KARON さん プロフィール

  •  
KARONさん: 〜 患者人生45年 痛みと共に生きる 〜
ハンドル名KARON さん
ブログタイトル〜 患者人生45年 痛みと共に生きる 〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/karon-nlp/
サイト紹介文患者歴45年、100を超える診断・手術31回・入院34回。難病と複数の病気と生きる藤咲里花のブログ
自由文‟病気と共に生きる”というライフスタイル

様々なライフスタイルがあり、それらを認められるようになった世の中を感じます。‟病気と共に生きる”というライフスタイルが浸透することで、今より楽に生きることができる方々が増えることを願って綴ります…

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 214日(平均0.6回/週) - 参加 2017/04/20 15:16

KARON さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分が目指す医師になれるのか!?… 《医学生の質問&感想より④》
  • 【患者とどのように接したら…】今日の感想&質問は、Dさんからいただきました。医学部の学生さんだけではなく看護学校の学生さんにも共通してよくいただく感想ですが…「患者さんの話を直接聞く授業はなかったので、自身にない視点が得られ、医療者から得られない知識、考えが得られた」とてもうれしく、そして大変ありがたいご感想です… 45年も患者として生きていると本当にいろんなことを経験しています。 うれしいこと悲し [続きを読む]
  • もどかしさ感じまくり!?… 《医学生の質問&感想より③》
  • 【やっぱりわかってもらいたい患者…】 医学部学生の方々にいただいた質問&感想に私からの回答、そして…それぞれの方に綴っていただいたメッセージに私が想うままにお返事を綴らせていただいています。前回は、「患者を完全には理解できない…」という話しを綴りましたが、Bさんにいただいた質問がそのままになっていましたので今回はそのことについて…Bさんには、・「自分が感じる痛みを正確に伝えられずに         [続きを読む]
  • 患者を完全には理解できない… 《医学生の質問&感想より②》
  • 【わかってもらいたい…】 患者としては医師にわかってもらいたい… そして患者とどのように向き合ったらよいのか…どうしたら患者のことが理解できるのか…という医学生の質問。 医学生に限らず看護学生の方々にもいただく質問ですが医療者として現場で活躍なさっている方々からもよくいただく質問です…今回も複数の方にいただいた質問ですがその中には、「患者さんのことを完全には理解できないが…」と感想を綴ってくださった [続きを読む]
  • 本当に寄り添うことができるのか… 《医学生の質問&感想より》
  • 【医学が可能性をつぶす…】 医学部学生の方々にいただいた質問&感想に私からの回答、そして…それぞれの方に綴っていただいたメッセージに私が想うままにお返事を綴らせていただきます。いただいた一人ひとりに…そう思っていますので全員へお届け完了までは少し時間をいただきます ご了承ください…まずはじめに…Aさんにいただいたメッセージを拝見して一番印象に残った「もしかしたら、患者さんの可能性をつぶしてしまってい [続きを読む]
  • 医学部学生講義 
  • 【いつの間にか16年…】 一昨日は、大分大学医学部での学生講義16年目となる時間でした。 名誉教授でいらっしゃる中野重行先生と特別講演として2限の枠です。 医学部では、型を学び、それぞれの血を通わせてひとり一人の形ができていく…中野先生のこのお話は講義以外でも何度も伺っているのですがそのたびにとても納得します… そして、そうあってほしいと願います… 私は患者として長年の経験から医療はマニュアル通りには [続きを読む]
  • 病院に行ったら治る?!
  • 【医師、病院、薬との出逢い!?】 「病院に行ったのに治らないんです!!」 そしてその方から… 「どこかいい病院知りませんか?」とご相談がありました。 実はこのようなご相談が多いのですが病院のご紹介はおこなっていません… 経歴上、仕方がないのでしょうが… (;^_^A 昔に比べ ←(昔っていつ?と突っ込まないでください…)病院を受診することがあたりまえのようになっているというか「病院に行けば治る」そう思ってい [続きを読む]
  • 病気とうまく付き合う必要はない!?
  • 【あたりまえのように言われているけど…】 今日から10月… 9月は、私にとってあっという間の1ヶ月でしたがみなさんにとってはいかがですか? 講演では、医療の現場での研修福祉の現場での研修でお話する機会をいただきました。 医療コミュニケーション接遇・マナーメンタルヘルスストレスケア それぞれテーマは違いますが実はすべてがつながります… 今日のブログタイトルである「病気とうまく付き合う必要がない」ということ [続きを読む]
  • 日本の レディー・ガガ !?
  • 【正直うらやましい…】前回のブログをいつも以上に多くの方がご覧になってくださりとっても驚きましたが  「私も同じ線維筋痛症です」「私の家族も線維筋痛症で苦しんでいます…」 というメッセージをはじめFacebookでのお友達リクエストなどではリクエスト承認をはじめメッセージのお返事に時間をいただいています… 申し訳ございません… m(_ _ )m そしてこのニュースで私のことを思い出してくださった方も多くメールをい [続きを読む]
  • 私は知っている! レディー・ガガ 活動再開の秘訣…
  • 【私には伝えられる!】昨日、レディー・ガガ活動休止宣言のニュースから私と同じ病気だと知りました活動休止宣言のレディー・ガガ、病名公表 番組で闘病告白へ 線維筋痛症… 以前にも、女性アナウンサーが自らの死を選択せざるを得なかった時この疾患について多く取り上げられました 医療の世界でもまだまだ解明できていないことが多く  表現しようもない全身の激痛に ただただ苦しむしかない患者さんが日本にも多くいらっしゃ [続きを読む]
  • 人生のリセット♪ 〜 なにを意識するのか 〜
  • 【なにを意識するのか…】私は、これまで何度もリセットを繰り返してきました。 先日、クライアントさんから「先生は、どうしていつも笑顔なんですか?」 「・・・」 少し考えてしまいました…  だって、いつも笑顔なわけではありません だから… 「いつも笑顔じゃないよ〜♪」 すると「え〜 私がお会いする時の先生は      いつも笑顔じゃないですか〜」「まっ、確かに  真剣な表情やまじめな表情の時はあるけ [続きを読む]
  • 恥ずかしい… ⁉
  • 【気づかなかった…】前回のブログをたくさんの方が読んでくださってとってもうれしかったのですが・・・投稿後、あることに気がつき一瞬ドキッ   ご覧になった方で 「あれ〜?」そう感じた方もいらっしゃると思いますが…以前だったら恥ずかしくて 恥ずかしくてどうしよ〜 ず〜っと気にしていた私ですが今では特に気にすることがなくなりました人の目 が気になって気になって仕方がなかっ私ですが   自分の時計を大事に過 [続きを読む]
  • ○○と仲良く!
  • 【○○と仲良く…】早速ですが前回の続きですあなたは、「○○と仲良く」 何と仲良く…だと思いますか? 「友達と仲良く」「家族と仲良く」「なに?…」 思い浮かぶ方浮かばない方 それぞれだと思いますが まずお伝えしたいことは… どれが正解!ということではなく自分の出した答えはいずれも大事です! それは… 「あなたは、    何と仲良く…だと思いますか?」 という質問に対してすぐにピン!ときた方もいるでしょう [続きを読む]
  • 病気でも大丈夫!
  • 【病気と仕事…】今年の夏はとっても活動的な毎日を過ごしています。私は、紫外線&暑さが天敵なので夏は家の中で涼しく、おとなしく過ごしていましたが3年前より、自身の志事の他にあるお仕事をはじめてから夏でも日中外出するようになり今年は、その他のお仕事もバンバンお受けして日差しの中、でかけるようになりました。 先週は「小児慢性特定疾病児童等交流会」にてお話をさせていただきました。    病気でも大丈夫!「生 [続きを読む]
  • 人体実験⁉
  • 【?あたりまえ” の恐怖 … ②】患者として感じることでもありますが、医療教育の場に参加させていただくようになり「伝わっていない」ということがよくあるとの認識はあったものの患者が発言したこと、伝えたことが医療者にどのように伝わっているのかそして、医療者が発言したこと、伝えたことを患者がどのように受け取っているのかを目の当たりにし恐怖を感じる体験ができたのが「臨床試験と治験の語り」 でした。今から3年 [続きを読む]
  • 「たぶん…」「おそらく…」で受け取ってはいけない処方薬
  • 【?あたりまえ” の恐怖 … ①】なかなか更新できないのですが (^_^;) 「更新楽しみにしています♪」 という嬉しいメッセージをいただき、単純な私は 「今日こそは!」と久しぶりに綴っています…少し前から「これってどうなんだろう…」「なんだかおかしくない?」と思うことがよくあります。 どんなことかというと… 以前は、あたりまえではなかったり、よく考えると、疑問を感じることなのに今では、普 [続きを読む]
  • 医療現場で育まれた恐怖心…
  • 私は…命、生きる力、自分らしさ、人間関係心の健康、習慣の改善、コミュニケーションについて 医療・福祉・行政・学校・企業などこれまで様々な場所で登壇させていただいていますが 一番多く携わらせていただくのは医療・医学教育の現場での医療コミュニケーションについてです。 先日の研修で気づいたというか感じたのですが… 医療者の方々にお伝えする時と医学生、看護学生の方々にお伝えする時とでは私 [続きを読む]
  • 想い・・・
  • 昨年の4月以来となる久しぶりの更新です  2016年は、様々な気づきにつながる出来事がたくさんありました。 その中でも特に、医療・福祉にかかわる場での登壇では多くの気づきを得ることができました。 講師としてはもちろん、当事者としての気づき、そして感じたことを2017年は形にしたいと考えています。 そして今年からセミナーや講演の流れについて少し変化を…そう考えています。 まずは来週開催 [続きを読む]
  • 過去の記事 …