霞山旅 さん プロフィール

  •  
霞山旅さん: KaMi-MoNo
ハンドル名霞山旅 さん
ブログタイトルKaMi-MoNo
ブログURLhttp://kami-mono.blogspot.jp/
サイト紹介文俳句とポスクロと御朱印と風景印、登山旅行その他周辺雑記。写真も好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 237日(平均1.9回/週) - 参加 2017/04/20 21:58

霞山旅 さんのブログ記事

  • 俳句ポスト「水涸る」、現代俳句協会結果発表
  • 高台は悉く墓水涸るる 人 帰還困難警戒区域水涸るる 没 池涸れて賽銭拾う僧都かな 没 涸池や死後も裁きがあると言ふ 没 今週は「涸る」の連体形「涸るる」の使い方が正しいか、正しくないかで胃の痛い思いをした人が多いのではないでしょうか……。私は中七に付く「〜ぞ」が省略されているのかな? くらいの軽い気持ちで使っていたのですが、その考え方で良かったのかな……。取りあえず没は回避出来て良かったです(^-^; [続きを読む]
  • 俳句ポスト「鰭酒」、一句一遊「東予」「藷粥」結果発表
  • 鰭酒や理性の色は琥珀色 人選鰭酒の噛傷有るはそっと焼き 没鰭酒の鰭なかなかに泳ぎたり 没鰭酒やつがいの鰭の行方など 没今回は人選一句。つがいの鰭の句は好きだったんですが駄目でした〜。この鰭の片割れは、まだ同じ店に有るのか、呑まれたのかまだ呑まれていないのか……。酔っぱらいはこういう些細なことがときたま猛烈に気になったりするのですよ。今回「鰭酒」の参加者は1,040名5,438句だそうです。お子さん [続きを読む]
  • 俳句ポスト「舞茸」結果発表
  • 旨えからメエタケだてふ山翁 人選舞茸の舞の切れ目を割きにけり 没車座の焼舞茸や山の宴 没今回は人選一句。登山をしていると美味しいもののお裾分けに与かることが多いのですが、焼きたてを方言でほいっと渡されるとより一際美味しく感じます。根曲竹の茹でたても、独活の揚げたても美味しかった……。はあまた山に行きたい(食べたいでは?)。さて「舞茸」、今回は1094名の参加、5365句だそうです。投句数は横ばいなが [続きを読む]
  • 一句一遊「水始めて氷る」結果発表
  • 水始めて氷る木の匙へと変えて 天選水始めて氷る北斎筆洗 没油絵に罅入る水始めて氷る 没初金曜日、初「天」です!寒くなって来たなら、と素直に詠んだ句なのですけれど、ツイッターで皆さんにお言葉頂けて、「水」「氷」「木」、水平と曲線、硬質と軟質という対比の句とも取れるのか、これが効果になるのかと物凄く勉強させていただくことが出来ました。俳句は本当に詠み手と読み手が作り上げる作品なんだなあ……とその意味で [続きを読む]
  • 俳句ポスト「烏瓜」結果発表
  • 今日からは独りで帰る烏瓜 人選七つの子七つ摘みゆく烏瓜 人選烏瓜咲くこの先は行き止まり 没無住なる社殿に灯る烏瓜 没今回も二句取っていただけました!「烏瓜」だけだと秋の季語、「烏瓜の花」だと夏の季語になってしまうそうで、つい花を詠んでしまった方は当然没でした(^-^; あ〜勉強不足だったなあ。「烏瓜」、ちょっと怖くて寂しげな赤、『銀河鉄道の夜』の印象的なお祭りの所為か、怪談や民話調の句が多かったですね [続きを読む]
  • 短歌de胸キュン 「速い」結果発表
  • 返答の速さで嘘か本気かを見抜いたりなどしないわ、多分10月22日の放送で取っていただけました! 予想外に小悪魔で揃えたような回に(笑)やっぱりTVで読み上げられると嬉しいですねえうふふ。あ、あと気になる人もいるかと思うので、今回のNHKからの連絡内容についてメモ書きしておきます。9月10日締切だったんですが、連絡が来たのは9月28日の18時頃、放映日が10月22日。大体締め切り後1〜2週間後くらいでそわ [続きを読む]
  • 櫨紅葉千年積もる都かな
  • 櫨紅葉千年積もる都かな 地選俳句ポスト「櫨紅葉」結果発表、早々に諦めていたら金曜日の地選いただけました!前回の「薄暑」でも千枚の窓だったし、千という字はマジックワードなのか……。安易に頼らないように気をつけねば。でも一番気に入っていた句はやっぱり没。ううん未だに自選が出来ないなあ。気に入ってはいるので、気分を切り替えて手直ししてどこかへ出そう。話は変わりますが、ツイッターで流れてくる季語やお題で即 [続きを読む]
  • 俳句ポスト「鰯」「櫨紅葉」、NHK俳句結果発表
  • 何か忘れてる? と思ったら俳句ポストの「鰯」も結果が出ていたのでした。「櫨紅葉」と一緒に反省会します……。「鰯」子鰯を詰め放題てふ堕落論 人選鰯干す潤目が好きな男衆 没大塊の銀運び来る鰯船 没切腹を厭わぬ夫の鰯刺 没うん、川柳みたいだね!身近なネタはつい落ちを付けたくなってしまいたくなるからいけない。詩情を忘れず詠むことを大事にせねば。ちなみに「鰯」、参加者は1,057名、5,210句だそうです。 [続きを読む]
  • 俳句ポスト「菊日和」、恋する俳句、愚陀佛庵結果発表
  • 煎餅の割り方自由菊日和 人無住なる牛舎壊せば菊日和 没トロフィーでひと掬いする菊日和 没額白き早世の子や菊日和 没今回は1,040名、5,202句の参加だそうです。千人超え!「菊日和」という季語、どこか明るくのんびりとした句が多いですね。実はいくつか暗い句(額白き〜)も送ってみたのですが、この季語の本位に副わなかったかな?東北で菊というと真っ先に思い出すのが福島県二本松市の菊人形祭り。今年は10月14 [続きを読む]
  • はららごの個性見守るとふ仕事 一句一遊結果発表
  • 「はららご」は全没でした〜残念。さらっと詠んでしまったのでもう少し推敲の余地が有るかな……。はららごを抜けばラスコーめける洞 没はららごの海彦山彦睦まじき 没真珠育つやうにはららご満ちゆくか 没はららごの個性見守るとふ仕事 没今回も、勉強のため個人的に「はららご」で好きな句を鑑賞させていただこうと思います。俳句と俳号は『落書き俳句ノート』様からの引用(県名省略)です。もし問題などありましたら下げさ [続きを読む]
  • 俳句ポスト「蜩」結果発表、NHK俳句・短歌
  • 迎へ来ぬ子へ蜩を惜しみなく 人選蜩や油の匂ふ美術室 人選無住寺に蜩の声あまねしや 没嵐なれど確かにかなかな鳴いている 没現から半歩はぐれて夕蜩 没蜩や既読無視くらひは許せ 没かなかなの息継ぎの間に暮れゆけり 没今週も人選二句頂けました! 蜩はやっぱりロマンチックな句が多かったですね。火曜日の俳句道場でも、下五の「遠蜩」「夕蜩」について夏井先生からコメント頂けて嬉しい。最後の「し」に、余韻を引いて消 [続きを読む]
  • 一句一遊「菜虫」結果発表
  • 夫よりもむまそうに食ふ菜虫かな 水曜日喰ふて良き草を菜虫に教へたり 没敵おらぬ毎日さみし菜虫取る 没菜虫取る疾くてふてふとなつてくれ 没水曜日に読んでいただけました〜! 嬉しい!野菜嫌いの家族がいるご家庭は何とか食べさせようとあれこれ工夫されていることと思いますが、そんな苦労も知らずもりもり食べてくれる菜虫に複雑な思いを抱く農家のお母さんも居るのではないでしょうか。今回、勉強のため個人的に「菜虫」 [続きを読む]
  • 俳句ポスト365「夏越」結果発表
  • 仙台東照宮 茅の輪後れ毛を咢と覚ゆる夏越かな 人選回遊魚の所作もて茅の輪巡りゆく 人選人に二つ取って貰えたのは初めて!茅の輪や形代も大丈夫だったみたいで救われました。今回は難しくて六句しか作れず、総没も覚悟していたので一際嬉しい……。水曜日のコメントによると今回の『夏越』参加者は970人、投句数は4632句だそうです。やはり皆さん難しかったのか今回は少なめですね。茅の輪を潜ったことが無いという方も [続きを読む]
  • 【平成29年7月(第196回)】インターネット俳句会
  • 油蝉子は悲鳴上ぐ稽古せり 1点地域紙に潮見表ある盂蘭盆会 0点なにも無き日に手を合す日焼翁 1点合計2点今回は二句取って頂けました。前よりは目に留まる句を詠めたかなあ。最近はいざという時に大声が出せるよう練習したりイメージトレーニングしたりすることも有るみたいですね。確かに普段は驚いても「ひっ」くらいしか言えてないかも……。油蝉ほど大きな声が出せれば安心ですけれどね。七月は「野生俳壇」と「一句一遊」に [続きを読む]
  • くらげくらげ独り覚ゆはどのあたり
  • くらげくらげ独り覚ゆはどのあたり俳句ポスト「菊日和」投句しました。……けどやはり満足いく出来とは言い難い……。やはり心と体のコンディションは大事だなあ。紛らわせたくても禁酒しなくちゃいけないのがまたテンション下がるというか……。でもなんとか歩けるようにはなってきたので、回復まではもうすぐだ!このローテンションを上げるためと景気付けに、一句一遊に初チャレンジしてみようかと思います。取りあえず7月30日 [続きを読む]
  • うつくしきもの差し出され夏の雨
  • うつくしきもの差し出され夏の雨ぢぢぢぢと泣く誘蛾灯消してやる実は先日、階段で転んで右脚を一三針縫う怪我を負ってしまいました……。左足も捻挫でよちよち歩きです。この暑いのにお風呂とビールを我慢しなければならないのが地味に辛い。年休がたっぷり残っていたのが幸い、なるべくエアコンの効いた部屋で相方を顎で使いながら寝ています。この機会に積読本を片していくかな……。俳句ポストとNHK俳句の締切も来ますが、正直 [続きを読む]
  • 俳句ポスト365「秋櫻子忌」結果発表
  • 鳥羽美花 建仁寺襖絵まだ名付けられぬあを在る群青忌 人選いやー今回の兼題は難しかった! 人に選んでいただけてほっとしています。自分なりに試行錯誤してぼんやりと悟ったのは、忌日俳句はその俳人の人となりを調べ、俳句を読み、世界観を知り趣味嗜好を頭に入れて、しかる後にその情報を全部手放して詠むのが良いのかな、ということです。情報を手放した後、それでも残った自分の印象にかなう世界を詠めばいい。絵画を味わう [続きを読む]
  • 夏井いつき先生 「雪」の傍題チャレンジ
  • 『こんな季節に「雪」の傍題句大募集!』に滑り込み参加。さすがに二日で全部は無理だった……。残念。第1回兼題「六花」六花咲く六年過ぎし陸奥の地に六花てふ一番槍に討たれたり六花切手も無しに届きたり第2回兼題「銀花」みちのくの銀花は藍で描かれり第3回兼題「雪空」……タイムアウト第4回兼題「根雪」……タイムアウト第5回兼題「新雪」新雪やみんな忘れてしまいさう新雪を惜しげもなしに掃き出せり第6回兼題「雪の声 [続きを読む]
  • 俳句ポスト365「日焼」結果発表
  • 強弓の化生なりしや日焼の子 人選正直「これかあ」といった感じの句が入りましたが、自己評価と結果は必ずしもリンクしないからなー……。一番好きな句は手直ししてお他所に出すことにしよう。赤本にひとすぢ日焼の頁かな 没古文庫栞のやうに日焼綴づ 没そして火曜日の「季語深耕」でも取り上げられていましたが、私も無機物の「日焼」二句詠んでいました。これはこれで気に入っているけれど、確かに季語としての「日焼」が醸し [続きを読む]
  • 紫陽花一本折れば小さき庭震ふ
  • 紫陽花一本折れば小さき庭震ふ 佳作紫陽花が句読点打つ二人かな 没紫陽花や私も水でできてをり 没よるマチ!あいテレビの『紫陽花』。今回は佳作でした。確かにちょっと類想句がありそうかな……。現俳もですが、そろそろ実験句みたいな挑戦句みたいなものも作ってみても良いかもしれない。ずらりと句が並んだ中で、自分で自分の句を見て「埋もれてる……」と感じるのはやはりよろしくない気がするし。初心者なりに試行錯誤して [続きを読む]
  • 俳句ポスト365「芒種」「白靴」結果発表
  • 忙しさに紛れてブログ書きそびれているうちに俳句ポストの結果がもう二つも出てしまっていました! ああもう白靴まで来たのか〜早いなあ。【芒種】老農のスコップ起こす芒種かな 並選八句出したうち、取り合わせの句にしなかったものが取って頂けました。取り合わせの句ってやっぱり今一つ上手く御せないな……。というわけで以下没句です。つんつん感が詠みたかったんだな、という感じですね……。水の跡ある星見上げ芒種かな青 [続きを読む]
  • 誰も待たぬ空へと独り登りたる
  • 誰も待たぬ空へと独り登りたる十字切れぬ祈りも有りく赤升麻赤升麻って季語ではないのか……。植物なら何でも季語になると思い込んでいた。虎が雨三日外して血合い食ぶ「虎が雨」旧暦5月 28日に降る雨。この日は曾我兄弟の仇討ちの日で、遊女虎御前が十郎の死を悲しんで流す涙が雨となって降るという。虎と付くから勇ましいような気がしていたけれど、実は悲しい雨なんですね。今回は没になった句を推敲して、久々に愚陀仏庵さんに [続きを読む]
  • 【平成29年5月(第194回)】インターネット俳句会
  • 光るものみな掻き抱け青嵐五月忌欲残る人声若し君仰ぎ我は俯く青もみぢ一ヶ月経つのは早いなー。あっという間に現俳の結果発表の日です。先月夏井先生と堀之内会長に講評いただいたときから覚悟していましたが、今月は三句ともとうとう0点でした。うんまあ、あのレベルで千句も有ったら埋没するよね……。G1で目に留めてもらうためには、もう少し冒険してみてもいいのかもしれない。来月の目標:個性的な切り口青紅葉の句は春に瑠 [続きを読む]