ひみこ さん プロフィール

  •  
ひみこさん: お金ないのに働かない
ハンドル名ひみこ さん
ブログタイトルお金ないのに働かない
ブログURLhttp://himiko.link/
サイト紹介文世帯年収400万ないビンボー家族。一人ムスメは発達グレーゾーン。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2017/04/26 14:39

ひみこ さんのブログ記事

  • ひたすら忍耐〜子どもの勉強
  • ムスメの家庭学習はZ会の通信教育をメインにしている。他に、弱点を補うためのドリルやお楽しみの「脳ドリル」系のもの。Z会は本当は一人で学習するものだけれど、ムスメにはまだ自力学習は無理なので付き添ってやっている。これが本当に忍耐、忍耐の連続。ムスメの頭は「自分にとって無意味なもの」はとことん入らないように出来ているらしく、興味が持てなかったり最初の理解がスムーズにいかないと、何度やっても出来ない。出来 [続きを読む]
  • バチェラージャパンにハマる
  • シーズン1はあまりのバカバカしさに途中で観るのをやめてしまった。肝心のバチェラーがぬたーっと爬虫類系に感じられたし、出てくる女の子たちがイマイチで、やっぱり日本人にはこういうのは似合わないのか?とイライラした。大体、最初にリムジンで到着するところからして、「ヤバい!ヤバい!」を連発してふにゃふにゃ歩いて品がない。ドレスが似合ってないよ・・・。なので、シーズン2なんか絶対見ないと思っていた。なのに・ [続きを読む]
  • 人格の変化
  • 最近、ダンナがよく喋る。AB型で典型的なオタク気質のダンナだが、話しかけられたらきちんと受け答え出来るし、自分のツボに入る話題なら楽しそうに会話する。でも、自分からあれこれ自分の思いを語るという事はなかった。愚痴も言わないけれど、嬉しい事も言わない。結婚して数年過ぎ、「倦怠期」というのを感じた時に、「この人、器が大きいと思って結婚したけど、喜怒哀楽が少ないだけだったんだ。感情が脳死状態」と思った。だ [続きを読む]
  • ムスメの宿題
  • ムスメは小学4年生。学校の勉強は4年生からぐんと難しくなってきているように感じる。去年の担任の先生は漢字学習に非常に厳しく、少しでも歪んでいたりはみ出ていたら「お直し」。消しゴムで綺麗に消して書き直さなければならなかった。字のバランスがうまくとりにくいムスメ、本人は一生懸命丁寧にやっているつもりでもしょっちゅう「お直し」。先生が熱心過ぎて宿題がない日が去年は一日たりともなかった。量も多い。それなのに [続きを読む]
  • どんどん薄情になっている
  • 最近、ドラマや映画を見ても心が動かない。面白い!と思えない。Amazonプライムに入っているので、一時アメリカのTVドラマにハマったりしていた。最後で突然お金を要求される・・・アメリカのTVドラマを観始めると、もう日本のドラマが見られない・・・。恋愛ドラマは苦手だし、昨今のアイドルとか全く興味がない。今唯一見ているのが過去と無線がつながるというやつだけれど、北村一輝さんが好きなので何となく惰性で観ているだけ [続きを読む]
  • 薄情な人間
  • 先日、パート先の人と研修に出かけることがあり、道すがら楽しくお喋りした。今働いている職場、普通は20人もいれば必ず性格がきつかったり上から目線で物を言ってきたりする人がいるのに、皆さん天使のように優しい人ばかり。シフトが不安定だし午後の時間帯の勤務なので中々沢山は働けないのが悩みだけれど、なにせ人間関係の軋轢が全くない。他の同僚も、「ここの人間関係に慣れちゃったらもうよそでは働けない」と言うほど。同 [続きを読む]
  • ルビーの指輪
  • この間、姑からルビーの一文字の指輪を頂いた。「おかあさんにはもう赤いのは若すぎるから」との事。姑の指にはしっかりと緑色に輝くエメラルドの一文字の指輪がはまっていた。姑は宝飾品が好きで、宝飾会社が企画する昼食付きバスツアーみたいなのに参加して即売会?で新しいのを買ったりしているようだ。10年くらい前にも、「もっといいの買ったから」と一粒ダイヤの指輪を頂いたことがある。一度もしていないけれど・・・。私自 [続きを読む]
  • 介護施設の思い出⑥〜裏表のある人
  • 以前勤めていた介護施設でのこと。デイサービスが併設されており、ちょくちょく応援に駆り出されていた。ある日初めてお風呂介助につく人がおり、色々説明を受けた。その方はストーマ(人工肛門)をつけておられて処置がたくさんある。ほぼほぼご自分でされるということだった。「ただね・・・。自分でやるからいいのよ、って何回も言われるけど、その言葉を真に受けないでね」と。「忙しいでしょうし、これくらいならやれるからい [続きを読む]
  • 介護施設の思い出⑤〜真に受けてはいけない
  • ブログランキングに登録しているので、他の方のブログによくお邪魔させて頂いている。50代あたりからボツボツと介護の記事が多くなるようだ。介護で兄弟でわだかまりが出来た、というような記事を読んでふと思い出した。以前勤めていたサ高住のこと。90歳を超えて入居してこられた女性の方、娘さんが二人おられたが姉妹差別?とも思える発言が多々あった。お姉さんの方が車で1時間ほどの所に住んでおられて、毎週週末に訪ねてこら [続きを読む]
  • ムスメの勉強で気をつけていること〜その1
  • 現在小4のムスメ、まだ一人部屋や勉強机を与えていない。発達障害グレーゾーンのムスメ、とにかく視野が狭く整理整頓が出来ない。ムスメ専用の棚は私が整理してやらない限りいつもグチャグチャ。お菓子のカスが出てくるのはまだいい方で、なぜかごろっと大きな石が出てきたりする。ムスメがちょっと座るとたちまち周囲に雑多なものが散らばる。将来、片付けの出来ない女になるのは避けられそうにない。これで一人部屋なんか与えた [続きを読む]
  • 口臭がコワイ
  • 現在、子ども相手のパートをぼちぼちしている。子どもは正直だ。先日ある同僚に向かって、一人の子どもが言った。「先生、嫌い。あっち行って」。少し難しいところのある子どもで、気に入らない事があると感情をむき出しにする。その日、その子はかなりイライラしており、同僚の先生はあまりその子の扱いに慣れていなかったのでアタフタしているのが傍目にも見て取れた。その子どもはさらに続けて言った。「先生の息、クサい。イカ [続きを読む]
  • 人より高い所
  • (最初に断っておきますが、この記事は特定のブログ主さんを批判するものではありません。文脈など一切関係なく、そのブログのあるワードに対して反応してしまった私の心の内をつづっているものです。)あるブログをお気に入りに登録しているが、度々気になる言葉が出てくる。その方のお子さんも発達障害。お子さんの為に非常に教育熱心なお母さん。ご自分のご職業を医療従事者とだけ書いておられるが、きっと医師免許とかそれに近 [続きを読む]
  • 畑でBBQ
  • 週末、姑が泊まりに来ていた。姑は車で40分ほどの所に一人暮らししていて、毎月一度、泊まりに来る。姑は孫は可愛いようだが、さりとて嬉しがって一緒に遊ぶような人でもない。超マイペースな人。ダンナは姑にそっくり。そしてムスメはダンナにそっくり。姑から一度もオモチャや絵本を貰ったことはなく、プレゼントは全て着るもの。ダンナは一人息子で、姑は女の子に可愛い恰好をさせるのが夢だったらしい。だが、ムスメは成長する [続きを読む]
  • PTA〜「何でも手伝うよ!」という言葉
  • 今年、PTAの地区委員をしている。地区委員の中にも更に家庭教育学級という部門があり、委員長、副委員長、書記会計の四人で構成されている。この役職を決める時、揉めに揉めた。家庭教育学級をやったところで特別に何もポイントがつかないので、まず皆やりたがらない。安全点検やプール当番長などはすぐ手が上がったのに。この役職決めの日に、一人の地区委員が無断欠席したことでさらに事態がややこしくなった。勝手に家庭教育学 [続きを読む]
  • 結末を知っているだけに切なくなる
  • 我が家の一人ムスメは発達障害のグレーゾーン。ついつい、他のブログなどで発達障害について読んでしまう。最近、衝撃を受けたあるブログ。お子さんがADHDだけれど、診断は中々つかなかった模様。年が上がるにつれて暴力暴言が酷くなり、最後、警察を呼んで児童相談所に一時保護された所でブログの更新は止まっている。何年にもわたって綴られていたブログ、いきなり最後(=結末)から読んでしまったけれど、過去に遡って読んでい [続きを読む]
  • 豊かな朝食
  • 子どものころ、いつも朝食が苦痛だった。毎朝出てくるのがコープさんの6枚切りのパン。今は美味しくなっているのだろうけれど、昔は耳の部分がイースト臭がして美味しくなかった。耳の部分、一辺はツルツルして美味しく、2辺は少しざらついてイースト臭が微かにし、そして最後の一辺、ツルツルの美味しい方と向かい合わせになっている方はかなりザラザラしてイースト臭がきつかった。今でこそ、「イーストの臭い」と分かるけれど、 [続きを読む]
  • 運動会〜その3
  • ほどなくして競技が始まった。全校生140人少々の小学校、1クラス20人程度しかいないため、2学年一緒に行う競技も少なくない。リレーもすぐ終わってしまう。ムスメ、速くもないが遅くもない。とりあえず順位に変動がなかっただけで大満足の私。足が速い子ってもう走る姿からして違っている。そうこうしているうちにPTA競技が近づいてきた。私も入場など手伝わなくてはならない。そろそろ行かないと、と思っていると役員の人が走って [続きを読む]
  • 運動会〜その2
  • 運動会の入場行進が始まった。赤組のムスメの姿を探すがない・・・。あれ???もしかして?と白組を探すと、ムスメ、いた。家では赤組の応援歌をずっと歌っていて、私も覚えてしまうほどだった。「白組の歌も教えて」と言ったけれどあやふや。なのでてっきり赤組だとばかり思っていたのだ。後でムスメに聞いてみると、「赤組の歌の方が歌いやすかったから!」と平然と言う。どういう発想でそうなるのだ・・・。そういえば、学校か [続きを読む]
  • 運動会〜その1
  • 先週の週末は運動会だった。PTA委員なので前日からテントの設営、PTA競技の準備、リハーサルと大忙し。日差しがガンガン照り付ける中の作業でかなり疲れた。運動会当日は早起きして、子どものリクエストのチキンカツを作った。最近は唐揚げよりもチキンカツの方が我が家の主流。カツなんてずっとめんどくさいと思っていたけれど、簡単な方法が分かってからは作るのが苦ではなくなった。小麦粉とマヨネーズ、卵、水でバッター液を作 [続きを読む]
  • 一人っ子
  • 少子化を言われるけれど、地方都市のせいか周りは三人きょうだいが結構多い。幼稚園の時は裕福な家庭が多いせいか、年中さんの時は一人っ子はなんとうち一人、年長になって一人っ子さんが引っ越してきて二人という状態。なんとなく肩身が狭かったのは事実。しかも我がムスメ、今はそういう特性だと分かったけれど、とにかく超マイペースで周りが全く見えていなかった。「一人っ子だから仕方ないよ〜」とか「きょうだいが出来ればま [続きを読む]
  • 大人になりたくないムスメ
  • ムスメが「〇〇、大人になりたくなーい!ずっと子どもがいい」と言った。どういう気持ちで言ったのかは分からないが、私が大人になって一番良かったこと、それは集団の呪縛から逃れられたことだ。そうは言っても、集団の呪縛から逃れられるまで大人になってからも随分時間がかかった。20代ではある趣味のサークルに所属していたけれど、つきあいが下手でよく人間関係に悩んでいたし、そういう自分がダメだと常に劣等感を持っていた [続きを読む]
  • 読書で頭はよくなるのか
  • ネットや雑誌で「アタマがよい子に育てる方法」といった内容の記事をよく見かける。読書好き、というのはアタマがいい子に共通しているようだ。ハウツーではなくても、「自分は子どもの時勉強はしなかったけれど、本だけは沢山読んだ。国語のテストでは困ったことがなく、センター試験では〇〇点でした(キリツ!だから子どもも読書好きにしようと本はたくさん与えています」みたいな事もよく目にする。あまりにも厳し過ぎた自分の両 [続きを読む]
  • PTA〜思考停止集団
  • 地区委員のグループlineが来た。年5回開催予定の家庭教育学級、あと一回だけまだ決まっておらず、アイデアありませんか?というもの。ちょうど興味があるワークショップがあり、子供達も一緒に出来るので詳しく調べてみた。HPから担当者の方に連絡をとり、色々と詳細を教えて頂くと実に面白そう!昼間に学校にこられるお母さんたちだけを対象にするのではなく、子どもたちも、普段お世話になっている自治会のシルバーの人達もみん [続きを読む]
  • 長文ブログ
  • ブログランキングに登録しているので、度々よそ様のブログにお邪魔させて頂いている。日常の一コマを上手に切り取って読みやすく書かれていたり、中には「これホントかな?」と思わず思ってしまうような波乱万丈な生活を綴っておられたり・・・・。中には、「イヤな予感に怯えつつ郵便受けを開けてみた。そこには・・・」(次の日に続く)、みたいな手法で一つの話題を数日にわたって綴っていく猛者も。そしてそういうブログはほぼ [続きを読む]
  • 年寄りを第一に考える
  • 子どもが小さかった頃、社交性のある子に育てなければと一生懸命ママ友付き合いをしていた。今思えば、どんなに親がママ友付き合いしたところで、子どもの生まれ持った特性が変わるわけでもなく・・・。でもとにかくその時はそう思い込んでいた。ママ友さんたちの中で特に人当たりがいい人がいた。お子さんは男の子だったけれど女の子の親密な付き合いが出来ないムスメにとっては何となく気が合うらしく、よく一緒に遊んでいた。マ [続きを読む]