かんちゃんSr.のオヤジな日々 さん プロフィール

  •  
かんちゃんSr.のオヤジな日々さん: かんちゃんSr.のオヤジな日々
ハンドル名かんちゃんSr.のオヤジな日々 さん
ブログタイトルかんちゃんSr.のオヤジな日々
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kanshin-da-551212
サイト紹介文還暦を迎えました。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2017/04/25 11:59

かんちゃんSr.のオヤジな日々 さんのブログ記事

  • 下調べも必要
  • 外食文化の街 群馬県高崎の幹線道路沿いのスタバに入り、家族で映画談義をする。今春、娘が転職した会社は就業管理がきちんとしているようだ。時間に余裕ができたのか、けっこう映画を観ている。娘は少し切ないファンタジー系作品を、息子はザ娯楽作品の系統を好んでいるようだ。僕は史実・事実に基づいた作品を好んでいて、スターウォーズに代表されるスペースもの、アニメ作品は見ない。(この世界の片隅で、は例外でした)妹は [続きを読む]
  • BBCフィルムズ の2本
  • ◎英国総督 最後の家(2017年 英)インド独立の段取りのため、最後の総督として赴任した、ルイス・マウントバッテン子爵、その賢夫人、奉仕の精神を持つ令嬢を軸にする。意気揚々とインドにやって来た家族が、のちにインド、パキスタンの分離独立の苦渋の選択を迫られるまでのストーリー。単純な成功譚とは違う。また総督邸に仕える、ムスリムとヒンドゥーの男女の宗教を超えた恋に、ハラハラする。○追想(2018年 英)1962年、197 [続きを読む]
  • 新(あら)盆と服好き一族
  • 中1日を置いて、父母の初盆の法要に再度 高崎市まで。父の生地の墓所で納骨を行なった。塔婆は、裏のサンスクリット文字面を東側に向けるのが仏教の作法と知る。初盆は群馬の地域により、新盆(ニイボンまたはアラボン)と呼ぶ。あの世に籍を得て、初めの夏であるから、英語ではさしずめ new bornとでも呼ばせてください。納骨後、家族以外の近しい方々と、懐石料理で父母を偲ぶ。東京・埼玉方面からの自動車組の会席である。酒な [続きを読む]
  • 不意を突かれて
  • 父への郵便物が毎日、各方面から届く。ライフワークだったモンゴル関係はもとより、短歌仲間、また本人は無宗教ながら、ある宗教団体からも頻繁に。戦争に捕られた最年少世代だったから、流石に戦友の会はもはやメンバーは居ない。地域の埼玉の短歌の会合にも出ていたのか、年会費徴収であろう封書もあるが、連絡すべきだろうね。昨日は、息子の運転で高崎市まで、墓所の掃除に行ったのだが、きれいに雑草が刈られていた。親戚に感 [続きを読む]
  • Sadaharu AOKI
  • サダハルと言えば、僕の世代では真面目一本槍・一本足打法の王 貞治のことです。アオキ サダハルと言われても、最近までピンと来なかったが。2年ほど前、娘の職場の方々に差し上げるため、渋谷ヒカリエの地下スイーツ売り場で、求めたことはある。六本木の美術館に行く途中のミッドタウンにも、または新宿伊勢丹地下にも店舗はあるが、横目でチラ見して、通り過ぎるだけでした。本日、僕の娘より年少の同僚が、有給休暇明けに僕に [続きを読む]
  • 恩義の桃
  • 還暦男の独居生活で、剥いて食べるフルーツなんて、買わないよね。果物を欲する時は、スーパーの閉店1時間ほど前、カットフルーツのコーナーに向かい、半額になる少し前の30パー引きあたりの品を狙いたいです。入手率は半々くらいの、ひとつの賭けである。さて、35年ほど昔の父の教え子から、桃をいただいた。段ボール内にニートに並べられた品は、福島県産・あかつき・特秀ランク父が勤務大学の付属の短大で、ロシア語のクラスを [続きを読む]
  • ようやく念願の
  • カメラを止めるな!6月下旬に、池袋と新宿の2館で公開されて以来、立ち見客が出るほどの盛況で、チケット入手困難と言われていた。本日、新宿、有楽町などの箱が大きいシネコンでの上映が開始されたので、本家・池袋シネマ・ロサの最終回を観に行った。都心とはいえ、火曜日の最終上映も満席。A面とB面から成る作品、ヒントとしては3年前の『イニシエーションラブ』あたりか、と思ったが悠長な展開とは真逆。前半は、自主制作映画 [続きを読む]
  • 79.5 MHzざんまい
  • 木造モルタルの2階屋で、エアコンは3台あるが、動くのは1台のみ。独居であるから、壊れた2台を何とかする気はない。昨夏は扇風機だけで過ごしたが、今年の酷暑をまともに受けると、瀕死状態になりそうだ。従ってマイホーム内生活圏を、エアコン稼働の部屋に移している。TVアンテナ線は、自分で引っ張ったが、帰宅後は瞳をパッチリ開けて、テレビ映像を見るのも苦痛だ。大丈夫なのか、本年63歳。それで、今夏はもっぱらラジオ。母が [続きを読む]
  • すべては前倒しで
  • 就活戦線は経団連からの申し合わせで、各企業は採用広報・採用試験・内定出し時期を守っている、のは表面上。実のところは早期から学生確保のあの手この手を繰り出す。かつては青田刈り、いまは囲い込みという品がない言葉がある。夏休みがメインのインターンシップにも、今年あたりは、高校を出たばかりの1年生の参加が目立つ。大学1年の長い夏を、昔の大学生は謳歌したものだが。オープンキャンパスを6月から毎月開催する。僕は [続きを読む]
  • 弁当奉行
  • 200食〜300食の単位で弁当を発注する場合、担当者は重責を担うことになる。まず、数が足りない事態になったら一大事だから、数出しは慎重さが求められる。意外なところで抜けがあるのも常だから。かといって今の時代、どんぶり勘定は許されないから。夏季は納品の時刻も気にしながら。信頼できる店選びも重要だな。本日はオープンキャンパスで、写真は同じの2食目の晩飯メニューです。程よく余ると、優しい担当者が、単身・独身者 [続きを読む]
  • 久しぶりの読書?
  • 自宅最寄り駅前の市役所の地区センターで、印鑑登録証明を申請後、ものの1分で発行された。役所のサービスも進化している。さて、トボトボと歩いて帰ろうとした時、凄まじい雷鳴を連続で耳にしたので、雑誌を1冊買ってドトールにいる。仕事以外で活字を読まなくなって10年以上になる僕が。週刊新潮を何年振りかで読む。ペットフード特集7ページ。飼い猫ルッカに与えている品目が1種、リストに載っていた。発がん性を持つ合成着色料 [続きを読む]
  • 洗濯マニア
  • 仕事以外の日常、大概のことはいい加減であるが、洗濯だけは2日に1回を欠かしたことなし。欠かしそうになると、居たたまれない気持ちなる域に達している。気に入りの物干しハンガーの、プラスチック部が劣化し、泣く泣く新品を求めに、2駅も電車に乗ってきた。現行品を買った店。だが、気に入りと同型は見当たらなかった。もう三年ほど前のことだからな。妥協して購入した品??オールステンレス製は、何処で売られている?そして [続きを読む]
  • ネコなのにトラ ウマ?
  • ?夏が来ーれば 思い出す〜ことは、ウチの飼い猫の弱点である。仕事から帰ると、ウチの猫は庭の何処かで潜んでいて、脱兎の如く僕の足元に来る。ウサギか?それから、晩飯を与えるまで、煩いほどにまとわりつくストーカーです。亀のように速度を落とすが、僕が踏み出す足の位置にいるので、室内で何度も転倒しそうになる、前々期高齢者である。ところで弱点はコレ。グラスに氷を入れるカランコロン音が、大嫌い。家の業務に着手し [続きを読む]
  • 粋人の夕餉
  • 何より雰囲気を大事にする僕にして、あろうことか家で蕎麦を茹でた後、カレー皿に盛り付けて食していたのだ。本日は帰宅前に百均に寄り、そば皿を求めた。僕のような粋人になると、敢えて安い店に入る。帰宅していざ、のタイミングで蕎麦猪口の所在がわからない。箸置きも、こないだシウマイに付いてたやつ。(ひとしきりチャラケたところで)本日は父の生誕日。存命なら95のハピバをやるところだった。家族にはことさら厳しかった [続きを読む]
  • これで食べるぜ!仕方なく
  • 僕の母校は寄宿舎を持っていたから、中学1年で全国から生徒が集まった。高校2年の時、1学年下にユニークな男が入って来た。どの学年にもいないタイプの男。彼は長じて、日光のたまり漬けの代名詞である老舗商店の店主になる、高校の頃のままの創意工夫の社長である。けさ、SNSで全国展開のカルディコーヒーファームに、らっきょうならびに大根のたまり漬けが、置かれてることを知る。埼玉県民にとり、当該漬け物はオンラインか、時 [続きを読む]
  • アル友のこと
  • 東京にしては直裁的な看板。JR高田馬場駅の戸山口です。撮影している僕の背中に、アルコール依存の回復プログラムで有名なクリニックがある。依存症回復プログラムで、入院していたのはもう10年近く前。患者自治会の役員選挙があって、一緒に自治会の仕事?をした仲間がいる。現役時代、地方公務員のかなりの立場だった1人とは、lineほかもうひとつのSNSで繋がっているが、彼は何をアップすることもなく。メッセージもない。今年に [続きを読む]
  • 予告編のつくりより
  • 淡々とした作品です。世の中に、底抜けに楽しい仕事はないと思うが、新宿武蔵野館の立体宣伝ディスプレイを見ると、少なくとも作り手のセンスが活かせるという意味で、楽しんで作られている気がする。ナチスドイツの宣伝相・ゲッベルスが、ベルリンからユダヤ人を一掃(真の根絶やしに)したと宣言したとき、実際には7千人のユダヤの民が居た。その中の生存者4人の証言があり、回想の場面が展開していく。タイトロープな日々が、静 [続きを読む]
  • 憧れの分岐点
  • 人間の体感の機微とはどうなっているのか、個人差もあろうが、40℃に近くなると100パーセント近い日本人の勤労意欲は削がれるように思う。昨日・きょうは最高気温が連日30℃だが、昨日涼しく思った体感も、きょうは更なる涼を求めている。23時現在、川越の気温は25℃。僕の体感温度の分岐点かな。何故こんな時刻に川越なのか。帰宅途中駅で暑気払いの会合をし、帰るタイミングに、鉄道事故で1時間ほど止まった車中にいたのだ。頻繁 [続きを読む]
  • アディクト オ シュクル
  • ビジュアルのダサさを、乙女マインドでカバーするオシャレ心を大事にしたいおじさんなので、世間で認知され始めたモノには、必ず食いつきます。いま、気になっているのは都立大学にある焼き菓子店 アディクト オ シュクル(仏語で砂糖中毒)。クッキー缶の猫模様を一見し、近いうちに行ってみるぞ!と心に決めた...タイミングで婦人雑誌の通販で扱っていることを知り、ついに婦人画報のオンラインにまで手を出してしまったのです。 [続きを読む]
  • コンビニのスペシャルオファー
  • 今夜は、自宅近所の四川家庭料理の店で、持ち帰りの麻婆豆腐にしようと決めた。今夕は、帰り電車で1駅乗り過ごし、目覚めた時に「四川の店 水曜定休」を思い出したのだ。そこで...セブンの大ヒット食品・サラダチキンとスープの素を買うと、セット料金で値引きあり のセールスプロモーションに乗っかって、参鶏湯。サラダチキンを買うのは2度目、ことほど左様に家で料理はしないわけです。生姜の風味を感じるだけで、ヘルシー気分 [続きを読む]
  • やっても、やっても e-ラーニング
  • 学校事務職の資質保持・向上のため、忘れた頃にウェブ上で、テストを受けなければならない。今夏の課題は、情報倫理と研究倫理の2つ。何事も、思い込みで動きやすい年頃ゆえ、期限は2課題とも9月末だと信じ、悠長に構えていた。昨日、片方が7月末までに合格必須であること認識する。そこで、昼休みにうどんを食べながら、PC画面で資料の読み込みを始めた。webテストのいいところは、うどん食べ食べできるトコと思いきや、資料の膨 [続きを読む]
  • スタミナ食な夜
  • 朝、職場の最寄りの2駅前まで意識はあったが、突然の睡魔で、1駅乗り越してしまった。5時半の定時に仕事を終わったが、日用品の買い物のみにもかかわらず、歩行動作が緩慢になり、帰宅したのは9時半だった。熊谷41.1℃を記録した日、熊谷地区の職場も40℃は超えていただろう。7月も下旬であるが、今月初めて寄ったチェーンのラーメン店で、レバニラ炒め値引き月間であることを知る。プリン体上昇メニューであるが、本気でレバニラ [続きを読む]
  • 古着の街
  • 昨日7/21、正月からの映画鑑賞が100に到達した。昨年の100本目は8/27であった。別に意味はない。意味があるとすれば、昨年も昨日も100本目はイザベル・ユペール(ことし64だぜぃ)主演作だ。1988年主演作『主婦マリーがしたこと』を是非観たいのだが、DVD化はされていないのか?日曜日の夜にして、稀有なことであるが、今夜はノー映画ナイトで高円寺に来ている。8月の家族行事に関しての、諸々の打ち合わせをこれから息子とすると [続きを読む]
  • 子どもの頃の夏
  • これ使いたい!高校3年まで東京都民だった。小学生の時は北多摩郡田無町の都営住宅に居た。思ってみれば、父が8年間のシベリア捕虜生活から帰還し、まだ10年も経っていなかったのだ。夏の思い出は、ありきたりな事ばかりだが...夏の母親の常套句は「朝の涼しいうちに、やるべきことをやりなさい!」ひとしきりの夕立の後は一気に涼しくなった。テレビニュースからは「東京の水がめ・小河内貯水池がカラカラです」という夏もあった [続きを読む]
  • オダジョーも真骨頂
  • 組織の部品では生きられないし、そんなことを、考える意識も持たないアウトロー。裏社会とも繋がりがあるが、ダーティーなギブアンドテイクで、微妙に共存共栄を保っている。心の中には、優しさの核を持つけれど、そこは上手く表に出せない。オダギリジョーは今作もそんな役だった。年配者は、別個のものも、自分がよく知るものに寄せたがる。予告編を何度も見ているが、ポスター写真を初めて目にした時から、主役は二階堂ふみと思 [続きを読む]