加藤望 さん プロフィール

  •  
加藤望さん: ワンランク上のビジネスコミュニケーション
ハンドル名加藤望 さん
ブログタイトルワンランク上のビジネスコミュニケーション
ブログURLhttp://nozomicoaching.com/
サイト紹介文起業サポート、経営者サポート、話し方聴き方講師をするビジネスコーチ加藤望のオフィシャルサイトです。
自由文ビジネスコーチ/話し方聞き方講師加藤望のオフィシャルサイト。
話し方聞き方対話力質問力などビジネスコミュニケーションについて記事を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 173日(平均4.2回/週) - 参加 2017/04/29 12:20

加藤望 さんのブログ記事

  • 目標に向かう手段はいくつあるか知っていますか?
  • 小さな頃からなりたいものが見つからなかったわたし。中学生の頃ふと「アナウンサーになりたい」と思いました。 小さな頃から声に特徴があったので漠然と「声を使った仕事をしたいな」と思ったのです。なんとなく「アナウンサーになりたいな」と思いました。 その後、望少女はこっそり本屋さんへ行きました。アナウンサーはどうやったらなれるのか調べにいったんですね。本には「短大や大学、専門学校をでなければいけない」と書 [続きを読む]
  • 加藤望の起業コンサルティング
  • 経営者やリーダーの方向けのコーチングが主でしたが「自分で仕事を作りお金を稼いで生きていく」ための起業コンサルティングをメニューに加えることにしました。 理由はもっと自分の力で稼げる人が増えて欲しい楽しく働く人が増えて欲しいからです。わたし自身、起業初期、稼ぐ方法やビジネスを教えてくれる人が欲しかったからです。 ビジネスの作り方からきちんとお金が稼げるようになり自分の力で自立して働けることを目標として [続きを読む]
  • 同じ目的地に向かう2者はどこで善と悪だと決まるのか
  • https://twitter.com/takapon_jp/status/918358979411034112このTwitterがかなり炎上しております。数日たった今でも続いているみたい。これをみてわたしはこんなことを思いました。https://twitter.com/nonkichinontan/status/918862651647672321これに対して友人からこんなコメントをもらいました。 友人「言いたいことに共感するときもあるけど人を傷つける可能性のある鋭利的な言葉はわたしは嫌いだな。」 おっしゃる通り。こ [続きを読む]
  • ワークライフバランスってちょっと違うんじゃないかと思う話
  • ワークライフバランスとは仕事と生活の調和。我が国の社会は、人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくい現実に直面している。誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、今こそ、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求して [続きを読む]
  • 7ヶ月後ストレングスファインダーを読み返し自己肯定感を高めてみた
  • 3月にストレングスファインダーをやってみました。その時の記事。強みを解析!ストレングスファインダー7ヶ月経って改めて読み返してみたところ少し違った視点でみることができました。 自分で自分を褒めまくっているので閲覧注意してくださいねw 活発性→「活発性」 の資質によって、あなたは、行動は最良の学習手段て゛あると考えています。あなたは決断し、 行動し、結果をみて、そして学ひ゛ます。もし行動しなかったら、と゛ [続きを読む]
  • オンライン講座を始めたい方のための研修セミナーを行います
  • オンライン・ママ大学主催のタナカミカさんとお話をしてオンライン講座スタート研修を行うことにしました。 オンライン・ママ大学とは?ママたちと社会のみんながもっと自由に幸せを追求できるオンラインコミュニティ この研修はオンライン・ママ大学の講師の方以外でもご参加いただけます。リアルな講座はやっているけどこれからオンラインでの講座をスタートさせたい方、教えられるものは持っているけど講座としてどのようにした [続きを読む]
  • USJとディズニーの違う点をみつけてみました
  • ディズニーは何十回も行ったことがありますがユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に初めて行ってきました。開演は2001年。もう16年も経っているんですね。子どもの頃からディズニーが大好きなわたしですが今回USJに行ったことでディズニーとの違いを探しながら遊んでみました。ディズニーはだいぶ通っていますがUSJはまだ初めてということを含めながら読み進めていただけますとありがたいです。ディズニーとUSJの違いUSJのキ [続きを読む]
  • Modern Art Japan株式会社 代表取締役 野口良介さん
  • 9/27のゲストはModern Art Japan株式会社 代表取締役野口良介さんにお越しいただきました。野口さんは2016年3月23日にも出演いただき2回めのゲスト出演。赤坂で会員制のワインバーの経営をされていて当時はまだオープンしたばかりでした。わたしもそれからワインがさらに大好きになり何度も通わせていただいたり、イベントもさせていただいています。オープンから1年半経って今はクラフトビールも扱う2店目を計画されているそうで [続きを読む]
  • 発信する側は「察してもらうこと」を期待してはいけない
  • 察するとは1物事の事情などをおしはかってそれと知る。推察する。「気配を―・する」「―・するところ何か隠しているだろう」2他人の気持ちをおしはかって同情する。おもいやる。「苦衷を―・する」「彼の悲しみは―・するに余りある」3深く調べる。デジタル大辞泉より引用日本はハイコンテクスト文化だと言われています。逆に海外はローコンテクスト文化。ハイコンテクストとは簡単に言うと抽象的で具体的に言葉にしなく [続きを読む]
  • コミュニケーションとは相手がいて成り立つもの
  • コミュニケーションとは社会生活を営む人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達wikiより思考や感情を伝達しあうこと。それには言語も非言語も含まれます。コミュニケーションはキャッチボールによく例えられます。どんな風にキャッチボールしたら楽しくできるでしょう。プロ野球選手とわたしがキャッチボールするとしたら?プロ野球選手はきっとわたしが取りやすいところに優しいボールを投げてくれます。わたしはで [続きを読む]
  • 株式会社俺カンパニー 代表取締役山本昇平さん
  • 9/20のゲストは株式会社俺カンパニー代表取締役兼洗い場山本昇平さんにお越しいただきました。23歳でお店をはじめて13年目。山本のハンバーグで個性的で美味しいハンバーグを食べられます。渋谷にも店舗がありますよ!年齢も近くてお話しやすく、経営者としてのお話や、起業にまつわるお話など伺いました。大学を卒業してすぐにお店を始められた山本さん。きっかけを伺ったところ「自分で自分の仕事を作りたかった」というのが理由 [続きを読む]
  • コミュニケーション力のある人材が欲しいという会社はなくならない
  • なぜなら働く人たちがこれからどんどん多様化していくから。同じ会社の中でも正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイト...副業や在宅勤務が増えれば外注の人も増えてくるだろう。外国籍の人や年齢の上限ももっとあがってくる。先日(2017年9月17日)総務省の発表によると90歳以上の労働者の数は前年より14万人増え、200万人を超えたと発表もあったばかりだ。 マイナビ学生の窓口 フレッシャーズ にはこんな記事も。仕事が [続きを読む]
  • 集めて編む編集という仕事
  • 素材を集めて上手く組み合わせ無駄を省き発信していく仕事。編集者・司会・リーダー・ディレクター・キュレーター...「編集」という作業はどんな仕事でも必要な役目。 過日、NPOサプライズ代表理事 飯倉清太さんのコミュニティビジネス論のお話を伺いました。まずわたし、こういう話が大好きです。もっともっと聞きたいしもっと考えたくなる。「ビジネス」って誰かの困りごとを解決したり誰かの生活をよりよくするためのもの。わ [続きを読む]
  • 経営者って嫌な奴?仕事はクソツマラナイ?
  • 約1年前AbemaTVの生放送で「経営者人狼ゲーム」を企画して行いました。わたしのまわりの経営者さんをお誘いして生放送で人狼ゲームをするというもの。(わたしが人狼ゲームをやってみたかったからw)その際、たしかユーストリームとニコニコ生放送でも同時配信しました。ニコニコ動画ってリアルタイムで視聴者のコメントが画面に右から左へ流れていきます。わたしはニコニコ動画好きでよく観ます。でもその時にショックなことがあ [続きを読む]
  • コミュニケーションは素材を表す表現方法のひとつ
  • コミュニケーションとは?思考や感情を伝達しあうこと。 例えばどんな素材を持っていますか?ビジネスだったらどんな商品やサービスだったり世の中や周りに発信したい知識や想いだったり。商品であればキャッチコピーを作ったり、写真を撮ることも、思いや知識であればネットで発信したり、本を書くことなどできる表現方法はたくさんあります。そしてコミュニケーションも素材を表す表現方法の一つ。 どのように声に出すか伝えるか [続きを読む]
  • 見られたい自分と人から見られている自分のギャップ
  • 横に広げるのではなく奥行きを広げればいい。 自分が出していきたいキャラクター(ブランディング、イメージ)と人から見られるキャラクター(ブランディング、イメージ)のギャップに悩む人は少なくないと思います。本当は可愛いって言われたいのになぜかカッコイイと言われてしまう、とか。可愛いくて優しい雰囲気の作品が好きだとみんな言ってくれるけどでもホントはカッコイイのも表現していきたい自分がいる、とか。 「本当は [続きを読む]
  • 「お時間ありましたらぜひいらしてください」について
  • 10年ほど前お芝居をしてまして3本の小劇場での公演、1本のコントライブをしたことがあります。 まだこれから売れていく役者さんは自分で何十枚ものチケット代を持ち、捌かないといけません。特に、小劇場で活躍する役者さんは、役者間でそのやり取りが行われることも多いです。わたしもお誘いをいただいたり、告知を拝見することがあるのですが「お時間ありましたらぜひいらしてください」って書かれることが多いです。でもね、正 [続きを読む]
  • 1年後を考えて行動していますか?
  • こんな質問をいただきました。Q.「1年後を考えて行動していますか?」A.「考えていません。」完全に私的な返答ですのでいいとか悪いとかは置いておきます。また、完全に何も考えていないかと言われるとそうではありません。ただ、質問主さんの聞きたかったことは「未来に目標を作って逆算して行動していますか?」という主旨の質問でしたのでこのようにお答えしました。 1年前の自分を考えてみるとその時の自分では想像つかないよ [続きを読む]
  • 進む先に困難ばかり降りかかってくる人
  • 進む先に困難ばかり降りかかってくる人はきっと誰もやったことがないことをしてる人。 誰かの後ろを歩いているだけなら起こらなかった問題や真似をしているだけなら軽くやりすごせることも自分だけの道を歩いているからこそ起こること。 自分の人生は他の誰かにか変わってもらえない。自分の人生は自分で決めて自分しか生きれない。その人の人生はその人にしかできない。 困難も自分で決めたやりたいことをしていたら立ち向かって [続きを読む]
  • 大人になってサザエさんを観て感じた違和感「カツオは稼ぐ男」
  • 本日日曜日。サザエさんの日ですよー!最近実家にいることが多く一人暮らしでは観ていなかったテレビも夕飯時によく観るようになりました。昔から観ていたサザエさん。昔と今ではだいぶ見え方が変わっているようです。「カツオは稼ぐ男」というエピソード。カツオはクラスのみんなのおこづかいをリサーチし、円グラフを作成。波平に「なんということでしょう!自分よりも多くおこづかいをもらっているクラスメートは80%!だから、 [続きを読む]
  • やりたいことをやるか今の仕事を続けるかどうしたらいいですか?
  • 先日こんな質問をいただきました。Q.「やりたいことをやるか今の仕事を続けるかどうしたらいいですか?」A.「我慢するほうをやめましょう。」 我慢して選んだ選択肢だとはじめは頑張れても何か問題が起こった時自分以外の誰かや何かのせいにします。そしてその問題はすぐに訪れます。本当はどちらを選んだとしても何を選んだとしても決めたのは自分なので自分のせいです。なのに、我慢する方を選ぶと自分以外の誰かや何かのせいに [続きを読む]
  • 常に今の自分を疑ってみる
  • “常に自分に問いかけ質問する癖をつける”ちゃんと自分で決められているか他の誰かに決められていないか不本意なことをしていないか今自分はこれをするべきなのか今していることがベストなのか自分が本当にしたいことなのか... 不本意な方向に自分を説得し、本来の自分の気持ちを誤魔化すとハゲますw1年前円形脱毛症が発覚しました。いやーーーショックでしたね。相当我慢して誤魔化して自分に嘘をついていたんでしょうね。その [続きを読む]
  • 人生の難易度はどこに設定していますか?
  • 過日、公私共にお世話になっているタナカミカさんの「設定変更」のモニターセミナーに参加しました。「設定変更」とは藤本さきこさんという方がお伝えしているものでミカさんはさきこさんのセミナーを受けられてミカさん自身が「設定変更」を取り入れ、繰り返し、変化してきたことを伝えてみよう!ということです。宇宙の話からはじまりゲームのマリオの話なんかも例え話としてでてきます。現実や理屈や心理学として考えないとなか [続きを読む]
  • 言葉に感情がうまくのっていない気がする人は自分開放宣言をしよう
  • 司会・ラジオパーソナリティ養成スクールの1人目の生徒さん、アシスタントパーソナリティデビューのために着々とトレーニングしています。(顔を隠しているのは本人の意向です。どうせすぐに出すことになるのですけどw)はじめから喋るのが比較的上手だったのですが、今の彼は“言葉に感情がうまくのらない”ということが大きな課題。言葉と感情と思考って切っても切れないもの。感情を出すトレーニングやスピーチを録画して練習し [続きを読む]