みみの日 さん プロフィール

  •  
みみの日さん: みみよりな感じ
ハンドル名みみの日 さん
ブログタイトルみみよりな感じ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mimiyorinakanji/
サイト紹介文読売ジャイアンツ、日々の出来事、プロ野球ファンのみみの日が綴るブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2017/04/28 03:08

みみの日 さんのブログ記事

  • 投手陣の大罪
  • 東京ヤクルトスワローズが強いのか巨人が弱いのか。首位広島東洋カープで、2位ヤクルト。巨人は4位に落ちてしまった。とにかく主力先発投手陣が悪い。菅野智之が連敗でノックアウト。田口麗斗も全然ダメ。今日の野上亮磨に試合を作ってもらいたいものだ。なぜダメなのか、その事を考えてみると…打者と投手がかみ合っていないこともあるし。コースを狙いすぎているのか、四球も多い。野球はとにかく先頭バッターを出したらダメ。基 [続きを読む]
  • シーズンは始まったばかり
  • 8安打1点じゃあ勝ち目はないよね。オープン戦のモヤモヤを晴らすかのような、阪神タイガース。13安打5得点。福留孝介の技ありの1本も効いたけれども、大山悠輔のツーランで菅野はノックアウト状態。今日は、球が浮いていた感じ。すっぽ抜けまではいかなかったが、福留にも大山も甘く入った球を打ち返された。ルーキー田中俊太と大城卓三にヒットが出たのが今日の収穫。吉川尚輝も、良い感じのセカンドライナーがあっただけに、惜し [続きを読む]
  • なんと巨人が首位
  • 昨日で終えたオープン戦。他チームを圧倒する勢いで巨人が首位。10勝に届かない11球団の中で、唯一の二桁、11勝。打率は2割2分3厘と低迷の中、得点と防御率でいすれも2位。どうなってるのと思いきや、得点圏でのタイムリーが多かった印象。確かに、ゲレーロを中心とした本塁打も目につくのだけれども…昨日の試合も、岡本和真と長野久義がタイムリー。特に岡本は、センター中心のバッティングが目立ち始め良い傾向。これが開幕とな [続きを読む]
  • 現時点で2位の巨人
  • オープン戦の状態は確かなのか?今日時点で、広島東洋カープ、福岡ソフトバンクホークス、阪神タイガースが下位にいる。横浜DeNAベイスターズが1位で巨人が2位。まあ、シーズン始まったらわからないけれども。とりあえず、ソフトバンクに3連勝したのは良かったねえ。ただし、安心できない。ゲレーロも、わからないタイプだし、岡本和真もまだ警戒されていない中での一発。そして、マギー、坂本勇人の不調。ちょっとやばいんじゃな [続きを読む]
  • 上原浩治獲得について
  • 新たな戦力として、上原浩治が加わった。巨人ファンとしては、喜ぶのが当然かもしれないが、若手育成のはずが…いわゆる、7回の男がいなかったのは事実だ。澤村拓一の肩の具合がまだわからない中、入団した。計算できる投手としての入団だと思うのだけれども、いかんせん年齢が上過ぎる。これでは、村田修一を辞めさせた理由もよくわからない。チームの方針としての若返りとは、いったい何だったのか。謎だ。ようやく村田は独立リ [続きを読む]
  • 羽生が勝って羽生が負け
  • タイトル通りですが、羽生結弦の演技、素晴らしかったですね。羽生善治永世七冠負けてしまいましたね。えっと、ちゃんと「はにゅう」と「はぶ」使い分けて打っていますよ。ネット上でも、ややこしいと問題視されていましたが、事実なのだからしょうがない。それにしても素晴らしいニュースがつづいて、ほくほくしています。藤井聡太が6段になり、最年少記録を出したと思えば…羽生結弦が金、宇野昌磨が銀のダブル表彰台。これまた [続きを読む]
  • 巨人の中堅からベテラン投手陣
  • いよいよキャンプイン。巨人の選手たちも、「奮輝」の旗印のもと、頑張って欲しいです。埼玉西武ライオンズからFA移籍した野上亮磨投手も、3日間連続ブルペン入りと、気合いを見せています。ベテラン組はどうかというと。内海哲也、大竹寛などが2軍スタート。内海は特に復活が期待されるだけに、生え抜きとして頑張らなければいけません。新人以来14年ぶりの2軍スタートな訳ですが、大口は控えておいて、実績が必要です。本人も、 [続きを読む]
  • 鍬原投手、コンディション不良で別メニュー
  • 鍬原拓也投手が、上半身のコンディション不良で別メニュー。昨年は吉川尚輝がやはりコンディション不良で出場機会を大幅に減らした。いったいどれぐらいの文句を言えば良いのかわからないが、ドラフトで獲得するのだからもうちょっと慎重に選手を選ばなければならないと思う。鍬原はドラフト外れ外れの1位獲得だから、調査が進んでいなかった可能性もある。これが現状。畠世周もドラフト後に手術に臨んでいるが、これは球団が認め [続きを読む]
  • 星野仙一氏、逝く
  • 星野仙一氏が亡くなった。往年の巨人ファンならば知っていると思うが、対巨人戦では熱かった男だ。すい臓がんということだが、大変な苦労だったっと思う。昨年10月末のドラフト会議では、足がおぼつかなかったとある記者は載せていた。12月24日のクリスマスイヴにも言葉を交わしたという。そんな星野氏だけれども、現役時代の闘志とは裏腹に、「さん」付けしている人がいたという。巨人の終身名誉監督、長嶋茂雄さんと、本塁打王、 [続きを読む]
  • ラミレス監督の目標80勝を追い越せ
  • 横浜DeNAベイスターズ、ラミレス監督が、80勝目指していると述べた。Aクラスから、優勝ラインへの目標だと言うことだ。左腕王国を築き上げつつあるDeNAだが、到達できる可能性はある。投手陣は安定しつつあり、打撃陣も新旧問わずに頑張ってきている。とりあえずは注目しておくとしておいて…巨人はどうだろう。まだ若手とベテランがかみ合っていないこともある。投手陣も、マイコラスが抜けて手薄になってきたことも事実だ。菅野 [続きを読む]
  • キーポイントは首脳陣にあらず選手たち
  • 昨日、亀井義行が契約更改し、巨人の全選手が更改を終了した。こういうベテランは、大事にしていきたい。打率こそ平凡なものの、得点圏打率と出塁率は3割以上をマーク。立派に役目は果たせたと思う。ただ、右投手のインコース低めのスライダーに弱い感じがするので、そこを克服していきたい。偉そうなことを書いているが、プロの選手って大変だと思う。特に、巨人、阪神タイガースあたりは、新聞会社がこぞってとりあげるので、精 [続きを読む]
  • そんなに外国人が必要なのか
  • なんだかよくわからないが、中日ドラゴンズからゲレーロを獲得。そんなに一発が欲しいのか。若手の育成ではなかったのか?村田修一を自由契約にし、ベテランの勝てない投手たちがたくさんいる。まったくもって、今の巨人は(-.-#)村田もかわいそうだ。現時点で他チームからのオファーが来ない。球団側が言っていた、出場機会に恵まれるように…出場どころか、引退の危機にさらしてしまった。もう一度巨人のユニフォームを着て、とは [続きを読む]
  • 競馬に明け暮れている場合ではない
  • さて、今回は、大好きな競馬と野球の話題をミックスしてみたいと思う。昨今は、若手を育てるプロ野球が主流となっている。まあ、育てる前に、育て甲斐のある選手を見つけなければならないのだけれどもね。その、育て甲斐のある選手を見抜く能力があるのではないか。と。個人的に思っているのがこの人。超有名馬主になってしまった、佐々木主浩だ。コーチ実績はないのだけれども、馬を見る目には実績がある。実際、本人が最終判断を [続きを読む]
  • 大事な大事な先発陣2018
  • さて、来年の巨人だが、優勝の望みはあるのだろうか。ぼくは、せめてクライマックスシリーズでも、という感が否めない。今回は先発投手陣から考えてみた。先発の柱、マイコラスが抜け、代わりに埼玉西武ライオンズから野上亮磨。ホームランを打たれるタイプなので、狭い東京ドームではどうなるのか。まあ、大きく勝ち星を挙げるタイプでもないので、ぼちぼち3、4勝上積みしてくれれば良い。他の投手陣。菅野智之は大いに期待できる [続きを読む]
  • メジャーに挑戦する男たち
  • いよいよ今年も日本人のメジャー挑戦が目立ってきた。涌井秀章、牧田和久、平野佳寿、大谷翔平。さて、どの選手が日本では規格外で、メジャー向きなのか。はっきりいって、涌井、平野のコントロール、無理ではないか。かといって、平野の速球、フォークは魅力的でもある。涌井はというと、コントロールはなかなかあるものの、全盛期の勢いは感じられない。せいぜい、リリーフか、先発5、6番手といったところではないだろうか。その [続きを読む]
  • 契約更改と外国人と若手など
  • 巨人の内海哲也が、1億円ダウンの、1億円(推定)で契約更改。テレビカメラが近づくとすぐに寄ってくる、そんなキャラは憎めないのですが、どうでしょう。もう、一度花を咲かせたい球団側と、本人の意思はわかるのだけれども。埼玉西武ライオンズからは、FAで30歳、野上亮磨投手を獲得。そうでしょう。投手陣の整備、不可欠なのではないでしょうか。そんな中で、鹿取義隆GMは杉内俊哉との契約をも発言。今期、菅野智之、マイコラス [続きを読む]
  • 背番号で選手は変わるのか
  • 25番という背番号。ある記事では、重いと書かれていたが、どうだろう。筒香嘉智がつけ、バリー・ボンズがつけ…そして巨人では村田修一から岡本和真に受け継がれる。岡本は、プレイでもぎ取った背番号ではないので自動受け取り。まあ、25が大きな意味を持つのかどうかといえ、岡本には活躍してもらわなければ困る状況になってしまった。満身創痍の阿部慎之助しか大砲がいなくなってしまったからね。ぼくは村田にいて欲しかった。と [続きを読む]
  • 清宮幸太郎は要らなかったと思う
  • 巨人のドラフトは失敗だったのか?育成ドラフトを含めて、捕手、野手中心に獲得し、投手は少なめだった。今までいた捕手を、育成途中で自由契約にして、新たにドラフトで獲得。なんだかやっていることがあやふやだ。そんなに慌てて捕手をたくさん獲得しなくても、小林誠司がいるではないか。宇佐美真吾は、バッティングは良くても、守備とリード面が不安なのはわかる。ただ、小林にハッパをかける目的にしろ、捕手、多すぎ。だいた [続きを読む]
  • 草野球だったら中止だったかも
  • 昨年のシーズン終わってから、1年間、応援していたのだけれども。巨人。今年は、最終戦に近づくにつれて、やる気がなくなってきたというのか、モチベーションが下がってきたというのか。観る側が嫌になってしまうくらいに↓↓ムード。鹿取義隆GM就任で、一旦は強さを見せ始めたと思ったのに、がっかり。プロ野球、もう観る試合がないのかと思いきや、見所満載になっちゃいましたね。まずは東北楽天ゴールデンイーグルス。初戦は埼 [続きを読む]
  • まさか、まさかの自由契約
  • 巨人、なにしてるのかわからない。ベテラン、村田修一が戦力外通告。今シーズン、前半戦はマギーの台頭で出番が少なかったものの、後半戦では配置転換からサードのポジションに定着。規定打席には達しなかったものの、勝負強さを見せる場面が多くあった。それを…過酷というよりも、非情である。というか、右の強打者をみすみす捨てるのである。まいった。現横浜DeNAベイスターズのロペスを使い切れなかったり、現北海道日本ハムフ [続きを読む]
  • 2軍でも広島に弱かった
  • 先日のファーム日本一を決める試合で、巨人と広島東洋カープが対戦。根本的に巨人は広島に弱いのか、2対5で敗北。先発の今村は、6回2安打無失点と、まずまずのゲームを作るが、高木勇人と森福で試合をダメにしてしまった。後続は篠原。広島で知っている選手は戸田、堂林、メヒア、小窪、下水流ぐらい。巨人は…立岡、吉川尚輝、山本、岡本、宇佐美、堂上、柿澤、辻、スターティングオーダー。松本と藤村が途中出場。藤村も戦力外通 [続きを読む]
  • 若手を育成、多分多くのファンが望んでいる
  • ストーブリーグが熱い。ストーブなんだから当然だなんて言わずに読んでください。巨人は、マイコラスかマシソンがメジャー行きの場合、外国人を獲得するらしい。その候補が…中日ドラゴンズのゲレーロ。東京ヤクルトスワローズのバレンティン。というのが、スポーツ紙のもっぱらの噂だ。真偽は別として、いい加減、外国人に頼るのはよして欲しい。若手がいるのだから。とはいえ、巨人は伝統のチーム。負けてはいけない、というのが [続きを読む]
  • 日本生命のCMにも出るほどだったのに
  • やはり今日も去る者の話。育成の星、松本哲也が引退を発表した。33歳、若かりし頃の栄光とは裏腹の近年の有様。テレビで2軍の試合を観ていても、その守備力は衰えていないように見える。しかし、打力は年々落ちていった。いわゆる天秤打法で活躍した松本ではあったけれども、終焉を迎えてしまった。168cmと小柄ながら、ダイナミックな守備は、ファンを魅了した。ダイビングやスライディングキャッチは、歴代の巨人の外野手の中でも [続きを読む]
  • 若くして去る者
  • 今年の、戦力外選手を拝見して思ったことがある。若くして辞めさせられた選手は、どういったものかと言うことだ。巨人は、現在選手登録いっぱいで、来年の補強の為には20人近く戦力外になるのではないか、という報道もなされている。江柄子裕樹投手、30歳にはなるが、完全に巨人の育て方の失敗例。2012年プロ入り後、パッとした活躍は見せなかったものの、プロ1勝。高速ストレートに多彩な変化球が売りだったものの、勝負強さに欠 [続きを読む]