hikari さん プロフィール

  •  
hikariさん: HIKARI LAB
ハンドル名hikari さん
ブログタイトルHIKARI LAB
ブログURLhttp://hikarilab.blog.fc2.com/
サイト紹介文レザークラフトによる革小物等、制作した物をご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2017/04/25 10:04

hikari さんのブログ記事

  • minne(ミンネ)の特集「父の日にみなさんが選んだ作品」に掲載されました
  •  minneで販売している【「革の宝石」ルガトー、手縫い】ショートウォレット(貼り合わせ)が、minneの特集「父の日にみなさんが選んだ作品」に掲載されました。 このショートウォレットは、過去にも  minne(ミンネ)の読みもの(minne mag.)「身軽にお出かけできる「折り財布&コインケース」」や  特集「身軽にスッキリ 折り財布&コインケース」 にも掲載されました。その時のブログ記事は、こちらになります。 またご [続きを読む]
  • ルガトー(ブラウン)を使用したショートウォレット(貼り合わせ)
  •  お札・小銭・カードを分けて収納できるショートウォレットです。ルガトーのブラウンを使ってを制作しました。ルガトーは、光沢が有り、天然のトラ目(首から肩にかけてのシワ)の模様が特徴的な革です。内側の裏地にもルガトーのブラウンを使用し、貼り合わせています。また、ホックのボタンもルガトーのブラウンで包みました。 糸は、革の色に合わせて茶色を使用し、落ち着いた雰囲気の仕上がりを目指しました。縫製は、縫い目 [続きを読む]
  • L字ファスナーウォレット 販売します
  •  L字ファスナーウォレットの試作が終わりました。カード、小銭、お札を分けて入れられるシンプルなお財布です。ファスナー(金具、テープ)と糸の色はご希望の色でお作りします。 革はイタリア産バルダルノ社のトスカーナを使用しています。この革は、タンニン鞣しされ、オイルをたっぷり含んだ牛ショルダー部の革です。革の表面にはシボと呼ばれるシワ模様が付いています。 本体は、2枚の革を貼り合わせ、本体の裏側も革のおも [続きを読む]
  • 試作 L字ファスナーウォレット その4(裏地の貼り付け)
  •  本体を一枚の革のままで手縫いすると、本体に歪みが生じる場合があり、本体に裏地を張り合わせました。本体に裏地を貼り合わせると、本体の歪みを抑えることができました。他の利点として、本体内側の革がギン面になり、ファスナーを貼り付けている所を隠すこともできるので、財布の内側も綺麗に仕上げることが出来るようになりました。裏地が無い場合の本体内側裏地が有る場合の本体内側 完成に少しずつ近づいてはいますが、お [続きを読む]
  • レザークラフト用ではないディバイダーを購入してみました
  • ディバイダーを買い直しました。ディバイダーは、革の表面に、革の端と並行な線(例えば、縫い線や接着剤を塗る範囲)を引く場合等に使用しています。ディバイダ―を使わなくても定規と目打ちを使って革の端と並行な線を引くことは出来ますが、ディバイダ―を使った方が効率よく作業できるので、ディバイダ―を使っています。購入したのは、シンワ測定製のディバイダー(品名:鋼製コンパス スプリング付き A 15cm、品番:7 [続きを読む]
  • 試作 小さなコインケース、小物入れ その3
  •  コインケースの円形部分とマチを分割した構造で、コインケースを試作してみました。 残りの作業は縫製のみの状態となりました。(試作なので、コバは磨かず切りっぱなしにする等、作業は簡略化しています。)ここまでの作業で、コインケースの口の開きが思ったより固いことが分かり、縫製が今回の試作のポイントでは無いため、縫製は行わず、今回の試作はこの段階で終了することにしました。 試作をやっていると、最後まで作業 [続きを読む]
  • 試作 小さなコインケース、小物入れ その2
  • コインケースを再び試作してみました。以前行った試作では、革の表面にファスナーテープの凹凸が出てしまいました。今回は、革の厚さを厚くして作り直してみました。ファスナーテープの凹凸が出ないようになりました。コインケースの中には500円玉を入れることが出来ます。赤い物が少しだけ写っていますが、内側にも革を貼っています。単純な構造ですが、修正したい部分が色々と有りますので、少しずつ修正作業を進めていきたいと [続きを読む]
  • minne(ミンネ)の読みもの(minne mag.)と特集に掲載されました
  •  HIKARIでは、制作した物をminne(ミンネ)で販売しています。minneとは、GMOペパボ株式会社が運営しているハンドメイドマーケットサイトです(2017年8月1日時点で36.5万人の作家数、605万点の作品が販売・展示されています)。 今回大変有難いことに、制作している物の中の一つの【「革の宝石」ルガトー、手縫い】ショートウォレット(貼り合わせ)が、minneの読みもののminne mag.におすすめ品として紹介されました。お時間が [続きを読む]
  • 試作 小さなコインケース、小物入れ
  •  L字ファスナーウォレットを試作した時にファスナーが余ったので、その余ったファスナーを使って500円玉が入るコインケースを作ってみた。コインケースには、500円玉が最大6枚入る。500円玉等の小銭以外でも、直径30mm以下で厚さ10mm以下の小さな物であれば入れることが可能。 500円玉と大きさを比較すると下の画像のような感じ。500円玉の直径は26.5mmで、コインケースの外形は直径が34mm位。 使用した革が柔らかかったため、 [続きを読む]
  • イタリアンレザー(トスカーナ)を入手
  •  イタリアンレザーのトスカーナ(バルダルノ社製)を入手しました。この革は、タンニン鞣しされ、オイルをたっぷり含んだ牛ショルダー部の革です。バルダルノ社は、イタリア植物タンニンなめし革協会に所属しているタンナーです。表面にはシボ(しわ模様)があります。この革を使ってL字ファスナーウォレットを試作しようと思います。記事を読んで頂けたら、下の2つのバナーを して頂けると嬉しいです。人気ブログランキ [続きを読む]
  • ホームページを作りました
  •  ホームページを作りました。  https://hikaricraft.web.fc2.com/ ホームページとブログの棲み分けをどうするかは、暫く両方運営しながら考えようと思っています。今のところホームページでは、制作した物等、主に制作についてのことを書きたいと考えています。またブログでは、主に試作や実験的なことを記事にしたいと考えています。 まだ中身は少ないですが、少しずつ充実させていきたいと思います。記事を読んで頂けたら、 [続きを読む]
  • minne(ミンネ)の特集に掲載されました
  •  HIKARIでは、制作した物をminne(ミンネ)で販売しています。minneとは、GMOペパボ株式会社が運営している国内最大級のハンドメイドマーケットサイトです(2017年3月22日時点で32.9万人の作家数、519万点の作品が販売・展示されています)。 今回大変光栄なことに、制作している物の中の一つの【革色等選べます】革の財布(ハート)が、minneの特集に掲載されました。minneの特集は、minneがひとつのテーマに沿って選定した作品 [続きを読む]
  • 試作 L字ファスナーウォレット その2
  • L字ファスナーウォレットを試作中。中の物を取り出し易くするため、内部構造違いで3パターンの財布を試作。まだ試作段階なので、床革を使って、綺麗に作ることより早く作ることを心掛けている。3つの財布を比較すると、右端の財布が最も中の物を取り出し易い。右端の財布の内部構造をベースに、寸法を見直して再度試作したいと思う。記事を読んで頂けたら、下の2つのバナーを して頂けると嬉しいです。人気ブログランキ [続きを読む]
  • 試作 L字ファスナーウォレット
  • L字ファスナーウォレットを試作中。シンプルで沢山は入らなくて良いけど、お札・小銭・カードが入ってちょっとしたお出かけに使える財布にしたい。まずは、床革を使って試作してみた。各寸法や内部構造を見直して、再度試作予定。記事を読んで頂けたら、下の2つのバナーを して頂けると嬉しいです。人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 刻印の幅
  •  刻印の幅を調べました。コードホルダーやキーホルダーにお名前やメッセージ等を入れる場合に、ご希望の文字が文字入れを行うスペースに収まるかどうかを調べるのにご活用して頂ければと思います。 刻印の種類 刻印の幅 大項目 小項目 (単位:mm) アルファベット大文字 A 7.7 B 6.4 C 6.3 D 6.7 E 6.3 F 6.3 [続きを読む]
  • キーホルダー(シンプル)への文字入れ
  •  キーホルダー(シンプル)の注文を頂きました。キーホルダーの片面に、8文字の文字入れをご希望されていました。 ご注文頂いた時に、ご要望の文字がキーホルダーに収まるかを確認すると、キーホルダーには収まりませんでした。注文者様にご連絡し、今回制作するキーホルダーは、通常サイズより少し長くした仕様にして、ご要望の文字がキーホルダーに収まるように対応させて頂くことにしました。上側の青いキーホルダーが通常サ [続きを読む]
  • キーホルダー(シンプル)
  • 2枚の牛革を貼り合わせて制作したシンプルなキーホルダーです。お名前やナンバー、日付等をお入れすることが可能です。下記の仕様をお選びすることが出来ます。1.革の色2.形状3.金具4.刻印の文字の種類(両面に文字を入れることが可能です)寸法(単位:mm) 革部:縦20×横70×厚さ4  金具:(ナスカンキーの場合)長さ40    (ボールチェーンの場合)長さ50選択できる項目の詳細1.革の色 ピンク イエロー グ [続きを読む]
  • コバの仕上げ ショートウォレット(貼り合わせ)
  •  ショートウォレット(裏地無し)のコバは着色を行っていませんでしたが、ショートウォレット(貼り合わせ)では着色をすることにしました。ショートウォレット(貼り合わせ)のコバをどのように仕上げるか検討しました。 着色剤は顔料と水溶性染料、アルコール染料の3種類を用意しました。着色後の表面に塗るコーティング剤は2種類用意し、コーティング剤が有る場合2種と無い場合を合わせた3種類を試します。着色剤3種とコーテ [続きを読む]
  • くるみボタン ショートウォレット(貼り合わせ)
  •  ショートウォレット(貼り合わせ)で使用したくるみボタンは、革でホックのボタンを包んだ物です。くるみボタンで使った革は、財布本体と同じ革(ルガトー)を使い、丸く裁断して縁を漉きました。最初に試作したときは、元々の革が固めだからなのか革の漉き方が甘かったからなのか分からないが、ボタンを包む時、革が固い印象がありました。(革をホックに付けること自体は、特に問題有りませんでした) 次の試作では、革を薄く [続きを読む]
  • ショートウォレット(貼り合わせ)で使用する革
  •  先日販売を開始した財布には、「革の宝石」とも呼ばれるタンナリー・マズール社の「ルガトー」を使用しました。この革は、タンニン鞣しで作られた牛のショルダー部分の革です。光沢が有り、天然のトラ目(首から肩にかけてのシワ)の模様が特徴です。尚、タンナリー・マズール社は1873年に創業したベルギーのタンナーです。トラ目が有る部分を拡大したところ 但し、革全体にトラ目が有るわけではありません。革の端の方は、トラ [続きを読む]
  • ショートウォレット(貼り合わせ) 販売します
  •  カードや小銭、お札が入る財布です。コンパクトだけど普段使いができる収納力と、使いやすい財布を目指して試作を繰り返してきました。牛ヌメ革を使用し、本体及び仕切りは2枚の革を貼り合わせた仕様となっています。縫製は、縫い目間隔3mmで手縫いします。コバは着色を行っています。 外形寸法(単位:mm):幅110×高さ95×厚さ40革 革は、「革の宝石」とも呼ばれるベルギー産タンナリー・マズール社の「ルガトー」を使用し [続きを読む]