やんちゃ坊主 さん プロフィール

  •  
やんちゃ坊主さん: 宿場探訪サイクリング
ハンドル名やんちゃ坊主 さん
ブログタイトル宿場探訪サイクリング
ブログURLhttps://renoma.muragon.com/
サイト紹介文やんちゃ坊主さんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2017/04/21 20:07

やんちゃ坊主 さんのブログ記事

  • 東海道1日目(1)熱田神宮〜熱田宿〜鳴海宿〜
  •  ここのビジネスホテルは朝食が30分遅い。急いで食べて7:30分に出発した。 R19を南下して熱田神宮を目指して走った。熱田神宮の向かいは門前町の宮町だ。  すぐ南に熱田宿があるが、宮宿とも呼ばれている。 R1と交差するところが思いもよらぬ形で戸惑い、しかもR1とわかっていなかったのでその先のR1を求めて走り続けてしまった。ロスを取り戻すためにほうろく地蔵・赤本陣跡をスルーして七里の渡しまで戻った [続きを読む]
  • 名古屋市内巡りと前夜祭 (2)
  •  ホテルに行く前にテレビ塔に寄ってのんびりしよう。札幌の大通公園に似た、ゆったりとした落ち着いたところで、大好きな場所だ。    チェックインを済ませて、休む間もなく中日vs巨人を観戦するために地下鉄名城線でナゴヤドームへ向かった。もちろん前売りでチケットは手に入れている。  余計な出費を避けて外野パノラマ席を選んだ。ホームベースまで150mほどもあるので、内野手は小さいが、選手全体の動きが良くわ [続きを読む]
  • 名古屋市内巡りと前夜祭 (1) 20180404
  • “春に三日の晴れ無し”とはいうものの、今年は3月20日に東京で雪(我が家近辺では霙)が降ってからは晴続きで、2週間雨が降っていない。昨年は正反対で晴の日を予想して中山道を走った。今年はバス予約ができなければ宿予約もできないので1ヶ月前に予約確定した。晴れか雨かは運次第。これまで資料作りをしてきたが、バッグと衣類の防水処理にも時間を使った。  昨日海浜幕張を出発した深夜バスが、早朝名古屋駅南の [続きを読む]
  • 足慣らしにお台場巡り(3)
  • 27階を中心にして上下球体がある。以前この展望台から見下ろして自由の女神を見つけた(女神は左の写真の下中央枠外)。今日ならもっと良い展望だろうが、おいしいコーヒーを飲める店を探していたら、展望台に上るのを忘れてしまった。  テレポート駅前には大観覧車  南へ行くとダイハツキュリオスのビッグトップ。夕方からシルク・ド・ソレイユの公演があるが、まだひっそりとしている。  帰りは新木場駅まで同じ道を [続きを読む]
  • 足慣らしにお台場巡り(2)
  •  この海浜公園には外国人がとても多い。自由の女神を見ていた外国人に「nice day」と挨拶してニコッとされるのも気持ちがいい。 すぐ近くには演出だろうと思うが、海にはさびた碇。陸には直径20cm余りの太い鉄の鎖がある。錆びた砲台・砲身らしきものも砂から顔を出している。 おだいばビーチは綺麗で見とれていて撮り忘れてしまった。 さらに進むと水上バス乗場。浅草・浜松町・豊洲方面に1日に数便就航している [続きを読む]
  • 足慣らしにお台場巡り(1)
  •  横倒しになった円柱のコンクリートに同心円が掘られている駅前モニュメントがあった。  江東区といえば深川。深川といえば木場。ここは埋立地の新木場。木場の歴史はないがいい雰囲気である。今日はここからのスタートになった。目指すは お台場の“自由の女神”と“フジテレビ”である。  遠くにビッグサイトが見えてきた。ビッグサイト周辺はいたるところにクレーンの腕が伸びていてオリンピックの頃には建物がびっしりに [続きを読む]
  • 足慣らしにディズニーランドへ(2)
  •  運動公園から舞浜駅に向かう途中のアンバサダーホテルの通りのやし並木は海外旅行をしているようだ。  マンホールに目を向けると市章が都章と同じイチョウだったのには驚いた。  舞浜駅からTDLの誘導路途中の建造物も異国の雰囲気だ。  敷地内は自転車を押して移動しないといけない。係員が「迷っているのですか?」と声をかけてきて「乗らないでくださいね」と、念を押しに来る。5ヶ所で言われた。券売所や出入口に近 [続きを読む]
  • 足慣らしにディズニーランドへ(1)
  •  今日は立春。天気も良いらしいので、357号線でTDLに行くことにした。日曜日なので道路は空いているが、車の速度が半端じゃない。軽車両通行禁止の標識は見当たらなかったが、ガラ空きの歩道をトロトロと進んだ。  雲行きが怪しい。なんと10分ほど雪が降った。厚着が正解だった。指先が縮こまっている。このあたりは埋立地で洪水の被害に遇わないようにと堤防が高く、川を渡るたびに急坂を上らなければならない。  市 [続きを読む]
  • B.B.Base展示会に行ったが心配あり
  • ■内房コース8400円両国⇒館山⇒和田浦     館山⇒両国          7:39 9:55 10:50      17:10 19:38 ■外房コース8500円両国⇒勝浦         勝浦⇒両国          7:39 9:50          17:43 19:38 ■銚子コース7100円両国⇒松尾⇒干潟⇒銚子 [続きを読む]
  • BOSO BYCYCLE BASE 
  •  JR東日本がおもしろい特別列車を運行することを、4日夕方のTVニュースでやっていた。なんとなんと自転車専用列車が、来年1月6日から両国⇒勝浦・館山・銚子への運行が始まる。6両編成で99名99台分(自転車は折り畳まず分解せずそのままサイクルラックへ固定)、を乗せて走る。4号車がフリースペースでそれ以外が客席とサイクルラック車両だという。途中乗車・下車はできないが、JR東日本の指定されたパック旅行で [続きを読む]
  • 第二湾岸道路でマリン球場・稲毛の浜   20171129
  •  今年最後の小春日和を利用してロードバイクで久しぶりにでかけた。 公式名称ではないが第二湾岸道路は船橋市・習志野市・千葉市の沿岸を通る道 で、今日走った習志野市・千葉市は100%自転車道が整備されている。植栽もとても手入れが行き届いている。 左:第二湾岸道路の自転車道・習志野市茜浜   写真左から植栽・歩道・植栽・自転車道・植栽・車道 右:習志野市芝園の船溜まりへの水路でカモがのんびり 左 [続きを読む]
  • テンション下がる雨と短日
  •  8月から雨の日がとても多く、やっと晴れた9月始めに旧佐倉街道を走ったものの、成田から戻ってくるコースを走ることがなかなか実現しない。雨の降りやすい日が続く間に見所を調べていいたが、いつのまにか秋分を過ぎ10月も下旬になって、日中をフル活用する自分にとっては気がそがれてしまった。わざわざ雨の日や雨が降りそうな日に走る気にはならないし、暗い道を走る気にもならない。のんびり楽しく安全に走りたいから。 [続きを読む]
  • 佐倉街道の変遷と考察・感想(1)
  •  臼井藩が臼井城(1114?築城 - 1813天守焼失 ? 1604臼井藩廃藩・廃城 ? 撤去年不明)と江戸との行き来に使用していたのが後の佐倉街道である。臼井城廃城後、佐倉藩の佐倉城(1610築城 - 1813天守焼失 ? 1873撤去・兵営設置)に役目を引き継いだ。  江戸時代初期にこの街道を酒々井までを佐倉街道と幕府は公式に命名した。 水戸街道新宿追分から市川宿―八幡宿―船橋宿―大和田宿―臼 [続きを読む]
  • 旧佐倉街道日帰り1-(終) 船橋宿⇒大神宮⇒自宅
  •  船橋宿は旧佐倉街道で最も賑わった宿場町で、飯盛り女も多く歓楽街として泊り客が多かった。日本橋からの移動による疲れが泊る距離でもあり、海の幸にも恵まれた好立地の場所でもあった。しかし、八幡宿と同様に戊辰戦争の際、新政府軍に焼き払われてしまった。  国道14号から本町通りにはいるとすぐに大覚院赤門がある。大改修中で赤門には気づかなかった。この先に西向き地蔵があり、宿場の西側から疫病・災難が入ってこな [続きを読む]
  • 旧佐倉街道日帰り1-(2) 八幡宿⇒船橋宿 2017.9.03
  •  八幡宿は江戸や北千住から近く、次の船橋宿が控えているために、にぎわってはいなかったようだ。本陣も脇本陣も設置されていなかった。閑散とした宿場町だったのだろう。  戊辰戦争で幕府軍が抵抗したものの、新政府軍に八幡宿が焼き払われてしまったので大空襲以前にほとんどが消失してしまっている。あのテロ事件(?)によって日本各地で多くの物が失われてしまった。  さて、あのかわいい三猿を通り過ぎると街道の北側に [続きを読む]
  • 旧佐倉街道日帰り1-(1) 新宿⇒八幡宿 20170903
  •  今日は朝から天気がいい。今まで雨がらみが続き、日照時間は平年の4割程度だったので、朝から太陽と青空を見ると気分がいい。旧佐倉街道の調べは途中ではあるが、走らせたくなった。ラッシュを避けて9:00に輪行を開始した。電車はガラガラで計算どおりで幸先良いと思ったが、実は今日は日曜日。もっと早く出れば良かった。早くも後悔。一転不吉な予感がした。  江戸を出発して北千住までは日光街道・水戸街道共用で、北千 [続きを読む]
  • 砕氷船を見に船橋港へ
  •  8月18日夕方に南極観測船の新旧“しらせ”が船橋港へ入港した。今年は南極観測が始まって60年、船橋市制80周年の記念イベントが19,20日に行われた。先代“しらせ”を所有する財団と市が現“しらせ”を運航する海上自衛隊に呼びかけて実現したものだ。  6月の転倒後の調整から試走を行っていないので、これを機会に試走をした。第二湾岸道路には自転車専用道路があって走りやすい。左折してサッポロビール工場に向 [続きを読む]
  • 新和田トンネルの自転車走行・歩行は避けた方が無難
  •  8月に車で友人を訪ねに上田に行った。千葉でも37℃が予想される中、東京外環道→関越道→上信越道のコースを使った。途中の三芳PAに寄った時温度計は39℃。体温より高い空気に触れている。まるで服を着たままの岩盤浴をしている感じだった。川越では40℃。早く抜け出したい。佐久でやっと32℃まで下がった。  翌日、諏訪大社巡りをするのに新和田トンネルを使った。様子を知りたいからだ。 料金所から急な上り坂が [続きを読む]
  • 高遠絵図紹介
  •  7月に高遠の下見は済んでいるので、桜の時期以外のサイクリングなら通過して一気に進むことができる。高遠城址に寄るには、下り坂基調の道の途中でまた長い坂を上る必要がある。桜の時期なら2時間かけても鑑賞したい。 美術館で購入した絵葉書をちょっと紹介。 絵の右方外れに高遠城址がある。メイン通りが“ご城下通り”になり、城址から川を渡ってすぐの所が今の高砂、続いて本町になる。中央にある絵が写真に撮った酒蔵だ [続きを読む]
  • 杖突街道下見 ?            20170722
  •  夏休み最初の土曜日で大渋滞が予想される中、車で信州へ行くことになった。茅野駅から予定外の杖突街道に入った。いずれ挑戦したい杖突街道サイクリングの下見をしたくなったからだ。茅野駅の案内地図を見ると枝突街道とみっともない表示になっているが、入り方は分かった。急な予定で資料は何もないが、大門街道の続きの152号線だった。最初の10kmはかなりきつい上り坂で、20km下ると高遠城址・高遠温泉だった。   [続きを読む]
  • 姫木平〜中山道新和田トンネル入口     20170727
  •  姫木平からロードバイクで和田峠から和田宿へ、そして軽井沢宿まで行けないか計画の1ルートにしている。和田峠から下り坂を利用して笠取峠を頑張ればかなり効率が良さそうだ。ただし、姫木平〜エコー〜新和田トンネル入口と進むには、山道の草を掻き分けないといけないのか、上り坂がどのくらい続くのかgoogleやYahooの地図では全く分からない。とにかく行ってみるしかない。廃棄寸前のMTBを押して山道を歩いた。 [続きを読む]
  • 回想(5-2) 昭和44年 新宿⇒房総半島一周を目指して
  • 【2日目】  この雨の中を館山に向かうのはきついと判断し、久留里から内房に抜けることにした。完璧な一周を断念して横断することにした。何故か持ってきていた折りたたみ傘を差しながら急な山道を押し歩きした。その時になんと民宿の家族が見送ってくれた。 「気をつけるんだよ〜」 こんなに丁寧にしてくれたのに民宿の住所聞かないで名前も覚えていないのが残念である。  雨は次第に小降りになり、傘も不要になった。久し [続きを読む]
  • 回想(5-1) 昭和44年 新宿⇒房総半島一周を目指して
  •  昭和44年といえばGDP(当時はGNP)世界2位の座について2年、世の中は活気にあふれ、日本銀行が五百円札を発行・グリーン車普通車制導入・東名高速道路全通、究極は人類初の月面着陸を果たして夢がどんどん実現していく中、安田講堂事件・大学紛争や封鎖の波が都立高校に押し寄せてきた時代である。混乱と喧騒の毎日から離れて、サイクリングで気分転換をした。もちろん以前計画をたてた房総半島一周を目指した。 【1 [続きを読む]
  • 回想(4) 昭和42年 新宿⇒大洗
  •  2年前の箱根サイクリングの緊急時の失敗から、泊りがけのサイクリングをしていなかった。2年近く経って、長距離専門の陸上部の友人から大洗へのサイクリングに誘われた。彼の姉さん夫婦が水戸に先に居て、泊りは心配いらないという。喜んでOKの返事をした。何も調べずにただ付いて行くだけだった。 【1日目】 朝早く彼の家の前で落ち合ってスタートした。当時の1500m高校記録に迫る記録を持つ彼は出だしから自転車の [続きを読む]
  • 回想(3) 昭和41年 欧州縦断の壮大な夢
  •  箱根サイクリングの判断ミス・連携ミスにより、その後気分は謹慎状態になっていた。 あれ以来自転車で遠乗りするのは多摩湖・多摩川・戸田・羽田空港・浦安くらいで、部屋では次の大胆な計画を練っていた。ユースホステルを利用しての北欧をサイクリングをした人の本を読んで刺激を受け、夢がどんどん大きくなっていったからだ。白夜を経験したい。フィヨルドも見たい。運よくオーロラが見えたらいいな。多くの国に行って多くの [続きを読む]