目指せエディブルガーデン さん プロフィール

  •  
目指せエディブルガーデンさん: 家庭菜園でつくる癒しの空間
ハンドル名目指せエディブルガーデン さん
ブログタイトル家庭菜園でつくる癒しの空間
ブログURLhttp://kitchengarden01.com/
サイト紹介文3箇所の市民農園とお庭でサラリーマンが効率的に野菜作りするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2017/04/28 21:04

目指せエディブルガーデン さんのブログ記事

  • 家庭菜園でおすすめのちょっと変わったナスの品種紹介|栽培方法
  • 今日は家庭菜園でも栽培できるちょっと変わったナスを紹介します。家庭菜園で栽培する場合は景観もかねてたまには変わったナスを栽培してみるのはいかがでしょうか。見ていても楽しいですし、おすそ分けしても珍しさから喜ばれます。我が家でここ何年かで栽培している品種を紹介します。ホームセンターでは苗を売っていない場合が多いので気に入った品種は種から育てる必要があります。▼種からの栽培方法はこちらをご覧くださいナ [続きを読む]
  • 採れすぎたスイカで簡単スイカジュース|熱中症予防にも
  • 今年は雨が少なかったせいか割れるスイカが少なく豊作となりました。でも小玉スイカは2週間くらいしか持たないので、収穫最盛期には毎日一個食べても追いつかないくらいでした。そんなときはスイカジュースがおすすめです。レシピなんていうほどのものではなく作り方は簡単です。皮以外の赤い実の部分をざく切りしてミキサーにかけるだけです。私はそのまま飲んでしまいますが、種が気になる場合はこしきでこすと種が分離できます [続きを読む]
  • 【家庭菜園】お庭で種無しスイカ初収穫|3XサンバSP
  • 庭で立体栽培中の種無しスイカの様子です。今年初めて栽培した種無しスイカですが、待ちに待った収穫時期になりました。⇒家庭菜園 スイカの立体栽培スイカの付け根の巻きひげが枯れています。収穫時期と考えていいでしょう。収穫時期のスイカをもうひとつ収穫しました。この2つ似ていますが品種が違います。右側の黒皮でややてかっている方が「タヒチ」です。左側の縞が薄っすら見える黒皮のスイカが「3XサンバSP]です。爆弾み [続きを読む]
  • 【鉢栽培】ブドウの巨峰に袋がけ 防虫、防鳥
  • 鉢栽培のブドウの巨峰に、防虫、防鳥対策に果樹用のブドウ袋をかけてみました。雨ざらしで少し実に傷みがでてきているのもあるので、きれいなブドウを選んで袋をかけました。ブドウの袋は自作してもいいですが、専用の袋がブドウ用として売られているので利用するが楽です。 この袋ブドウだけでなく受粉後のトウモロコシに使って、アワノメイガやカラス除けとしても使っているひとがいますね。ブドウ以外の適用は我が家では来年か [続きを読む]
  • スイカ「紅まくら」「黒娘」収穫|収穫時期の見分け方
  • 連日猛暑が続いていますが、待ちに待ったスイカの収穫が始まりました。特に今年の猛暑は尋常ではないくらい長く続いていますので、熱中症や夏バテ対策としてもスイカに期待しています。庭の家庭菜園のスイカエリア。空中棚栽培中です。下のほうに、紅まくらが大きくなっていました。スイカの付け根の巻きひげの先も枯れています。収穫時期です。■市民農園の小玉スイカエリア。黒娘を3株栽培中。簡易的な棚を作っていますがほとん [続きを読む]
  • トウモロコシの収穫時期の見分け方|鳥対策とアワノメイガ対策
  • 夏本番となりトウモロコシもおいしい季節ですね。さて、意外と迷うトウモロコシの収穫時期ですが、収穫時期の見分けはどこで行なえばいいのでしょうか。よく判断基準といわれるのが以下の基準。家庭菜園で収穫時期に迷ったら参考にしてみてください。収穫時期トウモロコシの絹糸の色で判断する。絹糸が白→茶色→黒と変化するので茶色に縮れてきたら収穫時期開花日から判断。開花から20〜25日、ヒゲが茶色に縮れてきたら収穫適期外 [続きを読む]
  • 【立体栽培】プリンスメロンとカボチャの生長|うどん粉病と競争か?
  • 空中栽培しているプリンスメロンですが、やっと1つ目が着果したようです。雌花がなかなか咲かなかったですが、ここにきて少しずつ雌花が咲き始めたので、会社に行く前に人口受粉させています。 同時に下のほうの葉っぱからうどん粉病が広がってきました。プリンスメロンはうどん粉病に弱い印象なので、これからメロンの生長と競争になりそうです。はやく2つ目、3つ目を着果させたいところですね。それからカボチャエリアですが、こ [続きを読む]
  • イタリアナスのフェアリーテイル収穫|ゼブラ模様が美しい
  • 種から栽培しているイタリアナスのフェアリーテイルの収穫がはじまりました。写真のとおり、表皮は紫色のゼブラ模様でとても小さく可愛らしいナスです。サイズは5cmから10cm程度と小ぶりでが、房のように沢山なります。姿がかわいいので近所の人におすそ分けしたら喜ばれました。フェアリーテールのほかに長いナスの「マー坊」も収穫しました。こちらは名前のとおりマーボーナスにも良くあうおいしい品種です。早速夕飯にマー [続きを読む]
  • 【家庭菜園】スイカの立体栽培|種無しスイカ?着果
  • 庭で栽培中のスイカですが、少し着果してきました。毎朝、スイカを眺めるのが楽しみになっています。▼GWに植え付け■品種マダーボール(小玉、ラグビーボール型)3XサンバSP(大玉、種無しスイカ)紅まくら(大玉、まくらのような楕円系のスイカ)タヒチ(大玉、黒いスイカ)▼2ヶ月でここまで大きく!ネットが旺盛に伸び始めたので、ツルをネットにはい回し、棚を作りました。棚はプランター台の棚部分を使っています。棚の上に [続きを読む]
  • 【ブルーベリー】ハイブッシュ系が色づいてきました
  • 今年もブルーベリーの楽しみな時期がやってきました。ハイブッシュブルーベリーがもうすぐ収穫できそうです。色づいてきたのは、チャンドラー、レカとスパルタンです。鳥に食べられないように、防鳥ネットのなかで栽培中です。鳥もブルーベリーに目をつけているようで防鳥ネットのそばまで頻繁に来るようになりました。イレクターパイプを使った防鳥ネットハウスの作り方は下記記事で紹介しています。⇒【家庭菜園向き】ブルーベリ [続きを読む]
  • ジャガイモ「十勝こがね」の収穫
  • 梅雨の合間に晩成タイプのジャガイモの「十勝こがね」を収穫しました。今年はとうや、十勝こがね、ノーザンルビー、シャドークイーンの4品種栽培しましたが、十勝こがねは芽が出るのが遅いタイプなので貯蔵用として栽培しています。マルチ栽培をしましたが、できのほうは大きいジャガイモが沢山できたので良かったほうだと思います。 シシトウが初収穫を迎えました。でもなぜか、辛い実が混じっていました。まだ、肥料切れでも水 [続きを読む]
  • 【家庭菜園】スイカとプリンスメロンの様子
  • 庭で栽培中のスイカとプリンスメロン。スイカの雌花に人工授粉させました。相変わらずウリハムシの猛攻にあっていますが、今のところスイカの生長のほうが勝っている感じです。この後、場所が狭いので上のほうに誘引していきます。プリンスメロンはウリハムシ対策でずっと寒冷紗をかけていましたが、いよいよ窮屈になってきたので、寒冷紗を外しました。このあと空中栽培用のネットに誘引していきます。メロンはウリハムシが好みま [続きを読む]
  • タマネギの収穫|2本植え栽培の収穫量比較
  • タマネギが倒伏したので収穫しました。当面使う分は葉をカットして、貯蔵用は葉を残して乾かしています。今年のタマネギはベト病にもかからず比較的よくできたと思います。品種は「ラッキー」です。昨年に続いて、1本植え(通常栽培)と2本植え栽培で収穫量の比較をしてみました。■2017年の記事⇒2017年のタマネギの2本植え栽培結果雑誌「現代農業」に紹介されていたのですが、タマネギの2本植えにするとが1玉あたりは小さくな [続きを読む]
  • ジャガイモ とうやとノーザンルビーの収穫|マルチ栽培の成績は?
  • 日曜日から台風の影響で梅雨前線が活発になり大雨になりそうです。大雨の前にできる限りジャガイモを収穫しておきました。今年はいくつかの品種を合計5キロ植えましたが、今日収穫したのはとうやとノーザンルビーですです。とうやの収穫とうやは実験的にマルチ栽培区と通常栽培区1列ずつ栽培して収穫量を比較してみました。途中から右側のマルチ栽培区のほうが葉が旺盛に生育しました。5/6の様子今日見たところ枯れ上がっていたの [続きを読む]
  • 【鉢栽培】ビワの収穫|コガネムシの幼虫被害からの復活
  • 鉢栽培しているビワですが、今年も収穫時期になりました。品種は”長崎早生”。鉢栽培に向いている品種らしいです。昨年、コガネムシの幼虫の餌食になり樹が傾いてしまうほどの瀕死の重傷でしたが、たった半年で復活してきました。▼樹は傾いたまま鳥に食べられる前にネットで防御。鳥もちゃんと熟したころに食べにくるので要注意です。株元もコガネムシの幼虫被害防止にネットで防御。色づいたビワを半分程度収穫しました。ちょっ [続きを読む]
  • 自家採種したモロヘイヤ やっと植え付けサイズに
  • GW明けに冷蔵庫に保管している種を整理していたところ、2014年に自家採種して忘れていたモロヘイヤの種がでてきた。ちょうどモロヘイヤの種まきを忘れていたので、だめもとでポットにまいておいた。4年も前の種なのかあまり発芽率はよくなかったが、ちゃんと発芽してきたのには驚いた。冷蔵庫の保管が良かったのかな。3週間かかって、ちょっと小さいがやっと植え付けサイズになったので市民農園に植えつけました。オクラに続いてね [続きを読む]
  • 【家庭菜園】スイカの生長の様子|わらイラズを敷く
  • GWに庭に植えつけたスイカの様子です。つるが伸びてきたので、ネットを四方にはりました。<庭で栽培中の品種>マダーボール(小玉、ラグビーボール型)3XサンバSP(大玉、種無しスイカ)紅まくら(大玉、まくらのような楕円系のスイカ)タヒチ(大玉、黒いスイカ) ■4月29日植え付け■6月4日マルチの間にわらの代わりに「わらイラズ」を敷きました。銀色をしているのでウリハムシ対策にもなります。この敷きわらに代わる、新しい [続きを読む]
  • 黄色ズッキーニの収穫がはじまりました
  • 梅雨前、最高の天気の週末になりました。GWに植えつけて1ヶ月、ズッキーニもみるみるうちに大きくなりました。きれいな黄色いズッキーニの初収穫です。ズッキーニはさっぱりした食感で、豚肉との炒め物や、チーズを載せて焼いてもおいしいです。来週には関東も梅雨になりそうですね。ジャガイモ(とうや)も葉が枯れ始めたものから少しずつ収穫始めています。昨年よりは大きいジャガイモが多くてよかったです。来週あたり一斉に収 [続きを読む]
  • 【オクラの多本仕立て栽培】丸オクラと赤オクラの植え付け
  • 夏のねばねば野菜の代表格のオクラを植えつけました。今年は丸オクラのほかに赤オクラを栽培してみます。赤オクラは近くのホームセンターで売っていなかったのでネットショップで購入しました。オクラは1本で育てるより多本仕立てで育てたほうが収量が多くなるので多本仕立てで育てています。このほうが栽培面積も少なくてすむので、家庭菜園ではおすすめです。⇒オクラの多本仕立て栽培赤オクラは茎の色が赤いので見分けがつきま [続きを読む]
  • 今年も梅酒を仕込みました|簡単! 梅酒のつくり方
  • 今年も梅酒の仕込み時期が来ましたね。ネット注文していた梅酒用の国産青梅が届いたので、毎年恒例になっている梅酒を仕込みました。同時に昨年仕込んだ梅酒が飲み頃になりましたよ。半年経ったころからちょっとずつ味見していますが、1年くらい経ったころがおいしいと感じます。琥珀色になった飲み頃の梅酒。今年もおいしい梅酒ができました。毎晩ちびちびとロックで飲むの楽しみです。特にのどが乾いた日はソーダ割りもおすすめ [続きを読む]
  • 【鉢栽培】巨峰の様子|ネットはりと誘引
  • 巨峰がどんどん枝を伸ばしてきたので、支柱とネットをはって枝を誘引した。 房づくりをしていなかったので花ぶるいしている房があります。この後の作業は摘房、摘粒があります。摘房は粒つきの悪い房を摘み取ることです。また、摘粒は多すぎる果粒を間引くことです。巨峰は1房あたり30-35粒程度にするのがいいとされています。鉢栽培なのでもっと少なくてもいいかもしれません。もったいない作業ですが、成熟させるのに重要な作業 [続きを読む]
  • ジャガイモの試し掘り|新じゃが
  • 今年もぼちぼちジャガイモの収穫時期になりますね。今からスーパーでジャガイモを買うのはなんなので、少し早めですが新じゃがを試し掘りしてみました。写真手前がトウヤ、奥が十勝こがねです。トウヤの一部が黄色くなり始めてきたのでその株を試し掘りしてみた。まだ若干小ぶりだが、新じゃがとしておいしそうです。1週間分ほど収穫しました。下はシャドークイーン。まだ花が咲いているので収穫はまだまだです。6月中旬ころが収穫 [続きを読む]