南/北 さん プロフィール

  •  
南/北さん: 南/北 浦議SNSの続き
ハンドル名南/北 さん
ブログタイトル南/北 浦議SNSの続き
ブログURLhttps://ameblo.jp/nam-boku/
サイト紹介文遅れてきたピンサポの浦和レッズ観戦記を中心につらつらと書こうと思います。
自由文備忘録代わりにスタジアム参戦したときは
細かく日記を書くようにしてます。
TV観戦のときは感想程度。

2017年4月末に、浦和レッズサポーター専用SNS
「浦議SNS」が閉鎖となったため同じHNでアメブロに引っ越しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 227日(平均1.2回/週) - 参加 2017/05/02 22:01

南/北 さんのブログ記事

  • 2017クラブワールドカップ vs アルジャジーラ
  • なすすべなく、あっさりと敗戦。 23時頃に仮眠をとり、1時前に起き出してテレビ観戦。ACL決勝1stレグのときと同じように首にはタオルマフラー。だけどどこか、あの試合のときほどテンションが上がらない。 こんなんじゃいかんな、なんて思ってたら試合内容も同じだった。 今年は夏過ぎからACLだけに標準を合わせてきたから、急に新たな目標設定するのは難しかったんじゃないかな。チームマネジメントって難しい。 戦術について。 [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第34節 vs横浜F・マリノス
  • リーグ最終節は0-1で敗戦。 前節から中2日で迎えたこの試合。マウリシオが外れてCBは槙野阿部、右SBには久しぶりのスタメン平川。インサイドハーフに矢島が入り左サイドに高木は前節と同じ。右サイドには梅崎、ワントップは2点差で得点王を狙う興梠。 試合の位置づけが難しい一戦だったが、CWCと来期に向けての選手のテストという意味は前節と同じか。平川が入ったのがわからない(敢えてわからない、と言っておく)。 前節川崎戦 [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第33節 vs川崎フロンターレ
  • 相手は引き分け以下なら悲願の初優勝を逃し、一方うちは大試合の後、リーグでは目標を失っている状態。正直なところ、CWCに向けて普段出場機会のない選手のテスト的な要素が強かったこの一戦。遠藤がアンカー、菊池が左SB、高木が左サイド、ズラタンの1トップの4-1-4-1で臨んだ。 先制点は川崎。左サイドを菊池、マウリシオの二人で追い込んだがマウリシオがクリアミス、家長に抜け出されカットインからのクロスに小林に合わせら [続きを読む]
  • 2017ACL決勝第2戦 vsアル・ヒラル
  • とうとう掴んだビッグタイトル。 アウェイ1stレグを1-1で折り返し、0-0または勝てば優勝。出場停止だったマウリシオが復帰するので、CBに入って左SBに槙野が回ると予想していたが、意外なことに1stと同じ先発。 しかしこれはかなり周到に考えた結果だったと思う。結果を知ったあとに振り返ると、この試合の堀采配は見事だった。 アル・ヒラルは1stで負傷したカルロス・エドゥアルドは出場できない情報があり、「角落ち」の状態。 [続きを読む]
  • 決戦前夜
  • いよいよ明日はACL決勝2ndレグ。阿部ちゃんの言うとおり「勝った方が優勝」。ドローでも0-0なら優勝だけど、それはあまり考えない方がいい。 2008年。私が応援を始めたチームは、前の年にACLで優勝したチームだった。毎試合のように5万人を超えるスタジアム。チームの調子が悪くても、みんなアジアチャンピオンの誇りを持っていた。脚にタイトルを奪われても来年には取り返すと思っていた。 9年半経った。 いまのレッズは欠陥だら [続きを読む]
  • 2017ACL決勝第1戦 vsアル・ヒラル(TV観戦)
  • 貴重なアウェイゴールをもぎ取ってのドロー。 西川が乗ってきた。代表復帰で何か掴んでくれたか。槙野も疲れ知らずの完璧な出来。終盤の柏木の走行範囲の広さに脱帽。 前半、宇賀神の裏がいいように使われていたので後半は選手を入れ替えてくるかと思ったが。2ndレグはマウリシオがいるので槙野が左SBかな。 準決勝と同じ条件で決勝に臨めることが吉と出るか凶と出るか。0-0で優勝なんて考えないで、勝って優勝しよう。 [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第30節 vsガンバ大阪
  • 3度のリードを守り切れずATに追いつかれドロー。 今日は都内で5時前まで仕事があり、参戦するかどうか迷ったのだが、浦和美園までの電車内でDAZN観戦し後半から参戦した。前半をDAZNで見る限り、うまく組織的に守っていてチャンスも作れている。いい内容だったのではないか。 雨対策をしていくことができなかったので久しぶりにバックアッパーへ。台風が近づいているのでまばらな入り具合。スタジアムに着いたあたりで既に後半は [続きを読む]
  • 2017ACL準決勝第2戦 vs上海上港
  • タフなゲームを制し10年ぶりのファイナル進出! 仕事の出先から直行し、スタジアムに着いたのは18時過ぎ。すでに北は満席で、仕方なくバックスタンド寄りの通路最上段に場所を確保。時々バックアッパーで観戦しているので距離は気にならないがバック寄り南側のコーナーがまったく見えない(笑)だけど見物にきたわけではないので、これでも上等。むしろ一番遠くから後押ししてやると思ったら燃えてきた。 アウェイ1stレグを1-1で折 [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第29節 vsヴィッセル神戸
  • 来期ACL出場権獲得の望みが遠ざかるドロー。 試合は、開始3分で久々の出場となった宇賀神がやらかしてしまう。相手GKからのロングボールに対して余裕があると思ったのかスプリントせず、後方から駆け上がった小川に掠め取られて失点。試合感覚の問題で片づけられない、重大ミスだった。この試合の宇賀神はこのミス以外にもパスミスやトラップミスを繰り返す最悪の出来だったが、宇賀神という選手は、こういうときほど得点に絡むん [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第28節 vsベガルタ仙台
  • リーグの現実的な目標としては来期のACL出場権獲得という現状で、前日におこなわれた他のゲームでは上位が総崩れに近く、「この試合を勝てば」という期待を持てたのはかなりのモチベーションになっていたと思う。アウェイ上海から中3日にもかかわらず、選手の入れ替えはごくわずか。左WGに梅崎が久々に先発。仙台はミシャ時代にうちがやっていた3-4-2-1で、手の内はわかりすぎるぐらいわかっている・・・と思っていたのだが、やは [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第27節 vs清水サガン鳥栖
  • 二度追いつくも逆転には及ばず。 中二日、中二日と続く厳しい連戦の中間、ACLのみタイトルの可能性を残し、リーグは来期ACL出場権を得る目標が数字上は残っているものの、順位は8位であり4チームをごぼう抜きしなくてはならないという難しい状況に置かれているこの試合。思い切ってターンオーバーしてくるかと思ったが、怪我明けの柏木、宇賀神を温存した他はほぼ現状のベストメンバーだった。 試合は開始早々、あっけなくDFの裏 [続きを読む]
  • 2017天皇杯ラウンド16 vs鹿島
  • 一時は2点差を追いつくも、突き放されて敗退。 熊谷から相乗りしたタクシーの中で、一緒に乗った方がスマホで経過確認し「もう先制されてます・・・」。スタジアムに到着したのは前半30分頃。ゴール裏メイン寄りの端っこに入らせてもらった。スタメンに長澤、高木、矢島を起用した若い布陣は、試合後のインタビューで鹿の選手が「浦和は連戦でメンバーを落としてきたから燃えた」と語っているが、中2日&野戦病院状態の中で、調子 [続きを読む]
  • ACL2017 準々決勝第2戦 vs川崎フロンターレ
  • 済州戦に続き、今年2回目のミラクル!! 1stレグを1-3で落とし、勝ち上がりの条件は2-0または3-1で延長、4-1以上で90分以内。round16の済州戦に比べればアウェイゴールをとっているとは言え、相手はリーグで2位につけている好調川崎。厳しい状況で迎えたこの試合だった。 布陣はリーグ前節柏戦とおなじ4-1-4-1で、出場停止の武藤のところに故障明けの柏木、CBにこちらも怪我明けのマウリシオが入り遠藤が外れた他はスタメンも同じ [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第25節 vs柏レイソル
  • 新布陣で臨んだが結果が伴わず。 スタメン発表を見たとき、すぐに4-1-4-1とは気づかなかった。だから、キックオフでラファが右サイドに立ったときも「まじか?」と呟いてしまった。だが、他の選手の適性を考えるとこのフォーメーションはそれほど奇抜ではない。もともとミシャ式のときも攻撃時は4-1-5の形だったのだから、堀4-1-4-1と親和性はあるのかもしれないと思っていた。だがラファをWGに起用した時点で、守備時に両翼が最 [続きを読む]
  • 2017ルヴァンカップ 準々決勝第2戦 vsセレッソ大阪
  • 第1戦でアウェイゴールを奪えず0-0で終わり、うちは0-0で90分を終えるか、相手を上回ることが必要で、不利な状況で迎えた第2戦。代表戦で山口、杉本を欠くとはいえ攻撃力に優れるセレッソを無得点に抑えて狙って0-0に持ち込むプランは現実的ではなく、シンプルに90分で勝利することを目指したと思う。 うちも怪我人、代表選出でベストメンバーを組むことができず、今期の中では「特殊な」先発となった。GKは代表選考に漏れた西川 [続きを読む]
  • ACL2017 準々決勝第1戦 vs川崎フロンターレ
  • 現時点の力の差がはっきりあらわれたスコア。いや、この程度で済んでよかったか。それぐらい、圧倒的な差を感じた。 ウォーミングアップで柏木が故障し、急きょスタメンを変更し青木が出場。ゲームプランは、アウェイゴールを奪うことを重要視していたと思うのだが、前半は我慢の展開で後半勝負だったのだろう。だが、前半守備がこらえきれず、川崎の圧倒的ポゼッションから右サイドを中村に抜け出され、中央で小林をフリーにして [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第23節 vsFC東京
  • 雨中の接戦を制して連勝。 自分にとってはアウェイで惨敗したセレッソ戦以来の久しぶりの参戦。その間に監督交代、関根の退団、マウリシオ獲得と色々なことがあり、リスタートするような気分だった。 テレビでは見ていたけれど、整理された守備に対して、前線のコンビネーションは復活するか?新戦力のマウリシオは?関根の抜けたサイドは?など、気になるポイントが色々あった。 まずはマウリシオ。新加入ながら堂々のプレーぶり [続きを読む]
  • ひとつの時代の終わり、そして始まり
  • ミシャの解任が発表され、後任は堀さんが(代行ではなく)監督に就任した。私は、川崎戦で自らのサッカーを放棄し、そして敗れた時点で交代すべきだと思っていたので、遅すぎた人事だと思う。あのタイミングで自ら身を引いてくれていれば、札幌戦の無様な交代失敗を見ることもなかっただろうし、ミシャは未来の浦和のための選択をしてくれたと、美しい思い出の中で送り出すことができただろう。 だが、そうはならなかった。解任さ [続きを読む]
  • 巻き返しの糸口はあるか?
  • 今年、いったいどこからおかしくなったのか、ターニングポイントになったのはどの試合だろうかと、自分のブログを読み返してみたら、ネガティブな感想ばかりで嫌になってきた(苦笑)そこで、浦研の選手の試合後コメントをざっと遡って読んでみた。 負けが始まったのは4/30大宮戦なのだが、この試合では概ね「決めるべきところで決めきれなかった」とコメントしている選手が多い。続く5/4鹿島戦でも「もっとリスクをかけて攻撃す [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第22節 vsセレッソ大阪
  • 得たものは何一つない完敗。この試合に勝っていれば首位と6差、まだ先に望みが繋がるはずだった。好調のセレッソに対して、先制できればわからない・・・と思っていたが、試合開始直後に立て続けに2点を奪われる最悪の展開。その後ラファとズラタンのコンビネーションで1点返したがさらに2点を奪われる。前半終了間際に1点返し2点差にしたものの、内容はそれ以上に差があった。 宇賀神、森脇を下げて駒井、那須を投入した後半開始 [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第13節 vs川崎フロンターレ
  • この監督は、一番やってはいけない選択をして、負けた。 素人が考えても川崎相手に急造4バックが通用するとは思えない。そして漫画のようにCBの間を割られて前半に2失点。 後半に3バックに戻してから勢いを取り戻したが、PK献上で万事休す。遠藤の一発レッドは今年からの三重罰廃止ルールに反するのではないかと思ったのだが、そんなこともどうでもよく感じる。 たしかに終始及び腰だった選手たちにブーイングする気持ちはわか [続きを読む]
  • 2017J1リーグ 第17節 vsサンフレッチェ広島
  • シーソーゲームを制して連敗脱出。 前半はお互いにチャンスが作れど決めきれない展開。広島は1トップの皆川が前から当たってくるが、シャドウが組織的に追い込んでくるわけでもなく、比較的余裕をもってビルドアップできていたが、広島は守備時5バックで守るので、うちはワイドを使ったサイドチェンジを繰り出せない。だんだん守備と攻撃の距離が離れていく悪い展開。そんな中、この日シャドウに入った柏木が低い位置からロング [続きを読む]
  • 浦和西高サッカー部、全国大会へ
  • レッズと(あまり)関係のない日記になります。 自分の母校がインターハイ県予選の準決勝に出場。埼玉からは2校が全国に進出するので、この試合に勝てば進出決定。西高はかつての強豪だったが、もう何十年も全国には届いていない。特にインターハイは一度も出場していない。悲願達成の場面を見たくなり、埼スタ第3グラウンドへ行ってきた。 スタジアムに着いたのはキックオフ直前。意外と観客が多い。1000人以上はいたのではない [続きを読む]
  • 第97回天皇杯 2回戦 vsグルージャ盛岡
  • 一発勝負のトーナメントはまず勝つことが大事なのはわかるけど、なんともすっきりしない勝利。 盛岡は2つ下のカテゴリながら勇気をもってラインを高く設定し、果敢に前からプレスをかけてきた。前半は盛岡のほうがシュートチャンスを作れていたように思う。 うちの攻撃はパスミスの連続で連携がまったくかみあわない。ふだんベンチに入れない選手たちは思うところがあったはずなのだが、気迫が空回りというわけでもない。 今日特 [続きを読む]