nontanlovechan さん プロフィール

  •  
nontanlovechanさん: 異時性両側乳がんと再建の歩み
ハンドル名nontanlovechan さん
ブログタイトル異時性両側乳がんと再建の歩み
ブログURLhttps://ameblo.jp/nontanlovechan/
サイト紹介文44歳で左乳癌。53歳バースデーに、対側乳癌確定。再び治療突入、そして広背筋で両胸再建の回顧録です。
自由文44歳で左乳房温存手術を受け、変形胸を受け入れて、平和に過ごせるようになっていた矢先、右に別の癌ができて、再びどん底に落ちました。
何とか、気持ちを持ちなおさせようと、乳房再建することにしましたが、再建は思いの外、大変でした。やっとなんとかなってきた、今日この頃、私の振り返りがどこかの誰かの参考になることがあればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2017/04/26 00:31

nontanlovechan さんのブログ記事

  • 広背筋皮弁再建手術、ふたたび
  • ご訪問ありがとうございます再建記がなかなか書き進まなくて、申し訳ありません全摘した胸を拡大広背筋皮弁で再建した後のおよそ1年後、残りの反対側の温存胸を広背筋皮弁再建で再建しました。何故、両方一度にしなかったのか…そう、思われる方も多いでしょう。インプラント再建なら一度に両方できます。ただ、私の場合、温存して放射線をかけた方の皮膚は、放射線から10年経っていましたが、伸びが悪く、エキスパンダーの拡張 [続きを読む]
  • またね
  • ご訪問ありがとうございます先々週は、両親連れてグアム旅行。先週は、大学OB・OG会 幹事。そして今週は、主人の故郷に行ってきました、30度超えのグアムとはうって変わって、10度です。いつもは、真冬の寒さの頃ですが、今年は暖かかったです。主人の郷里には、主人の母が独居で住んで、車で15分くらいの同市内に義兄が住んで、毎週末に買い物に連れて行ったり、義母のフォローをしてくれています。以前は、夏休みに子供共々家 [続きを読む]
  • グアム旅行、楽しく終了〜
  • ご訪問ありがとうございます両親にとって最後と思われる海外旅行…何事もなく、無事に終了しました。行く直前に、台風26号が、サイパンを直撃。ほぼ壊滅状態という情報もありましたから、グアム旅行も危ないところでした子供連れなら、プールに、海に、遊びまくるグアムですが、55歳以上のシニア世代ばかりの旅、ただのんびりと…楽しんできました。お天気も、時々スコールがきましたが、太陽も照ったので、あの美しい海の色も楽し [続きを読む]
  • 明日から
  • ご訪問ありがとうございます再建録から離れて、今のブログです。明日から、両親と妹夫婦と私たち夫婦でグアムへ行きます。(どちらの夫婦の子供も社会人で、留守番してもらいます)自営の仕事をケガで、去年、完全引退した父。ずっと家にいる生活になって急激に認知機能が衰えてきた…去年は、台湾に連れて行って、とても元気で喜んでいたので、また、今年に行こうねと企画した旅行です。1年で、やっぱり、老いは進みました。この [続きを読む]
  • 2回目の再建入院
  • ご訪問ありがとうございますハッキング騒ぎ(家族で騒いでいたのは、私だけですが…)以来、なんだかメールの受信が怖くなりました。世の中、便利になるにつれ、私の知識では追いつかないことが多くなって、実は益々不便な世の中になっていくようです…さて、再建の回顧録の続きです。温存胸の再建の為に、前回の入院から10ヶ月ぶりに、同じ病院の入院手続きをして、入院生活が始まりました。前回の入院の前の希望に満ちた、嬉し、 [続きを読む]
  • ハッキングされた!?
  • ご訪問ありがとうございます最近、昼間が眠くで…昨晩は、早く寝なくちゃ、と思っていたのですが、メールをしたら、PCの送信済みメールボックスに変なメールを見つけてしまいました。スパムメールを自分で自分に送信した?いつもは、怪しいメールは開けずに棄ててしまうのですが、怖いもの見たさの興味と誘惑に勝てず、開けてみました。メールは言います。半年前より、このメールボックスをハッキングした…と。そして、ウィルスに [続きを読む]
  • 悲しいショック!!
  • ご訪問ありがとうございます今日(昨日)、とてもショックなことがありました。高校時代を思い出すというそこに必ず登場した友人がいました。同じクラブで、クラスも同じだったので、1年、2年と仲良くしていました。高校時代に最も私に影響を与えた友人の1人と言っていいでしょう。卒業してから、同窓会で会うこともなかったので、心の隅で、どうしてるのかなぁ…と、気になっていた人でした。今日、高校の同級生がやっているショ [続きを読む]
  • 温存胸の再建前の画像
  • ご訪問ありがとうございます更新が滞ってしまいました。兄が上京して、一緒に東京観光をしました。改めて、観光するのも、結構楽しいものです。上手く晴れた時を狙って、東京スカイツリーにも上がりました。夕刻から、夜景まで、ゆっくり過ごして満喫してきました。個人的にも、夜景は初めてでしたが、とても美しくて、良かったです 写真は、日没後の写真ですが、ツリーが漆黒の闇に包まれる頃は、ライティングが更に輝き、とても [続きを読む]
  • 脱ヅラ
  • ご訪問ありがとうございます初めの再建以来、乳がんそのものの煩いよりも、再建のことばかり考える毎日となってしまいましたが、術後抗がん剤終了後8ヶ月後、私の乳がん治療録において、ひとつのイベントがありました。脱ヅラです。再建話題一辺倒になった、治療録においては、ささやかな出来事ですが、丁度、ウィッグ着用して1年後、無事に完全脱ウィッグとなりました。襟足の毛だけは伸びるのが早くて、5月くらいから、美容院で [続きを読む]
  • 脂肪移植の修正について
  • ご訪問ありがとうございますさて、初めの再建で、デコルテのボリュームに不満を持っていたところ、対側の再建をすると同時に、デコルテへ脂肪を移植することになりました。広背筋皮弁再建では、背中の広背筋を脇の下をくぐらせて胸の方へもっていって、胸の膨らみを作るのですが、S先生のあみだした、拡大広背筋皮弁再建では、広背筋に腰の脂肪をくっつけて持ってきて再建します。私の初めの右の再建は、全摘後だったので、大して [続きを読む]
  • 残りの再建手術の日程が決まる
  • ご訪問ありがとうございます 形成外科のセカンドオピニオンを得ることによって、また、再建を前向きに進める気持ちになりました。当初のS先生との話では、全摘した側の再建を行なって、形か落ち着いた1年後くらいに、残りのもう片方の再建をしましょうという話になっていました。S先生の元で、次の再建の予約をどうするかの話になりました。S先生の手帳は、予定でビッシリ埋まっており、手術予約は半年以上先まで埋まっています。 [続きを読む]
  • 院内形成外科受診で少し楽になる
  • ご訪問ありがとうございますそんなこんなで、院内形成外科を受診しました。再建は、熟達した先生にやってもらいたいと、頼らなかった先生に頼るのですから、変なものです。診察室へ入ると、D先生は、若くて、綺麗な女医さんでした。乳腺外科の方から、プロフィールが回っていますので、再建の経緯は説明しなくても、ご存知でした。もちろん、S先生のことも知っていました。(S先生について)私が、S先生にはなかなか、形が気に入ら [続きを読む]
  • 院内の形成外科受診することに…
  • ご訪問ありがとうございますCAL再建の道はない、とSクリニックを後にしましたが、Sクリニックの院長先生には、女性の気持ちを言いやすく、S先生に不満を言うことができずにいた私は、いろいろと不満を吐き出すことができたので、少し気持ちは楽になっていました。そのときに先生の前で吐いた言葉が「こんな身体になりたいわけではなかったんです!」でした。これは、カタチというより、呼吸や腕の動きで締め付けられる感じ、腕の動 [続きを読む]
  • CAL再建の横浜Sクリニックへ
  • ご訪問ありがとうございます怠け者故、更新が滞ってしまいました。それでも読んで下さっている方がいて、有り難いです。必要としている方の情報となれますようにと思うのですが、なかなか進まなくて、役に立たなくて申し訳ありません。続けますね。初めの再建の後、毎日、再建のことで頭がいっぱいでした。背中の水やら、傷痕のケアやら、そして再建結果の悩みのことやら…,やって良かったと思えない再建を、再び、しなければなら [続きを読む]
  • 再建したS先生の反応は…
  • ご訪問ありがとうございます先日、清瀬のひまわり畑へ行きました。フェスティバルは、今週の末からなので、まだ公開はされていなくて、畑の外から見るだけでした。殆ど咲いていませんでしたが、1区画のみ咲いていて、綺麗でした。外からなので、正面から撮ることができませんでしたが、写真アップします東京にこんな景色の所があるんですね初めの右再建が終わった頃(2015年)の事を書いています。温存手術した頃皮膚が張り付いて [続きを読む]
  • 再建後の鬱鬱とした日々
  • ご訪問ありがとうございます両側再建の全摘側が終わり、日々の生活に戻るにつれて、再建後はhappyが待っているだけと信じていた私が失望へ落ちていったことを前の記事で書かせていただきました。同じ広背筋再建をして、同じように再建後に苦しんだ方たちからのコメントもいただきました。乳がんにより、乳房を失うことが乳がんを患った患者にとってどんなに悲しいことかだから、治療を終わった患者が健康な生活を送る上でも、胸を [続きを読む]
  • こんな身体になりたいわけではなかった…と嘆く
  • ご訪問ありがとうございます暑いですねさて広背筋での再建の経過の記録です。始めの、右全摘側の乳房再建が終了して、退院して、日常生活まで戻ったところまで書きました。実は、この先が、ブログを書いて発信しようと思った一番のことであり、一番書きたくないことです。そのため、少し筆も重いのでした。なかなか、更新できずにすみません。まずは、昨日行ったランチの前菜の写真マグロとアボカドのタルタルでした。チョー可愛く [続きを読む]
  • リマンマ 以外でブラジャーを買う
  • ご訪問ありがとうございます先日、旅行するのにブラジャーがギリギリだったので、急遽、ブラジャーを買いました。乳がん術後、そして再建後の正規のブラジャー(ブラカップとか、肌着のようなブラジャーではないという意味)は、リマンマ のを買っていました。今回、再建後のサイズも決まったし普通のブラジャーでも大丈夫かなぁと思い、ワコールのショップへ行ってブラジャーを買いました。実際、お店へ行ってみると、どんな形の [続きを読む]
  • お久しぶりです、イギリスへ行ってきました
  • ご訪問ありがとうございます更新が滞ってしまいました。イギリスへ10日ほど、行ってきました。初イギリス????です。ロンドンで、一番の願いだった事は、ピーターパンよろしく、ロンドンの夜景を空から眺めること。なんと、飛行機の着陸ルートがロンドン上空で、暗くなり始めた時間だったので、見ました!見ました!ロンドン上空からロンドンを!灯のともったタワーブリッジ!テムズ川!ビッグベンはちょっと見えなかったけど。 [続きを読む]
  • ジジババは大変だぁ
  • 寄り道話題です。先日、知人家族が5組、我が家へ遊びに来た。どうして、そんなに集まったかはさておき、彼らはそれぞれ子供を連れて来ました。5歳を中心に7人、男の子4人、女の子3人です。もう、我が家の子供は成人していますし、今の家へは子供も大きくなってから引っ越してきましたので、この家では、子供がたくさん過ごすのは初めてのことでした。子供に対しての対策は、何もありませんでしたので、事前に「子供が過ごせるオ [続きを読む]
  • 再建のお金
  • ご訪問ありがとうございます今日は、サッカーワールドカップの決勝トーナメントへ進出できるかどうかが、かかっている試合の日ですね。また、明日も寝不足で眠くなりそうです。さて、再建記録の方は、中々筆が進まずにいますが、やっと、片側再建入院が終わったところまできました。ここで、お金の事を書いてみます。かねてから、広背筋の再建手術では、入院期間は3週間になると言われていました。(ただ、入院時には4週間という話 [続きを読む]
  • 広背筋皮弁法、背中の経過
  • ご訪問ありがとうございます初めの、右の全摘後乳房再建の時の話に戻ります。退院までは、入院生活は仲間にも恵まれて、傷の痛みも落ち着いてきて、ただひたすら、背中の水がなくなるのを待っていました。仕事のこともあるし、家のこともあるし、流石に楽しい入院生活とはいえ、3週間のつもりで入院したのに、1カ月を超えるとなると、気持ちは、いつ退院できるのか、だけでした。先生は、「女の人はねぇ、家に帰ると、動いちゃうん [続きを読む]
  • キャビアパーティー
  • すみません、ロシア旅行ネタをもう一つコメントしてくれた方に返信させていただいたのですが、キャビアパーティーしたこと、ちょっと書いておくことにしました。昨日、妹夫婦を呼んで、我が家でキャビアパーティーを開きました実は、以前に昔、ロシア領だった国に行った時に、市場でキャビアを見つけ、キャビアとしては安い!と思い、試しに買ってみようと、買って帰って来たことがあったのです。それでも、同じくらいの瓶で、4000 [続きを読む]
  • ロシア旅行
  • お久しぶりです先週は、ロシア、サンクト=ペテルブルクと、モスクワへ行って来ました。ワールドカップとすれ違いですね。ただ今、時差ボケの真っ最中。昼間が眠いこと、眠いこと。このまま、時差ボケでワールドカップを観るなんていう手もあるかも…なんてのnontanlovechanです。未知の国、ロシアでしたが、食べ物は口に合ったし(特に、グルジア料理!日本人に合う!)、まあまあ、楽しい旅でした。もし、機会があって、ロシアに [続きを読む]
  • 形成外科受診(背中〜再建3年〜)
  • 先週末には、形成外科の診察がありました。先月、背中の水を抜いたのでその後の経過診察です。先月、穿刺して抜けた水は、8mlでした。手術直後は、背中の水を抜くとは言っても、自分の背中は一体どんな状況になっているのか、よく分かりませんでしたが、長い再建生活で今では、私も自分の背中のどこに水が溜まっているのか、すっかり分かるようになりました。私自身の状況認識では、水が溜まって、初めの診察(3月)では、先生はあ [続きを読む]