春子 さん プロフィール

  •  
春子さん: すべてがユルい春子の日記
ハンドル名春子 さん
ブログタイトルすべてがユルい春子の日記
ブログURLhttps://yuruharu.com/
サイト紹介文56才おひとりさまの雑炊ブログ。13年間の引きこもりから脱出して、いまはパートでユルく働いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2017/04/28 14:13

春子 さんのブログ記事

  • 今日でこの会社ともさようなら
  • 引継ぎのことを思うと昨日からイヤでイヤで、寝る前にひとりでダダをこねているうちに、またYouTubeに逃避しちまって寝たのが深夜1時。今日はいろいろあるので6時にムリヤリ起きる。今日一日シンボウすれば解放されるというのに、会社へ行く道々でも、後任のひとに会うのが気が重いとか、説明がウマくできそうにないとか、いろんなひとにあいさつするのが超メンドーとかすっごくイヤだった。ところが、後任のひとに会ったらコロッ [続きを読む]
  • 物欲炸裂
  • 昨夜寝たのは深夜3時。ああ、またやっちまった。歌の刺激が多すぎて、やにわにシューベルトばっかしYouTubeやCDで聴きまくっていた。で、起きたのは10時。なんか落ち着かなくてそこそこの睡眠。がんばって洗濯だけしたら眠気を催してきたが、ココで寝るとまた生活リズムがくずれる。そうだ、うどんで目を覚まそう! クルマで丸亀へ行って肉うどんをむさぼり食ったらやっぱりシャキンとした。ついでに、そこから15キロほどのところ [続きを読む]
  • なぜかこーゆー方向に流されつつある
  • 休日なのにめずらしく8時半に起きたのは、午後から知り合いのひとの発表会に行く予定があったからだ。合唱でときどき話をする女性で、たぶん私より7〜8才年上のひと。音楽が好きで、ピアノも声楽も長年続けているらしい。先週合唱練習のあと、そのひとから「次の土曜日に声楽の発表会があるから、よかったら来てね」と言われた。声楽の発表会なんてまったく行ったことがなかったので、興味津々でそのホールへ出向いた。小ぢんまり [続きを読む]
  • 会社を辞められるのがうれしい
  • 昨日に指示された仕事を突貫工事でやっつけた。もう最後だし、一心不乱に鬼のようにゴリゴリ責めて、ときどき息をするのも忘れるぐらい熱中したら、午後2時に出来上がった。見直しなんかするヒマないので、まあもうきっと合っているでしょとフラフラになりながら提出。すると上司は「じゃあ、次はこの処理、至急ね」。え…………??? ソレは推定10時間はかかるシロモノだった。ああ、これはね、べつに上司が悪いんじゃないな。 [続きを読む]
  • すべては私が望んで引き起こしたこと?
  • 必死こいて最後の仕事を仕上げた。午前中に出来上がった。完璧はもうあきらめたので、まあほどほどにした。ああ、しんどかった。そしたら、上司からまたまたメガトン級の新しい仕事を指示された。「今週中に完成させるように」とのこと。……ふと思ったけど、仕事を断ることってできないものかね? 私は断ったことがないけど、いやいや、べつに断ったって本当はかまわないはずだ。まあね、こんなに怒涛のごとく次々と指示されるの [続きを読む]
  • 退職日はいつなんだろう?
  • 上司はいつも忙しい。いや、私も自分の仕事がめちゃくそタイヘンで昨日も没頭していた。そしたら、今日上司は出張でいなくて、気がついたら退職日がいつなのかまだわからない状態だった。いったい何日で辞めるのかわからんちゅうのもめずらしくておもしろい。いや、たぶんXデーは5月21日、来週月曜日だと思うよ。だってその日に後任のひとが来るそうだから。今日の午前中に人事担当者のところへ行ったら「ロッカーが足りないので、 [続きを読む]
  • 「モノを持つ」とは手入れも引き受けること
  • 今年1月5日に、やにわに思い立って加湿機を買った。気化式のやつだから消費電力は少ないが、加湿フィルターとかトレーとかを定期的に掃除しないといけない。前にも同じタイプの加湿機を使っていたけど、ムッチャめんどくさくて使わなくなった。正月明けに買ったやつは、そんなに手入れをしなくてもいいという宣伝だったから買った。でもさ、年末年始はずっと休日出勤するほど超忙しくて、取扱説明書を読むヒマがなかった。だから、 [続きを読む]
  • 会社を辞める日が早まる気配
  • 昨日の寝過ぎがたたって夜に熟睡できず、今朝起きたらアタマがぼわぼわだった。脳ミソがぼわわ〜んとしてすごくダルい。またやっちまったよと思いながら会社へ行き、ぼけ〜っとしながらパソコンを立ち上げる。パソコンさえ起動すれば大丈夫。あとは慣れ親しんだデータをテキトーにいじくる。はあ、間に合うかな?と思いつつ、とにかくいじりまくる。午前中いっぱいはボケていたが、午後にはかなり回復した。ああ!やっぱり会社は「 [続きを読む]
  • 15時間寝た
  • 昨夜寝たのが2時だった。ヘッセ「車輪の下」を読んでいて、とうとうなるようになってしまった悲しい結末にたどりついて、やり切れない思いとともに眠った。目が覚めたら昼12時だった。起き出して適当に昼ごはんを食って、ネットを徘徊していたらまた眠くなった。眠くなると、検索ワードが「眠くてたまらない」とか「やる気が出ない」とか「用事が片付かない」になる。なんでもいいから四六時中検索していたいのだ。「昼寝」を検索 [続きを読む]
  • モヤモヤにまとわりつかれた一日
  • 北海道放浪が楽しみのはずだけど、あまり手放しで喜べない。そのまえに、いまの仕事がとても気になっている。いきなり辞めることだけでも無責任だと感じているし、先週に指示されたデカい仕事を早く仕上げないととあせっている。ああしてこうして、それで果たしてうまく完成するのだろうか?と不安になる。まあね、自然に任せると不安になるのが人間の常らしい。カウンセラー先生いわく「危険を察知するためであって、それは本能で [続きを読む]
  • もう引き返せない
  • 今夜は職場の歓迎会だった。4月の異動で転勤してきたひとたちの歓迎で、私は直接関係ないけど上司に呼ばれたので出席した。宴会は午後6時半からで、今日くらいは3時間ほどちょっとしぶしぶサービス残業をした。まあね、そのくらいはほんとサービスしまっせ。ここの会社もじき5ヵ月になるので、宴席でいっしょのひとともかなりなじみがあった。この会社らしく、みなさん礼儀正しく上司や先輩を立てて、終始なごやかに話をしている。 [続きを読む]
  • 仕事のストレスを正攻法で発散する
  • 出張から帰ったばかりというのに、上司は快活だった。出先の仕事が難航したにもかかわらず、苦にする様子もなくつぎつぎとデスクワークをこなしていく。その合い間に、移動中に読んだ本がすごくおもしろかったと目を輝かす。「久しぶりに夢中になったよ」と上司がその本を差し出すので、いちおう受け取ってぱらぱらページをめくってみると、いやあ、専門書だから私はさっっっぱりわからん。でも、楽しげな様子を見ていて、これは勉 [続きを読む]
  • 自分の限界をきっちり線引きしたい
  • 昨日指示された爆弾仕事があるので、今日はいつもより30分早く出社してすぐに取り掛かった。サービス労働はできるだけしたくないけど、あまり頑なになるのもどうかと思うので、自分にムリのない範囲でやってみる。上司は出張なので、存分に集中してやれるのが快適。繰り返しの作業はかんたんなプログラムを組んでおいて、まあでも、それに40分取られたが、あとはボタンひとつで動くようにする。かなりがんばったが、一日でできる量 [続きを読む]
  • 自分軸の働きかたをめざして
  • いろいろ雑用やらなんやらでバタバタしている。でも、忙しくても歌の練習は続けている。歌ねえ、これまでほとんど歌ったことがないのにこの状態ってのも不思議。いつまで続くか心配だけど、まあしばらくは大丈夫。仕事のほうは、いきなり超デカいデータ作成を命じられた。かなりびっくりしたけど、よくよく思い返したら入社した当時から、この上司はモノスゴい仕事を指示していた。そうなんだ、そういうかたなんだよね。パートのお [続きを読む]
  • うどんに溺れる毎日
  • あらかじめ予想していたが、やっぱり会社に行ったほうがシャンとする。朝早く起きるのはすごくイヤだけど、なんとかウチを出て会社にたどりついて、とにかくパソコンを立ち上げれば自動モードでカタカタ作業をするだけ。いまは、たまたま新規の仕事がなくて、既存データの整理をやっている。もう慣れたのでそんなにむずかしくないし、やっていておもしろいし快適。こんな仕事ばっかりだったらラクでヒマつぶし程度なんだが、いくら [続きを読む]
  • なごり惜しい連休最終日
  • あっという間に終わってしまった連休。やっぱり休日はいいなあとしみじみ思う。でも、会社に行かないとダラケまくるんだよね。今日もふとんから出られたのは11時だ。目が覚めても寝たままキンドルを読みふけるのでこんなに遅くなる。起きてもネットをダラダラダラダラ。あれっ?! ネットといいキンドルといい、文明の利器のおかげでなおいっそう怠惰になっているだけじゃないか! 職業訓練の先生が「これだけ便利になって、そのお [続きを読む]
  • やりたいことがまた降ってきた その2
  • 「自分を責めない」ことを心掛けている。「責めないでホメて」自己肯定感をアップしたい。自分にOKが出せると、他人にもOKが出せる。自分を好きになればなるほど、キラいなひとがいなくなる。なので、12時すぎにようやくフトンから抜け出しても「よしよし、よく休んでいいコだね」、洗濯が午後3時になっても「エラいねえ、洗濯できてすばらしい」。カウンセラー先生がよく言われるが「何があっても、自分が自分の味方でいてあげる [続きを読む]
  • やりたいことがまた降ってきた その1
  • 3ヵ月ほど前から萩尾望都をネチッこく読んでいる。萩尾さんの作品には、ドイツのギムナジウムを舞台にしたものがいくつかあるが、これは萩尾さんがヘルマン・ヘッセを愛読していたからだそうだ。それで、ヘッセがちょっと気になっていた。ちょうど合唱では、先生がふたりともドイツに傾倒していて、ひとりは「ボク、前世はドイツ人だと思います」とのたまうし、もうひとりは「ラテン語もドイツ読みだとうれしいですね」と喜色満面 [続きを読む]
  • そもそも働かないといかんのかね?
  • ハローワークの求人検索は大好きで、やりはじめるととめどなく延々と調べて、ちょっと行きたい会社が見つかると、やれどんな会社かまた検索したり、やれグーグルマップを見たり、評判の口コミを調べたりとキリがない。先日工場の事務を見つけて、じゃあとりあえずソコに履歴書を送ろうかと考えていた。ほかにもいくつか検討したい会社も見つかった。ところが、だ。ある本を読んだのをきっかけに、やりたいことが浮上してきて、そう [続きを読む]
  • 上司のひと言がコタえた
  • 昨日はそうでもなかったのに、今朝は寝起きが悪くて会社に行くのがめんどくさかった。ああ、休みてえ〜 でも行った。行ったら行ったでべつにまあなんとかなる。すると、会社の人事管理部門から電話がかかってきて「退職の書類ができたので取りに来てください」とのこと。上司に断りを入れて取りに行き、説明を聞いて帰ってきた。上司に「ただいま戻りました」と伝えると、上司はポツンとこう言った。「寂しいことだね」なんと答え [続きを読む]
  • ようやく仕事に慣れてきた
  • 三連休のあと、会社へ出勤するのはつらいかな?と思っていたが、案外そうでもなかった。むしろ、そこそこ早起きして出社して、いつものようにカタカタパソコンを叩いているのが快かった。上司の机のうえを見ると、連休中に会社に出てきた跡がうかがえた。連休明けでもあり、いろいろ仕事がたまっていて、上司はかなり忙しそうだった。といっても、私がサポートできるものはあまりなくて、途中一度データ作成を頼まれただけ。「でき [続きを読む]
  • 「大人」にあこがれるけれど
  • 職業訓練でいっしょだったひとに会ってきた。まだ若いひとなんだが、いっしょに学んでいるときからひときわ落ち着いていて勉強熱心で、そして今日ゆっくり話してみるといろいろ教えられることばかりだった。「大人」なんだよねえ。私はいっつも「軸」のハナシをしているけど、その「自分軸」がしっかりあるひと。それでいて控えめで周りに気配りができるひと。彼女と話していて、ああなるほど、大人ってこういう言動ができるんだと [続きを読む]
  • 「欲」に流されずに自分を大切にする
  • 自己肯定感の低さゆえに、また自爆(いまの勤め先を辞めること)してしまった。心理学では「すべての問題は自作自演」だというので、では今回どうして辞めることになったのか?というと、これは「あんた、自分の価値を認めてないでしょ? ホレ、それに気づいてほしいんで『潜在意識』が細工して、だから退職という問題が起きたんだべ」ということになる。確かに、いまの仕事は責任が重すぎてストレスを感じていたのに、自分ではその [続きを読む]
  • 相変わらず楽しい合唱
  • 仕事のほうは、慣れてきたし年度初めのピークも過ぎたし、やることはあっても5月に回せばいいし、なのでゴールデンウィークは暦のとおり休む。連休初日の今日は、やっぱり寝坊した。一度9時に目が覚めたが、寝直したら12時半になってしまった。起きてぶらぶらして、遅い昼食を取って、またぶらぶらしていたら夕方4時になってしまい、それから合唱の予習をやっとはじめる。ホント、遅すぎるのはわかっているけど直前にしかやる気が [続きを読む]
  • 久しぶりのハローワーク
  • 昨日今日と上司は出張。いつも出張の合い間に、上司が電話をかけてきて会社の様子を尋ねてくる。今日もかかってきたが、どうやら出張先での仕事が好調らしく、気分がすぐに表れるかたなので電話の声がちょっとはずんでいる。私が「とくに何もありません」と答えると、「そう、じゃ、データ見直しどんどん進めてね。でも、定時で帰ってくれたらいいから」と言う。あれれ、そんなに気を使わなくても残業はしないつもりだったよ。電話 [続きを読む]