春子 さん プロフィール

  •  
春子さん: すべてがユルい春子の日記
ハンドル名春子 さん
ブログタイトルすべてがユルい春子の日記
ブログURLhttps://yuruharu.com/
サイト紹介文55才おひとりさまの雑炊ブログ。13年間の引きこもりから脱出して、いまはパートでユルく働いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供281回 / 297日(平均6.6回/週) - 参加 2017/04/28 14:13

春子 さんのブログ記事

  • 「愛の定義」、そこまでたどりつけるのか?
  • カウンセラー先生のブログで、「愛するとは? 信じるとは?」について書かれていたが、そのあまりに高いレベルにひるんでしまった。その意味は、相手のことを丸ごと受け入れ、そして、そのあらゆる行動を支持してあげること。彼があなたを傷つける行動を選択したとしても、それが彼の選んだことだから、と受け入れてあげられること。先生のブログは、読者さんからの相談に答えるというQ&A形式で書かれており、今回は、独身女性から [続きを読む]
  • なにかの「プロ」になりたかったけど
  • 若いころになにも考えていなかったので、とうとう「プロ」になれなかった。どんな分野でもいいのだが、なにかの「プロ」になりたかったんだけどね。プロにあこがれていたけれど、結局なんにもなれなかったよ。なにかのプロになるためには、コツコツ努力し続けて、そうだな、少なくとも10年以上はそれをやり続けることだろうか。ああ、そういうモノはまったくないな。いまの職場は、ふつうの会社とはちょっとちがっていて、大半のひ [続きを読む]
  • 「13才の私」を助けたい
  • 私は、いわゆる「母子癒着」がひどくて、親離れがまだもうちょいできていない。けれども、数年前からあるカウンセラー先生のお世話になっており、とくに去年はセミナーをガンガン受けまくって、そのおかげでちょっとずつ自立しかかっている。カウンセリングを受ける前は、精神年齢が10才ぐらいの感覚だった。実際には52才だったけど、なんかね、自分がオトナだという気もちがずーっと湧かなかった。だもんで、仕事をしていても奇妙 [続きを読む]
  • エクセルぱたぱた
  • 上司は出張。私は今日もヒマ。毎日、こ、こんなにヒマでエエんやろか?とビクビクしながら、エクセルVBAをちまちま作る。いやあ、上司がいないと私に話しかけるひとはだれひとりいなくて、べつに好き勝手にどんな仕事をしてもいいわけだ。こないな職場があるとはね。でも、あまりのんびりしていると先でエラいことになる。もうすでにデータは相当収集されているので、そのうちきっと「解析」に入る。「解析」ってなんだ?! それが [続きを読む]
  • 憧れと現実
  • 三連休のあいだ、引きこもりライフがあまりに楽しくて、昨夜は早くも会社に行きたくねえ〜と思っていたが、今朝いつものように5時45分の目覚ましで起きると、意外にも爽快な目覚めで行く気になった。なにせ三日間よく寝ていたから動きたくもなる。会社では、お昼前後にちょっとバタバタしたけれど、それ以外の時間は相変わらずのんびりマイペース。ホント、こんなんでエエんか?っちゅうほどユル〜い仕事ばっかし。ま、やらないと [続きを読む]
  • 少しずつ「本来の自分」を生きられるようになってきた
  • カウンセラー先生は、「問題」が起こると、とにかく「好きなことをしましょう」というアドバイスをする。最終的な目標は「自己肯定感を上げて、自分軸で生きられること」なんだけど、どうしたらそうなれるか?という方法のひとつとしては、好きなことを自分に許可してどんどんやっていくことだ。なので、ダンナから離婚を切り出されようが、仕事がうまくいかなかろうが、子どもが学校に行かなかろうが、「まずは好きなことをやりま [続きを読む]
  • ささやかな喜び
  • 年々寒がりになりつつある。もともと寒さに弱いほうだったが、トシとともにますますヒドくなってきた。いまでは、一晩中電気毛布を付けていないと寒くて寝られない。でも、先日ネットで見つけた情報だが、羽毛フトンの上にアクリル毛布をかけると温かくなるらしい。これを試してみたら、非常に保温性が高く、電気毛布もいちばん低い「弱」でぐっすり眠れるようになった。天国。休日は9時間以上眠り続ける。このごろは職場での緊張 [続きを読む]
  • 休日も限りがあるからこそ
  • 休日は、それにふさわしく昼すぎに起き出す。エアコンをうんと効かせて、日がな一日「ポーの一族」にどっぷり。ホント、うつくしい絵だねえ。中学生のころはこの良さがわからなかったけど、いまになったらやっと堪能できるようになった。おととしにポーの一族の新作が出たときは、40年ぶりの再開でテレビのニュースにもなっていた。この連載の単行本もキンドルで読んでいるけど、絵柄のちがいは悩ましいところ。以前のも新作もそれ [続きを読む]
  • 休日も限りがあるからこそ
  • 休日は、それにふさわしく昼すぎに起き出す。エアコンをうんと効かせて、日がな一日「ポーの一族」にどっぷり。ホント、うつくしい絵だねえ。中学生のころはこの良さがわからなかったけど、いまになったらやっと堪能できるようになった。おととしにポーの一族の新作が出たときは、40年ぶりの再開でテレビのニュースにもなっていた。この連載の単行本もキンドルで読んでいるけど、絵柄のちがいは悩ましいところ。以前のも新作もそれ [続きを読む]
  • 赤ちゃん言葉でもかまわねえ
  • 少々急ぐ仕事が全部終わったので、今日はヒマ。べつに毎日そんなに忙しいわけではないけど、今日はいちだんとヒマ。ま、やらないといけないことはどっさりあるけど、どれがどのくらい急ぐのかナゾなので、とりあえずヒマ。それで、前々からやりたかったエクセルVBAに取り掛かった。というのも、エクセルでとあるフォームがあるのだが、ソイツが気に入らないので新フォームを作ったんだわさ。で、徐々に旧→新フォームにデータを移 [続きを読む]
  • 居場所があるってしあわせなこと
  • 今日も夕方から定例の勉強会があって、終わると6時すぎだったのでもう帰るつもりだった。上司は、そのあとにまだ別の「勉強会もどき」に出席することになっていたが、私に「こっちはべつに大したことないから出なくていいよ」と言う。なので、さ、帰ろうと思っていたら、同じフロアの女性がやってきて、上司に「おにぎりが出るそうなので、春子さんもいっしょにどうですか?」とわざわざ言ってくれた。このかたとは2回ほどちょびっ [続きを読む]
  • 仕事のおかげで好循環
  • ブログの過去記事をちょっと読み返してみたが、はは、なんだか仕事の日誌みたいになっている。まあね、仕事がおもしろいし気になるし、どうしても仕事中心に生活が回っている。不思議なもので、13年間も引きこもっていたのに、いったん抜け出したら仕事に夢中になっている。このトシで雇ってもらえたというありがたみが身に沁みているから、これまでの人生のうちでいちばんまじめに勤めている感じ。でも、時間にゆとりのある働きか [続きを読む]
  • はじめての〇〇セミナー
  • セミナーは好きだ。基本的になにかを教えてもらうのは好きなので「セミナー」と聞くと首を突っこみたくなる。さて、上司は仕事が大好きで、さらに勉強も大好きである。だから、のべつまくなし勉強会を開いているし、社内で行なわれるめぼしいセミナーも率先して参加されている。入社したその日、上司から「2月には〇〇セミナーがあるからぜひ出席してほしい」と言われていたが、今日がそのセミナーだった。外部から専門の講師を招 [続きを読む]
  • 仕事が楽しくてたまらないひと
  • 昨日朝6時に寝て午後3時起きなんてやらかしたから、今日の午前中はボケボケだった。昼休みのあとにある定例の勉強会では、ずっと寝っぱなし。いかんいかん。「ポーの一族」にすっかりハマッてしまったが、でもなぜか仕事のほうにもミョーなスイッチが入ってしまった。社内のデータベースは、入社して間もないころ、すさまじいほど難解に思えて、あんなモンは1年ぐらいたたないと絶対わからんやろうと思っていたが、今日になってな [続きを読む]
  • オトナになれない自分でもいい
  • 昨夜は萩尾望都のマンガを読みふけっていて、すっかり寝そびれてしまい、フトンに入ったのが今朝6時、起きたのが午後3時だった。読んでいたのは「ポーの一族」。中学生のときに連載されていたんだよね。いまから40年以上も昔だ。いま読んだら作品のよさがすっごくよくわかる。逆に、昔はホントに未熟なコドモだったのでなんにもわかっていなかった。でも、わからないなりにも好きで何度も読んでいたので、当時を思い出してなつかし [続きを読む]
  • 久々に引きこもり
  • 昨夜は寝るのが遅かったし、今日は昼前まで寝てしまった。自分にどんどん甘くなってきたので、一日だらけまくりで過ごす。べつにね、仕事を免罪符にしなくてもいいんだけど、私はまだ「仕事=いいこと」という価値観からのがれられないようだ。ま、それが私だからしかたがない。なので、毎日仕事に行っているからエラいね〜、じゃあ休みの日は寝っぱなしでかまわないよ〜という図式なのだ。ああ、もっと自己肯定感が上がれば、働い [続きを読む]
  • 隣室のひとに誘われてご飯
  • 会社で隣の部屋にいるひとからご飯に誘われた。二十代の若い女性が声をかけてくれたのだ。友だちがひとりもいなかった私なのでかなりドキドキ。え? 私なんかでいいの? 若いひとが喜ぶような会話ができるかな? でも、彼女はいつもさりげなく、新入りの私を気遣ってくれるやさしいひとだ。仕事が終わってから近くで待ち合わせをして、居酒屋のようなところへ行った。いろいろ心配していたが、話し始めたらそんなことは吹き飛んで [続きを読む]
  • 仕事での第一条件
  • 久しぶりにカウンセラー先生のブログをのぞいてみたら、「ライフワーク」についての記事がズラズラと並んでいた。「ライフワーク」といっても、この先生は、仕事だけに限らず「生きかた全体」を含めたもっと大きな範囲で「ライフワーク」と言われている。私は、いまの会社の仕事がとても気に入っているが、仕事の中身は事務の延長みたいなものだし、すべて指示されてやることばかりなので、それほど主体性はなくてよい。ふつうライ [続きを読む]
  • 仲良くしてもらえてうれしい
  • 今日、上司は遠方へ出張。なので、みんな適度にのびのびと仕事している。私ももちろんゆるゆるマイペース、てか、べつに上司がいてもマイペースでしかできないよね。やることはたくさんあって、しかもおもしろいヤツがわんさかあるので楽しくチマチマと。お昼休み、隣室の若い女性が声をかけてくれたのでいっしょに行った。まだ二十代前半のひとなので、私みたいなおばさんは敬遠されているかなあ?と思っていたら、ちっともそうじ [続きを読む]
  • ひとと接することがラクになってきた
  • 去年心理学セミナーをどっさり受け、カウンセラー先生のアドバイスのおかげでずいぶん心に変化が生じてきた。長い間、ひとりでいることが好きでそれに固執してきたが、やっぱりひとの手を借りないと自分を変えることはできなかった。でも、だれかに助けてもらうことのありがたみを覚えると、ああ、こうして「頼る、信頼する」って心地いいなあとよくわかってきて、いまは仕事でも適度に頼れるようになった。いちばん大きな気づきは [続きを読む]
  • 睡眠は大切、ほかのことは知らん
  • いちばん大事にしているのが睡眠時間。もともと9時間ぐらい寝るのがデフォルトなんだが、勤めはじめるとやっぱり7時間前後になってしまった。でも、あるブログで「インフルエンザ予防には、たっぷり睡眠を取って免疫力を高めること」という記事を見かけたので、じゃあやっぱもっと寝ないといけないと思った。インフルエンザ、私はかかったことがない。デジタル日記を検索したら、風邪は2013年2月に引いたのが最後だ。ま、のんびり [続きを読む]
  • 自分に向いている働きかた
  • 去年引きこもりから抜け出そうとして、心理学セミナーにさんざん通ってジタバタして、12月にようやく就職できた。それ以降は、べつになんの問題もなく毎日会社に行って一所懸命仕事を覚えようとしている。できれば長く勤めたいなと考えている。すると、じゃあなぜ13年間も引きこもっていたのかねえ? いや、べつに引きこもりが「悪いこと」ではない。カウンセラー先生が言われるように、引きこもりという生き方が合っているひとは [続きを読む]
  • 自分がゆったりくつろげるように
  • まだ仕事に慣れなくて、ウマくいくかどうか毎日ハラハラしている。コレってけっこうストレスになってるんだろうな。それで、休日は自分が楽しく過ごせるように意識してセッティング?している。やっぱり落ち着かなくてあまりやりたいこともないが、とりあえずデパートに行くことにした。ま、暖かいし買い物できるしレストランもあるし。いつもは、電車で35分ほどかかるデパートに行っていたが、今日はもっと手前にある小さなデパー [続きを読む]
  • まだよくわからない不思議な仕事
  • 「どんな仕事か、日常生活である程度わかる会社」というのは、やっぱりスーパーとかコンビニだろう。自分がしょっちゅう利用するから、そこでどんな仕事をしているか簡単にイメージできる。でも、ふつうの生活で接する機会がない会社は、いったい何をやっているのか皆目わからない。いまの会社に入社して1ヵ月少しが過ぎたけど、ホンマ、この仕事を他人に説明するとしたら難儀なこっちゃ。ずいぶん特殊な仕事だと思う。コレに従事 [続きを読む]
  • 不安で信じられないけれど毎日会社へ行く
  • カウンセリングで「不安」を相談すると、カウンセラー先生の答えは決まっている。「それって現実に起こっていることなの? そうじゃないよね、いまアタマで考えているだけだよね」なんだけど、まだまだ私は不安だ。本当にここの会社に勤めていられるのかどうか不安なのだ。周りのひとがいいひとばかりで、仕事の内容も気に入っており、マイペースでのんびりできるという好条件ばかりがそろっているだけに不安になる。その不安の延 [続きを読む]