ウィロー さん プロフィール

  •  
ウィローさん: ウィローの湯煙&食べ物日記
ハンドル名ウィロー さん
ブログタイトルウィローの湯煙&食べ物日記
ブログURLhttp://www.cestlavieym.club/
サイト紹介文京都発、これまでに行った温泉(銭湯も)や、気軽な食べ物記事のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2017/04/29 15:36

ウィロー さんのブログ記事

  • ばんからラーメン ごはん定食
  •  「ばんからラーメン」さんの紹介です。 国道1号線と24号線を繋ぐ、久御山町の府道15号線沿いにあるこちらは、背脂入りの醤油豚骨ラーメンのお店です。   お店の外観。 この日は確か土曜日のオープン直後にお邪魔しました。駐車場も10台くらいは止められます。   店内の様子です。 この日は口開けすぐにお邪魔しましたのでお客の姿はありませんでしたが、昼前後ともなれば繁盛するのでしょう。 もっとも、席数も [続きを読む]
  • 郷緑温泉 郷緑館(真庭郡)
  •  「郷緑館(ごうろくかん)」さんの紹介です。 こちらは湯原温泉郷の中にある温泉で、有名な「砂湯」からそれほど距離も離れていませんが、秘湯ムードにあふれた一軒宿です。 国道313号線からほど近くにあるので、車ならアクセスは簡単でしょう。 そしてこちらには、ぬる湯好き・源泉好きが歓喜する新鮮な源泉掛け流しがあります。  郷緑温泉の案内看板。この表示に従えば迷うことはないと思います。  うずたかく積み上 [続きを読む]
  • 和食 舞(エルイン京都) 大山鶏塩焼き他
  •  JR京都駅八条東口、徒歩数分のところにあるホテル「エルイン京都」さんに入っている食事処、「和食 舞」さんの紹介です。 京都駅周辺の食事どころの多くが満席だったため、連れが宿泊していた、こちらのホテルの食事処にお邪魔する形となりました。 もちろん、宿泊していなくても利用できます。  店舗外観です。 こちらは外から入れる入口で、もう一箇所別に、ホテル側から入れる入口もあります。  外から入れる入口の [続きを読む]
  • 大塩温泉 上田コミュニティセンター西内(上田市)
  •  「大塩温泉」さんの紹介です。 こちらは「上田コミュニティセンター西内」の中にある共同浴場。 地元の方専用の浴場のように見えますが、外来者も入浴が可能です。以前の記事で書きました霊泉寺温泉からほど近くにありましたので、こちらにも足を運ぶことにしました。  上田市のコミュニティセンターの中に温泉があります。 予備知識がなければ、誰もここを温泉とは思わず、通り過ぎてしまうこと請け合い。  あまり目立た [続きを読む]
  • 霊泉寺温泉 共同浴場(上田市)
  •  「霊泉寺温泉 共同浴場」さんの紹介です。 霊泉寺の歴史は古く、言い伝えによると平安時代まで遡るとか。 平維茂が鬼女退治、柏木の鬼退治の後で疲れた体を癒すために浸かり、その霊験あらたかなことからその場所に寺を建立した事から始まると言われています。 そんな霊泉寺温泉の共同浴場になります。   霊泉寺温泉にはお宿は4つ。 以前の記事で紹介した「遊楽」さん以外に、「和泉屋」さん、「中屋」さん、「松屋」さ [続きを読む]
  • 祇園きなな できたてあいのり
  •  今回は、きなこをテーマとしたスイーツ専門店「祇園きなな」さんにお邪魔しました。 工房併設の店内では、作りたてのアイス「きなな」や、「きなな」を使ったパフェを食べることができます。  こちらのお店は、京都観光の代表のひとつ八坂神社と、京阪祇園四条駅を結ぶ、四条通り沿いにある「花見小路」から1本入ったところにあります。   「花見小路」は京都らしい風情がある通りで、観光客も多い場所です。 車が通れる [続きを読む]
  • 霊泉寺温泉 遊楽(上田市) ②浴室・食事
  •  「霊泉寺温泉 遊楽」さんの紹介です。 今回は浴室と食事の紹介です。 こちらは退職された老夫婦が二人で切り盛りしている小さなお宿ですが、温泉は掛け流し、料理は手作りメイン。 その上、一人旅でも休前日でもお値段変わらずの二食付き7,500円という、とてもお財布に優しい宿です。 まずは温泉から。 霊泉寺温泉は単純温泉ですが、成分的にはややカルシウム多めのお湯です。  小さなお宿ですので、脱衣場も簡素な [続きを読む]
  • 霊泉寺温泉 遊楽(上田市) ①外観・部屋
  •  「霊泉寺温泉 遊楽」さんの紹介です。 長野県上田市にある霊泉寺温泉。鹿教湯温泉にほど近いところですが、とても静かな温泉地です。 今回はこちらの「遊楽」さんにお邪魔しました。一人旅、祝前日でも2食付き7,500円(税込み)というお値段です。    まずは付近にある、温泉の名前にもなった霊泉寺を散歩。 曹洞宗のお寺で、もともとこの温泉は寺湯だったとのことです。   天然記念物の大ケヤキと、綺麗な野の [続きを読む]
  • じゅうじゅうカルビ レディースランチ
  •  「じゅうじゅうカルビ」さんの紹介です。 焼肉のオーダーバイキングが有名なお店ですが、もっぱらランチで利用しています。 (焼肉食べ放題が魅力的に映る歳では、そろそろなくなってきているため・・・) 前回の紹介: 1.じゅうじゅうカルビ(焼肉)ミニ3種盛りランチ+熟成ハラミランチ 2.じゅうじゅうカルビ(焼肉) 塩三昧ランチ 3.じゅうじゅうカルビ 石焼味噌ラーメン&焼肉ランチ   内装は変わっていま [続きを読む]
  • ホテル古賀の井(西牟婁郡) ④夕食・朝食バイキング
  •  「ホテル古賀の井」さんの紹介です。 現在こちらのホテルは改装され、「古賀の井リゾート&スパ」さんという名前になっています。 そのため、本内容は過去の記事となりますが、今の「古賀の井リゾート&スパ」さんのWebサイトを見るに、豪華なバイキングの遺伝子はきちんと受け継がれている様子でした。  夕食、朝食はいずれもレストランでいただきます。   白浜、かつこの価格帯(1万円前半)のホテルとしては、ピカイ [続きを読む]
  • ホテル古賀の井(西牟婁郡) ③ホテル古賀の井 温泉
  •  「ホテル古賀の井」さんの紹介です。 現在こちらのホテルは改装され、「古賀の井リゾート&スパ」さんという名前になり、大浴場もリニューアルされています。 そのため、過去の記事ということでご承知おき下さい。  大浴場入り口。少し暗めな印象。  脱衣場は一般的なホテルと同じ設備でした。   内湯。 入浴したのは夜なのですが、薄い障子越しに間接照明が揺らめく、雰囲気のある浴室でした。 (ただ、撮影にはなか [続きを読む]
  • 天天有 黒ラーメン(天天有の日)
  •  「天天有」さんの紹介です。 おそらく私が一番行っているラーメン屋さんだと思います。 (以前の紹介)  1.天天有(ラーメン) ラーメン大(煮卵に変更)+ご飯  2.天天有(ラーメン) チャーシューメン大  3.天天有(ラーメン) ポイントカードでラーメン無料  4.天天有 ラーメン大+ご飯 毎月10日は「天天有の日」、お得なサービスがあります。 このサービス、桂川街道店さん以外でもあるのかどうか [続きを読む]
  • ドトール 朝カフェ・セット
  • 「ドトールコーヒーショップ」さんの紹介です。 今回も前回に引き続き、JR京都駅地下街「Porta」に入っている京都ポルタ店にお邪魔しました。 (以前の紹介)  1.カルツォーネ(6種のチーズとイベリコベーコン)  店舗外観です。  入口の横には、豆やドリップコーヒー、紙パック飲料も販売していました。  前回同様、案内に従って先に席を確保します。 ただし、このPOPの裏側には、店員が案内する旨の内容も [続きを読む]
  • ホテル古賀の井(西牟婁郡) ②コガノイベイホテル 温泉
  •  「ホテル古賀の井」さんの紹介です。 今回は姉妹館の「コガノイベイホテル」さんの浴室を紹介します。 なお、この2つのホテルは今は「古賀の井リゾート&スパ」さんという名前になり、大浴場もリニューアルされています。 そのため、過去の記事ということでご覧下さい。   「コガノイベイホテル」さんの外観と内装です。   浴室のアメニティは標準的なものでした。  冷水器は嬉しいサービスです。 直結型の冷水器な [続きを読む]
  • ホテル古賀の井(西牟婁郡) ①外観・内装
  •  「ホテル古賀の井」さんの紹介です。 元々白浜には「古賀の井」と名の付く宿泊施設は2つあり、一つがこちら、もう一つが「コガノイベイホテル」さんです。 今はその二つは「ベイホテル」さんに合併となり、名前も「古賀の井リゾート&スパ」に変わりました。 つまり、今回の記事はもう無い宿泊施設の紹介になってしまいますが、せっかく行ってきましたので記事にさせて下さい。   行ったのは冬のこと。 白浜の冬はそれほ [続きを読む]
  • とんかつ 松のや 玉子丼
  •  「とんかつ 松のや」さんの紹介です。  (以前の紹介)  1.カツ丼+ミニサラダ  2.チーズトマトササミカツ定食  3.とんかつ 松のや 豚汁定食、ソーセージエッグ定食  今回は新しい朝食メニュー、「玉子丼」を試してきました。 要は親子丼の鶏肉抜きですが、それにしても290円は安いです。  こちらの松のやさんは食券制です。   店の内装には変化ありませんが、調味料は少し変わっています。 青じそ [続きを読む]
  • 一休 京都本館(城陽市) お風呂上がりにドライゼロ
  •  「一休 京都本館」さんの紹介です。 城陽市にあるこちらの温泉は、京都市内から小一時間といったところです。今回はゴールデンウィーク中に小旅行に行ってきました。 料理旅館の跡地を改装したという前庭は花でいっぱいで、ちょうど見頃でした。    玄関に続くエントリーでは、ツツジが見頃。 鮮やかな緑と良く映えます。  池には菖蒲が、こちらも見頃でした。   玄関周りは特に変わりありません。 そういえば、営 [続きを読む]
  • 茶亭ゆうすい つくりたてわらびもち
  •    春日大社の「砂ずりの藤」を観に、奈良は春日大社まで足を伸ばしました。 残念ながら、目的の「砂ずりの藤」は、ほぼ終わっていましたが、万葉植物園では遅咲きの藤を楽しむことができました。 今回は、春日大社に足を伸ばしたついでに、すぐ近くにある、つくりたてわらびもちを食べることができる「茶亭ゆうすい」さんにお邪魔しました。  店舗外観です。 春日大社本殿からだと、一事主神社方面へ進み、水谷橋を渡った [続きを読む]
  • 大黒やらーめん 鶏唐揚げ定食
  •  「大黒やらーめん」さんの紹介です。 こちらは亀岡市、国道9号線沿いにあるお店です。 (今回、設定を間違えて写真が小さいです。すみません)  (以前の紹介)  1.大黒やらーめん ラーメン+ご飯   店内はテーブル席、カウンター席があります。なお、禁煙です。 休日の昼時ともなれば満席になるお店ですが、この日はオープン直後のためお客は他にいませんでした。   テーブル上の調味料も変更なし。 こちらは [続きを読む]
  • 玉造温泉 清風荘(松江市) ③食事
  •  「清風荘」さんの紹介、最後は食事です。 とは言っても、今回は朝食のみのプランでしたので、夕食は玉造温泉の中でとることにしました。 ちなみにお値段ですが、朝食のみプラン・一人旅で9,000円+税だったと記憶しています。  夕食は近くにあったお寿司やさんに。  生ビールと突き出し。  鯵の南蛮漬け。  鉄火巻きと、あといくつかを軽めにつまみました。   ついでに、夜の玉造温泉をぶらぶらと散歩してみた [続きを読む]
  • 玉造温泉 清風荘(松江市) ②浴室
  •  「清風荘」さんの紹介です。 枕草子の日本三名湯の一つ、玉造温泉。 温泉を語った最古の文献である「出雲風土記」に、「一度入浴すればお肌が若返るようになり、二度浴すればどんな病も治癒してしまう。その効能が効かなかった事は聞いたことがないので、人々は神の湯と呼んでいる」とまで謳われた温泉です。  男性浴場の名前は「つるぎの湯」。   清風荘さんは15室ほどの小規模旅館ですので、浴室はそれほど大きくはあ [続きを読む]
  • 玉造温泉 清風荘(松江市) ①玉造散歩と部屋
  •  「清風荘」さんの紹介です。 玉造温泉は枕草子「湯は、ななくり(榊原)の湯、玉造の湯、 有馬の湯」で詠われた三名湯のうちの一つ。 他の二湯と比べ、玉造温泉は京都から最も遠かったのでこれまでは行けなかったのですが、チャンスがあったので足を伸ばしてみることにしました。  まずは玉造温泉を散歩。 玉湯川沿いに湯宿が建ち並ぶ景色で、これで柳並木でもあれば城崎温泉に似ています。  玉造温泉は別名、古代勾玉の [続きを読む]
  • 菓子工房&Sweets Cafe KYOTO KEIZO 10分モンブラン
  •  二条城の近くに行く機会があったので、「10分モンブラン」で有名な「菓子工房&Sweets Cafe KYOTO KEIZO 三条本店」さんへ立ち寄ってみました。 地下鉄東西線「二条城前駅」3番出口から徒歩7分ほど、または JR嵯峨野線「二条駅」東口から徒歩12分ほどです。三条商店街のアーケードの中にあります。 お店の真横には、4台ほどが停められるコインパーキングがありましたが、周囲のコインパーキングが軒並み満車だったこ [続きを読む]
  • そば処吉野家 ミニ牛丼もりそばセット
  •  「そば処吉野家」さんの紹介です。 通称「青い吉野家」。蕎麦を中心に、牛丼以外にも天丼などがメニューにあります。 以前は京都にも数軒あったように記憶していますが、今見たところ京都府には宇治市の1軒しかありませんでした。 今回、メモリーカードを忘れたため写真が小さめです。すみません。   今回は「宇治槙島店」さんにお邪魔しました。 府道69号線沿いにあるお店です。   店の中は、普通の吉野家さんに比 [続きを読む]
  • 積善館(吾妻郡) ⑥食事
  •  「積善館」さんの紹介、最後は食事です。 今回はリーズナブルな湯治プラン(一人旅、一泊二食で10,000円弱。二人なら7,000〜8,000円/人くらい)で宿泊していますので、食事は旅館のような豪華な物ではなく、簡素なお弁当となります。 普通の会席料理のプランもありますので、それぞれのニーズに合わせて選ぶことができます。  このプランの場合、このような入れ込みの場所が食事処となります。 「湯治」で [続きを読む]