藤田 操 さん プロフィール

  •  
藤田 操さん: 痛む、しびれる腰部脊柱管狭窄症!
ハンドル名藤田 操 さん
ブログタイトル痛む、しびれる腰部脊柱管狭窄症!
ブログURLhttps://ameblo.jp/m88882015/
サイト紹介文腰部脊柱管狭窄症の手術をしましたが現在も痺れが進行中!解消に向けての情報を発信していきたいと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 343日(平均0.7回/週) - 参加 2017/04/23 21:12

藤田 操 さんのブログ記事

  • 脊柱管狭窄症の前ぶれと見分け方
  • こんばんわー 藤田です。 いつもご覧いただき、ありがとうございます。 久々の投稿になります。 これからもよろしくお願いします。 今回は、脊柱管狭窄症の前ぶれと見分け方についてお話いたします。 脊柱管狭窄症は、主に加齢が原因で、徐々に進行する慢性的な病気です。 ある日、急に悪くなって、突然歩けなくなるといった、急性の病気ではないので、 本人も気づかないうちに症状は進行します。姿勢が悪いと脊柱管狭窄症を引き [続きを読む]
  • カイロで脊柱管狭窄症の痛みを大軽減!
  • こんばんわ〜 藤田です。 久々の記事になります。 これからもよろしくお願いします。 腰痛などで体に痛みが生じたとき、多くのかたは、それを自分の 体が痛めつけられている現象と考えがちではないでしょうか。 痛みが現れるしくみは、冷えやストレスなどで、血液循環が低下 し、体がダメージを受けると、私たちの体内ではそれを修復しよう とする機能が働き、プロスタグランジンというホルモンが増加します プロスタグランジン [続きを読む]
  • 腰痛のつらさを取る!!
  • おはようございます。 藤田です。 いつもご覧いただきありがとうございます。 今回は、腰痛のつらさを取る為のお話をいたします。 腰痛といっても、その原因はさまざまで、 ① 長時間の不自然な姿勢によるもの 病院で検査しても、骨に異常がないのに、腰がだるい、痛いといった 症状のほとんどは、デスクワークを休憩時間もとらないでつづけたり 車の運転を長時間つづけたりしたことが原因で腰に痛みがきます。 ② 神経のバラン [続きを読む]
  • 腰痛からの脱出術 1
  • こんばんわー 藤田です。 今年もよろしくお願い致します。 今回は、なぜ 「腰痛」 は起こるのか? 腰痛の正体を暴くには、腰の構造を知ることが大切です。 背骨は、専門的には 「脊椎」 といわれ 「椎骨」 と呼ばれる骨の 集合体で、32〜34ある椎骨は、5つのグループに分かれていて、 頭に近いほうから、頚椎 (7個)、胸椎 (12個)、腰椎 (5個)、が 積み重なって、その下には仙骨(5個)、尾骨があります。 尾 [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症 日常生活の注意点!
  • こんばんは。 藤田です。今年もよろしくお願いします。 今年最初は、脊柱管狭窄症の日常生活のポイントに ついてお話したいと思います。 先ずは、第一に歩く時の注意ですが、脊柱管狭窄症の かたは、ある程度の時間継続して歩いたり、立ったりす ると、足や腰にしびれや痛みが出てきます。 そうなると、歩けなくなったり、立ち続けるのがつらくなっ てきます。それで、しゃがみこんだり座ったりして休めば、 その症状は消えて、再 [続きを読む]
  • 新年のご挨拶!
  • 新年あけましておめでとうございます。 いつもご覧いただきありがとうございます 今年度は、皆様のお役に立てますよう 頑張っていきますので、宜しくお願い致します。 お年こそ腰痛を皆様と一緒に解消しましょう。 [続きを読む]
  • 改めて脊柱管とは!
  • こんばんわ。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 かなり寒くなってきましたね。皆様体調に注意して下さいね。 今回は、改めて脊柱管についてお話しいたします。 脊柱管とは背中の管、丈夫なチューブのようなものです。 そのチューブの中には、脳からの神経が束になって流れて います。 だから、脊柱管というのは、すごく大事な管なのです。 神経細胞というのは、とても傷つきやすく、損傷しやすく デリ [続きを読む]
  • 腰の痛み、下肢のしびれ、間欠性跛行が消える「腰眼ゆらし」!!
  • こんにちは。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回は、つらい座骨神経痛・間欠性跛行が消えると言われる狭窄症体操 「腰眼ゆらし」 についてお話しいたします。 腰部脊柱管狭窄症は、加齢によって筋肉が硬直したり、骨や靭帯などが変性したりして、 背骨にある神経の通り道である脊柱管が狭くなって起こる病気です。 脊柱管が狭くなると、神経が圧迫されて、腰が痛くなったり。下肢のしびれが起こっ [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症最新検査法!
  • こんにちは。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 腰部脊柱管狭窄症や頸椎症が疑われる場合、痛みやしびれの 原因を調べるために「MRI」の検査を受けるのが望ましいといえます。 「MRI」検査なら、骨や椎間板の軟部組織、靭帯、神経の状態が克明 に映し出されるからです。 通常のMRI検査では、患者さんにベットの上であおむけに寝てもらい その後ベットが移動して筒状の空間に入っていき断面的 [続きを読む]
  • 狭窄症の改善には・・・その2
  • こんばんわ。 藤田です。いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回は、前回の続きで狭窄症の改善には骨の強化が重要と いうことで、前回のカルシウムに続き ビタミンD ビタミンDは「骨のビタミン」と呼ばれていて、骨の形成に欠かせない カルシウムを代謝し、カルシウムの血中濃度を一定に保つ働きをし ています。 そのため、骨量を増やすにはビタミンDを補う必要があります。 厚生労働省による、成人が1日に摂取 [続きを読む]
  • 狭窄症の改善には・・・
  • こんにちは。 藤田です。いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回は、腰部脊柱管狭窄症の改善に役立つサプリメントを 御紹介したいと思います。 脊柱管狭窄症は、骨の衰えと深く関係しているといわれます。 骨が衰えると、骨が変形して骨棘というとげができたり椎骨が つぶれたりして脊柱管の中が狭くなって、神経が圧迫される からだそうです。 骨の強さは、硬さにかかわる「骨量(骨に含まれているミネラ ル量」と [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症 足裏のしびれ・違和感撃退!
  • こんにちは。 藤田です。いつもご覧いただき、ありがとうございます。 今回は、脊柱管狭窄症が原因で、足裏にしびれや違和感がある場合の 解消する方法についてお話しいたします。 脊柱管狭窄症の方で、足腰の痛みやしびれ、間欠跛行に加えて、足裏の 痛みやしびれに悩む人が少なくありません。 こうした足裏の不調の方たちは、次のような違和感を訴えています。 〇正座で足がしびれたときのように足裏がジリジリする。 〇足裏の [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症放っておくと?
  • おはようございます。 藤田です。 いつもご覧いただき、ありがとうございます。 今回は、脊柱管狭窄症を放っておくとどうなるかについて お話しいたします。 軽度、中度の場合はその1/3は自然経過でも良好な予後 が期待できるが、重度の場合の予後は不明とされています。 本来退行変性を主病態とするので、回復力が低く、年齢と 共に増悪傾向であるとされています。 発症初期から間欠跛行や歩行障害を伴って比較的病状が 強いも [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症手術後のリハビリ !!
  • こんばんわ。 藤田です。 暑いですね〜。 体調管理大丈夫ですか? 今回は脊柱管狭窄症の手術後のリハビリはどのような 事をするのかについてお話しいたします。 退院すると、先生から仕事や日常生活を送るうえでの 注意事項などを指導されます。 症状の重い方は最初のリハビリはとてもきついと思い ますが、、また元気に動けることをイメージして医師の もと励んでいきましょう。 ストレッチ 太ももなどの筋肉を中心に脚の伸縮を [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症に効くストレッチ!!
  • こんばんわ。 藤田です。いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回は腰痛に効くストレッチをご紹介いたします。 〇 圧迫されている患部の除圧をするストレッチ  ① 仰向けになって、両膝を抱かえてください。  ② そうしたら、息を吐きながら、ゆっくりと両膝を胸につけて    ください。その状態で5秒数えます。  ③ ①と②を10回ずつ繰り返して1セットです。 〇 腰の筋肉を伸ばすストレッチ  ①  [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症の腰の痛みが!!
  • こんにちは。 藤田です。いつもご覧いただきありがとうございます。 毎日、暑い日が続いていますね。熱中症に気を付け て、くださいね。 今回は、脊柱管狭窄症の腰の痛みが改善される「爪 もみ」療法についてご紹介いたします。 爪もみをすると、徐々に交感神経の緊張がほぐされて、 副交感神経を働きやすくする効果が出て、血液の流れ もよくなり、腰痛なども改善することができるようです。 どんな痛みであれ、血液障害に原因が [続きを読む]
  • 神経の流れを整え痛み、痺れ、歩行障害を緩和!!
  • こんばんわ。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回ご紹介する療法は首の後ろを刺激するだけで、神経の流れを 改善する療法だそうです。 脊柱管狭窄症の痛みは、脊柱管を通っている神経が圧迫されて痛 みが発症します。 神経から正しい指令が送られていなければ、神経の流れが正しくな ければ、血管から神経に届けられる栄養も不足して、ますます神経の 指令が乱れてしまいます。 そこで、自分で行え [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症の激痛改善法!
  • こんにちは。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 私は3年前に脊柱管狭窄症の手術をしましたが、ずーと左足の痛み、 痺れに悩まされていました。痛み止めの薬で何とかやり過ごして来 ましたが、何か改善方法はないかなと思っている時に、知り合いの 方から足抱え体操をやってみればと勧められ2週間前から朝晩2回 足抱え体操を試してみることにしました。 最初のころは軽い痛みがありましたが、5日位か [続きを読む]
  • 腓骨神経麻痺について
  • おはようございます。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回は腓骨神経麻痺についてお話いたします。 腓骨神経麻痺の原因として ① 外部からの圧迫: 腓骨神経が下腿の皮下の浅層を走行するため。             (骨折時ノギブスやストッキングなどの圧迫が多い) ② 絞扼性障害:神経周囲の筋膜・筋肉などの組織による神経の圧迫 ③ その他:ガ [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症について! 2
  • こんばんわ。 藤田です。いつもご覧いただき本当にありがとうございます。今回も、前回に続き腰部脊柱管狭窄症についてお話ししたいと思います。 保存的治療 (保存療法) 症状が出てから数ケ月は保存的治療をするのが一般的で、保存的治療では、コルセットや鎮痛剤の使用で、最近ではプロスタグランディンE製剤という馬尾の血流を改善することで間欠跛行を改善しようという薬が発売され、これが効果を示す場合が [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症について!
  • こんにちは、藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回わ、腰部脊柱管狭窄症についてお話いたします。 〇腰部脊柱管狭窄症とは 腰部脊柱管狭窄症は、腰の神経、馬尾と神経根という神経の通り道が 狭くなるような状態で、その原因には様々なものがあるようですが、多く は加齢に伴う変化によるものです。 例えば、神経の近くにある椎間板の膨隆や、椎間関節にできた骨 [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症を手術なしで治す方法
  • こんばんわ。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回は、狭窄症を手術なしで治す方法についてお話ししたいと思います。 脊柱管狭窄症の手術は、狭くなった脊柱管を広げる手術です。狭くなった 脊柱管を手術で手術でひろげれば下肢の痛みやしびれは治ると思われる のですが、手術をしたのに痛みやしびれが取れない方も少なからずいるそ うです。私もそうなのですが [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症の保存的治療の考え方!
  • こんばんわ。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 今回は狭窄症保存的治療の考え方についてお話し致します。 狭窄症は退行変性を主病態とするので回復力が少なく、加齢と共に 増悪傾向を示すことが多いため、保存的治療には、反応しにくい疾患 だと言われます。 〇脊柱管を拡げる事がいちばんですが・・・ 脊柱管狭窄症の主病態は脊柱管の狭窄なので、脊柱管を [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症の解消法!
  • こんばんわ。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 腰部脊柱管狭窄症の解消法についてお話し致します。 解消法としまして、神経の圧迫のされ方で対処法が違 ってきます。 〇 神経の束全体「馬尾(ばひ)」が圧迫されている時の解消法 多くの場合は手術療法が治療の第一選択となります。 馬尾の障害による、しびれや痛み、麻痺、排尿、排便 障害は時間がた [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症で悩んでいる方の日常の注意点!2
  • こんばんわ。 藤田です。 いつもご覧いただき本当にありがとうございます。 前回の続きで脊柱管狭窄症で悩んでいる方の日常の注意点に ついてお話しいたします。 〇 自転車に乗ることができるなら、歩くよりもいいでしょう。 自転車に乗ると、背中を丸めた姿勢になるので、狭まってる脊柱管 に負担をかけずに済みます。 〇 日ごろから常に姿勢に気を配るようにしてください。立ってい [続きを読む]