 × 3物件 = $3,120/年と、ちょっとまとまった額になる。過去四年、毎年このくらいのレントUPを繰り返しているので、四年 [続きを読む]
  • オークランドの不動産評価がやたら高くなった最大の理由
  • Auckland Councilの不動産評価は3年おきに行われている。前回が2014年だから、今年がRevaluationの年だった。そして今日、Auckland Councilから「2017年7月1日時点の評価が出たからチェックしてみてや」とメールがあったので早速、自分の物件のCV(Capital Value)を確認してみた。Auckland Councilからのメールメールでリンクが貼られている箇所を すると住所を入力する画面に飛ぶ。住所入力ページ住所を入力し [続きを読む]
  • 15年後にオークランドの人口が何万人になるか知ってます?
  • オークランドのことを知るには「Auckland Index」っていう統計サイトがわかりやすくて便利だと思う。例えば、オークランドに住んでいる「人」のことをチェックしてみる。2000年に120万人ほどだったオークランドの人口は、右肩上がりに増え続け、今年は160万人を突破している。人口推移と増加数(Auckland Index)人口では、姉妹都市になっている日本の福岡市(158万人)はすでに抜いてしまった。なんとなく景色がオー [続きを読む]
  • まともなレントをとりたいなら家をもっとキレイにしなっ!と一喝される
  • 毎年この時期にレントの見直しをすることにしている。「見直し」というのはつまり「レントを上げる」ということ。3つの物件のうち、「物件I」のレントは430ドルから450ドルへ上げて新たなテナントが決まっている。「物件G」は管理会社に現在問い合わせ中だけど、相場並みに上げているので、上昇余地はそんなになさそう。最もポテンシャルがあるのが「物件B」で、プロパティマネージャーPに相場を確認してみた。そしたら、、、P [続きを読む]
  • やりたい放題無責任テナントが去った爪痕の記録
  • 投資って何が怖いかっていうと「リスク」がどのくらいあるかわからないこと。だから、起こりうるリスクを(疑似体験でも)知っておくだけで、投資を考えている人にはそれなりの意味があるんじゃないかと思う。というわけで、今回は「物件I」の憎っくき元テナントが残した爪痕(リスク)をご覧いただきます。トップバッターは「放置ゴミ」不要になった服?詰め合わせが山ほどビニール製の袋やダンボールに入れられて放置されている [続きを読む]
  • レント滞納して、壁穴開けて、ゴミ放置して逃げやがったテナント
  • 物件Iのテナントが退去した(正確には逃げた)のだが、かなりイラっとさせられた。未払いのレントと水道代、家の中数カ所に開いた穴、放置された粗大ゴミ(ビリヤード台やトランポリン等々)、これらを残してドロン。管理会社からこの元テナントに電話をかけても一切応答せず、引越し先の住所も不明なので、捕まえようがない。ボンド(保証金)はあるけどこれだけ出費があれば当然足が出ちゃう。それも、かなり長い足が。 「んでそ [続きを読む]