myr88 さん プロフィール

  •  
myr88さん: レトロなきろく
ハンドル名myr88 さん
ブログタイトルレトロなきろく
ブログURLhttp://myr88.hatenablog.jp/
サイト紹介文昭和レトロ集めから、古い当時の風景印をご紹介。郵趣、コレクション、デザインのご参考にも。
自由文R88 − 古いものいろいろ 『古道具 古家具 昭和レトロのお店』のブログの別館です。古い紙ものも増えてきたので、少しでもご紹介できないかと思いました。古い時代のデザインは素敵です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2017/04/21 11:48

myr88 さんのブログ記事

  • FDC 若戸大橋開通記念 初日カバー その1 若戸特印
  • 若戸大橋開通記念 昭和37年(1962年)9月26日発行若松特印印刷局凸版今回は若戸大橋開通記念切手の初日カバー。また数種あるので順にご紹介していきます。全日本郵便切手普及協会のこの若戸大橋開通記念の切手の解説書によると北九州洞海湾をまたいで戸畑市と若松市をつなぐ若戸大橋は、昭和33年4月工事に着手以来4年5ヶ月の歳月と51億円の巨額を投じたとのこと。吊橋の総延長は2,068m、橋長は680mで、この種の形式の橋では東 [続きを読む]
  • 三重県 賢島郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『三重 賢島』今回も初日でも最終日でもない日の風景印です。こちらは日付の「年」の部分が全く見えませんが昭和40年に押印蒐集されたものをファイリングしていたものにありました。この風景印の使用開始日は昭和28年(1953年)10月2日でした。図案の詳細は分かりませんでしたが真珠養殖筏の浮かぶ英虞湾でしょうか。この風景印の最終日がきちんと分からなかったのですが、昭和55年(1980年) [続きを読む]
  • FDC 日光国立公園 初日カバー その4 日光風景印
  • 日光国立公園 昭和37年(1962年)9月1日発行日光風景印印刷局凸版今回も国立公園シリーズの第2次の日光です。こちらは印刷局凸版のカバー。このカシェは華厳の滝でしょうか。中禅寺湖も上に一応あるっぽいのでやっぱりそうかな。前回、その3でご紹介したカバーのカシェは男体山と中禅寺湖みたいなので今回のカシェはその下の部分みたいな感じですね。華厳の滝も日光の人気スポットになりますね。切手と消印は同じなので省略 [続きを読む]
  • 愛知県 篠島郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月12日押印 『愛知 篠島』今回も愛知県の離島で篠島です。使用開始日は昭和31年(1956年)10月15日でした。図案は篠島港と漁具。廃止印で昭和56年(1981年)1月24日までのものでした。篠島も色々な魚介類が獲れますが、ふぐと鯛としらすがよく知られています。この前の日間賀島でもふぐ料理もあるのですが愛知県はふぐの水揚げ高が結構あるそうで山口県と並ぶとらふぐの産地だそうです。また、伊勢神宮と [続きを読む]
  • FDC 日光国立公園 初日カバー その3 日光風景印
  • 日光国立公園 昭和37年(1962年)9月1日発行日光風景印JPS版(日本郵趣協会)国立公園シリーズ、第2次の日光のカバーの3種類目。単色カシェのJPS版です。この色合い、渋くてきれいでいいですね。中禅寺湖と男体山でしょうか。今回も切手は4種全部貼ってあります。前と同じなので切手と消印の詳細は省略です。説明文はこちらです。↓こちらもよかったらまた で応援してください!R88のネットショップの商品 [続きを読む]
  • 愛知県 日間賀郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『愛知 日間賀』久しぶりに愛知県。日間賀島は行ったことがあるのでその時のことを思い出します。この風景印は廃止印で使用開始日は昭和27年(1952年)6月25日。図案のきちんとした詳細記載は分かりませんでしたが日間賀島の風景というところでしょうか。平成5年(1993年)9月17日まで使われていました。日間賀島はタコが有名で現在の風景印は図案にもタコが入っています。1日で歩いて回れる [続きを読む]
  • FDC 日光国立公園 初日カバー その2 日光風景印
  • 日光国立公園 昭和37年(1962年)9月1日発行日光風景印NCC版(日本郵趣協会)国立公園シリーズの第2次、日光のカバーのNCC版です。カシェは今はもう日光から独立した尾瀬ヶ原と至仏山なのでしょうか?今回も切手は4種全部貼ってあるので分かりやすいですね。前回と同じなので切手と消印の詳細は省略です。説明文はこちら。↓こちらもよかったらまた で応援してください!R88のネットショップの商品紹介と古 [続きを読む]
  • 北海道 旭川郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『旭川』昭和24年(1949年)3月10日から使われていた風景印です。図案の詳細がはっきりしませんが、大雪山と旭橋ですね。あともうひとつ何かの建物がありますが、こちらがよく分かりません。昭和45年(1970年)3月9日までのもののようです。大雪山は一つの山ではなくて旭岳を主にした火山群、旭岳連邦のこと。旭橋は昭和7年(1932年)11月3日竣工の旭川のシンボル。美しいアーチ状で架橋当 [続きを読む]
  • FDC 日光国立公園 初日カバー その1 日光風景印
  • 日光国立公園 昭和37年(1962年)9月1日発行日光風景印松屋版カバー画:長谷部日出男氏国立公園シリーズの第2次の日光のカバーです。日光は昭和9年(1934年)12月4日に指定された日本最初の国立公園のひとつです。当時は日光、尾瀬、奥鬼怒の3つの地域で国立公園に指定されました。それを受けて日光国立公園も第1次の切手に入っていました。その後、昭和25年(1950年)9月22日に那須甲子・塩原、藤原、栗山、足尾の4つの地域 [続きを読む]
  • 北海道 夕張郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『夕張』今回も初日でも最終日でもない平日の夕張の古い風景印です。現在の夕張の風景印とは全然違う渋い風景印。こちらの使用開始日は昭和27年(1952年)4月1日でした。図案のはっきりした詳細は分かりませんでしたが炭坑夫と石炭車、炭鉱なのでしょうか。----2018年9月4日追記----図案が「採炭救国坑夫の像」に似ているとゆいまるさんからコメントいただけました。どうもありがとうござい [続きを読む]
  • FDC 宇宙観測ロケット第1回打上げ記念 初日カバー 内之浦小型印
  • 宇宙観測ロケット第1回打上げ記念 昭和37年(1962年)8月21日鹿児島・内之浦小型印鹿児島内之浦櫛型印今回はどちらの発行か分からないのですが、宇宙観測ロケット第1回打上げ記念のカバーです。説明文も入っていませんでした。でもカシェに情報がいっぱい。期間が1962年8月21〜23日だったようですし、場所は鹿児島県肝属郡内之浦町、第1日 OT-75型 発射実験・光学観測第2日 AT-150型 新型胴部アンテナ・テスト第3日 8L-1 [続きを読む]
  • 京都府 西舞鶴郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『西舞鶴』今回も 初日でも最終日でもない日付の風景印でした。こちらの使用開始日は昭和25年(1950年)9月15日。図案は西大浦の山々、引揚船、鶴の舞う姿。東舞鶴郵便局も以前はこれと同じ図案でした。昭和58年(1983年)5月26日まで使われていました。引揚船は戦後、旧満州や朝鮮半島、シベリア、南太平洋などの各国に取り残された日本人が日本に戻るための船でした。引揚げ船の迎え入れに [続きを読む]
  • FDC たなばた 初日カバー その4 仙台風景印
  • 季節の行事シリーズ たなばた 昭和37年(1962年)7月7日発行仙台風景印松屋版カバー画:大塚均氏たなばたの初日カバー、今回は中村浪静堂の木版画の松屋版。女の子しかいないですが、切手の雰囲気に近い感じのカシェです。たなばたのカシェはどれも本当に可愛らしいですね。松屋版、またこちらしかなかったのですが、本当は男の子だけがいるバージョンも作られています。切手も消印も同じなので省略ですが、今回の説明文に [続きを読む]
  • 栃木県 日光郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『日光 NIKKO』お久しぶりの栃木県、日光です。漢字の日光のあとにNIKKOと入っているのがちょっと面白いですね。現在もレイアウトは違いますがNIKKOの文字もずっと入っています。今回の消印の使用開始日は昭和23年(1948年)2月1日。図案は神橋、杉並木、男体山の遠望。昭和41年(1966年)7月31日までの風景印でした。翌日の8月1日から次の風景印に変っています。それももう廃止されて現在は昭 [続きを読む]
  • FDC たなばた 初日カバー その3 仙台風景印
  • たなばた 昭和37年(1962年)7月7日発行仙台風景印NCC版(日本郵趣協会)季節の行事シリーズの第2集、たなばたの初日カバー。今回はNCC版でカラーのまた可愛らしいカシェです。七夕飾りと女の子と男の子で切手の雰囲気のちょっと違いですね。切手と消印は同じなので省略。説明文も日本郵趣協会なので同じですがこちらは掲載しておきます。↓こちらもよかったらまた で応援してください!R88のネットショッ [続きを読む]
  • 滋賀県 島郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『滋賀・島』今回は現在は郵便局名が改称されているところの風景印。日付は初日でも最終日でもないものです。この使用開始日は昭和30年(1955年)2月15日。図案は長命寺本堂と三重塔、琵琶湖の沖ノ島。808段の長い石段を登ると本堂などへ行けますが、その石段も描かれていますね。重要文化財が多いお寺で、この図案にある本堂や三重塔も重要文化財です。333mの長命寺山の標高250mほどのとこ [続きを読む]
  • FDC たなばた 初日カバー その2 仙台風景印
  • たなばた 昭和37年(1962年)7月7日発行仙台風景印JPS版(日本郵趣協会)今回も季節の行事シリーズの第2集、たなばたのカバー。このJPS版のカシェはまた可愛らしいですね。彦星と織姫まで夜空に描かれています。とっても素敵なカシェですね。切手と消印は同じなので省略です。たなばたは天の川の両岸にある牽牛星(わし座のアルタイル)と織女星(こと座のベガ)が一年に一度会うという伝説に基づいて星を祀る行事。これは [続きを読む]
  • 宮城県 松島海岸郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『松島海岸』今回も宮城県。初日でも最終日でもない松島海岸の風景印です。使用開始日は昭和23年(1948年)2月1日。図案は松島五大堂とその周辺の風景。瑞巌寺の五大堂、現在の建物は伊達政宗が建てた東北地方では最古の桃山建築だそうです。この風景印は継続印で、現在も同じ図案です。長く続いている風景印ですね。素敵。松島海岸郵便局(まつしまかいがんゆうびんきょく)〒981-0213宮城 [続きを読む]
  • FDC たなばた 初日カバー その1 仙台風景印
  • 季節の行事 たなばた 昭和37年(1962年)7月7日発行仙台風景印印刷局凸版旧暦ではぎりぎり七夕シーズン。年中行事シリーズの第2集、たなばたの切手の初日カバーです。星空を見上げる少女が可愛らしいカシェですね。切手はたなばたの10円切手。消印は仙台風景印。この日が使用開始日です。図案は青葉城址とたなばたが描かれています。原画は切手の原画と同じ大塚均氏。青葉城は仙台城のこと。伊達政宗の城ですね。平成15 [続きを読む]
  • 宮城県 金華山郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月17日押印 『宮城 金華山』今回も宮城の初日でも最終日でもない日の風景印。可愛い風景印ですね。使用開始日は昭和27年8月11日。図案の詳細は分かりませんでしたが、鹿と金華山黄金山神社なのでしょうか。本殿とは違う感じもしますが、見る角度?金華山は石巻市の太平洋上に浮かぶ島で島全体が金華山神社の神域、霊島です。神の使いといわれる鹿も多く生息しています。出羽三山、恐山と共に奥州三大霊場 [続きを読む]
  • 宮城県 石巻郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『石巻』今回は使用開始日でも最終日でもない日の風景印です。この頃は結構使い込まれた消印だったようですね。使用開始日は昭和27年(1952年)4月11日でした。図案は日和山公園からの石巻港のようです。こちらは廃止印で平成13年(2001年)10月11日まででした。石巻の日和山は北上川河口にあり、武神を祭る牡鹿十座のひとつの鹿嶋御児神社が頂上に建立され元来は5月15日が祭礼の日となっ [続きを読む]
  • FDC オリンピック東京大会募金運動 初日カバー その3 東京特印
  • オリンピック東京大会 寄附金つき 昭和36年(1961年)10月11日発行東京特印松屋版(中村浪静堂)カバー画:木村勝氏寄附金付きのオリンピック東京大会の切手の初日カバー、今回も3種の切手が全部貼ってあります。カシェはやり投げ。この松屋版、本当は3種類の切手の全部の図のカバーが発行されていますがまたうちには1種類しかありませんでした。切手と消印は同じです。説明文はこちらです。↓こちらもよかったらま [続きを読む]
  • 神奈川県 江ノ島郵便局 古い風景印
  • 昭和40年(1965年)5月15日押印 『江ノ島』久しぶりに神奈川県。初日でも最終日でもない風景印でした。使用開始日は昭和30年(1955年)4月11日。図案は竜口寺、江ノ島、富士山。江ノ島郵便局の風景印は昔から結構変わっていたようでこの次のものは昭和46年(1971年)8月23日からでした。今はまた変わっています。ところで、片瀬郵便局が同じ図案の風景印を同じ昭和30年(1955年)4月11日から使用しています。こちらは現在 [続きを読む]