じゃすみん さん プロフィール

  •  
じゃすみんさん: ドラマでポン
ハンドル名じゃすみん さん
ブログタイトルドラマでポン
ブログURLhttp://pon-drama.dreamlog.jp
サイト紹介文2004年からブログに移行、ぽつぽつやってます。 深夜のおバカドラマ好き、オヤジ好きw
自由文西村雅彦氏とインパルス板倉俊之氏を応援しています(^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2017/04/24 16:56

じゃすみん さんのブログ記事

  • 「高嶺の花」〜最終回 ☆☆☆
  • 全ての黒幕、悪の帝王のようだったお家元。どんな裏切りで地位も権威も失ってボロボロになるのかと思いきや優しい結末。愛娘には去られたけれど、妻の愛と弟子は変わらず支えてくれるんですと。まあ、いっか。結婚式で誓わずにぷーさんを置き去りにして、2部開幕。そのぷー... [続きを読む]
  • 「dele」7 ☆☆☆☆
  • えええ、結局犯人は誰なの?次回に続くの?続かないの???例によって死亡確認から始まったものの、依頼人が死刑囚笹川の身内だと姉さまから横槍が入って削除は棚上げ。デジタル遺品はなんと、笹川ではない男が容器に粉を入れている証拠動画じゃないですか。渡せ、いや消す... [続きを読む]
  • 「ヒモメン」最終回 ☆☆☆
  • ほら、目にゴミがwもっとも、家にあげて二人きりで密着していたことには違いないのにそこはスルーされている池目先生。『末期ガンのお父さんに、花嫁姿を!』とお姉さんが推すのなら、池目先生が筆頭婿候補でもおかしくないのにー。幼馴染のイケメン高給取りが突如として現れ... [続きを読む]
  • 「dele」5、6 ☆☆☆
  • 相棒って、ケイが佑太郎のことを相棒って呼んだ〜!!もちろん面と向かってではなく、クソ野郎を脅している最中に「俺の相棒が」って表現しただけといえばだけなのですが。その前の5話では「猫」呼ばわりだったことを思うと、胸熱。お姉さまが持ってきた6話の依頼はいつも... [続きを読む]
  • 「ヒモメン」6 ☆☆
  • 「俺は、ゆり子のそばで、楽がしたいんです!」そんな宣言、嬉しいんだかなんだかw今度は美人社長(高岡早紀)のニセ恋人を務めることになった翔ちゃん。読まずにサインした契約書に、口外したら20万円途中でやめたら50万円支払うとあったもんだから、婚約者で弁護士で金... [続きを読む]
  • 「この世界の片隅に」6、7 ☆☆☆
  • あぁぁぁすずさんの腕がぁぁぁ、ハルミさんがぁぁぁぁ orzこの桜が最後かもしれないから花見をしよう、と街の公園に人々が繰り出した6話から、確かに一気に戦局が厳しくなりました。繰り返される空爆、工場の空襲から戻ってこないお義父さん。桜吹雪の枝によじ登り、遊女のリンさんと並んで語り合った美しい日々なんてどこか夢の遠くの出来事の様ではないですか。そして、やっとみつかったお義父さんを見舞いに行く途中で巻き込ま [続きを読む]
  • 「ヒモメン」4、5 ☆☆☆
  • 「私、ヒモが好き〜!!」ヒモ更生塾に翔をぶちこんだ5話、そして翔がついに更生すれば元ヒモの塾長と先輩看護婦聡子さんの結婚がついに決まる筈……だったのに。翔がクズすぎて焦る塾長に聡子さんがかけた言葉は、なんと『無理しないで』に続く上記の絶叫w  自分に素直に、嘘をつかずにいきる昔のあなたのほうが好きだったって、そんなぁwただ、いわゆるヒモを大勢集めてみたら、恋人はただの金づるで次から次に変えればいいと [続きを読む]
  • 「グッド・ドクター」4、5 ☆
  • ネグレクトと過干渉。極端な家族が続きました。公園で倒れていた幼女。目覚めても名乗らず、警察経由で現れた養母への反応がおかしいと気づいた湊が、幼女をかばうあまりに養母に暴力をふるったと責められるのですが……。それが虚言とわかるのは良しとして。ネグレクト発覚が日記からとはねえ。しかもそのノート、当の養母が病院に持ってきたんですよ。パラパラとでも見なかったんだ? 虐めてる自覚があれば、バレたらまずいこと [続きを読む]
  • 「2018年8月のインパルス」
  • 「にけつ」(8/7)500回放送記念〜そしてこの前みたいに話題だけ出るのでなくて、ゲスト出演でした(^^)出るなり『服が暗い』といじられる板さん。サロペットの半ズボンはけって、それ鈴木奈々や勝俣さん並みのテンションじゃないとダメなやつ! 志茂田景樹レベルの『そういう人』になれば髪がピンクだろうと気にしないって言われてもwそしてケンコバが語った、板さんが警備員に取り押さえられた下りに『許可とってますから』と反論w [続きを読む]
  • 映画「キルトに綴る愛」☆☆
  • プロポーズに戸惑う若い娘が実家に戻り、おばさま達の愛の遍歴語りを聞くことで結婚への認識を新たにしていく……のですが。その、実家に集まってキルト縫ってる人達がみんな、旦那が浮気しただの未婚で出産母子家庭だの、出来ちゃった結婚で不満だらけで別れちゃっただの、およそ穏やかではない結婚生活ばかり。当時は避妊て考え、なかったのね。それでこのキルトは結婚祝いよーとか言われても、素直に喜びにくいじゃないですか。 [続きを読む]
  • 「探偵が早すぎる」〜6 ☆☆
  • 水野美紀と広瀬アリス、似てるw案外楽しく見続けています。基本、事件が起きる前に探偵千曲川(滝藤賢一)が全部潰しちゃうわけで盛り上がらなさもある中、一華(広瀬アリス)ののびのびコメディエンヌっぷりが楽しみに。むしろ謎解きタイムは、おまけかな(^^;;;)  敵、というか本来は一華の実家、ダイダラ一族があまりに莫迦なのも癖になってきましたw今までで一番イケそうだったのが3話でしょうか。図書館が工事中なことを利用 [続きを読む]
  • 「透明なゆりかご」3、4 ☆☆☆☆
  • 我が子を抱けぬまま逝った夫と、出産直後の急変から戻らなかった妻。避けられなかった悲しい死と、遺された配偶者と嬰児と。3話では、不機嫌な妊婦安部(田畑智子)がアオイの何気ない励ましの言葉や、ささいなミスを責めて立てます。萎縮して益々ミスを連発するアオイ(検尿のコップ落とすとか嫌だー)看護学校の研修で産院を離れ、老人病棟では誰も怒鳴らないとホッとしているとそこに、安部さんの姿が。旦那さんは、盲腸手術後 [続きを読む]
  • 「半分、青い」☆☆→×××
  • 朝ドラ、実はずっと見ています。でももう辛いのです。偶にツッコミ入るなら愛嬌ですが、素でイヤおかしいだろ……とドン引きすることが増えてしまいました。だいたい週末に、週の6回を旦那と並んで続けて観ます(^^)旦那は片耳失聴で私は漫画描いてた時期があって。お互いにうんたらいいつつ、星野源のオープニングもとばさずに6回見てw 永野芽衣ちゃんが可愛くてねえ。そうか漫画家になりたいのかと、応援していたものです。そ [続きを読む]
  • 「プロジェクトランウェイ16」12 ☆☆☆
  • ついに5人から4人になる回。テーマは「戦う女」だとリングに連れてこられるデザイナー達ですが、シーズン4の様な女子プロ衣装を作るのじゃなくて。乳がんを克服した女性たちとの会合でした。ストレス解消に、スパーリングはしましたけどね!「殴るとか好きじゃない」と語るケンタロウのへにょへにょパンチw まあ彼は元々ピアニストで指が大事だったから(^^;;;;)さて製作開始。ファッションウィーク目前というプレッシャーの中 [続きを読む]
  • 「dele」4 ☆☆☆
  • ガンで孤独死をした依頼主日暮は、ケイの子供時代のヒーロだった。といっても、スポーツ選手とかじゃなてく当時TVを賑わせた霊能力少年。写真に触れるとその人に関連する風景が浮かぶので絵に描く、そんな千里眼の持ち主だったようですね。彼に憧れ、今でもスプーン曲げにトライしてみるケイと、超常現象には懐疑的な佑太郎。なのに、気軽にかざした手で触れもせずスプーンを曲げたのは佑太郎だし、山中で霊に導かれたのも佑太郎な [続きを読む]
  • 映画「斉木楠雄のΨ難」 ☆☆☆
  • ちょーくだらなくて大満足w バカップル両親(田辺誠一&内田有紀)可愛かったし、ヒロイン橋本環奈の変顔にもお腹いっぱいです(^^)生まれながらに超能力全開の主人公、斉木楠雄(山崎賢人)は、勤めて普通に暮らそうとしているのに、バカすぎて予知ができない級友や自信過剰ヒロインのおかげでトラブルの連続。平和な文化祭(の、間にフケて行く恒例の温泉一人旅)は守られるのか?いやどーでもいいしw終始真顔で淡々としか喋らせ [続きを読む]
  • 「警視庁ゼロ係(3)」3 ☆☆
  • まさかのココリコ田中が、本人として登場w 「池の水全部抜く」とコラボです。ちょっと番組名出すだけじゃありませんよ。ゼロ係の黄色ピンク紫が池に入ってタモ振って。そこで事件解決の糸口も見つけちゃうというがっつりコラボです。すごいな。始まりは、公開捜査番組。コメンテータ側で呼ばれている警視どのが、例によって空気を読まずに偽装失踪を見ぬいてしまうわ、虎三先輩の彼氏をTVで公開募集しちゃうわ(これ系はもう減らし [続きを読む]
  • 「dele」3 ☆☆
  • 赤い薔薇を5本送る意味は。「ロマンチストだな!」と言わせるのに、その意味はドラマ内では見せないのねw しましたよ、検索w今回の依頼主は、依頼たった3日後に自殺。薔薇の花を添えて幸子さん(余貴美子)に渡してくれ、と頼まれたデータは怪しい男にラップトップごと盗まれる(遠隔のコピーと削除、間に合いましたけど) ……怪しいことこの上ない依頼人の素性は、なんと公安のエスだった……!自分が不在の間に勝手に依頼を [続きを読む]
  • 「プロジェクトランウェイ16」11 ☆
  • いまひとつ盛り上がらない回でした。お出かけしてレクサスがあると思ったら、車に詰まった廃材シートベルトだネットだライトだを集めての、意外な素材チャレンジね。他の人に素材もらえないか聞いてるケニア。『どの素材使ったかなんてどうでもいいの、綺麗な服かどうかしか審査員は見てないんだから』確かに。シートベルトで作った黒ドレス、覗く金具も、頭の黒い帽子もナイス。肩出した上半身はタイトに、伏せたチューリップみた [続きを読む]
  • 「大阪環状線 ひと駅ごとのスマイル」〜玉造駅☆☆
  • よしもとの巨体ヒロイン藍ちゃんとホストの珍道中〜(^^) 壁ドンに顎くいまで!35歳落ち目ホストの大河(姜暢雄)はツケの集金に。人妻悠子(酒井藍)の職場に現れますが、金はない。悠子の金策案は、空きカン拾いに商店街の福引き1等狙い、クワガタ捕りw 大河案は、たこ焼き買った人にぶつかってクリー二ング代を……なのですが勿論成果なしw こうなったら、豊満巨体な悠子にセクハラ三昧な酒屋から盗ってやれと、正当防衛な [続きを読む]
  • 「高嶺の花」6 ☆☆☆
  • 自分を踏み台に高みに昇ろうとするももを、見送るぷーさんの笑顔orz「もうひとりの自分が見えない」と嘆くもも。芸術家としてはどうしても必要な視点だそうなのですがね。自分の傷を誰かに負わせさえすれば、『罪悪感』と共にそれが戻って来るとなぜか信じ込んでいて、その為にぷーさんとの入籍を急ぎ、元夫をかくまい、ぶち壊すだけのために披露宴を準備するだなんてどうかしてます。察知したななは、ぷーさんにそっと知らせに行 [続きを読む]