myr88 さん プロフィール

  •  
myr88さん: レトロなきろく
ハンドル名myr88 さん
ブログタイトルレトロなきろく
ブログURLhttp://myr88.hatenablog.jp/
サイト紹介文昭和レトロ集めから、古い当時の風景印をご紹介。郵趣、コレクション、デザインのご参考にも。
自由文R88 − 古いものいろいろ 『古道具 古家具 昭和レトロのお店』のブログの別館です。古い紙ものも増えてきたので、少しでもご紹介できないかと思いました。古い時代のデザインは素敵です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 183日(平均7.2回/週) - 参加 2017/04/21 11:48

myr88 さんのブログ記事

  • FDC 第11回国民体育大会記念 初日カバー 神戸特印
  • 第11回国民体育大会記念 昭和31年(1956年)10月28日発行神戸特印郵便文化振興協会昭和31年(1956年)開催の第11回の国民体育大会は兵庫県で開催されました。記念切手のひとつの図案が走り幅跳びなのでカシェも走り幅跳び。このカシェは田島政治選手のフォームだそうです。切手と消印はこちら。切手は5円で走り幅跳びとバスケットボールの図案の2種。消印は神戸特印。国民体育大会のマークの旗がメインですね。下のは体操選 [続きを読む]
  • 愛知県 名古屋郵便局 古い風景印 戦前
  • 昭和12年(1937年)3月31日押印 『名古屋』また戦前の古いものが出てきました。今は名古屋郵便局というのは無いのですが、現在の中区栄にある名古屋栄郵便局の隣のブロックに明治時代からあったそうです。使用開始日は昭和6年(1931年)12月10日のようで図案は名古屋城です。終わりがはっきり分かりませんでした。名古屋郵便局の終わり自体がちょっと不明ですが、昭和20年(1945年)1月〜3月の空襲で中区にも大きな被害が出て [続きを読む]
  • FDC 佐久間ダム竣工記念 初日カバー 静岡・中部特印
  • 佐久間ダム竣工記念 昭和31年(1956年)10月15日発行中部(なかべ)特印郵便文化振興協会ダムの渋い初日カバーが出てきました。説明文には「わが国最大の水力発電用ダムとして、昭和27年12月着工以来天龍川の天険に近代科学の粋を集め、世紀の大事業といわれる難工事をすゝめていた佐久間ダムが、この程竣工したので、これを記念して10円の郵便切手が昭和31年10月15日から発行されることとなった。」とあります。佐久間ダムのた [続きを読む]
  • 古い駅スタンプ 関ヶ原駅 戦前
  • 関ヶ原驛 昭和15年(1940年)12月11日??今回はまるで消印のようにはがきに押されていますが消印ではなくてスタンプです。風景印よりもかなり大きなサイズです。風景印ファイルの中に一緒にファイリングされていました。このスタンプの図案は東首塚の首級墳碑。関ヶ原駅から近い東首塚にあります。徳川家康は最後の陣営地にある床几場(床几=折り畳み式の簡易腰掛)で武将の持ってきた敵将の首級を確かめた首実検を行い、 [続きを読む]
  • FDC 西海国立公園 初日カバー 玉之浦風景印
  • 西海国立公園  昭和31年(1956年)10月1日発行玉之浦風景印郵便文化振興協会国立公園シリーズ第19集として発行された西海(さいかい)国立公園。九州西北部にあり、佐世保の九十九島から生月・平戸島、五島列島へと続く大小400余りの島々からなる公園。国立公園の指定は昭和30年(1955年)3月16日だそうです。島々のいろんな地形や景観が素晴らしいだけでなく動植物もとても多くの種類が確認され、キリシタンの信仰や捕鯨、軍 [続きを読む]
  • 福井県 鯖江郵便局 古い風景印
  • 昭和36年1月30日押印(使用開始日) 『鯖江』福井県の風景印はお初。鯖江の使用開始日のものでした。図案は多分、踏雲峡西山橋、西山公園のツツジ。最終日は昭和55年(1980年)4月30日。踏雲峡西山橋のある西山公園は、江戸末期に幕府の老中職を務めた鯖江藩第7代藩主間部詮勝(まなべあきかつ)公が領民のために自ら造成した大規模な庭園で安政3年(1856年)に嚮陽渓(きょうようけい)と命名されました。明治維新の絡みで少 [続きを読む]
  • FDC 東京開都500年記念 初日カバー 東京特印
  • 東京開都五百年記念 昭和31年(1956年)10月1日発行東京特印郵便文化振興協会昭和31年は太田道灌の江戸城築城から500年にあたり記念切手が発行されました。10月1日は都民の日だそうで、この時は500年を祝って大東京祭が催されたそうです。このカバーのカシェは説明文によると明治初年の版画を復元したものだそうで三代広重筆「東京名勝清涼・御濠端日比谷の景」で切手と同じ場所だそうです。切手と消印はこちら。切手は皇居 [続きを読む]
  • 山口県 小野田郵便局 古い風景印
  • 今週のお題「お弁当」昭和35年(1960年)12月15日押印(使用開始日) 『小野田』山口県に行ったことが無いので全然分かっていませんでしたが「小野田」でセメントの絵で小野田セメントって会社があったよなぁ・・・なんて思ったら、本当にその小野田でした。(小野田セメントは現在は太平洋セメントです。)この風景印は使用開始日でした。図案は小野田港、工場地帯、セメント。工場地帯の図は渋いですね。昭和47年(1972年) [続きを読む]
  • FDC 通常切手 姫路城 初日カバー
  • 通常切手 姫路城  昭和31年(1956年)9月20日発行姫路風景印郵便文化振興協会14円通常切手は姫路城の図案で14.00の銭の位の表示もあったのですが料額表示を円単位に改めて発行されました。初日カバーのカシェももちろん姫路城。切手と消印はこちら。切手は円単位の14だけの表示になった姫路城。消印は姫路風景印。こちらは変形印ですよね。屋根の先がちょっと出てます。使用期間は昭和23年(1948年)1月1日〜平成27年(2015 [続きを読む]
  • 奈良県 奈良郵便局 古い風景印 戦前
  • 昭和18年(1943年)6月11日押印 『奈良』いきなりまた古いものが出てきました。戦前の風景印。はがきも違ってまた新鮮。2銭はがきですね。このデザインもなかなかカッコイイです。この奈良郵便局の風景印は初日でも最終日でもない日のものです。図案は巨杉、シカ、興福寺の五重塔、東大寺大仏殿、三笠山のようです。昭和6年(1931年)9月25日が使用開始日です。この図案の雰囲気も結構好きです。渋めでいいですね。昭和23年2 [続きを読む]
  • 京都府 天橋立 古い風景印
  • 昭和35年(1960年)7月15日押印 『天橋立』前に初日カバーで出てきた天橋立風景印。官白と言われる官製はがきに押印の方が出てきました。日付は初日カバーのあった日本三景シリーズの特殊切手、天橋立の10円切手が発行された日のものです。この風景印は廃止印。使用期間は昭和24年(1949)11月28日〜平成8年(1996)1月31日でした。ご紹介した初日カバーは3種あったので一応リンク入れときます。myr88.hatenablog.jpmyr88 [続きを読む]
  • FDC 通常切手「まりも」(旧版) 初日カバー 阿寒湖風景印
  • 通常切手 天然記念物 阿寒湖特産 まりも 昭和31年(1956年)5月15日発行阿寒湖風景印郵便文化振興協会郵政省のこの当時発行の説明書には 特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」を意匠とする55円通常郵便切手を発行と記載がありました。この初日カバーのカシェも阿寒湖のまりも。切手の雰囲気と同じですね。切手と消印はこちら。切手はもちろん、まりも。消印は阿寒湖の風景印です。この風景印もこの日が使用開始日でした。図 [続きを読む]
  • 北海道 中標津郵便局 古い風景印
  • 昭和35年(1960年)7月25日押印(使用開始日) 『中標津』また可愛らしい風景印、北海道の中標津です。使用開始日の物でしたが、こちらは継続印で現在も同じです。いいですね、可愛い風景印が続いてるのは素敵です。図案は牧場風景(牛)、武佐岳。遠くのトラクターも可愛らしいです。中標津は牧場も多く牛がとても多いそう。この風景印は牧場でのお仕事風景といった感じのようです。遠望で描かれている武佐岳(むさだけ)は [続きを読む]
  • FDC 世界柔道選手権大会 初日カバー 東京特印
  • 世界柔道選手権大会 昭和31年(1956年)5月3日発行東京特印郵便文化振興協会この記念切手発行日の昭和31年(1956年)5月3日に東京の国技館で国際柔道連盟加盟の二十数か国の選手参加によって世界柔道選手権大会が開催されることになりました。カシェは渋めですね。切手の図柄にちょっと似た雰囲気にしてありますね。向きが違うけど。こちらは説明文によると、三船十段の「隅落とし」だそう。三船十段は柔道の神様と言われた三 [続きを読む]
  • 北海道 湧別郵便局 古い風景印
  • 昭和35年(1960年)7月25日押印(使用開始日) 『北見 湧別』これは見たことのある風景印!と思ったら、この風景印の後の「北海道 湧別」表記を以前ご紹介していました。その記事の中でも今回の風景印の事に触れていました。myr88.hatenablog.jpこの風景印は昭和40年(1965年)9月24日まででした。図案は志撫子浜の風景、特産のホタテ貝。この風景印の左の方に小さく入った船の感じとかも結構好きです。湧別郵便局〒099-6 [続きを読む]
  • FDC 世界こどもの日制定記念 初日カバー 東京特印
  • 世界こどもの日制定記念 昭和31年(1956年)5月5日発行東京特印郵便文化振興協会ひどい!書いたものをプレビューで見ようと思ったら書いたものが全部消えました。この前もちょっとおかしくなったことがありましたが全部消えるのものすごくショックです。ん〜、なんとか気を取り直して頑張る。普段からファイル順にご紹介しているので、季節やイベントが全く違う時にご紹介が多いですが今回も季節のズレをとっても感じますね [続きを読む]
  • 福岡県 桂川郵便局 古い風景印
  • 昭和35年(1960年)7月25日押印(使用開始日) 『福岡 桂川』今回は福岡県、使用開始日でした。こちらの桂川は「けいせん」と読むのですね。中部地方からは関西地方の方が近いので福岡の表示がなければ京都かと思ってしまいます。地名は難しいですね。こちらは現在も使用されている継続印のようです。図案は大塚古墳、壁画、土師焼。大塚古墳は今宿古墳群の代表的な古墳だそう。国指定史跡の前方後円墳。壁画はこの古墳の [続きを読む]
  • 大分県 大貞郵便局 古い風景印
  • 昭和35年(1960年)7月25日押印(使用開始日) 『大分 大貞』大貞郵便局は結構風景印が変わっているようです。今回使用開始日だったこの風景印の図案がいまいちはっきりしません。なんとなく、薦(こも)神社の御池の鳥居、桜、八面山と左側のは何でしょう??この図案に関する記載も見つけられなかったのでよく分かりませんでした。大分も行ったことが無いのでよけいに分かりません。毎度更に突っ込んで調べて無くてごめんな [続きを読む]
  • FDC 大沼国定公園 初日カバー 大沼風景印 その4
  • 大沼国定公園 昭和36年(1961年)9月15日発行大沼風景印中村浪静堂カバー画:木村勝氏大沼国定公園の初日カバーも4つめですが、大沼国定公園の切手は国定公園切手シリーズの第10集だそうです。こちらは木版の中村浪静堂のひとつ。実際はもう1種類発行されていますが、うちにはありませんでした。こちらのカシェはアイヌ人。そういえば、大沼国定公園は昭和33年(1958年)7月1日に国定公園に指定されました。そして結構最近のこ [続きを読む]
  • 大分県 山国郵便局 古い風景印
  • 昭和35年(1960年)7月25日押印(使用開始日) 『大分 山国』こちらの山国郵便局の風景印、先日ご紹介の溝部郵便局と同じでした。myr88.hatenablog.jpなので、図案は同じく山国川、念仏橋、温泉マークです。でも、こちらは廃止印。平成10年(1998年)8月21日まででした。今は違う風景印です。ところで、溝部郵便局の時にはすっかり書くのを忘れてしまっていましたがこの風景印が押された当時は下毛郡山国町で中津市ではあ [続きを読む]
  • FDC 大沼国定公園 初日カバー 大沼風景印 その3
  • 大沼国定公園 昭和36年(1961年)9月15日発行大沼風景印大沼国定公園の3種類目、単色のカシェです。こちらの初日カバー、私にはどちらのものなのかよく分かりません。説明文にもカバーの白封筒自体にも記載が無くて。ネットでさらっと調べても今回ははっきりしなかったのでまた分かったら足しますね。切手と消印は同じなので省略ですが、この初日カバーの消印、よく見ると切手にギリギリかかってないので消印になっていません [続きを読む]
  • 古い初日カバーやはがきのホルダー ファイル
  • 今回はちょっと違うものを。ここでご紹介している古い風景印の押されているはがきや古い初日カバーが入れられているホルダーが結構可愛らしいです。奥がカバーホルダーで手前がはがきホルダー。どちらも色違いで何色か展開されています。表紙に入っている図が可愛らしいですよね。私が小さい頃に母に教えてもらって切手を集めた事があり切手のホルダーは知っていましたが初日カバーはこのコレクションに出会うまで知らな [続きを読む]
  • 大分県 溝部郵便局 古い風景印
  • 昭和35年(1960年)7月25日押印(使用開始日) 『大分 溝部』風景印は大分県が続きます。今回も使用開始日のものでした。現在使われているようです。図案は山国川、念仏橋、温泉マーク。山国川は福岡県の英彦山(ひこさん)が源の福岡県と大分県の県境付近を流れる川で耶馬渓の奇岩や紅葉が有名です。念仏橋は魔林渓(まばしきょう)の上流に架けられた石橋です。昔は木橋だったそうですが、やはり何度も流されてしまったそ [続きを読む]