エバンジェリスト さん プロフィール

  •  
エバンジェリストさん: 人生に革命を起こす哲理学の宇宙法則
ハンドル名エバンジェリスト さん
ブログタイトル人生に革命を起こす哲理学の宇宙法則
ブログURLhttp://vortexes.blog.fc2.com/
サイト紹介文引き寄せの法則、完全調和のワンネス、身体ワーク、願望実現、本当の自己実現、自己超越のための共同創造。
自由文引き寄せの法則、完全調和のワンネス、身体ワークを通じて、願望実現だけでなく本当の自己実現、自己超越を目指して皆さんと共同創造していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2017/04/22 10:41

エバンジェリスト さんのブログ記事

  • 麻原彰晃の死刑執行はスピリチュアル業界の死刑執行である
  • 本日、麻原彰晃ら7名の死刑執行があった。これは、同時にスピリチュアル業界、自己啓発セミナー業界の死刑執行でもある。科学や宗教を食い散らかして、自分の都合の良いストーリーにして、情報弱者である人達にマルチ商法のセミナーのような方式で睡眠状態にさせていい気分にさせる。しかし、再現性もないし、日常の生活に戻ったら何も起こらないのである。そういうことを極限まで行ったのが麻原であり、スピリチュアル業界自己啓 [続きを読む]
  • 神は証明を要求されない
  • 神は証明を要求されない真理は説明しだせば、真理から遠ざかるように神も証明をしようとしだすと、どんどんと遠ざかっていくそのために神の存在を否定するようになる人もいるがそれは、神は存在して、すでにあなたと共にいる、ということに気づいていないからである。そして神と共に歩み、人生の終わりには神の懐に帰っていくのだrということを知ることになるだろう。 [続きを読む]
  • 神は信じなくても存在する
  • 神とは信じることによってはじめて存在するのではなく、この世の最初から最後まで広く遍く存在しています。無神論者にも神は存在して寄り添い続けます。いや、そんなこと頼んでいないと言っても神の存在がこの世の成立条件なのですから仕方ありません。しかも神は他者ではなくあなた自身なのです。 [続きを読む]
  • 最後の審判とは地球の大浄化による清算のこと、全ての人類が救われる
  • 聖書における最後の審判とは、現在の地球のカルマの大清算のときのことです。そのとき、地球は大浄化をして新生地球に生まれ変わります。そして一人残らずすべての人は救済されて、新生地球に帰ってくるのです。肉体を持ってそのまま帰ってくるか、魂で再びこの地球に転生してくるのかという違いはありますが、例外なく、全ての人救われるのです。宗教も、人種も、言語も、国家も関係がないのです。すべてはワンネスからきた巣のま [続きを読む]
  • ゴールデンウイークは負の想念が減ります
  • 今日から本格的にゴールデンウィークに入りましたがこの時期は特に負の想念が減ります。東京のような大都市ほど、その差を感じやすくなります。仕事や学校などで、人々がどれだけストレスを感じて負の想念を出しているかがわかります。だからこの時期は無理に遠出をしなくても、近所の公園をのんびりしたり、都心部ですいている場所を散策するだけでも心身の浄化になります。遠出をして観光で過密になっている場所に行ってもかえっ [続きを読む]
  • イエスキリストも釈迦も組織を望んでいない
  • キリスト教の礎となる組織を作ったのは弟子のパウロです。イエスキリストは、人類の救済を望んでいましたが、組織を作ることは望んでいたわけではありません。人類の救済にあたって、伝道する人々は必要ですが、個々の伝道者がインターネットのネットワーク網のように有機的に繋がった緩やかな関係性は必要だったと思います。中央集権的でない分散化された人々の集合体です。ブロックチェーン技術を使ったビットコインが、そのイメ [続きを読む]
  • 私たちは世界の観測者ではなく、投影者であり、創造者である
  • 量子力学というものを都合よく使って、人間を観測者として願望実現を説明しているスピリチャル業者がいます。自然科学も馬鹿にされたものです。実際には私たちは完全調和のワンネスから、一部が崩れてできた素領域に、意識が投射された存在であり、創造者そのものでもあるのです。観測者として世界を解釈している存在でもなく、観測していない部分が存在していないということもありません。私たちの五感を持った自我は、確かに世界 [続きを読む]
  • 「わくわくすること」と仏教の「一切皆苦」の関係
  • 釈迦は、「一切皆苦」つまり、この世は苦界であると述べました。そして、生老病死の四苦は逃れることのできないものであることも教えました。その他、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦を加えて八苦としたのです。ワクワクすることを選択し続けて、ワクワクすることを行動し続けてもこれらの根本的な苦からは逃れることはできないのです。私たちは苦界を旅している旅行者のような存在です。だから苦をどのように認識するか、 [続きを読む]
  • 結局、「今」に生きるしかない
  • 今、大きな借金を抱えていたとします。それを完済できる目途は立っていません。目先、返せる分だけを月々返済している状態です。借金問題を解決するアイデアもありません。その時に、未来に、自分が自己破産してしまうことや生活保護を受けなければならないことを考えても状況は変わりません。明日に待っているのは自己破産なのか?宝くじの高額当選による完済なのか?わからないからです。現時点では、自分自身の妄想にすぎず、何 [続きを読む]
  • 仮想通貨に抵抗がある理由
  • 私は仮想通貨には、どうしても抵抗があります。理屈でダメというのではなく、身体が抵抗しているのです。つまり無意識レベルでの反応です。ビットコインは、すでに価格が下火になりつつあります。また、本来の個人間の少額を、高速で、ほぼ無料の手数料で決済するということは実現できていません。単なる投資初心者の資金を吸い込む場所になっています。それより、将来的に政府や中央銀行、メガバンクが仮想通貨に参入した場合、現 [続きを読む]
  • 大相撲の土俵と女人禁制
  • 地方巡業の際に、地元の男性の市長が土俵上で倒れたときに、女性の看護師が救護のために土俵に上がるということがあり、降りるようにアナウンスがあったりしたことについて、また、宝塚市では、土俵に女性市長が挨拶のために上がることを断られたり、したことが話題になっています。私が、真っ先に素朴な感想として浮かんだのは、昔だったら、女性の市長が土俵に上がることを申し出なかっただろうし、土俵が女人禁制であることが大 [続きを読む]
  • 明治維新は再定義されるか?
  • 小中高問わず、教科書でわかりにくいのは、幕末から明治維新にかけての時代でしょう。明治維新、日清戦争、日露戦争の背後にいた英米仏の勢力について、はっきりと記述しないからです。坂本龍馬について、語るよりも、背後にいたグラバーについて、もっと語るべきですし東インド会社、フリーメイソンについても語られるべきです。パリには、フリーメイソン博物館が二つもあり、フリーメイソンがフランス革命を先導したことは秘密で [続きを読む]
  • 代謝の低下と次元上昇
  • 人は年齢とともに代謝が落ちてきますので、食事の量が同じであれば、肥満になりやすくなります。また、ヨーガなどをやっている人も代謝が落ちてきますし、この地球が第4密度に移行しているというのであれば、次元の移行についていける人も代謝が落ちてきます。ということは、小食へに移行が進みますし、小食へ移行せざるえない、ということです。そして地球の次元上昇に伴う肉体的な変化は、代謝のことだけでなく、呼吸にも変化が [続きを読む]
  • 既存組織のほころびはエネルギーの変化の兆し
  • 相撲協会やレスリング協会、財務省など、そんな問題ばかりをテレビで垂れ流しています。また、北朝鮮の問題も外交的には思わぬ方向に向かっているようです。こういう既存組織のほころびはだんだんと大きくなり、やがて大きな流れとなって、一気に変化を起こしていきます。革命的ともいえる大きな変化になるかもしれません。だれも既存組織のやり方を指示していないし、支えようとは思っていないことでしょう。よりフラットでネット [続きを読む]
  • 浄化されたものはどこへ行くのか?
  • 神社で参拝して浄化したり禊をする。滝行で禊をする。瞑想をしてクリアにする。しかし、浄化されたものや禊をした穢れはどうなるのでしょうか?消えてなくなるだという考えもありますが、掃除機で吸い取ったゴミは、掃除機の中に残ります。ゴミを回収して、燃やされても灰はの頃ます。リリサイクル可能なものもありますが、消えるわけではありませんね。結局、浄化された自分自身の穢れも同じことなのです。指導者がいれば、その方 [続きを読む]
  • 占星術鑑定を再開します
  • 長らく占星術鑑定は休止していたのですが、再開したいと思います。基本は対面ではなく、メールでやり取りです。生年月日、生まれた時間、出生地、性別の情報だけで行います。基本、対面で行わないのは他の情報が入ってきてしまうからです。初回の質問は、5千円で回答し、その回答に対する問い合わせは無料です。追加の質問は、1件につき3千円です。継続的な顧問も可能です。想定されるボリューム、内容によって月次の顧問料の金 [続きを読む]
  • 1日24時間の内、3分間だけ変えてみる
  • 1年は365日、1日は24時間しかありません。長いようで、短いこの期間。現代社会では時間は砂時計の砂のように消えていきます。人は多忙な中、時間を消費し続けるだけで、自分自身を変えることができず、流されていきます。自分の願望を理想を実現するためには、その流れに抵抗するというよりは、少しづつ流れを変えていくことで自分の人生の方向性が大きく変わっていきます。今まで栄養ドリンクや、健康補助食品で健康維持を [続きを読む]
  • ワクワクすることが見つからない
  • ワクワクすることが見つからない、ということがよく言われるませんか?自分がこの世を眺めるフィルターが曇っているのでわからなくなってしまっているのです。打開するためには、小さなことから始めていくしかありません。日々の1分1秒の選択の繰り返しが、ワクワクへの道筋になっています。だから、日々の「とりあえず」の選択や妥協が積み重なって大きく方向がずれていくことに気づくべきなのです。 [続きを読む]
  • 三世実有〜時間は未来から流れている
  • 仏教では、三世実有説というものがあります。現在過去未来は同時に存在していますが、自分自身が意識して生きているのは現在の瞬間だけであり、映画フィルムのように未来から流れて、スクリーンに瞬間瞬間が映し出されて過去へ流れていくのです。ただ、未来が完全に確定されているわけではなく現在の瞬間の意識によって変化があります。しかし、スピリチュアル業界が言うところのパラレルワールドではないのです。スピリチュアル業 [続きを読む]
  • 今日3月23日から4月14日までは水星の逆行期間
  • 今日3月23日から4月14日までは水星の逆行期間です。交通機関の事故やトラブルが一番多いと思います。小さなミスが積み重なって大きな事故になるのはこの時期が多いのです。日本では新年度で新しい経路で通勤・通学される方も多いと思います。水星の逆行期間をあらかじめ知っておくことで、大灘を中灘に中灘を小灘に変えることができるのです。 [続きを読む]
  • 自発的対称性の破れ理論
  • 私がワンネスについて瞑想したり考えていることが理論部地理学者の保江邦夫さんの考えに近いことがわかりました。保江邦夫さんはノーベル賞を受賞した南部陽一郎博士の「自発的対称性の破れ理論」を紹介しています。「完全調和が自発的に敗れた素領域の中には、敗れた調和を復旧するエネルギーが発生する」ということです。それが素粒子という基本的な物質なのです。つまり完全調和であるワンネスが、この世とそこにある物質を生み [続きを読む]