lucky さん プロフィール

  •  
luckyさん: あさから。
ハンドル名lucky さん
ブログタイトルあさから。
ブログURLhttp://asakara.hatenablog.com/
サイト紹介文宮下奈都さんの小説を中心に、本の感想や音楽の話をしています。
自由文最近のオススメは
宮下奈都「よろこびの歌」
王城夕紀「青の数学1・2」など。
音楽は、空気公団、People In The Box等の話が多めです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2017/04/26 04:58

lucky さんのブログ記事

  • Smashing Pumpkins「Try,Try,Try」が優しすぎる。
  •  今回は、Smashing PumpkinsのTry,Try,Tryって曲をただ紹介するだけの記事です。すごい優しい曲。 Try,Try,Try 歌詞 MVとか。Try,Try,Trywww.youtube.com とりあえず、このライブ映像をただ観て、聴いてほしいっていうのが今回の記事の要約になります。あとは、何か思い付いたことをダラダラ書いてるだけだと思ってくれてOKです。 スマパンことSmashing Pumpkinsのボーカリスト、「白い悪魔」ビリー・コーガン。ち [続きを読む]
  • 空気感と世界観の違い?
  •  最近、ふと「音楽の空気感と世界観の違いって何だろう?」と思ったので、自分なりに思ったことをまとめてみます。 どっち? 空気感 世界観 好きなのは。どっち? このブログでも度々紹介しているバンド、空気公団。自分は空気公団の音楽の「空気感」が好きだけど、「世界観が好き」という表現の仕方は今までしたことが無い。www.youtube.com 例えばこのライブ。聴いてるだけで雨の風景が。 世界観が好きっ [続きを読む]
  • 中村佳穂「AINOU」の感想。
  •  久々に更新。先日リリースされたアルバム、中村佳穂「AINOU」の感想です。レビューではなくて感想なので、関係ない話がバンバン出てきます。 中村佳穂 アルバム「AINOU」 終わりに中村佳穂 中村佳穂さん(以下敬称略)の紹介は長くなるのでしません。ググって。www.youtube.com 自分が知ったのは、このライブ映像をPeople In The Boxの波多野裕文さんが紹介してて、最初に観た時から一目惚れ、人耳惚れ、です。 [続きを読む]
  • スランプについて考える。
  •  珍しく、音楽の紹介でも本の感想でもなく、思ったことを書いてみます。ひとりごと。 スランプ 作れない、訳じゃない 自分を手放すスランプ 多分、ここ暫くスランプなのだったと思う。思う、というのは確信が無いのと、(多分)今はもう抜けた感じがしているから。 具体的な話を少し書くと、自分のバンドの「三月」という曲が出来て、その出来にある程度満足出来たことと、音源の作業も一区切りが付いた、というこ [続きを読む]
  • 中村佳穂さんの歌がすごく良い。
  •  最近、中村佳穂さんっていうシンガーソングライターの方を知ったのだけど、すごく良いので紹介してみます。 中村佳穂 歌と祈り 嬉しい中村佳穂 1992年生まれのシンガーソングライターで、ピアノ弾き語りのスタイル。社交的な人みたいで、各地で会った人をバンドメンバーにしてみたり、出店に呼んだりしてるみたい。その社交性を少し分けてほしい。www.youtube.com 最近、公開されたライブ映像。People In The B [続きを読む]
  • 宮下奈都の描く物語の魅力は「あきらめ」だと思う。けれど、
  •  宮下奈都先生の小説が好きで、幾つかの作品は感想も書いてる。読んでいて、共通して思うのが「あきらめ」を感じること。それは、ネガティブなものじゃなくて、優しくて希望に満ちている。そんなことを、少し書いてみます。 あきらめ ほんの少しだけのあきらめ「青春ってのは、何かを諦めるまでの季節のことだ。」王城夕紀 - 青の数学2 いきなり、宮下先生と関係ない文章の引用から入ったけれど、書きたいことがあった [続きを読む]
  • 「三月」 今、一番聴いてほしい曲の話。
  •  久々に更新。タイトル通り、今、個人的に一番聴いてほしい曲の話です。世界中の誰よりも、今、自分が一番色んな人に聴いてほしいって思ってる、って言う自信がある。三月soundcloud.com この曲。「三月」という曲です。 とりあえず、1回だけでも通して聴いてみてほしい。6分37秒あるから、今じゃなくても良いし、何なら1年後にふと思い出してでも良いので聴いてほしい。それで、良いと思ってくれれば嬉しいけど、ダメでも全 [続きを読む]
  • 空気公団 「僕の心に街ができて」の感想。
  •  本日、5月22日。空気公団のニューアルバム「僕の心に街ができて」が遂にリリース。早速聴いたので感想です。 アルバム 期待 今まで 収録曲 おわりにアルバム期待 空気公団の最新作「僕の心に街ができて」。発表されてから、「すごいのが来そう」と期待して、ついでに過去作を振り返る記事を書いたりしてた。気になる方がいたら、空気公団カテゴリよりどうぞ。 今回のアルバム [続きを読む]
  • 空気公団の話をしよう(9) アルバムに向けて。
  •  空気公団を振り返るシリーズの最終回。アルバム発売に向けて、思ってることなど書いていきます。 夜、はじまり、ダブル 街ができた 僕 未発表曲?夜、はじまり、ダブル 前回「春愁秋思」の話をして、それ以降の作品「夜はそのまなざしの先に流れる」「こんにちは、はじまり。」「ダブル」に関しては、リリースの時に感想を書いてたので、省略。良かったら、下のリンクから。空気公団 「夜はそのまなざしの [続きを読む]
  • 音楽の趣味が変わること。
  •  最近、「大人になってからは音楽の趣味は変わらない」的な記事を読んで、いやいやそんなことないんじゃない?と思ったので、色々書いてみます。 14歳 4年周期 時間14歳「大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている」って言う記事があって、間違っては無いと思うけど、正しくも無いなあと。 例えば、自分の場合14歳の時に聴いてた音楽ってMr.ChildrenとBUMP OF CHICKENが時間的には多か [続きを読む]
  • 邦楽のサビについて考える。
  •  邦楽ってどのジャンルでもほぼほぼ例外なく「サビ」って呼ばれる部分があって、音楽に全く興味ない人ですら言葉は知ってる位には、日常に融け込んでる。あと、洋楽聴いて「どこがサビなのか分からない」って言う人が結構いえると思うけど、その辺りのことを考えてみる記事。 サビ 寂、情緒、エモーション 様式美ではなくサビWikipediaによると「サビとは、日本風の歌謡曲ないしはポップミュージック(J-POP) [続きを読む]
  • Yeah Yeah Yeahs - Maps 
  •  昨日、「最近聴いてる曲の紹介とか。」という記事にも書いたのだけど、良い曲なので個別に書いてみます。yeah yeah yeahsのMapsという曲。Mapswww.youtube.com アメリカ、ニューヨークのバンドYeah Yeah Yeahsの2003年の曲。まず、音が凄く良い。ドラムが入ってきた時の立体感、目の前で叩いてるような感じ。何でこんなに良いと思うんだろう。ギターもベースもドラムも、全部シンプル。ボーカルも良い声だし、良いメロディ [続きを読む]
  • 最近聴いてる曲の紹介とか。
  •  本日、2度目の更新。タイトル通り、最近聴いて良いなーと思った曲とかの紹介。昔の曲とかも多いです。1.Childish Gambino - This Is Americawww.youtube.com つい最近公開されて、話題を呼んでるMV。見ればわかるけど、ヤバい。ちょっとショッキングなシーンがあるので、そういうの苦手な人は注意。音楽もすごいんだけど、MVの完成度、アイディア、人の動きから、入り乱れ方、映し方、全部のレベルが高すぎる。発想と、それがこ [続きを読む]
  • 空気公団 「うつろいゆく街で」MV公開。
  •  空気公団のニューアルバム「僕の心に街ができて」より、「うつろいゆく街で」のMVが公開されました。あと、ジャケットも発表されて、あとは発売を待つのみという感じに。さらっと感想とか。 2分間 戸川さん うつろいゆく街で2分間www.youtube.com 今日公開されたMV。MVの長さは2分40秒だけど、曲自体は2分18秒くらいで、結構短め。元々、空気公団の曲は短い曲多いけど、思ったよりも短かった。てっきり、4分位かな [続きを読む]
  • 空気公団の話をしよう(8) 6thアルバム「春愁秋思」の話。
  •  空気公団を振り返るシリーズ第8回。次回でラストの予定。今回は、6thアルバム「春愁秋思」の話です。 春愁秋思 特集ページ 収録曲  Live春愁秋思春愁秋思 アルバム「春愁秋思」は2011年のリリース。個人的には空気公団のアルバムの中でも、かなり上位に入ってくる作品。春と秋。空気公団の描いてるテーマ、季節感をひとつにまとめたようなアルバム。10曲どれも素晴らしくて、いつ聴いても [続きを読む]
  • Calm In Rainの紹介をします。
  •  最近、ずっと空気公団のことを振り返るシリーズを書いてるけど、ちょっと別のバンドの話をしてみます。自分でやってるバンドだけども。このブログきっかけで知ってくれた、って言う方が何人か居てくれてすごく嬉しかったので、まずは紹介を。 Calm In Rain 曲紹介 雨音 四月 Autumn 1stアルバム 聴いてもらえることCalm In Rain  去年の7月に「バンドを始めま [続きを読む]
  • 空気公団の話をしよう(7) 5thアルバム「メロディ」の話。
  •  空気公団の紹介シリーズ第7回。次々回辺りで終わる予定。今回は、5thアルバム「メロディ」の話。 メロディ 空気公団の解説 風が吹くようなメロディ 空気公団の初期の頃は、現メンバーの山崎ゆかりさん、戸川由幸さんのほかに小山いずみさんと、石井敦子さんという方がいた。その後なんだかんだあって(その辺りのことはふわっとしか知らない)、小山さんと石井さんが抜けて、4人体制の空気公団が終了する。前作の [続きを読む]
  • 空気公団の話をしよう(6) 4thアルバム「あざやか」の話。
  •  空気公団を振り返るシリーズ6回目。フルアルバムを順番に追っているけど、「夜はそのまなざしの先に流れる」以降は個別でもう記事を書いてるので、次回「メロディ」、次々回「春愁秋思」、その後最後まとめみたいな感じにしようかと。 多分、間に1回MVのフル版が公開されて、それについて書くと思います。今回は、4thアルバム「あざやか」について。 あざやか 桃色の絨毯〜みんなお誕生日 6月のポム [続きを読む]
  • 空気公団の話をしよう(5) 3rdアルバム「こども」の話。
  •   アルバムリリースまで、空気公団の20年を振り返るシリーズ。5回目は3rdアルバム「こども」の話。そういえば、今日空気公団のメルマガ「はる」から久しぶりのメールが届いてました。その話は最後にちらっと書きます。こども 空気公団の3rdアルバム。個人的に、空気公団のアルバムの中で一番白いイメージ。1曲目が「白のフワフワ」って言うのもあるかもしれないけど、アルバム全体が白っぽい印象。あと、1stを除くとアルバム [続きを読む]
  • 空気公団の話をしよう(4)番外編。
  •  週に1回位のペースで、アルバム発売まで空気公団の話を書いていく、っていうのを始めて今回で4回目。アルバムの感想を古い順から書いていこうと思ってたけど、空気公団の公式が最近毎日Youtubeに動画をUPしてるので、その話を。 天空橋に まとめを読まないままにして あなたはわたし 電信天空橋にwww.youtube.com 2013年のリハーサル映像とのこと。3人でライブする時はドラムとか打ち込みの音を流して演奏し [続きを読む]