生前整理安心窓口 さん プロフィール

  •  
生前整理安心窓口さん: 生前整理安心窓口
ハンドル名生前整理安心窓口 さん
ブログタイトル生前整理安心窓口
ブログURLhttp://rakusou-osaka.blog.jp/
サイト紹介文お部屋のお片付けからお葬式のコトまで分かり易くお伝えします。
自由文健康寿命をのばす為には、元気な内に整理しておく事が大切だと考えています。 元葬儀屋さんが書いているので、葬儀の話題がメインなのはお許しください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 237日(平均0.3回/週) - 参加 2017/04/20 15:46

生前整理安心窓口 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 何で葬儀ってあんなに高いんだろう?
  • 標準価格(定価)が無い業界だからなんです!一生に何回も受けるサービスでは無いから、比べようが無いんですね。実際は、祭壇なんて使い回し、花も安いモノ使っています。棺桶も燃やす前提だから、人の重みに耐えれば良いだけ。サービスのレベルも高額な割に一流ホテルより断然低いし、ソツなく式進行さえしていればクレームは出ません。お客様であるご遺族は、家族が亡くなって精神的に弱っている状況で、「お葬式」という初めての [続きを読む]
  • 新しいビジネスで起業するというコト
  • 分かりやすいイラストですね??「ゴールまでひたすら掘り続ける人」「もう少しなのに諦める人」僕は起業してからセミナーをしたり、役所や介護施設等に営業したり、ポスティングしたり地道に活動を行っています。途方も無い道のりに諦めそうになりますが、その度に上記のイラストを思い出します。自分の事業はこれからの世の中に必要だと信じています。出会う方々からも、「君の事業は絶対に伸びる」と言われます。後は、たくさん [続きを読む]
  • 終活セミナーで伝える一番大切な事
  • この所、昨年から地道に活動してきた結果が少しづつ出て来ました。終活セミナーの依頼が増え自分でも驚いています。起業して数ヶ月で自分の話を聞いて頂ける方々がいる事がありがたいですよね!私がセミナーを行う度に心掛けている事は、参加された方々に、「来て良かったね」と感じて頂く事です。一般的にはセミナー主催者にとって、「セミナーはお客様探し」と思ってしまいがちですが僕は、「セミナー参加者に役立つ話をする事で [続きを読む]
  • 満員御礼セミナー!
  •  先日の終活セミナーの様子です。ようやくサラリーマン時代に描いていた光景の一つを叶える事が出来ました。事業を広める為にセミナーを自主開催して多くの方々の前で話す。まず一つ目の目標を達成出来ました。さらに参加者の方から、『是非、私達の地域でもセミナーをして欲しい』と依頼を頂きました。非常にありがたい事です次の目標は各地域でセミナーを開催していく事でしたので、第一歩を踏み出せました!さらに出会いでも様 [続きを読む]
  • 直葬は罰当たりなのか?
  • 決して罰当たりではありません何故なら葬儀で一番大切な事は送る気持ちです。祭壇に200万円かけても、「故人とゆっくりお別れが出来なかった」と悔やんでいるご遺族を見てきました。逆に祭壇を飾らず直葬を行い、「ゆっくりお別れが出来たね」と満足されたご遺族も見てきました。確かに故人の兄弟や友人に、「最後位、立派な祭壇にしてやれ」等言われるかも知れませんがそういった方々は、口は出すけどカネは出しませんそういった方々は [続きを読む]
  • 優しい葬儀を広める道のり
  • 僕は10年程一つの葬儀社に勤務していました。そして非常にたくさんの葬儀に携わらせて頂きました。独立前は、「自分が葬儀業界を変えてやる!」と意気込んでいましたが、独立してから考えが変わりました。一つ目は、自分が動ける範囲での本拠地での大阪では葬儀だけでなく葬儀関連総合ワンストップサポート体制の仕組み。二つ目は、日本全国対応。低価格でシンプルに送る事を希望される方には、合計67584円self 直葬+送骨永代供養セ [続きを読む]
  • 葬儀二極分化の時代
  • 皆さんは葬儀にお金を掛けるべきか?抑えるべきか?どう思いますか?もしかしたら、お金は掛けたくないけど参列に来る人数が多い場合はある程度仕方がないという方々と、出来るだけ安く行いたいと別れていくでしょう。(僕の経験上ですが)丁度真ん中の価格帯に当たる方々は出来るだけ安く済ませたい方に流れていくでしょう。何故なら安く済まる情報が分からなかったからです。今はインターネットの時代です。高齢者の方々も普及率が増 [続きを読む]
  • 葬儀屋時代に気付いたこれからの葬儀のカタチ
  • 「葬儀屋してるのか?」自分の仕事を話すと親戚に驚かれる事もしばしばでした・・・。正直、葬儀屋になりたての頃は、世間体を気にして自分の職業を隠していました。今思えば、葬儀屋という選択肢しかなかった自分自身を恥じていたのかも知れません。テレビを見れば、同世代が華やかなIT業界等で活躍しているのを見て、羨ましかったのかも知れません。しかし、いつしか時が経つにつれそんな事は気にならなくなりました。「ご遺族に喜 [続きを読む]
  • もしあなたが運転免許証を取り上げられたら…
  • 最近、ニュースで高齢者の運転ミスによる事故が多く報道されていますね。いずれ○○才以上は運転免許証取り上げなんて法律ができるかも知れません。僕は40才ですが、もし運転が出来なくなったら生活範囲やスタイルが大きく変わるでしょう。今日、お世話になっている咲っく南花台のスマートエイジング事業をされている方々の会議に参加させて頂きました。議題は、スーパーに買い物に来る高齢者や小さい子どもを持つお母さんが持ちき [続きを読む]
  • 高齢化問題へ取り組みのモデル地域
  • 本日は、お世話になっているコノミヤテラス(咲っく南花台)さんのお手伝いとしてお買い物サポーターをさせて頂きました?お買い物サポーターとは、高齢者や小さいお子さんを持つお母さんが買った重い商品を、一緒にお家まで運ぶサポートを行います。咲っく南花台は、高齢化問題に取り組んでおられますのでその活動の一環です。今後、ベッドタウンで高齢者が車を運転しなくなれば、買い物に行くことも辛くなり段々と人との触れあいが [続きを読む]
  • 過去の記事 …