ナツユキマツ さん プロフィール

  •  
ナツユキマツさん: ユキマツの「長期投資のタイミング」
ハンドル名ナツユキマツ さん
ブログタイトルユキマツの「長期投資のタイミング」
ブログURLhttp://www.yukimatu-value.com/
サイト紹介文比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 208日(平均8.5回/週) - 参加 2017/04/27 10:31

ナツユキマツ さんのブログ記事

  • 中国の世界シェア〜人口、時価総額、名目GDPの観点から〜
  • 「世界シェア」という観点から中国の国力の一部を観察する記事です。世界シェアという言葉を使うのが適切か、少し疑問がありますが、ニュアンスは通ると思うので「人口」「時価総額」「名目GDP」の3つの観点から、1990〜2016年の中国を観察してみます。「時価総額」「名目GDP」はドル建ての数値です。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! 世界シェア〜中国の人口〜※出所:世界の人口 国別ランキング・推移(国連) - G [続きを読む]
  • ふた休み 〜米国市場の概況 2017.11.19〜
  • 2週連続で株価の上昇が止まった先週の米国市場を「米国株式の割安割高を判断する目安」になると思われる指標で概観してみます。ごく簡単な先週の米国市場の概観<先週のS&P500>※出所:米S&P 500インデックス(SPX - Investing.com11.10の終値(2582)よりわずかばかり株価は下落し、2週間連続で上昇しませんでした。といっても特に大きく下落しているわけでもありません。日本株の大きなアップダウンとは全く異なる風景。11.7の [続きを読む]
  • 乱高下 〜日本市場の概況 2017.11.18〜
  • 乱高下していた今週の日本市場を、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測してみます。今週の日経平均※出所:日経平均インデックス(N225 - Investing.com今週の日経平均は概ね「22000〜22750」の範囲で、下がって上がって、また少し下げる。動きが激しかったです。5つの指標★日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>★信用買い残 <信用取引における買い方の残高>★東証一部PBR <東証一部 [続きを読む]
  • ひふみ投信とその設定タイミング 
  • 先日新聞の金融欄を読んでいたら、今年(2017.1〜10月)の投資信託の純流入額ランキングでひふみ投信が上位にランクされていました。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! よく耳にするひふみ投信。以前から気にはなっていてたので、ひふみ投信とその設定タイミングについて記事にしてみます。以下、ひふみ投信に関するデータは下記サイトより入手したデータです。www.rheos.jpひふみ投信とは主に東証一部の株式に投 [続きを読む]
  • 世界の景気 拡大傾向つづく 〜OECD景気先行指数 2017年9月〜
  • OECD景気先行指数、9月のデータが確認できました。2017.9月のデータによれば、世界景気は●世界の景気水準⇒ふつう〜ややよい●世界景気の短期トレンド⇒拡大基調と推測されます。OECD景気先行指数(Composite leading indicator。以下CLI)の2017.9月時点のデータから世界的な景気動向を確認します。CLIについては以下の記事を参照ください。www.yukimatu-value.comCLIとは以下、株初心者のための株式投資と相場分析方法 [続きを読む]
  • 「長期投資に適しそうな国の選定作業」⑬ 〜韓国・経済成長編〜
  • 長期投資に適する国は事前に分かるものなのか?そんなことは考えない方が身のためか?「長期投資に適しそうな国の選定作業」シリーズの13回目はお隣の国、韓国です。韓国のメモ人口は約5100万人、世界26位(2016年)です。名目GDPランキング(ドル建て)では、世界第11位(2016年)。一人当たり名目GDPは約27500ドル、世界28位(2016年)。iシェアーズ MSCI エマージング・マーケット ETFではタイへの資産配分は2017.11月現在「15. [続きを読む]
  • もしもの円暴落に備える確認作業 <2017.11.13>
  • もしもの円暴落があるとわたしは現在の投資ポジション(日本円100%)では非常に困るので、「もしも」の兆しがないか適時確認しています。その確認内容を記事にするシリーズです。<2017.10.23>以来の更新になります。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! 円暴落の兆しを知るための指標わたしは以下の5つの指標を適時確認しています。①ドル円名目レート②円の実質実効為替レート③日本の消費者物価指数④日本の [続きを読む]
  • ひと休み 〜米国市場の概況 2017.11.12〜
  • 株価の上昇が止まった先週の米国市場を「米国株式の割安割高を判断する目安」になると思われる指標で概観してみます。ごく簡単な先週の米国市場の概観<先週のS&P500>※出所:米S&P 500インデックス(SPX - Investing.com週間で久々に上昇しませんでした。といってもほとんど先々週と変わらない水準です。11.7の高値「2597」が今のところS&P500の最高値。<先週の米国10年国債利回り>※出所:米国 10年 | 米国 10年 債券利回り先 [続きを読む]
  • 週末の乱高下 〜日本市場の概況 2017.11.11〜
  • 週末に乱高下した今週の日本市場を、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測してみます。5つの指標★日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>★信用買い残 <信用取引における買い方の残高>★東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>★信用評価損益率 <日本市場。信用買いの損益>★日経平均ボラティリティー・インデックス<日経平均版の恐怖指数>日本バフェット指標※出所 [続きを読む]
  • 米国の世界シェア〜人口、時価総額、名目GDPの観点から〜
  • 「世界シェア」という観点から国力の一部を観察する記事です。世界シェアという言葉を使うのが適切か、少し疑問がありますが、ニュアンスは通ると思うので「人口」「時価総額」「名目GDP」の3つの観点から、1990年以降の米国を観察してみます。「時価総額」「名目GDP」はドル建ての数値です。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! 世界シェア〜米国の人口〜※出所:世界の人口 国別ランキング・推移(国連) - Global [続きを読む]
  • Jリートの割安割高 2017.10月末データより
  • 株高をよそにあいかわらずさえない動きのJリート、10月末のデータからその割安割高を探ってみます。TOPIXと東証リート指数※出所:SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)上記グラフはここ1年の東証リート指数とTOPIXの値動きを比較したものです。2017年4月頃から、両者のかい離が激しいです。1年で株価は25%超の上昇、Jリートは−5%以下の下落。一年前、株は割高、リートは割安という判断で株は売りポジション、リートは買いポジシ [続きを読む]
  • 米国景気を探る  2017.11.8
  • 米国景気動向を三つの指標【ISM製造業景気指数】【実質GDP】【OECD景気先行指数(CLI)】で確認してみます。まず【ISM製造業景気指数】から。ISM製造業景気指数とはISM製造業景気指数とは|金融経済用語集ISM製造業景気指数は、アメリカ合衆国の米国供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が発表する、製造業の購買担当役員へのアンケート結果を元にした「企業の景況感」を示す経済指標をいいます。※引用元:I [続きを読む]
  • 株式市場と【FRB、ECB、日銀、3つの中央銀行の資産動向】
  • FRB、ECB、日銀の資産動向を個別に追ってきましたが、今回は3つの中央銀行トータルでの資産動向を追ってみたいと思います。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! FRB、ECB、日銀の資産動向の確認まず、それぞれの資産動向を見てみます。<FRBの資産動向>※出所:All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成<ECBの資産動向>※出所:Central Bank Assets for Euro Area (11- [続きを読む]
  • 内川様サファテ様内川様 〜強かったソフトバンク〜
  • ※投資とは関係のない記事ですwww.yukimatu-value.com上記記事の続きです。昨日2017年プロ野球日本シリーズ、横浜DeNAベイスターズ VS 福岡ソフトバンクホークスに決着がつきました。期待はしていたのですが、期待以上に見ごたえのあるシリーズでした。個人的趣味でいくつか所感を。ゲーム結果    横浜  ソフトバンク第1戦  1    10第2戦  3    4第3戦  2    3第4戦  6    0第5戦  5  [続きを読む]
  • 記録更新 〜米国市場の概況 2017.11.5〜
  • 「S&P500指数」と「恐怖指数」が新記録を出した先週の米国市場を「米国株式の割安割高を判断する目安」になると思われる指標で概観してみます。ごく簡単な先週の米国市場の概観<先週のS&P500>※出所:米S&P 500インデックス(SPX - Investing.com久々に停滞する?と思いきや、11.3にスルスルと上昇、過去最高を記録しました。<先週の米国10年国債利回り>※出所:米国 10年 | 米国 10年 債券利回り先々週は「2.47%」程度まで上 [続きを読む]
  • 株式市場と「FRBの資産動向」
  • FRBの資産動向に関する記事です。個人的には株式市場と大いに関係があると推測。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! FRBの資産推移※出所:All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fed※単位:100万ドル上記は2003.1月〜2017.10月のFRB資産の推移グラフです。2003年以降、2008年8月まであまり変化なく、微増傾向。2008年9月以降に激増、その後段階的に増加。2014年末頃に4.5兆ドル程度でピークを [続きを読む]
  • 暴騰 〜日本市場の概況 2017.11.3〜
  • 日経平均が2017.9月の安値「19240円」から17%以上暴騰している日本市場を、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測してみます。5つの指標★日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>★信用買い残 <信用取引における買い方の残高>★東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>★信用評価損益率 <日本市場。信用買いの損益>★日経平均ボラティリティー・インデックス<日経平均 [続きを読む]
  • 株式市場と「日銀の資産動向」
  • 日本銀行の資産動向に関する記事です。個人的には株式市場と大いに関係があると推測。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! 日銀の資産推移※出所:Bank of Japan: Total Assets for Japan | FRED | St. Louis Fed※単位:億円上記は1998.4月〜2017.9月の日銀資産の推移グラフです。2006年頃までじんわりと増加傾向。2006年頃から少し減少、停滞。リーマンショック後も激しく増加することなく、地味に増加。2013年以降に [続きを読む]
  • 株式市場と「ECBの資産動向」
  • 欧州中央銀行(ECB)の資産動向に関する記事です。個人的には株式市場と大いに関係があると推測。2017.10月、ECBの決定事項◎政策金利ほか金利水準⇒据え置き(政策金利:0%)◎資産買い入れ額現状の月額600億ユーロを2017年年末まで継続。2018年1月から9月末まで月額300億ユーロに減額。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! ECBの資産推移※出所:Central Bank Assets for Euro Area (11-19 Countries) | FRED | St. [続きを読む]
  • 続・続 止まらない株価上昇 〜米国市場の概況 2017.10.29〜  
  • S&P500指数が最高値を更新し続ける先週の米国市場を「米国株式の割安割高を判断する目安」になると思われる指標で概観してみます。ごく簡単な先週の米国市場の概観<先週のS&P500>※出所:米S&P 500インデックス(SPX - Investing.com先週は久々に停滞するかと思いきや、週末に上昇、過去最高を記録しました。わずかですが先々週の高値を上回って、止まらない株価上昇となりました。<先週の米国10年国債利回り>※出所:米国 10 [続きを読む]
  • 2600万円軍団で7000万円軍団に勝てるのか?
  • 2017年のプロ野球、日本シリーズの話題です。あまり投資とは関係ありません。興味のある方はお付き合いください。 スポンサーリンク ★ブログランキング参加中! わたしは今回の日本シリーズは3つの点から面白く感じています。面白く感じるポイント① 平均年俸の差外国人選手を除いた平均年俸でみると、ソフトバンクは12球団最高の約7000万円。対する横浜DeNAは最低の2600万円。ソフトバンクは横浜の約2.7倍。かなりの格 [続きを読む]