107n08 さん プロフィール

  •  
107n08さん: 107n08の工作記録
ハンドル名107n08 さん
ブログタイトル107n08の工作記録
ブログURLhttp://107n08.blog.fc2.com/
サイト紹介文主に鉄道模型のジャンク品サルベージ&修理を記録してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 211日(平均2.0回/週) - 参加 2017/04/25 22:16

107n08 さんのブログ記事

  • DE10-1705「高」茶色②
  • TOMIX製DE10-1705の入線整備、続きです。ステップと車輪の処置を前回行いました。 両側面のナンバープレートとメーカーズプレートを取り付けます。メーカーズプレートは小さいので「川崎」が逆さまにならないよう注意します。 1エンド側・2エンド側全面のナンバープレートを取り付けます。前面のナンバープレートは幅がギリギリなので注意が要ります。最後に屋根上付属品取り付け。汽笛はカバー付き。列車無線アンテナも取り付け [続きを読む]
  • DE10-1705「高」茶色①
  • 新発売のTOMIX・DE10-1705「高」茶色です。 DE10選挙だそうですね。TOMIXが同時に発売したJR各社のDE10で一番売れた物に対応する列車が製品化になるそうな…選挙自体は正直どうでも良いですが、DE10のバリエーションを多数製品化してくれたことに感謝しつつ、関東人として惹かれたDE10-1705を購入しました。TOMIXのDE10における毎度の作業。「真っ白一色のステップ」と「銀ピカの車輪」…これをどうにかします。 先ずはステップ。 [続きを読む]
  • TOMIX 京葉臨海KD55②
  • 前回はカプラーの交換を行いました。残りの付属品を取り付けて行きます。特殊な付属部品、監視カメラです。キャブの片側前後に二個取り付けます。微細なパーツです。予備部品が1つ付属していますが、1つしか無いとも言えます。異次元に飛ばさないよう要注意です。微細な上に精密ときた・・・結構なプレッシャーでした。乗務員室用エアコンの室外機です1エンド側左に1つ取り付けます。こちらはそこそこの大きさなので汽笛や監視カ [続きを読む]
  • TOMIX 京葉臨海KD55①
  • 新発売となりましたTOMIXの京葉臨海鉄道のKD55形ディーゼル機関車103号機を購入しました。夏の時期、私は千葉に行くことが多く国道16号線で併走するこの機関車には割と馴染みがあり、発売の情報を聞き購入せねばと思っていたので発売と同時に購入しました。付属品一式です。ナンバーや汽笛等のほかに、クーラー室外機や監視カメラといった特殊な小パーツも付属しています。  早速、入線整備です。カプラー交換ですが、1エンド側 [続きを読む]
  • タキ1000の車番変更②
  • 前回は車番変更のため、161以外7両の車番の一桁部分のみを消す作業を行いました。新しい番号のために「くろまや」さんのタンク車用車番インレタを使用します。  161と163。 164と165 166と168 169と160機関車と連結する車両のみ片側をKATOのNカプラーに交換し反射板を取り付けました。 [続きを読む]
  • タキ1000の車番変更
  • うちでは貨物機関車を何両か保有していますが、貨車は二軸貨車か保線車両程度しか保有しておりませんでした。 DE10-1666JR貨物 と ED75-1028JR貨物 レール運搬貨車チキ6000+チ1000 と 砕石運搬貨車ホキ800そこで、DE10やED75に牽かせる近代的な貨車が欲しいと思いましたが、コンテナ車をまとまった数揃えるのは難しいということもあり、タンク車を集める事にしました。近代貨車で入手が容易だったKATOタキ1000日本石油にし [続きを読む]
  • 鉄コレ・キハ125形②
  • 鉄道コレ19弾のキハ125のスカートをどうにかする、続きです。 元々ダミーカプラーに取り付く構造だったので、TNカプラーに交換すると取り付け不能になるスカートを、取り付け方法を変えて取り付ける工作をします。前回余分な部分を削り、プラ板製のベロを溶着しました。ベロを「接着代(せっちゃくしろ)」として、TNカプラーの底部に接着する方法を採用しました。ベロを黒に塗装し、ゴム系接着剤で接着。取り付け完了しました。 [続きを読む]
  • 鉄コレ・キハ125形①
  • わりと以前、 鉄道コレクション・第19弾のキハ125形気動車を入手していました。その後しばらく放置していましたが、相方のキハ47がTOMIXより発売決定との事なので連結可能にする小改造をまとめてみたいと思います。法事で九州の親戚の家に行く途中で撮影した実車です。久留米駅にて。そして、こちらが鉄道コレ19弾のキハ125 です。ウエイト搭載・金属車輪交換は済ませてあります。分解しました。ダミーカプラーを外し、TNカプラー [続きを読む]
  • DE11-1041「宇」⑥
  • KATOリニューアル版暖地形をベースに「宇都宮運転所DE11-1041号機を再現」、最後になります。ラジエーターグリル加工・キャブ側面加工・端梁加工・新規ナンバープレート製作により完成です。タブレットキャッチャー及びタブレットキャッチャー保護板が撤去され、ナンバープレートの取り付け位置が変更されているキャブ側面。散水装置が省略され、3分割化されたラジエーターグリルとジャンパ栓・エアホース類が省略された端梁。燃料 [続きを読む]
  • DE11-1041「宇」⑤
  • 宇都宮運転所DE11-1041号機を再現する、その⑤です。車体の加工作業は前回までで完了しました。今回はナンバープレートを作ります。厚さ0.2ミリ・縦0.7ミリ・長さ6ミリに切り出したプラ板を白で塗装し、インレタを貼り付けたナンバープレート。やってみると白地に銀文字は、貼った文字が見えなくなってしまい大苦戦でした。キャブ側面の白線に合わせてゴム系接着剤で貼り付けました。微妙に幅広ですが、これ以上の調節は厳しいの [続きを読む]
  • DE11-1041「宇」④
  • 宇都宮運転所DE11-1041号機を再現する、その④です。今回は端梁(エンドビーム)を加工します。DE11は構内入れ替え運転に特化された形式であるため、不要な重連総括制御に関するMR(元空気溜管)コックCP(制御管)コックジャンパ連結器とジャンパ受けは、全て省略されていてBP(ブレーキ管)のみとなっております。最初は元の端梁を削って使用する予定でしたが試しに削ったところ、ささくれだってしまい実用に耐えられない物にな [続きを読む]
  • DE11-1041「宇」③
  • 宇都宮運転所DE11-1041号機を再現する、その③です。今回はキャブを加工します。DE11-1041はタブレットキャッチャーとタブレット保護板はありませんので、すべて削り落とします。またDE10と違い、ナンバープレートの位置が異なりますのでDE10付属のナンバー(どれも使わないので適当に)を流し込み接着剤で接着し十分乾燥後ナンバーごと削り、平らにします。写真は削り平らに整形した後、白を吹き付けた状態。両サイドの白線をガ [続きを読む]
  • DE11-1041「宇」②
  • 宇都宮運転所DE11-1041号機を再現する、その②です。種車はKATOリニューアル版暖地形です。まずは、ラジエーターグリルの加工を行います。既に何度も使っているトレジャータウンのグリルパーツを使用します。手摺りを通す穴を0.3mmのピンバイスで開口し手摺りを差し込み、ハンダ付けで固定します。その後、散水口にハンダを廻して埋めてしまいます。散水口を埋めたら、表面を削り平らに整形します。下地にミッチャクロンを吹きつけ [続きを読む]
  • DE11-1041「宇」①
  • 宇都宮運転所から所属のDLが失われて、半年になります。とはいえ、今も宇都宮運転所に鎮座する釜があります。DE11-1041号機です。DE10を元に構内入れ替え専用機として作られた機関車で、DE10に酷似していますが割りと再現が難しい代物だったりします。DE10宇都宮運転所シリーズ全9両を作る際に得られた技法をの数々を使えば模型で再現可能と判断し製作を決定。種車はもちろんKATO製DE10暖地形です。模型で再現するにあたって、宇 [続きを読む]
  • 鉄コレ6050系と、その動力④
  • 鉄コレ東武6050の甲種輸送仕様の動力、TOMIX製DE10貨物更新色をベースにして作る「新鶴見機関区DE10-1666」、最後になります。3分割ラジエーターグリル化・扇風機カバー付き屋根板との交換・ワイパー窓に交換・ナンバープレート取り付けを行い、DE10-1666号機、ひとまず完成です。JR貨物のDE10は初めて購入しましたが、貨物カラーも格好いいですね。「ひとまず完成」としたのは、3軸側の台車の形状が違うため手を加える余地が残っ [続きを読む]
  • 鉄コレ6050系と、その動力③
  • 友人から頂いた東武6050系の動力として購入したTOMIX貨物更新色DE10ですが、製品は仙台機がオリジナルのようです。実績があるのは新鶴見の1666号機で、再現には割りと手間が掛かりそうです。しかし、1666号機について調べているうちに宇都宮運転所常駐のJR貨物機であったことが判明。宇都宮運転所に縁がある釜+せっかく頂いた6050系を牽くにあたって「半端な釜では申し訳が立たぬ」と言うこともあり、1666再現を決定。改造点は3分 [続きを読む]
  • 鉄コレ6050系と、その動力②
  • 友人に頂いた東武6050系の動力として購入した貨物更新色のTOMIX製DE10の入線整備を行います  まず、白一色の手摺・ステップ一体部品のスッテプ部分に色差しします。ミッチャクロンを筆塗りして下地を作り、ニュートラルグレーを筆塗りで塗装します。塗装乾燥後に余分な箇所の塗料を爪楊枝の先でこそぎ落とします。 銀ピカの動輪も悪目立ちしますので塗装します。側面のみにミッチャクロンを筆塗りし、ニュートラルグレーで塗装 [続きを読む]
  • 鉄コレ6050系と、その動力
  • 職場の鐵道模型部の友人より「鉄道コレクション東武6050系」6両を頂きました。既にTNカプラーまで装備された状態でした。折角なので、車両化を完了させることにします。TOMIXのPT48パンタグラフを装備し、ウエイトも搭載。車輪も金属車輪に交換しました。これで車両化は完了しましたが、動力がありません。・・・単純に動力を搭載するのも芸がないかな?などと思いつつ、6050系について調べていたらDE10貨物機が牽引している写真 [続きを読む]
  • DD51-842「高」
  • 今月再販になった、KATO「DD51-842お召機」を購入しました。お召機なのでツヤありのピカピカです。各手摺は銀色のほか、ランボード脇や車体裾に銀の飾り帯が入ります。これまで中古市場での出物はほとんど無く、入手はかないませんでしたので再販はありがたかったです。この製品のキモである日章旗です。他にも付属品として銀色のナックルカプラーが入っています。特定機なのでナンバープレートは最初から842が入っています。カプ [続きを読む]
  • マイクロエース製912形にKATO動力移植③
  • マイクロエース新幹線用ディーゼル機関車にKATO動力移植、その③です。発注していたASSY動力ユニット×1と動力台車×2が到着しました。早速組み上げていきます。切り欠きなどの事前工作に問題無いことを確認。912-2なので、元車番は初期形のDD13-48に該当します。ぴったり収まったKATO動力ユニット。走行も問題なし、ライトも点灯します。DD13-初期形保線車両タイプ(青)、完成です。完成したので中期形と並べてみました。どちら [続きを読む]
  • マイクロエース製912形にKATO動力移植②
  • マイクロエース新幹線用ディーゼル機関車にKATO製DD13用動力移植、その②です。ランボードに切れ込みを入れてKATO製DD13用動力ユニットとの干渉を無くします。干渉がなくなれば、ピッタリ入るのは過去に実証済み。準備作業が終わったので、T車用トレーラーフレームに交換。発注したKATO製ASSY動力ユニット到着を待ちます。以前行ったマイクロエース製の新幹線用ディーゼル機関車2000形にKATO動力ユニットを搭載したものと連結して [続きを読む]
  • マイクロエース製912形にKATO動力移植①
  • 友人に依頼されたDD14のロータリーヘッド分離作業の報酬として、犠牲となった「マイクロエース製・新幹線用ディーゼル機関車912形」のボディをいただきました。抜け殻となったこのマイクロエース製のボディにKATO動力を仕込んで復活させようと思います。以前、新幹線用ディーゼル機関車2000形で行った作業と全く同じで、KATO動力ユニットに干渉する部分を切除します。たくさんの穴をピンバイスで開口し、穴を繋げるようにして切り [続きを読む]
  • DD14 ロータリーヘッド分離 依頼品③
  • マイクロエース製DD14-333・334、ロータリーヘッド分離化・依頼品 その③です。前回で333号機は完成しましたが、334号機の2エンド側台車にギヤが入っていませんのでギヤを移植します。元々T車であった334号機は2エンド側台車にギヤが入っていませんでしたので、撤去した333号機のロータリーヘッド側よりギヤを抜き取ります。 ロータリーヘッドから抜き取ったギヤを2エンド側台車に取り付けました。ただ、ロータリーヘッドは元 [続きを読む]
  • DD14 ロータリーヘッド分離 依頼品②
  • マイクロエース製DD14-333・334、ロータリーヘッド分離仕様・作業依頼品 その②です。   前回作ったスカート部品×2個を塗装しました。マイクロエースのDD14はロータリーヘッドのある1エンド側の台車はロータリーヘッドと1体となっているため、同じくマイクロエース製品の新幹線用ディーゼル機関車の台車と交換するのが一番楽です。そんな訳で新幹線用ディーゼル機関車を犠牲にします。分解した新幹線用DD13。動力ユニットは [続きを読む]
  • DD14 ロータリーヘッド分離 依頼品①
  • 今回は初の作業依頼です!!同業他職場の鉄道趣味の友人より、以前作った「A-8162」マイクロエース製DD14-333・334のロータリーヘッド分離化改造の依頼が来ました。   DD14-333と334のセットの他、「動力及び台車を供出するための」マイクロエース製「A8806」 国鉄912-2 新幹線用ディーゼル機関車が送られてきました。まずは、ロータリーヘッド分離後の1エンド側に付けるスカートを先に作ってしまいます。 今回は、スカートの [続きを読む]