piyosophy さん プロフィール

  •  
piyosophyさん: 次はイギリスからフランス暮らし
ハンドル名piyosophy さん
ブログタイトル次はイギリスからフランス暮らし
ブログURLhttps://ameblo.jp/piyosophy/
サイト紹介文闘病中でもアクティブに!ロンドン→パリ→只今リヨン。美食の街そして自然豊かなリヨンへようこそ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2017/04/27 21:42

piyosophy さんのブログ記事

  • 最近ハマっている野菜の食べ方!
  • こんにちは!フランスの朝のマルシェには旬のお野菜がたくさん!地産地消で新鮮で安くて美味しい?尚且つ、輸送によるCO2などを削減できるエコなシステム!こんな大きなカボチャも目の前で迫力のカット??何度も言うようですが、子ども達にとっては本当に身近な食育の場だな〜とつくづく感じます。やっぱり素晴らしい、フランスのマルシェ…????さて、毎度のごとく色々な野菜なり肉なり買ってきたのですが、中でも今回お買い [続きを読む]
  • ◯◯◯が常連のお洒落カフェ!?
  • こんにちは! だいぶ春めいてきたリヨン。 今日は今年出来たばかりのカフェにて勉強してきました。 LE PERKO CAFE外観から目をひくこちらのカフェがあるのは、リヨンのクロワルースの丘へと登り始めるあたり。 ドリンクメニューも豊富なのが嬉しいドリンクの大半が3ユーロ台という良心的なところも?お店の中をぐるりと見渡せば、楽しげなブランコのテーブル席があったり、私が座っていたテーブルの横はこんな感じに……階段がぶ [続きを読む]
  • 痛みと共にフランス生活!
  • こんにちは!なかなか持病との付き合いに疲れてて更新できませんでした食レポ楽しみにしてくださっている方、すみませんお詫びと言ってはなんですが…マルシェからロティの香りをお届け美食の街リヨンに住んで、毎日どこのマルシェで何を仕入れるか…新たな食材をいかに調理するか…新たな調理器具を仕入れていかに使いこなすか…そんなことばっかり考えて生活しているので、ブログもいつの間にやら食レポ関連が多くなってしまうの [続きを読む]
  • これはちょっと…美食の街で戸惑った皿たち!
  • こんにちは! 美食の街、サンセバスチャンとはいえ、 正直、あれ?という一品もあります 中には、 すごくオススメです!とネットに書かれていても「あれれれれ…?」というものも(サイトは英・和両方) 要は、口に合うか合わないかの問題なのですが、一応美食の街リヨンから来た身として、これはあまり頼まない方がいいのでは…?という品を備忘録として書いておきたいと思いますさて、、 最初は、もちろん美味しいけれど、コスパ [続きを読む]
  • サンセバスチャンおすすめバルまとめ②
  • Hola! ってもうリヨンに帰って来ているのですが、 寒波到来で縮こまってます??只今昼なのに−3度。 サンセバスチャン、ここに比べたらずっと暖かかった…?? と、いうことで旅の余韻に浸りながらおすすめバルまとめ②です! GANDARIAS味:????????雰囲気:??????????コスパ:????????こちらはお肉料理で有名なバルの1つ。オフシーズンにもかかわらず、お昼から店内は人でいっぱい!さて、ここで頼 [続きを読む]
  • サンセバスチャンおすすめバルまとめ①
  • こんにちは! 昨晩、サンセバスチャン食い倒れ旅から帰って来ました さて、この4日間、何を食べて来たのか… 以前から、ブログを読んでいると体重大丈夫なのか?と友人に心配されてしまうこの自分。 そんな私が美食の街サンセバスチャンで食べて来たものを一挙に公開します! ↓ ↓ いかがでしたか…? 目がチカチカしますね 実は、ここに載せたものの中で、本当に気に入ったものに関してはリピートしたので、写真以上に食べ [続きを読む]
  • 異国で突っ込みたくなること
  • こんにちは!初日は全く読めない天気のサンセバスチャンでしたが…晴れました〜〜??暖かい日差しが気持ちいい〜?ですが、気温は8度、海風が冷たいコンチャ湾…それでも、こちらの方の体感温度はバグってるのか…海パン姿で海水浴??その強靭な体、分けてほしいですさて、美食の街サンセバスチャン?異国を訪れた際の楽しみの1つに、地元のスーパー見学がありますよね海鮮物が美味しいサンセバスチャンの魚売り場はさすが!! [続きを読む]
  • 美食の街から美食の街へ!
  • こんにちは!前記事、電気とお湯なし生活への温かいコメントありがとうございます?心が温まりました??そのお湯の出ない家を留守にして、昨日の朝、リヨンを飛び立ち、雨が激しく降るフランスのバスク地方へ。飛行時間は、1時間15分!でも、実は、ここが最終目的地ではなく…オフシーズンで閑散としたビアリッツ空港のバスターミナルから、バスに乗って40分…スペインの美食の街、サンセバスチャンに到着?????私は、スペイ [続きを読む]
  • ヘルプ!電気の次はお湯が出ない?!
  • こんにちは! お洒落な1枚からスタート??ではなく リアル蝋燭生活の様子です… 実は、4日前の晩、寝ている間に電気がショートしたらしく、翌朝、家の中は停電 特にいつもと何ら変わらず、新しい電化製品も使ってなかったのに何故…?! アパートの他の部屋は大丈夫らしく、我が家だけ。 オール電化なので、もちろん、料理さえ出来ません… 寒いのにヒーターさえ付けられません 家なのに虚しくダウン着用 仕方なく、玄関先に付い [続きを読む]
  • 花粉食べてます!
  • こんにちは! 鼻がむずむず、目は痒い、 そんな季節がやって来ますね…もうやって来ているという方もいらっしゃるかもしれません。 私も花粉症は、病気になってから更に深刻化 2年前、花粉の時期に日本へ帰ったら花粉症悪化しすぎで点滴打ちました… ヨーロッパでも勿論、様々な種類の花粉が飛びます?????? 私もどれに反応しているのかイマイチ分からないのですが、去年はパリで目は真っ赤、ティッシュ箱とお友達状態でした [続きを読む]
  • 日本では出来なかった贅沢な使い方!
  • こんにちは! 今日はバレンタインデー?? 実は、朝のマルシェで情熱的で… 甘い出会いが… ??大きなイチゴを2キロGET しかも、これいくらだと思います?1箱4ユーロのところ、3ユーロにまけて頂いてラッキー! 2箱6ユーロ!!! 780円くらいです? ただ、日本のイチゴのように甘くはないので、数粒食べてあとは例のごとくコンフィチュールに! 大きめカットでゴロゴロ果実感のコンフィチュールが好きなので今回も大きめです [続きを読む]
  • フランスに来てよく食べるようになった魚!
  • こんにちは! イギリスで暮らしていた時、食べ物で特に恋しくなったもの…それは新鮮なお魚でした。 実際、イギリスの大手スーパーの魚の鮮度については、ニュースの記事になるほどあまり良いと言えるものではありませんでした…?? もちろん、鮮度が良いお魚屋さんで買えば良いものも手に入りましたが、 ただでさえ物価が高いロンドンで 日本の新鮮な魚の味を知っていたら コスパを考えると気軽には買えませんでした… では、今 [続きを読む]
  • 素朴すぎる?フランス菓子レシピ大公開!
  • こんにちは! 今日のお話は… フランスのお菓子シューケット???? 日本でも専門店があるほど人気(?)なお菓子です。 けれど、意外とフランスでも素朴で身近すぎるからかあまり知られていないその歴史… プラス、作り方も含めてコラムにしたところ、 michillに掲載して頂きました? ??→フランス人が大好きなお菓子「シューケット」 が、しかし! シュー生地の歴史のところで使って頂きたかった全然違うお菓子、ポペリーニ [続きを読む]
  • 幸運のフクロウの衝撃の事実…
  • こんにちは! ブルゴーニュ地方、ディジョンの街探検の続きです。 ディジョンは、こじんまりとしているものの建物や街のつくりはとても美しく、絵になるところばかり? パリやリヨンであちこちに落ちている犬の○○もここディジョンでは目に付きませんでした??←ここ重要そんなディジョンの街の観光案内をしてくれるのが、 足元から強烈な視線を送ってくる…フクロウ!! 上の写真のように番号が書かれたパネルのところには、歴 [続きを読む]
  • 風邪予防に!冬のフランス菓子!
  • こんにちは! あまり持病の調子がよくないので更新遅れましたが、今日は気分明るく書いてゆきますね! さて、突然ですが、 こちらの食べ物、何かご存知ですか?上の写真は、ストラスブールにて。 下の写真は、ディジョンにて。めっちゃ名前書いてありますね… パンデピス? フランスでは、クリスマス時期から沢山売り出されるスパイスがたっぷりと効いたパン、というかパウンドケーキ! クリスマスマーケットで購入されたことがあ [続きを読む]
  • 読者さまからフランスに届いたプレゼント!
  • こんにちは! アメブロに引っ越して早9ヶ月…以前のブログからの仲良し読者さまをはじめ、アメブロでも多くの素敵なブロガーの方々、読者さまに出会え、 いつの間にかブログというものが備忘録を通り越した自分の中のとても大きなアイデンティティとなってきています 実際にはお会いしたことがなくとも、お会いしたことのあるような感覚で、読者さまとメッセージのやりとりをすることも増えました。 これが時として孤独を感じる海 [続きを読む]
  • 日本ではまず見られない光景…
  • こんにちは。 日本でもニュースになっているのでご存知の方も多いかと思います、セーヌ川の増水。 でも、首都パリだけでなく、実は、ここリヨンでも川の水があらぬところまで浸かりチャプチャプしていました… 普段のお散歩コースも見事に浸水そんな増水した川には近づかないようにというのが、災害の多い日本では当たり前のような考えではありますが… 所変わればこうも変わる?! という様子をご紹介したいと思います? ①侵入禁 [続きを読む]
  • 衝撃的なフランスの適当さ…戸惑う2018年…
  • こんにちは。 フランスに来てからというもの、驚くことは多々ありましたが、久々に大笑いさせて頂く出来事がありました。 フランスの新年を祝うお菓子、ガレット・デ・ロワ。今月に入って、リヨンの美味しいガレット・デ・ロワのお店や、間違いないレシピなど、記事にしてきたのでもう書くことはないだろうと思っていたのですが…☆→ガレットデロワで三つ星レストランが当たる?!☆→間違いないレシピ大公開! これは書いておか [続きを読む]
  • 巨匠ポール・ボキューズの葬儀より
  • 昨日、1月26日。 朝から大雨のリヨン。 向かった先は、旧市街にあるCathédrale Saint-Jean(サンジャン教会)1月20日の朝、ご逝去されたフランス料理界の巨匠ポール・ボキューズ氏の葬儀Obsèquesが執り行われました。本来は、国葬が執り行われるはずだった偉人ですが、 ご子息であり、アメリカのディズニーワールドにレストランを持つジェローム・ボキューズ氏Jérôme Bocuseからフランス政府に電話があり、 「本人は簡素にして [続きを読む]
  • 生だと毒?な食材入りマスタード
  • こんにちは!ブルゴーニュ地方の都市、ディジョンといえば…マスタード!日本でもお馴染みのMAILLE(マイユ)の本店にやって来ました。マイユの歴史はなんと270年!その昔、ペストの大流行の際に、アントワーヌ・マイユ氏がペストの予防薬として効果を発揮したヴィネガーを発明したのが始まり。ヴィネガー?お酢だけど?!って思われるかもしれませんが、このヴィネガーがマスタードを作る上で大変重要な材料の一つなのです。そし [続きを読む]
  • マスタードの街で食探検!
  • こんにちは! 美味しいワインのブルゴーニュ地方で、今回私たちが滞在したのは、 Dijon ディジョンマスタードのディジョンです 私の住んでいるリヨンは、ポール・ボキューズをはじめとする美食で有名な街ですが、 ここディジョンも負けず劣らずの美食の街!例のワイナリーツアーでテイスティングしまくった翌朝…?? ディジョンの中心に位置する、Les Halles centrales de Dijonに行ってきました。ここは屋根付きの屋内市場なので [続きを読む]
  • まずは産地へ行くべし!
  • こんにちは! 実は、リヨンを離れ、とある場所へと行っておりました そう!!ロンドン! … ではなく、 これはブルゴーニュ地方ディジョンにあるテレフォンボックス???? ブルゴーニュ地方と言えば、ロマネコンティをはじめ、素晴らしい奇跡とも言えるワインを数多く生み出し続けている場所! このテレフォンボックスで待ち合わせし、楽しみにしていたワイナリーツアーに参加してきました〜?? しかーし!! ブルゴーニュのお [続きを読む]
  • ありがとう、ポール・ボキューズ
  • 冷たい雨のリヨンより、 とても悲しいお知らせです。 今朝、フランス料理界の父ポール・ボキューズ氏がお亡くなりになりました。 享年91歳。 元旦に訪れたばかりのRestaurant Paul Bocuse…ご高齢になられてからは、厨房に立たれる事はなかったとは言うものの、フランスはもちろん、世界中の食の世界に多大なる影響を与え続けてきたポール・ボキューズ氏。 その功績は計り知れません。何年間もパーキンソン病と闘っていらしたそう [続きを読む]
  • 母が買ったシュールな土産
  • こんにちは! フランスに旅行で来たら、 皆さん何をお土産にしますか????? ご家族に…お友達に…? 可愛いものが溢れるフランスで、出来ればそこでしかゲット出来ない物を喜んでもらいたいですよね! 先月クリスマスホリデーの時期、リヨンに来ていた私の母。 毎度『こんなんあった?!』というような面白いものを見つけて来るのですが、 今回のお土産がこちら??♀?おおぉ〜〜 リヨンを代表する物語、 『星の王子さま』が [続きを読む]
  • 間違いないガレット・デ・ロワのレシピ大公開!
  • こんにちは! フランスにいてもいなくても???? 1月中は食べたくなるガレット・デ・ロワ! ガレット・デ・ロワで祝う『公現祭』については以前の記事を→??こちら パリはもちろん、リヨンの街角のパン屋さん・パティスリーではそれぞれオリジナルのガレット・デ・ロワが並んでいますが、 我が家、2018年二つ目のガレットは手作りにしてみました!レシピは、以前からご紹介している知人の美人パティシエ、Anne-Sophieのもの? [続きを読む]