桜子 さん プロフィール

  •  
桜子さん: お金をかけない「きもの生活」
ハンドル名桜子 さん
ブログタイトルお金をかけない「きもの生活」
ブログURLhttps://ameblo.jp/ssssakurako/
サイト紹介文自分の着物に関してはお金を使わないことに決め、挑戦しています。
自由文きものには、日本民族の知恵が詰まっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/04/23 16:53

桜子 さんのブログ記事

  • 広告を外すことを、解約しました。
  • 広告が嫌いなので、プログで、広告が外れるように、設定していました。 ところが、マイページには、広告がぞろぞろ、あります。 どうせ、マイページにこんなに広告があるのだし・・・・と思いまして、広告を外すことの解約をしました。 これからは、ブログにまで、ぞろぞろと、広告がのることでしょう。 をしていただければ有難いです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 税金の催告書が来ました
  • 手紙を見ないことにしているのですが、目立つ封筒で、思わず見てしまいましたら、「催告書」でした。 7カ国語であります。 だんだん、日本が日本でなくなってしまいそうですね。 をしていただければ有難いです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 親切な人
  • 夜、自転車に乗っていて、袋に入れていたペットボトルを落としてしまいました。落ちた音がして、止まったときに、親切な通りがかりの人が拾ってくれました。でも落としたものは、それだけでなかったのです。カード3枚(東武デパート、マイバスケット、セブンイレブン)が、一緒に落ちてしまっていたことに、しばらくして、気がつきました。探しましたが、ありませんでした。交番に届けようかとも思いましたが、不在だったので、やめ [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 長子さんと狛犬
  • 長子さんは、8月からブログをはじめて、2本目に狛犬のことを書いています。それについて、私は、 「自分が神職として内陣にご奉仕できることを噛みしめている」 と申しましたが、そうではないと考え直しました。彼女は、最初から「自伝的な物も書きます。」と宣言していますから、この狛犬の話は、幼いときの思い出につながっているのではないでしょうか。推測ですが、彼女は、幼いときは、富岡八幡宮にはいなかったのではないで [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 長子さんの好み
  • 長子さんが平成10年頃に結婚した人です。 当時は、助教授だったと思います。加害者の弟さんの手紙に名前が載っていましたので調べまして写真をみたとき、長子さんの好みだと思いました。國學院大學で、長子さんが一番好きだと言っていた先生とも共通点がありますから。で、この先生の学生へのメッセージですが 強くなければ生きていけない、優しくなければ生きる価値がない、これこそが総合文化政策学の原点であると思っています。 [続きを読む]
  • ホストクラブは転地療法かも
  • 富岡八幡宮の宮司富岡長子さんがホストクラブに夢中であるという噂され、ホストクラブに行くことが、非常に悪いような印象がありますが、必ずしも、そうではありません。夜遅い時間に、たとえば主人がまだ帰ってこないとか、お姑さんとケンカして、家族を困らせるためにちょっと家出をしようとか、こんなふうに思ったときに、どこにいったら良いでしょうか。遅い時間に受け入れてくれる知り合いはいないでしょう。女ひとりは、危険 [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 ホストクラブに行く理由
  • 被害者の宮司である富岡長子さんは、ホストクラブくらいしか、息抜きが出来なかったのでしょう。 彼女は、小学生のような可愛さを持った表情豊かな人なのです。 でも、ネットで見る顔は、仮面を被っています。 この仮面をはずすことが出来たのが、ホストクラブだったのでしょう。でも、おぼれるということはないと思います。神社のお金ではなく、自分のお金を使っているはずです。そういうことは、きちんとしている人ですから。 以 [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 坂東太郎氏のデタラメ
  • 日本ニュース時事能力協会検定委員である坂東太郎氏がデタラメを言っています。被害者の宮司である長子さんの学歴を調べもしないで、ヤフーのニュースでデタラメを断言しています。亡くなった人が文句を言わないことをいいことにして。 「あの」富岡八幡宮へ初詣って大丈夫か12/31(日) 0:38 「宮司」という役職は神社の代表者。仕事柄、聖職者(神事を司る)であると同時に経営の責任者でもあります。殺害された女性は何度も宗教法 [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 長子さん「ホス狂」じゃない
  • 殺されて反論の出来ない富岡長子さんなのに、「ホス狂」だなんて、悪口を言われています。自分の物差しで、長子さんを判断しないで欲しいです。そういう私も自分の物差しで、ということになりますが、もっと長子さんを観察しています。彼女は、貞淑なタイプで、基本的には、まじめなのです。彼女は、ホストに狂うようなことはありません。職業としてサービスをする男性に夢中になるほど、男性を知らないわけではありません。それに [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 腕切断された運転手さんは順調
  • 富岡八幡宮のホームページ12月25日付けで 重傷を負いました職員は、右胸と右腕を相当深く切り付けられましたが、居合わせた方の適切な止血処置や、搬送されました聖路加国際病院の、搬入を予想しての周到な準備と緊急手術の施術、最善の治療等いくつもの奇跡的な幸いが重なりまして順調な回復を見せており、この凄惨な事件の中に光明を見る思いがしております。 要するに、つながったと言うことですね。はっきりとわかって、安 [続きを読む]
  • クリスマスの特別ランチ
  • 月に一度の贅沢です。 ■キャベツ巻きのオマール海老とゆでたオマール海老■フォアグラと鴨のスープ何種類もの食用の花びらがフォアグラの上に飾ってあります。茶碗蒸しみたいな感じです。 ■ステーキ。写真を撮る前に思わず食べてしまいました。 ■苺のスープとピスタチオのアイス他にパンと飲み物がついて5000円(税込み、サービス込み)でした。 をしていただければ有難いです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 腕切断された運転手さんは(閲覧注意)
  • 命が助かったけど、右腕を切断された運転手さんの病状が心配です。当初の報道では、腕が「切られ」とありました。でも「重症」と。その後、しばらくして、「切断」と報道されています。このように報道が変化したのは、手術により、腕をつなげることが成功したからかも知れません。そのように信じたいです。一般的には、マイクロサージャリー(顕微鏡を使用して、小さい血管までを繋ぐ技術)が進歩していますので、切断された腕も、「 [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 腕切断された長子さんは
  • 黄泉の国には、長子さんと加害者の夫婦がいます。加害者である男性は、黄泉の国では、神事をしているかもしれません。長子さんも、きっと神事をしていると思います。長子さんは、神事が好きなのです。この世で、腕切断されましても、司法解剖の後には、簡単でしょうが、つなげてもらっていると思います。病気を治すとされる貝の神様は、黄泉の国にも、いらっしゃるかどうか、わかりませんが、大国主命は、いらっしゃるはずです。大 [続きを読む]
  • 富岡八幡宮事件 腕切断の意味
  • 報道に依りますと、長子さんと運転手さんは、腕が切断(に近いくらい)されています。 でも、これは、いわゆる猟奇事件とは違うと思います。神道では、黄泉の国があります。ここでは、亡くなった人が生活をしています。この世との違いは、やや薄暗いことくらいでしょうか。ですから、加害者たちは、この二人に、黄泉の国でも神事のご奉仕ができないようにと、腕を切断したのでしょう。 事件当初は、運転手さんを、長子さんの息子さん [続きを読む]
  • 富岡八幡宮 長子さんの優しさ
  • 富岡八幡宮−富岡長子-公式ブログ(現在は404エラー)を一つずつ読みまして、引用致します。 初日(8月2日)の3本目のブログ「本日の晩御飯」からです。 彼女が頑張っていて、優しいということがよくわかります。彼女の優しさに、置いて来ざるを得なかった我が子への優しさを、感じることがありました。 本日の晩御飯 2017-08-02 19:10:10 昨日の月次祭(つきなみさい)に続き、明日は遷座祭があるので、本日の夕食もお豆腐で [続きを読む]
  • 富岡八幡宮 長子さん、可愛いですね
  • 富岡八幡宮−富岡長子-公式ブログ(現在は404エラー) 2回目のブログの「狛犬様」を読みました。 彼女は、控えめで、可愛いタイプだということがわかります。 狛犬様 2017-08-02 17:36:42 家の神社には境内にも沢山の古い狛犬が鎮座していますが、今日は祝詞殿に鎮座している狛犬様を御紹介。 彼女は神社に親しんでもらおうと思ったのでしょう。 誰にでも分かり易い「狛犬様」を取り上げて、写真を掲載しています。 そして 実 [続きを読む]
  • 富岡八幡宮宮司富岡長子さんの無念
  • こんな形で人生が終わるとは悲しいことです。私は20年前の2年間の彼女を知っています。その後の付き合いはありませんが、何年か前に、すでに宮司代務者となっていました彼女に、ある会合で出会いましたが、それっきりでした。20年間、頑張って、やっと宮司になれて、これからというときに、亡くなってしまいました。この事件で、彼女のことがいろいろ言われ、違うのではないかと思うことが多くあります。事件になってから、彼 [続きを読む]
  • 介護における「清潔」とは
  • 介護をしていて、「清潔」とは、どういうことなのか、考えてみました。以下は私見です。「無菌」にするのは、たいへんなこと(空気中にもいますし)で、必ずしも良いわけではありません。■ふつうには、介護している人の部屋が、排泄物の臭いがしないこと、これは重要です。今のオムツは、よく出来ていますから、尿の汚れは、しばらく置きっぱなしでも、臭いはしません。尿が匂うようになるのは、細菌に触れて、変化していった場合で [続きを読む]
  • オムツ 気をつけること (続)
  • オムツ 気をつけることの続きです。(1) 皮膚病にならないことオムツ 気をつけること を参照 (2) 清潔を保つこと先に申しましたようなおむつの当て方ですと、シーツに漏れてしまうようなことは、まず、ありません。でも、失敗するということもあります。■そこで、私は、以下の様に重ねています。 1 マットレス 2 防水シート 3 敷き布団(最初は使用していませんでしたが) 4 腰のあたりに二つ折りバスタオル 5 ベ [続きを読む]
  • オムツ 気をつけること   
  •   以下は、私見です。ポイントは、 (1) 皮膚病にならないこと(2) 清潔を保つこと(3) 手間がかからないこと(4) 費用がかからないことどうすれば、良いでしょうか。 こんな風にカビがついてしまっては、かゆくて大変です。 (1) 皮膚病にならないこと皮膚は、健康なときは丈夫ですが、一度、トラブルをおこしますと、治すのが大変です。 オムツをしている場合は、もともと、じめじめしているところですから、治すのは特 [続きを読む]
  • 栗ばかり 
  • 友達とフランス料理に行きました。すべてのお皿に栗を使用してのイベントです。いつもの下駄履きで行きました。どれもきれいで、おいしかったです。全部食べ終わって、また、こういうイベントに来たいわね、みたいな話になりました。でも、私にはここに来ることが出来ない家族が居るのです。そう思うと、もう、すぐにでも帰りたくなりました。帰りのスーパーで、よつ葉牛乳を買いました。これでゼリーと寒天をつくります。*柿の赤 [続きを読む]
  • 介護 適切なゴムひも
  • 寝たきりの人の介護は、少しの工夫で、楽になることがあります。たとえば、ゴムの伸び具合です。ゴムがよーーく 伸びますと、介護が楽になります。おむつ交換の時、前のズボンを引っ張るだけで、オムツカバーを開くことができます。 まず浴衣を開きます。(介護の時は、浴衣が便利です) ズボンの前を下げます。ゴムが伸びるので、ひっぱろだけで、たくさん下げることが出来ます。↓ オムツカバーが出てきます。 このオムツカバーを [続きを読む]
  • だめになった下駄
  • すり減っていた下駄は、もう履けなくなりました。 歯がなくなって、鼻緒のところが直接地面につくようになって、抜けてしまったのです。鼻緒は悪くなっていませんが、再度使うのは難しいです。こちらの下駄、 この下駄は、今では、股関節痛のために、正しい姿勢で、歩けないので、減り方がオカシイのです。左右を入れ替えたりして履いていましたが。 大きく傾いています。履きますと、足が滑ってしまいます。歩きにくいですが、最 [続きを読む]