BeInterestedIn さん プロフィール

  •  
BeInterestedInさん: オノマトペ
ハンドル名BeInterestedIn さん
ブログタイトルオノマトペ
ブログURLhttp://be-interested-in.com/onomatopee/
サイト紹介文オノマトペを発信しています。サイト制作やパソコン関係、自問自答といった内容が多いです。
自由文今は、独立をして仕事をさせてもらっていますが、ストレスをためないように仕事のルールを決めています。それは、自分の取扱説明書としてブログにも記載しています。よろしければご覧ください。
http://be-interested-in.com/onomatopee/2017/02/23/post-194/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供292回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2017/04/24 10:37

BeInterestedIn さんのブログ記事

  • 旅するカフカに勧誘されています。僕は参加するかどうかをこう判断しました。
  • 旅するカフカに参加しちゃう?旅するカフカとはネットで検索しても意味がない。それは検索をしてみれば分かります。どれもこれも信用できないし、あてにならないからです。MLMの世間的イメージ日本では、ねずみ講とMLMを一緒にして解釈されることが多いです。参加したら最後、友達付き合いまで無くすというケースが多いし、そのように信じられています。僕もそうです。まぁ、ねずみ講は犯罪だけど、MLMはグレー。まぁ、グレーとい [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。17冊目。
  • ここへきてようやくわかった。僕は本が嫌いなことは重々承知で、そういう内容の記事もこのブログで書いてきました。嫌いになった理由もだいたい自分では分析できていました。しかし、ピンポイントでわかったことがあります。自分の好きなジャンルや方向性のものだけではなく、反対の意見が書かれた本も読んだ方が良いと、どこかの本に書いてあったので、今回は小説に挑戦してみました。もともと小説は漠然と好きではなかったのです [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。16冊目。
  • 途中、僕には本のタイトルとは関係ないな・・・と思う部分がありました。最初と最後の数十ページに、僕と共感する部分があり、腑に落ちる部分が多々ありました。そもそも、僕は「仕事」をするという事に対して、頑張るとか、良い暮らしがしたいという角度から見たことがありません。生活や旅行をする為に、お金を得る手段としてしか思っていません。(だからといって、お客様を大切にしないということではないし、僕にしかできない [続きを読む]
  • ときどきある「何をしてよいかわからない。」という時に。
  • ぜいたくな悩みそれなりに毎日を忙しくというか、惰性というか、休日も普通の人と変わらない、テレビを観たり出かけたり、昼寝したり。そういう生活が続くと、何やら不安になってくる。このままでいいのか?学生の頃、やりたいことがたくさんあって、情熱的に行動的だった日々・・・。あぁ〜、暇だなぁ。・・・・と。実は、とても贅沢なのですが、本人は気が付かないんです。そして、新しい情熱を注ぐための目標を探し始めるのです [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。15冊目。
  • 二度ほど、涙がでそうになった。消費することで経済が回り、消費者に早く消費させることで経済が発展する。そうした消費主義による経済発展をすり込まれた人間は、次はあれを買おう、これを買おう!と、買うために自分の時間を使って(労働)お金を貯める。そして購入する。つまりは、商品の購入はお金で買うものではなく、自分の時間(生命)を削って手に入れるものだという表現には愕然とした。考えても見れば、35年ローンなどと [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。14冊目。
  • 読み終えるまでに結構時間のかかった本。なんだろう・・・たぶん、今までは、この本とは真逆に近い内容の本を読んできたせいだろうと思う。最初はスラスラ読めたのだけれど、途中から数字で社会や経済といった状況の説明が多くなり、疲れてしまった。確かに、その通り!と納得の部分もあるけれど、今まで読んできた本の影響もあるせいか、この部分はちょっと受け入れられないなぁという部分も多々ありました。しかし、結局、僕が感 [続きを読む]
  • 焦りと不安。人の成功は何とも自分を焦らせる。その原因と対策。(健忘録)
  • 焦りと不安の中でこれは、自分への戒めもあり、書いておこうと思います。定期的に(?)焦りを感じたり、不安を感じます。それは、友達の成功を喜ぶ半面、自分は何をやっているのか?という自責の念にかられて発動する様です。けれど、最近、その焦りや不安を解消できそうだと感じています。それは、自分が成功するということではなく、自分の考え方、生活の仕方にあるのだと思います。 焦りはイライラ、そして不安を生む。ごく近 [続きを読む]
  • そんな理屈あるか?!
  • うっとおしく、不快な着信音。ある時、その着信音が打ち合わせの時に鳴り響いた。大音量で不快なメロディーにたまらず女性が言った。「ちょっと驚くんですけど!それにこのメロディーあまり良くないです!」 僕以外に同じことを思っていたんだと、僕自身、嬉しかったが・・・まぁ、メロディーは好き好みがあるから、許せるかなと考えている矢先、指摘された方が、すかさず言い訳・・・ 「うん!不快なメロディーだと絶対気が付くか [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。13冊目。
  • 「地震がくるといいながら高層ビルを建てる日本」というユニークなタイトルに惹かれました。この本は、そうした日本人の性質を現しています。著者は日本人ですが、海外でのご友人も多く、そうした外国の方との付き合いのなかから、外国人が見る「日本人」を著しています。日本人代表として反論したり、なるほどそう見えるのかと感心したりといった、今でいうブログのような読みやすい本です。読んでいて、日本人として再認識したり [続きを読む]
  • 僕の24時間をどう使うか?見直してみました。
  • 目標に向けて時間を使う日々生きてくると、目標が変わってくる。今は、健康を第一と考えたい。そこで、どうしたら24時間を「健康」に時間を使うことにシフトできるのかを考えています。 今までの時間の使い方を洗い出すなんともお恥ずかしいのですが、書き出してみると目的の無い時間がたくさん。一度自分の時間の使い方を洗い出すのは良いかもしれませんよ〜。だいたい以下のような生活を送っています。 夕食はだいたい18:00ころ [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。12冊目。
  • 少し小難しい本ばかり読んでいたら、SNSで知り合ったお友達から「アドラーの心理学」というものを薦めて頂きました。いろいろ心理学の本(自己啓発)はあるけれど、この1冊で十分ではないかという評価を、SNSのお友達は持っているようでした。そこで「アドラーの心理学」と検索すると、多くの本がヒットしました。心理学というと読み進めるのに時間がかかりそうだと思い、まずは初心者向けに漫画本にしてみました。コミックでわか [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。11冊目。
  • 1,000冊読むには自分の本選びだけでは限界がある。そこで、友達にお薦めの本を教えてもらおうと、いろいろ声をかけさせてもらっていたら、本のタイトルを教えてくれるのではなく、本を貸してくれた。有難いことです。どうしても自分で選ぶ本は偏りが出てくるので、こういうチョイスも有りかなと思います。お借りした本は↓。ほんとうの味方のつくりかた (単行本)松浦 弥太郎1,404円(10/13 15:41時点)発売日: 2014/03/24Amazon楽天 [続きを読む]
  • 1,000冊読むための本の「断捨離」ルールを設定してみました。
  • 本の断捨離読んだ本に愛着が出てきてしまう本を読んだら、捨てられない。ドッグイヤーやマーカーがあるから、あとで読み返したいという気持ちもある。けれど、なかなか読み返さないものです。捨てるのはもったいないし、かといって読み直すのもいつになるかわからない。 心を鬼にして断捨離せずとも本を人と思えばどうだろう?そんな時は「本」を「人」だと思ってみてみてはどうだろうか?人に会い、その人の考えることをいろいろ [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。10冊目。
  • 求めていた内容と違ういろいろな割り切り方が紹介されているけれど、どれもこれも結局は「割り切るぞ!」と自分の中で意思決定をしなければ始まらないことが分かった。「割り切るぞ!」と意思決定するための方法論が実際の症例に合わせて紹介されているわけで合って、本を読んだからと言って、考えすぎが治るとかモヤモヤがスッキリするというものではない。何でも割り切りが肝心!では、どういう心持でいればそうなれるのかという [続きを読む]
  • 僕も同じ!人の目を気にしたくないけど、気になっちゃう人へ。こうすると良いよ。
  • 他人の目を気にするとストレスがたまるなぜ、人の目が気になるのか?を考えてみました。嫌われたくないとか、気に入られたいとか、人の目を気にしすぎるとストレスが溜まります。もっと、自分に正直に、嫌なことは嫌!自分らしく生きる!と、いつも思っていますが、どうしても、人の目を気にしてしまいます。そうやってストレスが溜まっていきます。でも、最近、他人の目を気にする理由が、もう一つの側面があることに気が付きまし [続きを読む]
  • ストレスの軽減方法。「俯瞰(ふかん)実況中継方法」を試してみる。
  • 自分の問題を俯瞰(ふかん)で見る重要性僕には、これから起きようとしている嫌な事が2つあります。いや、1つはすでに、今、確実に発生していて、毎日、憂鬱です。その状況を変えたいと思っています。しかし、状況を変えるための方法を模索し始めると、色々な所に無理が出てきて、結局、”今すぐには変えられない”という事に気が付きます。今すぐに変えられないなら、いつなら変えられるのかを考えると、それには途方もない時間 [続きを読む]
  • 起業の後悔・成功・失敗を学べるリスト。自己診断してみた。
  • これらは、ある本に書かれた内容です。自分の仕事と照らし合わせたり、参考にすることで「新たな道」が生まれるのではないかと思い抜粋しました。一つ一つ、出来ていないことは出来るようにしたいと思います。 起業前これだけはしておけばよかったこと多くの方からヒアリングした結果が以下の通りです。いろいろ後悔はあるようです。僕は大丈夫なのか、チェックをしていきたいと思います。 社会人経験社会人経験は十分したと思いま [続きを読む]
  • 1,000冊読みの餌食になった本たち。9冊目。
  • ずっと、購入したままになっていた本。キミが働く理由福島 正伸発売日: 2009/02/28Amazon楽天ブックスAmazonの情報を掲載しています 著者と僕は似ているところが多いと勝手に思いました。だから、この本のような解決方法は、僕にはあっているのではないかと思う。ひとまず、鉛筆のラインやらドッグイヤーをたくさん作った。いつでも読み返して記憶を呼び起こせるように。ただ、僕は働くというゴールが少し違うようです。働く理由を [続きを読む]