外資系元人事の豊 さん プロフィール

  •  
外資系元人事の豊さん: 外資系企業へ転職したい人必見元人事が教える採用事情
ハンドル名外資系元人事の豊 さん
ブログタイトル外資系企業へ転職したい人必見元人事が教える採用事情
ブログURLhttp://gaishi-job.com
サイト紹介文元人事として外資へ転職したい人向けに年収と英語の関係性、転職方法、英語面対策等の情報発信をしています
自由文大手外資系IT企業数社での人事・採用(主に中途採用)経験と外資系企業を中心に人事関連のコンサルティング業務に計十数年携わってきた経験を活かして、外資系企業での日々の働き方、必要な英語力、給与・年収や福利厚生って日系企業とどう違うの?という疑問や、採用選考の仕組み、英語面接対策、働く社員の特徴等の外からは見えない本当の外資系企業の姿を紹介し多くの人に知ってもらいたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2017/04/30 14:40

外資系元人事の豊 さんのブログ記事

  • オファーが外資系企業から出た時に確認する事、転職で後悔しない為に
  • オファーレターの内容をオファー面談で確認しようこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。複数回の面接、リファレンスチェック、バックグラウンドチェックまでの長い選考を終了し、企業が正式に採用したいという意思を示すのがオファーレター(内定通知書)です。外資系企業では初回の面接からオファーレターまで平均で2ヶ月前後はかかります。最終的な承認を海外の本社から取る必要がある企業の場合はプロセス全体にかかる時 [続きを読む]
  • 外資系企業への転職ではTOEICの英語スコアは関係ない
  • TOEICよりも実際の経験を重視する外資系こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。日本では英語力を測るテストとしてTOEICが有名です。高いスコアを獲得する為に日々勉強している人も多く、私も随分と前になりますが2回受験した経験があります。自分の現在の英語の能力の測定と就職や転職に役立てたいという目的でTOEICを受験する人が大半ではないでしょうか。私も正にその目的で受験した1人です。特に外資系企業やグローバルに [続きを読む]
  • 外資系企業社員の働き方とプロスポーツ選手は共通点が多い
  • 完全実力主義の外資系企業でのセルフブランディングの大切さこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。日本人は自己アピールや自分を良く見せる事が苦手だという事は昔から言われています。私自身もそうですが自分がいかに優れた人間かと説明するのはあまりよしとしない人が多いです。SNSが普及し誰でも自分の生活、思想、音楽等のアート作品を簡単に発信出来るようになりセルフブランディングの大切さが一般の人々にも浸透して [続きを読む]
  • 最後の選考バックグラウンドチェックで落ちない為に気をつける事
  • バックグラウンドチェック対策で一番大事な事は正しい応募書類の作成こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。外資系企業で一般的な選考プロセス(Hiring Process)は書類選考→面接複数回→リファレンスチェックとバックグラウンドチェック→オファーという流れです。面接も無事通過してオファーまで後一歩のバックグラウンドチェックで問題が発覚し不採用になるケースがあります。外資は採用後にリスクとなる恐れがある人材の流 [続きを読む]
  • 外資系人事が考える就活で学生が勉強の実績をPRすべき理由
  • 就活をしている学生の自己PRは皆同じに聞こえるこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。日本の就職活動は同じ時期に学生が職を求めて一斉に活動するという世界的に見ても独特なスタイルです。企業も同じく採用活動を一斉にスタートする為、日本中の学生と人事担当者が一喜一憂しながら奔走する数ヶ月間となります。人気企業だと数万以上のエントリーがあり、そこから選考を重ね最終的に内定を貰える学生はごく僅かという厳しい [続きを読む]
  • 外資系企業と裁量労働制の相性
  • 裁量労働制という働き方こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。今年の前半に働き方改革関連法案として国会で議論になりニュースでも多く取り上げられた高度プロフェッショナル制度と裁量労働制の拡大ですが、実際に裁量労働制で働いた事があるという人はまだまだ多くはないのでしょうか。導入している企業の割合は専門型、企画型共に5%を大きく下回っています。サンプルが少ない中で裁量労働制経験者の声として取り上げられる [続きを読む]
  • 外資系へ転職する前にJob Descriptionを理解する事が大事な理由
  • Job Descriptionを理解している事の重要性こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。外資系企業では各ポジション(職務)ごとに詳細なJob Descriptionがあり自分の職務の責任範囲が明確に決まっています。自分の責任範囲では確実に結果を出す事が求められますが、逆にJob Desctiptionに書かれている事以外は自分の仕事ではないのでする必要がありません。チーム全体の連帯責任で業務を行う日系企業との大きな違いです。会社が各 [続きを読む]
  • 外資系企業へ入社する前に知っておきたいクビになる3つの理由
  • 外資系企業は簡単にクビになるは本当かこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。外資系企業への就職、転職を考えている人が抱く不安として、すぐにクビを切られるのではないかという事があると思います。実際私も長年採用に携わってきて同様の質問、疑問を多く聞いてきました。長い選考を終えてようやくオファーレターを貰ったにもかかわらず、何かあれば簡単に解雇されるではないかと心配になりオファーを辞退する方も一定数い [続きを読む]
  • 外資系企業の選考が長引く5つの理由
  • 面接後に連絡が来ない、これは外資系企業では選考に落ちたということ?こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。外資系企業への転職を目指し採用選考を受ける方からよく相談を頂く不安な事として下記の2つがあります。面接を受けてから1週間以上経つのに結果の連絡が全然来ない。選考に落ちたのでは?選考が長く本当に採用の可能性があるのか不安この2つとも外資系企業の選考プロセスに関係する事です。今回は選考結果の連絡が [続きを読む]
  • 外資系企業の営業は転職で年収アップのチャンス
  • 外資系企業への転職で年収アップを目指す営業の方は絶好のタイミングこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。10数年外資系企業の採用関連の仕事に携わっていますが、私の経験の中では今ほど年収交渉が求職者に有利な状況は今までありませんでした。採用意欲が強い企業が多く、人が集まらずにどの企業も困っています。元から人材不足のエンジニアはもちろんですが、営業系の職種も更に採用難度が上がっていて、企業間での優秀な [続きを読む]
  • 外資系企業からオファーレターを貰った場合の回答期限
  • 外資への転職でオファーレター(Offer Letter)が出たら直ぐに受諾すべきかこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。転職活動をする時に1社に絞るのではなく、複数の会社の選考を同時に受ける人も多いと思います。同時並行で数社の面接をこなす事は中々大変ですが、条件や仕事内容を比較したい、また本命の選考が駄目だった時の保険をかけるという意味でも1社に絞らずに面接を受けるスタイルは新卒だけでなく転職時にも一般化して [続きを読む]
  • 外資系企業の管理職採用はプロ人材を優先
  • 外資系企業への転職では経験が全てこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。転職を検討する時に今より良い条件や高い役職で転職をしたいと希望を持つ事は当然だと思います。今の会社では役職がないけど次の会社ではマネジャーになりたいと考え行動する人も多いです。しかし自分の部下・チームを持つポジションへ積極的に応募しているのに中々結果が出ないので転職活動に自信をなくしてしまう人の話もたくさん聞いてきました。選 [続きを読む]
  • 年齢を気にしなくていい外資系企業の組織と働き方
  • 外資系企業はフラットな組織が基本こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。外資系企業の組織は日系企業と比べた場合にフラットな体制です。通常は1つのチームにラインマネジャー(Line Manager)が1人いて、更にその上に組織全体を見る役職がより上のマネージャーがいます。人事の組織で言うと採用、人材育成、C&Bの各部門ごとにラインマネージャーがいて、人事組織全体を統括する責任者が別に1人いる形です。統括責任者のタ [続きを読む]
  • 外資系企業への転職で入社日はどのくらい待ってもらえるか
  • オファー承諾後いつまでに入社すべきかこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。外資系企業への転職活動で最後の関門が入社日の調整です。全ての選考が終わりオファーも承諾し、後は入社を待つだけですが、入社日の交渉で困難を味わう候補者が結構います。現職との退職日交渉が思うように進まない事が多い理由です。退職の意志を上司に伝えたら引き止められた、早く退職したいが仕事を入れられて退職できない、退職の意志を伝え [続きを読む]
  • 休みが終わる前の憂鬱をなくす方法
  • 連休明けに会社に行きたくない気分を減らすにはこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。日本はお盆休みで帰省や旅行等、日常の生活を離れてリラックスしている人も多いと思います。楽しい休暇ですが残り日数が少なくなるにつれて、だんだんと気分が憂鬱になってきて、休みの最終日には次の日の仕事を考えると嫌で嫌で仕方がないという経験は誰にでもあるのではないでしょうか?サザエさん症候群とも呼ばれていますよね。休みが [続きを読む]
  • 残業、休日、給料の質問はしていいの?面接直前の人の疑問に答えます
  • 気になるけど面接で聞きにくい3つの質問こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。仕事内容や会社の事も大事ですが、面接で実は何よりも聞きたい事は、残業、休日、給料の3つという人は多いと思います。巷に溢れている面接マニュアルでは、残業や給料の質問をするとやる気を疑われる等と書かれている事が多々ありますが、実際はどうなのでしょうか?外資の採用を長年してきた立場から、それぞれ説明します。企業ごとにスタンス [続きを読む]
  • 東京は住みやすい街と思う3つの理由
  • 東京に暮らす事の嬉しさこんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。蒸し暑い日が続きますが、これでもまだ東京は梅雨明けしていないんですよね。街を歩く人も暑そうな顔している人が多いです。あまり暑くない国から観光できた外国人にはこの暑さは相当厳しいのではないでしょうか。東京で生活する私ですが、夏の夕暮れは都会でも何故かほっとして好きな時間帯です。海外での生活経験や、年に数回は海外へ仕事や旅行で行き様々な体 [続きを読む]
  • 外資系企業の試用期間には注意が必要
  • 外資の試用期間は本当に試用期間こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。長い選考と厳しい面接も終わり日系企業から外資系企業への転職が決まって、ようやく外資勤務が始まるんだとの喜びもつかの間、入社したら直ぐに厳しい試用期間(Probation Period)のスタートです。ここでいう厳しいとは、怒鳴られたり無茶な要求をされるという事ではありません。選考の過程で今までの経験と実績を評価されて入社した訳ですから、今度はそ [続きを読む]
  • 人手不足市場の転職で年収倍増を狙える3つのキーワード
  • 転職したい人には絶好の売り手市場こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。数年前まで仕事を探すのが難しかった時代が嘘のように、最近は人手不足という言葉を良く聞きます。企業からしてみれば人手不足は笑えないほど深刻な状況になってきています。知り合いの企業の採用担当者と話しても、本当に良い人材が集まらなくて困っているという嘆きの声が出てきます。日々採用に関わる人は採用の状況が劇的に変化したという事を実感 [続きを読む]
  • IBMの在宅勤務禁止で日本はどうなる?
  • アメリカIT企業の在宅勤務禁止の理由こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。日本では最近の働き方改革の流れから在宅勤務を推奨する、もしくは認める企業が注目を浴びていますよね。トヨタ自動車、日産自動車、日立製作所、リクルート等の業界の大手企業が積極的に在宅勤務制度を取り入れています。日本では在宅勤務をテレワーク、リモートワークと呼びますが、外資ではWork from homeやWork at homeという呼び方が一般的です [続きを読む]
  • 人生変えたいなら英語をマスターしよう
  • 英語が出来ると人生が変わる3つの理由こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。今の自分の生活や仕事に100%満足している人はどのぐらいいるのでしょうか?仕事もプライベートも充実した毎日を送れたらいいですよね。満足した生活とはほど遠く、何とか人生を変えたいと思っている人や、閉塞感を抱えて日々過ごしている人も多いと思います。私自身も将来何をしたらいいか分からずに、悩んだ時もありました。学校や職場での交友関 [続きを読む]
  • 外資系への転職と年齢制限
  • 外資への転職と年齢の関係こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。日本では◯◯才以上は転職が難しくなるという話をよく聞きます。多いのが35才を過ぎると企業が受け入れなくなるという転職年齢限界説です。最近は変わってきていると思いますが、表には出さないけど同様のポリシーを持っている日系企業はまだあるのでしょうか?では外資系企業に入社するのに年齢の制限はあるのでしょうか?人事制度上は年齢が一切関係ない外資 [続きを読む]
  • 外資系の即戦力とは何か-3つの特徴
  • 外資系企業は即戦力採用が中心こんにちは、外資元人事の豊(ゆたか)です。転職活動中に即戦力採用という言葉を聞いた事がある人も多いと思います。中途採用が基本の外資系企業も即戦力採用が中心です。では具体的には即戦力とはどういう人材なのでしょうか?外資では即戦力というと入社後直ぐに細かい研修をしなくても担当する業務を任せる事が出来る人です。ポジションによって多少の違いはありますが、外資系のIT企業で言えば下 [続きを読む]