ブッシー さん プロフィール

  •  
ブッシーさん: 進撃のブス  〜29歳ドブスの婚活日記〜
ハンドル名ブッシー さん
ブログタイトル進撃のブス 〜29歳ドブスの婚活日記〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bussylovesbussy/
サイト紹介文ブッシー29歳の婚活絵日記だよ。 実家暮らし会社員。 彼氏いない歴=年齢
自由文ブッシー29歳
実家暮らし会社員。
彼氏いない歴=年齢
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 311日(平均5.8回/週) - 参加 2017/04/20 00:47

ブッシー さんのブログ記事

  • プチ浮気
  • むりやり彼氏に結婚を決断させ、母をがっかりさせ・・・ひとまず自分の思い通りになったけど今更罪悪感と自己嫌悪が強烈にこみ上げてきたこんな愚かな自分を誰かに肯定してもらいたくてSNSに”しんどいなぁ”ってちょっと書き込んでみたんだ。かまってちゃんで嫌な女だって思ったけど一回くらい許しておくれそしてそれから小一時間――――――――――ブッCガチDつらE謎にセフィロスがリツイートしてくれたけど一体誰に拡散したん [続きを読む]
  • 一軍女子の恐怖政治〜ハブりは突然に〜
  • *前回の続きではありません ご了承ください。 高校生時代、地味で激モサな私はスクールカーストでいう所謂三軍(最底辺)だっただからといってとくに困ったことはべつにないけれどもその頃の私にとって一軍女子のグループはカリスマ的な存在で、興味がないふりをしながらこっそり様子を観察していた一軍グループに入りたいとかではなくアイドルを見てる感覚だ持っている小物や制服の着こなし方、ヘアースタイルなどを見ていいなぁ [続きを読む]
  • 病んでかまってちゃんなブス
  • お母さんは正直まだ挨拶なんかにきてほしくないようだ100%大事にするって覚悟があるなら来いって言ってた・・・ってことをピクミンに伝えた勇気を出して挨拶にくるって言ってくれたのになんかごめんねブッシー「それでも来てくれる?」ピクミン「・・・・・」「当たり前だよ」ピクミン「大事にするってこと 分かってもらえるように 頑張ってみるよ」「収入や学歴のことを 突っ込まれるとちょっと なんとも言えないけど」「ちゃ [続きを読む]
  • 娘がオバハンに変わるとき
  • *前回(気持ちが100%じゃない結婚)と 少し関係はありますが続きではありません。「ブッシーも もうすぐオバハンだよ」いつまでも娘気分だったからかお父さんのその言葉にかなりの衝撃を受けた私は29歳。もうすぐオバハンなのは紛れもない事実であるし、オバハンライフも楽しみだ(すでにそうかもしれない)ただ父親という立場の人も実の娘をオバハンであると認識するとは予想外だったいや、歳を取ることを”もうすぐオバハ [続きを読む]
  • 気持ちが100%じゃない結婚
  • ”彼女の両親への挨拶”それは男性にとってプレッシャーのかかるイベントだと思うなのにあらかじめその挨拶を喜ばない人がいると知っていたら?すんく来るのがいやだろうなぁ。本当はすっごく緊張してうちにやってくるピクミンを家族で緊張しすぎて頭が完全にラリった私を優しく迎え入れてくれたピクママみたいに。 今日に至るまでピクミンわっしょいな話をお母さんに何度もしたけど、やっぱりお母さんの気持ちはずっと変わりそう [続きを読む]
  • 倦怠期がやってくる
  • *前回の続きではありません 3ヶ月の時点を振り返って書いた記事です私とピクミンが付き合いはじめてからそろそろ三ヶ月が経つ。早いなぁ3ヶ月、ふふ3ヶ月かぁうん?さんかげつ?そういえば・・・ 倦怠期って言葉、ティーン時代の頃はよく耳にしたなぁ。3ヶ月ごとに「倦怠期」という恋人が嫌になる期間がくるから3ヶ月、6ヶ月 、9ヶ月目に別れの危機がくるとかなんとか。そういえば20歳過ぎてからはあまり聞かないけど、 [続きを読む]
  • お母さんは彼氏がお嫌い?
  • またCの失敗回数がひとつ増えてしまった。失敗が増えるたび男の世界とやらでピクミンのが傷つき、”失敗するかも”という不安でCの成功がまた遠ざかってゆく・・・こんなことならピクミンの性格を考えて初めての時に痛いなんて言わなければよかったな。そんなことを考えながらラブ系ホテルを出て、夜道を二人で歩いたピクミン「あのさ」「僕あれ・・・ うれしかったよ」ブッシー「そうなの?」もっと色々したのに一番嬉しかったの [続きを読む]
  • 男子校出身のせいで、女子が女子すぎる
  • *前回の続きではありません初対面でものすごく女の子のあつかいに慣れてる感じがした私の初婚活相手で現友達のとりっぴーでも本当は慣れてるわけじゃない。そんな話をしてくれたとりっぴー「え?女慣れ?」「いや、むしろ 女性は苦手な方だよ」「ちょっと 言い訳がましいけどね 僕実は・・・」もちろん女子に興味もあったけれど、それ以上に楽しいことが学校にたくさんあったから当時はまぁどうでもよかったしかし中高一貫でし [続きを読む]
  • Cができない?待つんじゃない、ゴリるの。
  • *一部卑猥な内容なので苦手な方は 読み飛ばしてくださいいきおいでラブ系ホテルの時間を延長した。どうやらCが成功しないのは男の世界というものでは情けないことらしい。もしかしたら任せきりにするより積極的なほうがいいのかもしれないこの際思い切ってミツバチを待つ花じゃなくてミツバチを誘って喰らいつく食虫植物になってやろうか A止まりの時は発展させるためにゴリ押ししてはいたけどBやCもどきをしてからはゴリゴリ押 [続きを読む]
  • 美容師に気を使うのやーめた  *ゆるい話
  • *前回の続きではありません私は美容室が小学生の頃からずっと苦手だった美容師さんに気を使いすぎてしまうからだ。だってどんなに美容師さんの腕が良くてもお客さんの顔面次第で だからどんなに上手な美容師さんでもイマイチに仕上ってなんかすまんなって感じてしまう客側がそんな事思う必要はないって頭で分かってはるけどどうしても。だからせめて美容師さんが不快にならないように気をつかい続けてきた でもそのままだと美容室 [続きを読む]
  • B止まりの夫婦はダメかな
  • *少し卑猥な内容が含まれていますので 苦手な方は読み飛ばしてください恋のABCのCがうまくできないそれでも結婚への第一歩としてまず挨拶にいこうって話にはなったけれどラブ系ホテルでCに失敗したあと、ピクミンにCができなくても結婚したいの?って突っ込んだ質問をされた私は別にいいと思った子どもだってできないわけじゃないしそれがしたくて一緒にいるわけじゃないブッシー「今のままで 十分満足してるし」「できてもでき [続きを読む]
  • 終わることを意識して  *ゆるい話
  • *前回の続きではありませんある日ピクミンから相談を受けたピクミン「ブッシー」「聞きたいことが あるんだけど」 わかるなぁ燃え尽きたようにやる気が失せる事そんな時はやってもやらなくてもストレスに感じるからすごく憂鬱になるブッシー「一日のんびりしても 同じ状態だったら、」「実現可能か別として なりたい自分像とか やってみたい事を全部 ノートに書き出してみて」「やらなきゃいけない事の 目的とか意味を見出 [続きを読む]
  • ラブリーなホテルとツナハッスル
  • *そういった描写はありませんが 卑猥な内容が苦手な方は読み飛ばしてください なるほどこのラブ系宿泊施設は受付があるタイプなのか「お時間は?」ピクミン「そうですね・・・」 ほぅ、short time前もって時間を決めるシステムなんてカラオケみたいだ思ったより盛り上がった場合、どうするんだろうあ、そうか延長でーす!!ってハッスル中に電話するのか。なんとも言えねぇそして部屋の布団の柄もなんとも言えないちょうちょ柄 [続きを読む]
  • 彼の服がなんか嫌だ  *ゆるい話
  • *本記事は前回の続きではなく番外編となります 夏の終わりにピクミンと二人で買い物に行った時・・・ ブッシー「どんな服?」ピクミン「アウターなんだけど、 一度試着してみるよ」相手の服なんて清潔感があればなんでもいいからピクミンの選んだ服なら多分なんでもおっけーだよ。でもファッションに拘りのないピクミンが気に入った服ってどんな服なのかな?ピクミン「ほら」「サイズは少し 大きかもしれないけど」お!おお? [続きを読む]
  • 別れをチラつかせた代償
  • 結婚を渋っていた彼氏が実家に挨拶に来ると言った・・・いや、言わせたのかなブッシー「本当に?」「無理してるでしょ」ピクミン「無理といえば 無理かもしれないけど」 ピクミン「ブッシーと 一生一緒にいるためには 避けられないことだし・・・」「ブッシーと別れて 後悔して死んでいくのは 絶対嫌だから」「だから僕のことは 気にしないでよ」「・・・・・」ブッシー「・・・・・」ふわふわ空間に昇天しかけては息を吹き [続きを読む]
  • 人に合わせすぎて自分がないブス  *ゆるい話
  • *これって浮気?と同じ日のゆるい?話ですこれってある意味浮気かもしれないと思いながらとりっぴーと ピクミンがきれいな状態で結婚したいと言ってるとか、同棲しないと不安で結婚できないとかそんな話もしていたすると、とりっぴー「結婚できたとして ブッシーが弱った時 支えてあげられるのかな」「出産や育児で 鬱になる女性もたくさん いたりするけど・・・」ブッシー「そういう時は 一生懸命支えようと してくれるよ [続きを読む]
  • デキ婚で無理に結婚?ちょっとちょっと
  • デキ婚で無理矢理勇気を出して結婚?はっきり言って私のことがそこまで好きじゃないから、勇気が出ないだけでしょ自分でもよく分からないだろうし、一度別れて他の女性を見ておいでよ。そう言った途端にピクミンはかなり焦り出したそして今私は悪魔の囁きと必死に戦っているところだ”別れを武器に揺さぶって揺さぶって揺さぶりたおしたらいけるんじゃないの?”だめだよどうせ罪悪感で苦しむんだからさ本当の本当に切羽詰るまでは [続きを読む]
  • これって浮気?  *ゆるい?話
  • *前回の続きではありません。私は高校卒業以来、ガリ勉な友人たちと毎年センター試験の点数を競い合っている(英数国のみ)今年は特別ゲストとしてガリ勉のとりっぴーもそのグループラインに参加したのだけど・・・とある科目で悪問を発見したらしく私に電話をかけてきて長々と長々と長々と長々とその理由を説明してくれた *ものすごく差し障りがありそうなので悪問の説明は省きますくそ・・・なんて頑固なんだ私が納得するまで [続きを読む]
  • デキ婚、同棲、条件付きな私
  • 結婚はまだしたくないけど同棲はすぐしたい結婚の決心はできないけれどデキ婚ならできるそこまでしないと結婚する決心が出来ないなんてやっぱり・・・・ブッシー「うん」今になってあの日の言葉を思い出してしまう ピクミンに告白した時に言われた言葉 なんていうかあの時の気持ちと結局同じなのかな私は所詮条件を付けないと結婚に至らない女それでも一緒に居たいと言ってくれるのはきっと、ピクミンの認識している幸せや好意の最 [続きを読む]
  • いない歴年齢カップルの初クリスマス  *ゆるい話
  • *本記事は前回の続きではありません私たち約30年間全く無縁だった”異性と過ごすクリスマス”今まではキリスト教じゃないしとか言って興味のないふりをしてたけど・・・お互い初めてのそういうクリスマスにしっかり心踊らせていた ピクミン「なんか憧れてる クリスマスとかある?」ブッシー「斬新なサプライズとか 体験してみたいなぁ」ピクミン「なるほどね・・・」 もしかして 斬新なサプライズを画策してくれるのかな?クリ [続きを読む]
  • うれしくないプロポーズ
  • 普通の結婚は勇気が出ないのにデキ婚ならオッケー?婚約もせずに天運まかせにCをするなんて勇気モリッモリだよ ブッシー「運にまかせていく 覚悟ができるなら」「もういっそのこと 思い切って進めた方が 楽だと思うけどなぁ」せっかく生み出された覚悟と勇気のベクトルが残念な方向を向いている向きを変えるだけならまだ容易いかもしれないピクミン「そうなんだけど」「分かってるけど」ピクミン「ブッシーの結婚相手が 僕じゃ [続きを読む]
  • イヤな女からのラインの対処  *ゆるい話
  • *前回の続きではありません彼の職場近くで待ち合わせしていた時、彼にちょっかい出してくる女も一緒に付いてきて、*どうしても好きになれない女よりなぜか連絡先を教えて欲しいと言われ、ピクミンの職場の人だし邪険には扱えないと思って LINEのふるふるだよ頭つかえよその場で交換せずにあとでピクミンから連絡先聞いておくね!とか言って誤魔化せば丸く収まっただろうが。それに気づいて絶望的な気持ちでひたすらshakeした私 [続きを読む]
  • デキ婚狙ってがけ落ち?
  • 私の彼氏は今すぐに結婚するつもりは無いけど天運に任せて子が出来た場合結婚する覚悟は出来たそうだそれじゃあ本日、お願いしまーす!って言ったらするのか?なんてこったい私の中ではその案は”なしの極み”だけど・・・ お母さんはそれをどう思うの?ピクミンの覚悟はどれほどのものなの?無理無理無理無理ダメージダメージ!ブッシー「覚悟してくれて すごくうれしいけど やっぱりちょっと・・・」ピクミン「ブッシーは そ [続きを読む]
  • 年収2000万の男と結婚したくて  *ゆるい話
  • *前回の続きではありません私が大学生の時、友人が突然婚カツを始めると言い出した 友人「誰でもそうだと 思うけど・・・」「私、出来る限り お金持ちの人と 結婚したいんだ」ブッシー「お金持ち?」友人「うん・・・」「今の生活レベルを 落としたくないから」友人の父は開業医どれくらい繁盛している病院か全く知らないけど、暮らしぶりを聞く限りでは年収2000万円以上はあるような雰囲気がしたブッシー「でも学生のう [続きを読む]
  • 授かり婚という選択肢
  • どういうことだ子どもが欲しいかどうか考え込んでいた彼が、覚悟を決めたらしい 真剣に考えてくれて胸がいっぱいだけど深く聞いておきたいピクミン「・・・・・・」「そのままの意味だよ」 そのまま? あまりにもシンプルな言葉だから語弊があるかもしれないちゃんと言葉にして欲しい この今の沈黙、すごくムズムズするまるで告白の返事を待っている時間みたいピクミン「だからその・・・」 そ、それは凄まじい覚悟だこっちの頭が [続きを読む]