杏総合治療所 さん プロフィール

  •  
杏総合治療所さん: an's diary 杏の日記
ハンドル名杏総合治療所 さん
ブログタイトルan's diary 杏の日記
ブログURLhttp://an-sogo.com/a_diary
サイト紹介文大阪市の難病専門鍼灸整骨院にて東洋医学修行中の研修生が日々の学びをつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2017/04/25 12:17

杏総合治療所 さんのブログ記事

  • めまい、全身倦怠感、体力低下
  • ①ご自身のプロフィールY・I さん 40歳 女性 主婦 大阪市東淀川区  ②最初はどのような症状がありましたか?(来院前の状態を教えて下さい)直腸リンパ腫の治療で放射線治療を受けた事によるめまい、体のだるさ、体力の減退 ③当治療所に通院するようになって、②の症状はどのように良くなって(変化して)来ましたか?(通院し始めてからの症状の変化を教えて下さい。)通院して2か月程でめまいがほとんど無くなり、日毎 [続きを読む]
  • 指が伸ばせない!後骨間神経麻痺の症状・原因・治療まとめ
  • 1.後骨間神経麻痺とは上腕に走行する橈骨神経が、肘辺りで分枝したものを後骨間神経といい、指を伸ばす神経を支配しており、そこが麻痺してしまう疾患です。前腕の橈骨と尺骨の間にある骨間膜の後方を走る神経で、前を走る神経は前骨間神経麻痺といいます。前骨間神経は肘辺りで正中神経から分岐し、母指と示指(人差し指)の第1関節を動かす筋肉を支配します。前骨間神経が麻痺すると親指と人差し指を曲げることが困難になりま [続きを読む]
  • 吐き気、気持ち悪い「悪心」の原因と分類と対策【東洋医学タイプ分類】
  • 1.悪心(吐き気)とは?悪心とは、吐き気があるのに吐けず、吐き気が止まらないことを言います。悪心とゲップ、しゃっくり、嘔吐などは録れも消化器系の症状としてよく見られます。しかし、それぞれに鑑別の必要があります。 2.分類東洋医学的には悪心(吐き気)を以下の5つのタイプに分類して、治療や養生指導を行っていきます。自分がどのタイプなのかを知ることは治癒への第一歩です。それぞれの特徴的な症状をチェックし [続きを読む]
  • とびひ(伝染性膿痂疹)の症状と原因と治療の分かりやすいまとめ
  • 1、概念一般的に言われる「とびひ」とは俗称で、正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいかのうかしん)」と言います。皮膚に水疱あるいは膿疱ができ、かゆみがでます。それをひっかいて、水疱や膿疱が破れることによって、あっという間に全身的に感染が広がります。この様子が、火事が起こった際の「飛び火」に似ていることから民間ではこのように言われるようになったそうです。 2、原因原因となるウイルスは2つあるとされてい [続きを読む]
  • 熱中症の症状・原因・治療分かりやすいまとめ
  • 1.熱中症について7月中旬から8月上旬まで急激に増加するのが熱中症です。近年では様々な熱中症対策が講じられているも関わらず、死亡例がでることも多くなってきました。特に体の熱を放散する機能が発達・衰退している子どもや高齢者に多くみられます。熱中症とは「高温で生じる健康障害の総称」で、熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病に分類されます。詳しい分類よりも熱中症の症状が出ていることに早く気付くことが重要で、 [続きを読む]