香菜子先生の言葉の森 さん プロフィール

  •  
香菜子先生の言葉の森さん: 香菜子先生の言葉の森
ハンドル名香菜子先生の言葉の森 さん
ブログタイトル香菜子先生の言葉の森
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/knkknkknk111/
サイト紹介文香菜子先生の言葉の森
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 264日(平均8.4回/週) - 参加 2017/04/29 11:28

香菜子先生の言葉の森 さんのブログ記事

  • 炬燵兵法 こたつびょうほう
  • 炬燵兵法 こたつびょうほう現実性に乏しく実際には役に立たない議論や計画のこと例 権力欲の塊で自信過剰、自分勝手な言動を繰り返している亀山代表を早急に辞任させるために皆で計画を練っていたが、頑固で強情で我利我利亡者とも陰口を叩かれている亀山代表の性格を誰よりも知る香菜子先生にとっては炬燵兵法のように思えた。 [続きを読む]
  • 平家を滅ぼすは平家 へいけをほろぼすはへいけ
  • 平家を滅ぼすは平家 へいけをほろぼすはへいけ自分の犯した言動が原因となって、悪い結果や苦しい状況に置かれること例 自分勝手、傲慢で高飛車な態度で部下たちを振り回し続け、人望がまるで無い森田室長が辞任に追い込まれたことは、香菜子先生にとっては平家を滅ぼすは平家のように思えた。 [続きを読む]
  • 畳の上の陣立て たたみのうえのじんだて
  • 畳の上の陣立て たたみのうえのじんだて現実性に乏しく実際には役に立たない議論や計画のこと例 権力欲の塊で自信過剰、自分勝手な言動を繰り返している亀山代表を早急に辞任させるために皆で計画を練っていたが、頑固で強情で我利我利亡者とも陰口を叩かれている亀山代表の性格を誰よりも知る香菜子先生にとっては畳の上の陣立てのように思えた。 [続きを読む]
  • 自慢高慢馬鹿の内 じまんこうまんばかのうち
  • 自慢高慢馬鹿の内 じまんこうまんばかのうち自分の能力や学歴、経歴を自慢したり、上から目線で偉そうな態度をとる人間は馬鹿と同類であること。例 香菜子先生は、先輩教師の陽子先生が「自分は同僚教師よりも高学歴で指導力も上である」と自信満々に発言をしている姿を見て、自慢高慢馬鹿の内の典型だと思った。 [続きを読む]
  • 顔厚忸怩 がんこうじくじ
  • 顔厚忸怩 がんこうじくじ恥知らずで厚かましい人間でも深く恥じていること。例 香菜子先生の先輩の森井さんは常に自信満々で失敗を続けても全く恥じない厚かましい人間であった。そんな厚顔無恥とも呼べる森井さんだが、炊事洗濯掃除といった家事が何一つ出来ずに幼児のように母親に甘えているということが皆に露見し、顔厚忸怩として落ち込んだ。 [続きを読む]
  • 越権行為 えっけんこうい
  • 越権行為 えっけんこうい権限の範囲を超えた出過ぎた行いのこと。例 香菜子先生は校長先生の承諾を得ずに勝手に取引業者との契約を進めてしまった結果、校長先生からは「自分勝手な越権行為は慎みたまえ」と苦言を呈された。 [続きを読む]
  • 人面獣心 じんめんじゅうしん
  • 人面獣心 じんめんじゅうしん顔は人間だが、心は獣のようで、冷酷で恩義や人情をわきまえず、恥を知らないこと。例 香菜子先生はかつて後輩の和田さんから恩を仇で返すようなひどい仕打ちを受けた。香菜子先生は和田さんのような人面獣心の輩は決して許さないと心に誓った。 [続きを読む]
  • 阿鼻地獄 あびじごく
  • 阿鼻地獄 あびじごく大悪を犯した人間が落ちる地獄。仏教の八大地獄の第八。例 香菜子先生の学生時代の指導教官は「その場限りの嘘でごまかそうとするような虚言癖を持つ人間はいつか阿鼻地獄行きになる」と言うことが口癖であった。 [続きを読む]
  • 絵に描いた餅 えにかいたもち
  • 絵に描いた餅 えにかいたもち現実性に乏しく実際には役に立たない議論や計画のこと例 権力欲の塊で自信過剰、自分勝手な言動を繰り返している亀山代表を早急に辞任させるために皆で計画を練っていたが、頑固で強情で我利我利亡者とも陰口を叩かれている亀山代表の性格を誰よりも知る香菜子先生にとっては絵に描いた餅のように思えた。 [続きを読む]