八ヶ岳のジジ さん プロフィール

  •  
八ヶ岳のジジさん: 八ヶ岳山麓の生活
ハンドル名八ヶ岳のジジ さん
ブログタイトル八ヶ岳山麓の生活
ブログURLhttps://ameblo.jp/yatugatakeann/
サイト紹介文2016年末に仕事をリタイアして2017年始めから八ヶ岳山麓での生活が始まりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 208日(平均3.0回/週) - 参加 2017/04/29 20:21

八ヶ岳のジジ さんのブログ記事

  • 始めて耕運機を使ってみた
  • 2017年11月21日今年4月から始めた畑用地の開墾が一段落した。順次、部分的に開墾終了した個所で夏野菜を栽培したが、予定地の全ての開墾が終了するのに半年以上もかかった。そんなに広くもない土地であるが、大きな石や木が多数地中にあった。重機がなく手作業のため時間を要した。来春の準備として畑の土を柔らかく掘り起こし肥料を施して土を休ませる。ご近所さんが小型の耕運機を貸して下さるというので借用した。深さ20cm [続きを読む]
  • 八ヶ岳も蓼科山も白の薄化粧
  • 2017年11月21日東京も寒いらしいが、こちら八ヶ岳・蓼科の山麓も一層の冷え込みが進んでいる。標高1000m付近では、まだ降雪は無いが周りの山々は白い薄化粧が始まった。少し地肌が透けて見える程度の薄化粧は品があってとても良い。そもそも自信が無いと厚化粧の傾向となるようだ。何の話か分からなくなってきたが、こちらの山々は今、雪の薄化粧で品のある姿を見せている。周りの山とは赤岳を主峰とする八ヶ岳山系および蓼科山 [続きを読む]
  • 湯たんぽの大きさ
  • 2017年11月10日長野県八ヶ岳、蓼科の里では、日の出前の気温は既に零度前後になっている。寝具は冬用の羽毛掛け布団と薄手の掛け布団の2枚掛けにしている。真冬になると、それに何某らの掛け寝具を増やすが、昨年の冬はそれでも寒かった。寒いのは、布団に入る時で布団内部が温まると落ち着くのである。そこで、この冬用として湯たんぽを早々と用意した。子供の頃使用した金属製の湯たんぽを思い出し、それと同じような大きさの [続きを読む]
  • 始めての干し柿つくり
  • 2017年10月3日長野県辰野に住む昔の会社の先輩宅へ柿もぎに行った。こちらで生活を始めると、色々な「初めて」に遭遇し大変楽しい。 120個程の柿を採った。 渋柿なので干し柿にする。柿の剥き方と吊るし方を教わった。 皮むきと吊るしは柿を採った日にするのが良いそうだ。採ったまま放置すると柿の熟成が進み柔らかくなって皮が剥きづらくなる。急いで帰宅し皮を剥き順に吊るしていった。 こんな感じに柿を吊るした 乾している時 [続きを読む]
  • 小津安二郎の無藝荘見学
  • 2017年10月08日紅葉真っ盛りの中、長野県蓼科を散策ドライブをした。蓼科湖の少し上に映画監督兼脚本家であった小津安二郎の家が残っている。主な居住地は東京だったようで、ここはセカンドハウスのようなものだったのだろう。私は、映画や文学の趣味がないので名前程度しか記憶に無いが小津安二郎は「晩春」「東京物語」等の名作を残しており年配の映画ファンにとっては印象の強い方のようである。家は藁ぶきの平屋で昔の家であ [続きを読む]
  • 蓼科の紅葉最前線
  • 2017年10月7日長野県蓼科は、かなり紅葉が進み山の色が緑から黄色系へ変化が進んだ。この処、朝6時の気温が零度前後となった。多分、この気温は一時的な冷えではなく、冬の平均気温ー7℃〜ー8℃への途中温度と思われる。朝の「霜」「露」は日常的になったので早朝に車で出かける場合は、車のフロントガラスに結露防止用のシートを前夜に掛ける必要がある。そんな状態になった関係で紅葉も一気に進んだ感がある。(うちの裏山)( [続きを読む]
  • 蓼科温泉の帰りに渓谷散策
  • 2017年11月1日茅野から蓼科方面へビーナスラインを上がると標高1300m強の位置にあるプール平に小さな温泉浴場がある。小さく目立たないので昼の客は少ない。(夜は行ったことがない)源泉かけ流しであるが源泉の湯温が80℃で水を加えてあるので温泉通には不満足かもしれない。貸し切り状態になることが多いので湯船の淵を枕にしてタイルの上にあおむけで寝る。湯船から溢れる湯が背中を程よく温めてくれる。思わず寝入ってしまい [続きを読む]
  • 10月の気温がー2℃になった
  • 2017年10月31日長野県蓼科はここの所、冷えが進んでいる。昼夜の気温差が大きいところであるが、今日の朝の気温はマイナス2℃に下がった。 紅葉の条件の一つとして昼夜の気温差の大きいことがある。その点では紅葉の条件として適した状態であるが日光の多さも条件として必要である。しかし、10月に入って18号・21号の大型台風を含め雨天や曇り空が多く紅葉が例年ほど進んでいない。とは言え、モミジやどうだんツツジの生垣は色鮮 [続きを読む]
  • スキー板のメンテナンスPART4
  • 2017年10月29日9月に「スキー板のメンテナンスPART3」を掲載した。内容はスキー板のサイドエッジ用の自作シャープナーを改良したというものである。その後、それを使用することなく放置してしまった。もう、11月に入るので「これではイカン」と思い、とりあえずエッジのメンテナンスをした。両スキーのエッジを10倍のルーペ(拡大鏡)で見ると所々が傷んでいる。昨年スキー板を購入して1シーズン(70日程度)使用した。特段、石や [続きを読む]
  • 生物の形質の継承
  • 2017年10月28日過去のブログ内容とは、まったく異なるテーマで私の考えを掲載する。私はその筋の専門家ではないので間違った認識、知識、考え方をしているかもしれないが一個人の考えと思ってほしい。形質(特徴)の遺伝についての話である。 生物つまり植物・動物の全てに言えるが遺伝子が子から孫へと継承されてゆくことは既知の事実である。花などの形、色、切り花の日持ちの改善等に雌花と雄花の交配組み合わせが研究がされて [続きを読む]
  • 100円の温泉に入った
  • 2017年10月27日ここ茅野市は八ヶ岳の東麓であり蓼科山、車山、霧ヶ峰の南麓である。行楽地としても人気のエリアで冬以外は観光客でにぎわう。春先から秋の紅葉の季節まで他都府県の車が多くなる。特に、土日祭日や5月のゴールデンウイーク、夏休みの時期は、地元の車と同じぐらいの他都府県車とすれ違う。温泉施設も多く、それらの温泉もよそ者(失礼)で賑わう。 今日は、空いている温泉へ行った。蓼科温泉郷の中の一つである。 [続きを読む]
  • 真紅のモミジ
  • 2017年10月27日一昨日の雨天・寒さもどこかへ行って今日は快晴の秋晴れである。蓼科湖へぶらりと行ってみた。平日にも関わらず他都府県の車が多い。紅葉見物なのだろうか。赤や黄色に混じって真紅に色付いた広葉樹が鮮やかで目を引く。大口径で長いレンズを装着したカメラを持ったおじさま方が、あちらにもこちらにも。 澄み切った青空、切り立った八ヶ岳の山々、山頂の白い雪、真紅のモミジ。これらが揃えば絵にならないはずは [続きを読む]
  • 台風の爪痕
  • 2017年10月25日この秋に大型台風が2回来た。台風18号と21号である。報道を見ると各地に大きな被害を残した。日本は山国であること、そして多くの県が海に接していることから土砂崩れや水による被害が多く人々の平温な生活を1日にして破滅させた。私の感じではあるが18号と21号の風雨の強さは同程度のように感じた。双方の台風で直径30cmぐらいの木々が何本も倒れているのを見た。 倒木が人家や人を直撃したところを見てはいない [続きを読む]
  • 八ヶ岳・蓼科に初冠雪
  • 2017年10月26日昨日は、台風21号が去った後も天候が悪く雨模様であった。山の上では初雪が降って八ヶ岳や蓼科山の山頂付近は初冠雪となった。山麓では朝の気温は2℃にまで下がった。車の窓ガラスに付着した露が凍結してガリガリになっていたので夜中にはマイナスの気温まで下がったのではないだろうか。いよいよ厳しい冬の到来を感じる。 山麓では紅葉化が進んでいるが山の上では、冬の到来のようである。 青空と  紅と黄色の [続きを読む]
  • トマト栽培の撤収
  • 2017年10月19日ここ八ヶ岳庵では、夏野菜としてキュウリ、トマト、オクラをメインに育てていた。キュウリは9月に撤収した。さすが10月に入ると寒くなり、秋雨も多くトマトが赤く色付かなくなりオクラも実を付けなくなった。よって、トマトとオクラを撤収することにした。撤収現場 撤収後の畑の使い道を決めてないが、とりあえず、根を抜いて石灰や肥料を土に混ぜ込んで耕しておこうと思う。 トマトの撤収に際し赤く色付かなかった [続きを読む]
  • たまごや工房のプリンを食べた
  • 2017年10月17日長野県の中央自動車道諏訪インターを降りたところに「たまごや工房」というこだわりの卵を使用したスイーツ、料理を提供する店がある。 私の生まれて長ーく住んだ町にパステルという焼き菓子、ケーキ、プリンの旨い店があった。そこの「なめらかプリン」は一時期、東京では話題になるほどの美味しさで「なめらかプリン」と言えば「パステル」であった。しかし、そのバカ売れにあやかろうと他のスイーツ店がこぞって [続きを読む]
  • ラディッシュでピクルス作り
  • 2017年10月14日ここ長野県茅野市の八ヶ岳山麓、蓼科山麓でもかなり涼しくなってきた。そんな関係で夏野菜の栽培が終わり秋・冬野菜の時期となっている。夏野菜は色々と栽培したいものがあるが秋・冬野菜はこれと言って栽培したいものがない。畑エリアに空ができたのでラディッシュ(二十日大根)の種を撒いて1か月ほど経過した。 「二十日大根」というので種まきしてから20日ぐらい経った時に抜いてみたが余り大きくなっていなか [続きを読む]
  • 屋根塗装DIY
  • 2017年10月12日ここ八ヶ岳庵は、2階の来客用寝室の2部屋とリビングキッチンおよび納戸が洋間(フローリング)であるが、それ以外の居室は畳敷きの和室である。外観は、この辺によくある和風の体を成している。2階の屋根は瓦であるが1階の屋根は鋼板で出来ている。鋼板屋根材は塗装材を使用しているが経年のため色があせてきた。屋根の傾斜が比較的なだらかで容易に屋根の上を歩けるために自分で塗装をすることにした。今は、色々 [続きを読む]
  • われ先と紅色に衣替え蓼科山のもみじかな
  • 2017年10月10日我さきと くれない色に衣がえ  たてしな山の   もみじかな 八ヶ岳、蓼科の山麓は、9月下旬以降夜間はかなり寒くなってきた。日中の陽射しがある時は、ちょうど良い気温で穏やかな時が流れている。 山全体が紅葉するのは、未だ先であるが所々に紅(くれない)色に染まった木々が見られるようになった。 紅葉の条件は、主に好天が続き、葉が日光を十分に受けている最低気温8℃以下の日が続く昼夜の寒暖の差が激 [続きを読む]
  • 今年初めてのカメムシ捕獲
  • 2017年10月8日この所、うすら寒い日が続いていたので今日の八ヶ岳山麓は久しぶりに快晴で温かく気持ちがいい。八ヶ岳庵の1階の屋根は鋼板製で太陽光や紫外線によって大分色褪せてきた。そこで鋼板屋根部の再塗装を計画し下見のつもりで屋根に上ってみた。すると2階外壁のあちらこちらにカメムシが日向ぼっこをしていた。この虫は、寒さをしのぐため家の中に侵入してくるらしい。 室内に入りたそうに網戸にへばり付く者も多い。 [続きを読む]
  • しその実の佃煮つくり
  • 2017年10月1日ここ八ヶ岳庵の敷地には、赤紫蘇が自生している。近隣にも同様に自生しているが、私は雑草と思っていた。先日、「蓼科自由農園」という産直ショップに赤紫蘇の実が販売されていた。「あれっ!これ家の庭にあるじゃん。」そこで、NETで調べてみると佃煮(醤油漬け)のレシピが多くあった。そういえば、紫蘇の実は刺身に添えられており醤油の中にシゴイテ入れたことがある。風味があって美味しい。 そこで、紫蘇の実を [続きを読む]
  • 紅葉の足音近し里の山
  • 2017年10月5日ここ八ヶ岳山麓は、10月に入って朝晩はめっきり冷え込むほどになってきた。今朝、早朝に蓼科に行ったが、車の外気温計は3℃となっていた。 3℃と言えば、東京圏では真冬の気温である。9月に入ってから寝具を羽毛かけ布団に変えたが、更に増やす必要を感じる。しかし、今から使用する布団を増していったら冬には布団の山の中で寝ることになりそう。真冬には室内でも0℃を示すほどになる。今のうちは、少し寒さを感じ [続きを読む]
  • ラディッシュの初収穫
  • 2017年10月3日夏野菜のキュウリは完全撤去、トマトはくたびれ気味で収量の減少、オクラも収量の減少、モロッコインゲンはまあまあの状態。新に開墾した畑用地には、先日ニンニクを植えた。ニンニクは来年の6月〜7月の収穫まで追肥程度で放置の予定。 9月始めに種を撒いたラディッシュ(20日大根)が約1か月経過し収穫時期となった。 葉の中を覗くと土から赤い頭が出ている。 とりあえず数本を引っこ抜いてみた。 夏野菜は、色々 [続きを読む]
  • 秋の花園
  • 2017年10月1日八ヶ岳山麓には、花が多い。特に春は、色々な花の競演とも思われる状態だが秋も自生している花々が色とりどりである。茅野市から蓼科方面へ向かうメルヘン街道にはオレンジ色、ピンク色、白色、紫色等のコスモスが街道沿いに多く、コスモス街道と言っても過言ではない。 台風18号の強風で倒れてしまったコスモス 八ヶ岳庵にも特に植えたことも無いこんな花々が咲いている。 1〜2か月ほどの違いで各種の花が入れ替 [続きを読む]
  • ハロウィンに先立ちカボチャの収穫
  • 2017年9月22日10月31日はハロウィンである。ハロウィンは、西洋のお盆のようなもので、他界した人々の霊がこの世に一時帰国するという古くからある慣例行事らしい。カボチャのランタンは、一時帰国した悪霊に対する魔除けの意味だそうだ。諸説あるようなのでそれは兎も角、八ヶ岳庵でもカボチャを収穫した。昨年、ここで収穫したカボチャの種から今年の春に苗を作り土に定植して収穫に至った。まだ、食していないので味の方は解か [続きを読む]