barayuka さん プロフィール

  •  
barayukaさん: barayuka雑記
ハンドル名barayuka さん
ブログタイトルbarayuka雑記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mulberry_bara
サイト紹介文心の葛藤が身体に出る人。カテゴライズされない病。アラフォー引きこもり女性。脱出を図ります。努力中。
自由文心の葛藤が身体に出る人。診断名がつかず、カテゴライズされない病で精神科歴15年目くらい?
不安定非正規からもついに力尽きて脱落、気づいたら引きこもり女性というカテゴライズにやっと当てはまることに気がついたので、当面はそこを居場所にしつつ、脱出を図りたいです。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2017/04/24 00:15

barayuka さんのブログ記事

  • 自分に怒りがむいてしまう
  • イライラとか、そういう言葉もなんか違う気がする。傷がついてるとか、刃物とか、そういう感じなんだけど、困ったことには自分が自分に刃を向けてしまうとかそういう感じなので、内側に向かうとあまりよくない感じがするので、だからこうやって文章にしている。そとに向けないとやばいから。なんでこんな風になってしまったんだろう。わからないけど、たぶん、閉じ込めてしまうのは、怒ること=ダメなことという思い込みが自分の中 [続きを読む]
  • たったひとつの失敗すら認めてくれない人なんて嫌だな。重箱の隅をつつくように、できてることややってることより失敗や欠点ばかりあげつらうなんて。自分だって完璧じゃないくせにと思いながら、言い返したら何故かチクチクしてしまう。キリキリする。嫌だな。攻撃したり責めたりばかりされるから嫌。 [続きを読む]
  • 集団は悪者を探す。あるいは、犠牲者を探す。
  • あいつはいけすかない、と言いたい。その理由は、なんとなくでいい。事実じゃないことでも決めつけてしまえばいい。あの人はああだとかこうだとか、勝手に決めて、裏で言ってしまえばわからない。知ってるんやで、という脅しの言葉は言うけど、本当が何かも知ろうともしない。妄想の世界を共有し、結託し、仲間が欲しいから人を蹴落としてひとりのひとを犠牲にする。それがコミュニティだなんて、開き直ってる。せめてもう少しだけ [続きを読む]
  • 「わかります」
  • 「わかります」わかるかよと思ってしまう自分がいるわかるなんて言われたくない上っ面の話なんかしたってわかるはずない。その瞬間物凄い隔たりが出来てしまう気がする。せめてわかるなんて言われたくない。壊れろ。病院に関する人誰ひとり会いたくない。壊れてしまえ。 [続きを読む]
  • 「人なんて、どうでもいい」
  • 人なんて、どうでもいい自分を許したら、もっと自分を大事にできるんだろうか。ひねくれた自分にひねくれてしまったことを許して、それでもいいよ、無理してちゃんとした自分でいなくていいよというのを許したら。100パー聴く気がないとかどうでもいいとかそういうことじゃないの。でもなんか、そんな余裕ないんだ。そんな余裕ないなんて、言い訳かと思ってたけど、みんなそんな余裕ないのを、私ひとりがずっといい子でいたって。 [続きを読む]
  • 自責感
  • 前向きにできたことがあっても、やっぱり時々自責感を感じてしまう。自分はこれまで、あんなに頑張ってたつもりだったのに、どうして何もないんだろう。うまくできなかった、無駄だった、失敗だったという気持ちになって、時々どうしようもなく、悲しく虚しくなってしまう。今私がしてる努力もなんなんだろう。なんとか気持ちを、どこまで準備したら納得できるのか。ずっと同じところをグルグル回ってるだけ。悲しいし、苦しいし、 [続きを読む]
  • 私はいい患者だと思う
  • 急に怒りでいっぱいになって眠れない。なかったことにはできない。病院は普通は患者を拒否することはできない。よほどのことがない限り、と病院側は言ってたけど、そもそも治療が必要な人にとって病院は必要だし、自分が治療が必要だときちんと自分に向き合って思える自分は、基本社会に迷惑をかけてはいけないと思ってるいい患者だと思う。よほどのことがない限り、といって病院が拒否するには、医者はあまりにもたくさん給料をも [続きを読む]
  • 自分を隠してもいい
  • 昨日、ふと思った。自分のことを隠してもいい、と。何でかというと、私はやっぱり前の病院にいて、診察室のすぐ隣にいつも人がいて、自分の話をきかれるのがやっぱり傷ついてたんだなって。好きで壊れてるわけじゃなく、そういう自分を誰にも知られたくなくて、そのこと自体は間違ってもない。経験した人しかわからない気持ちかもしれない。病院のスタッフとはいえ、信用してないと言われたら嫌かもしれないけど、働いてる人は専門 [続きを読む]
  • 浮き沈み
  • 普段引きこもりなのを色々変えようと思ってやってみたりすると、妙にテンションが上がって、気がついたら疲れてる時ある。あれ?私もしかして躁状態だった?とか…。今の打開方法わからないから、とりあえず寂しかったりして、若者の間でソフレとかいうのが流行ってるらしい私もなんか寂しいし添い寝してくれる人探そうかなー…とか、別に悪いわけじゃないけど、気がついたらテンション上がってて。世の中についてけてないこととか [続きを読む]
  • 誰にも理解してもらえなくてつらい
  • 自分の頑張ったことがどんどん消えていく。なかったことのようになっていく。私が責められることはあっても、私が理解されることはなかった。そのことは多分、どうしようもない暗い穴のようになってる。自分の中で。さびしい。虚しい。悲しい。 [続きを読む]
  • デスクトップより
  • 水がいっぱいある、とよく自分の内面を表現するけど、今はさらに、その水でおぼれてるかもしれない。忘れがちになってしまうのだけど、blogは外部から人が読むことができるもので、これだと一応匿名のような形にはなっているのだけど、でも、自分と他者の境目がわからなくなってしまいがちだ。と思う。人と話す機会が極端に減っている。自分が思っている以上にそのことは自分にとってダメージなはずなのに、自分の中だけで自己完結 [続きを読む]
  • アンガーマネジメント
  • 今日は何故かドーンと落ちて朝から鬱。何かがペキッと壊れる瞬間みたいなのがあって、なんとか起きれたのだけど病院に行くことになった。病院に行ったら代診で、ただでさえ病院変わったばかりなのに、知らない先生。しかもなんとなくあまりいい雰囲気じゃないような…。(好み?)途中、年末に餅つきで喧嘩した従姉妹と偶然出会い、普通に話せた(謝ったりはできなかったけど)普通かどうかもわからん。問題避けてるだけかな。病院 [続きを読む]
  • わたしは他人のコンテンツじゃない
  • 自分がここに至った原因にはさまざまなものがあると思う。せっかくだから書いておく。インターネットについて。わたしは自分のことをすごく引きこもりだったり行動できなかったりこじらせた人間だとは思うけど、自分が意図して貫いてるようなこともある。怖いのは、SNSは、昔なら人に知られるようになったようなことが簡単に見えるようになったこと。もちろん情報をどのくらい出すかは本人が選べること。でも、見る方も気をつけな [続きを読む]
  • 揺り戻し
  • 私は、しなければいけないから、とか、大雑把にそういう必要性を考えて色々行動するけど、自分の気持ちを把握するのが苦手かもしれない。行動すること自体にちょっと熱中して入り込むようなところはあるんだけど、そのあと家に帰ってみるときまって、行動していた高揚感が思い出せなくて、自分の気持ちがよくわからないみたいになる。気持ちは無視して行動してるというか、そもそも把握するのが苦手なんだと思う。たまたま思いつい [続きを読む]
  • なかなか気持ちが決まらない
  • 今日はハローワークに行ってきた。最近は病院のこと、治療のことなど色々あって自分自身がいろんな情報に振り回されてて、ジョブパーク、派遣、いろんなものに手を出してたけど、シンプルに自分ひとりで決めたほうが納得いくんじゃないかという気がして、結局もともとの自分ひとり行動。そもそもテンプレ的な人生なんてとうの昔に踏み外してるから、私は窓口で相談してもなかなか気持ちに沿った回答を得にくい。そのことは諦めるし [続きを読む]
  • 人間不信
  • 心が傷ついてるから、人間不信。困ったことだと思う。人が信じられないことって、本当は別に普通のことかもしれないけど、それでもうまくやってかないといけないだろう。私は正直だと思うし、上手にうまく付き合うことが難しい。人に対する恐怖感を持ちながらうまくやっていくことを考えるのは難しい。どうしたらいいんだろう。対人恐怖。働きたいと思う時、そのことが引っかかってしまう。 [続きを読む]
  • How long, my friend
  • 小学校のときマーチングバンドが導入され、高校大学と吹奏楽部でトランペットを吹いていました。(何故か中学は写真部だった)吹奏楽部にいた時、セルゲイ・ナカリャコフというトランペット奏者にハマりました。これは私達世代の人は結構多いと思う。確か同い年だったのだと思います。トランペットの貴公子とか言われてて、甘いマスクの(この言い方が古いけどそう言われてた)ちょっと当時はまだあどけなさも残るイケメンで(当時 [続きを読む]
  • とてもつらい
  • 人前で泣いてキレてしまった。自分でも追い詰められてると思うけど、自分がそこまでなると思ってなかった。でもそれが今の私。あとからこんなことしても、印象悪くなるだけなのに、と思った。なんで私がこんな目に?という怒りのやり場がなくて、相手には馬鹿にされてるように感じて、昔のことなのに、私だって可能性をいっぱい持った若者のはずだったのに、努力する気がなかったわけでもしなかったわけでもないのに、って。方法が [続きを読む]
  • 日本で女性として生きていくこと
  • 夜中にふと言葉に出来たこと。自分の中にもいまだ苦しい矛盾としてあること。この年齢にならないと、わからない苦しみもあった。はじめて知ったことがあった。最終的には自分がどうしたいか、なんだろうけど、それにしても揺さぶられたり見失ったりすることも、仕方ないと思う。引きこもろうが、社会に助けられるのは、居場所が与えられるのは、男性だけなんじゃないか。引きこもりの男性に、デイケアで、働いてることがそんなに偉 [続きを読む]
  • 架空のおはなし
  • 架空のお話の中に紛れていたくなる。姿が見えないやりとりで、歳上の妹であったり、客であったり、自分の知った人を投影したその代わりにしたりして、そんな架空のお話に甘えて生きて生きたくなる。一緒にいるということは、一緒にいないときを孤独にしそうなものなのに、会ったこともないであろう人の存在を勝手に自分に都合よく感じてお話の中で、自分が一人じゃないと思いたいだけで。 [続きを読む]
  • 「一緒にいて」ということ
  • デイケアで私が辛かったことのひとつに、甘えてるようで全部を言えてたわけじゃなかったことがある。担当スタッフにしょっちゅう話しかけ、呼びに行って、話を聞いてもらってたけど、言いたいことを話してるようで、本当の気持ちは言えるわけない。良識や常識があるから。そういうとこだけ妙に大人なのに、実際は全然そうじゃなかった。形から入っていい子になったところで、自分は本当はそんな出来のいい子じゃなくて、本当の気持 [続きを読む]
  • 傷つきやすい
  • 私は傷つきやすい。私は強くない。私は誰かいないと生きていけない。そういう自分を否定しないでいい。 [続きを読む]
  • 苦しい
  • 言えば言うほど苦しくなることってある。人にぶつけたところで向こうにも迷惑だろうし、自分も正論を返されるとぐっと詰まってしまうしかなくて辛いとこもある。しんどくなり過ぎて吐き出してしまってるけど、結局自分の首を絞めてたりして。どこかでわかってるから苦しい。全てを理解してもらえることなんて今の自分には少なくとも障害がありすぎるように感じて、でもわかって欲しかったり。でも壊れた自分は嫌いだったり。音楽を [続きを読む]