南/北 さん プロフィール

  •  
南/北さん: 南/北 浦議SNSの続き
ハンドル名南/北 さん
ブログタイトル南/北 浦議SNSの続き
ブログURLhttps://ameblo.jp/nam-boku/
サイト紹介文遅れてきたピンサポの浦和レッズ観戦記を中心につらつらと書こうと思います。
自由文備忘録代わりにスタジアム参戦したときは
細かく日記を書くようにしてます。
TV観戦のときは感想程度。

2017年4月末に、浦和レッズサポーター専用SNS
「浦議SNS」が閉鎖となったため同じHNでアメブロに引っ越しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2017/05/02 22:01

南/北 さんのブログ記事

  • 2018J1リーグ 第29節 vsベガルタ仙台 ユアスタ
  • 先制するも追いつかれ連勝ストップ。 3連勝中と言っても、諸々課題があるなかで迎えたこの試合。勝てば上位の結果次第で4位まで可能性があった。 一方仙台は連敗中で、戦術に手を加えなくてはならない状況で梁勇基、関口が先発、フォーメーションもいじってきたようだ。 前半のうちの攻撃は、主に右の橋岡サイドから。中盤ではボールが動くのだが、柏木が下がり気味で攻撃に関与する回数が少なく決定的な場面は作り出せない。 仙 [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第28節 vs柏レイソル 埼スタ
  • 雨中の接戦を制して3連勝! うちは勝てばACL出場権に近付くモチベーションをもって臨んだ試合だったが、対戦相手の柏は残留争いの真っただ中。戦力を考えると、そうそう下位に沈むようなチームではない。手強い相手だな、と思っていたら想像以上だった。残留にかける執念からか、柏の攻守の切り替えが速い。というかうちの切り替えが遅い。先制された場面も、柏の速攻を槙野がなんとか遅らせたのに他の選手の帰陣が間に合わなか [続きを読む]
  • エクセル
  • 日中、仕事で必要になりエクセルの計算式をググっていたところ 計算例にこんなのが(笑) しばらくの間、特に疑問を持たずに読んでから ・・・ん?(笑) 今度の日曜日はどうぞ休んでください。 [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第27節 vsヴィッセル神戸 埼スタ
  • 4-0の完勝で連勝! 久々の前売り完売となったこの試合。試合前の話題はもっぱらイニエスタばかりだったけど当人は怪我の様子で欠場。神戸は前節終了後に吉田監督を解任したが新監督は登録だか契約だかの都合で今節には間に合わず代理監督が指揮をとった。イニエスタを獲得したからなのか、縦に早いサッカーからポゼッションサッカーに改造中の監督交代。しかも新監督の志向するのは吉田監督が用いてた4-1-2-3ではなく4-2-3-1らし [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第25節 vsセレッソ大阪 埼スタ
  • 逆転負けで2連敗。3試合で9失点。 試合前の豪雨で30分遅れで開始となり、駆け込みなることを覚悟していたけど余裕をもってスタジアム到着。席を確保してすぐにMDPを買いに行ったら210付近でファブリシオの新チャントを練習していた。加入して3か月にして早くも2つ目。サポーターの信頼度の高さであり、悪く言えばチームもファブリシオ頼りになっていることの現れなのかもしれない。 ところが試合開始直後、そのファブリシオが [続きを読む]
  • 第98回天皇杯 ラウンド16 vs 東京ヴェルディ 熊谷陸上
  • 辛勝ながらベスト8進出。ACLへ一歩前進。 リーグ前節から中2日、リーグ次節まで中3日の日程で迎えたこの試合。一部ターンオーバーを予測していたが、槙野以外は後半戦の主力で構成。ACL出場権獲得にはリーグで3位以内に入るよりこの大会で優勝する方が近いという算段だろうか。槙野はサブにも入っておらず、怪我でなければいいのだが。 ところがこのスタメンで臨んだにもかかわらず、前半はヴェルディの方が押していたように思う [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第22節 vsジュビロ磐田 埼スタ
  • 久しぶりのお祭り騒ぎで快勝。 日中は連日の猛暑で、覚悟してスタジアムに行ったら南から北に向けて強く吹く風のおかげで意外と涼しかった。ただ試合はこの強風の影響で、前半は特にパスの距離が合わず、両チームともに苦労しているように見えた。 うちは前半、磐田のディフェンスラインの裏を狙っていくつか好機を作ったが決定的な場面には至らず。守備では川又に空中戦でほぼ競り負け、たびたび苦しい場面を作られていた。いい [続きを読む]
  • W杯の感想
  • いまさらって感じのタイトルですが。 昨日の長崎戦の帰り道。不可解判定以上にムカムカしたので、たまにはブログで毒吐かせていただきます。 日曜の夜は駅から自宅までの最終バスに間に合わないのでタクシーを使って帰ったところ。 運転手さんから「今日、レッズ勝ちました?」と聞かれました。 以前はよくあったシチュエーションだけど、最近は珍しく「引き分けでした。勝てば4位だったんですけどねー」と答えたら「最近Jリーグ [続きを読む]
  • 2018Jリーグ 第20節 vs V・ファーレン長崎 埼スタ
  • 今年2回目の対戦はスコアレスドローで3連勝ならず。 今年J1に昇格してきた長崎は、順位こそ苦戦しているがけっこう上位を食っていて、油断がならない相手。中3日で猛暑の中の試合、簡単にいくはずがないと思っていた。 長崎はうちと同じ3-4-2-1でミラーゲームの様相。長崎の選手で目を引いたのが新加入のDFヨルディ バイス。裏にスペースがあるかと思えば、さっとそこをケアし後ろを注視しているかと思えば、いざとなるとボランチ [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第19節 vs川崎フロンターレ 埼スタ
  • 強敵川崎相手にダブル!超気持ちいい! 中3日で迎えたこの試合。川崎は台風で前節が延期になったので休養十分。体力的にハンディキャップがある中で、スタメンは前節と同じ。首位広島相手に完勝したあとだけに、下手に動かないのは定石だろう。 予想とおり、川崎がボールを持つ時間が多い展開。うちは中央を固めているところへ、川崎はご丁寧に中央突破を再三試みる。危ない場面も作られたが、今日は西川が大当たり。今年の序盤か [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第16節 vs名古屋グランパス 埼スタ
  • 久しぶりのブログになります。 W杯もけっこう楽しんで視聴してたのだけどやっぱりレッズの試合の力の入り方とはかなり差があります。 というわけで、リーグ再開初戦は3−1で勝利。試合前の順位では最下位名古屋とそれほど勝ち点差がなく残留のためにも負けられない、という位置づけだったかもしれないことを考えると文句のつけようのない結果だと思う。 内容的には、ポゼッションを名古屋に与えながら、攻めるときは攻めてCKを [続きを読む]
  • 2018天皇杯2回戦 vs Y.S.C.C横浜 駒場スタジアム
  • こんな直輝が見たかったんだ。 仕事帰りに駆けつけたが、スタジアムに着いたときは既に前半20分過ぎ。自由席左側コーナー付近のほぼ最前列へ。もう少し上の方で見れば見やすいのだろうけど、試合途中でうろうろするのも申し訳ないし、ポンチョでしっかり武装していたこともあり、こんなときでないと行くこともないであろうエリアを選択。 (この写真は試合終了後) とにかく早く試合に入ろうと、目を凝らしてフォーメーション [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第15節 vsガンバ大阪 パナソニックスタジアム
  • リーグ戦は2戦連続のスコアレスドロー。ここまで下位に低迷する両チームの試合だったが、どちらも前から積極的にボールを奪いに行くので手に汗握る試合になった。だがいかんせん、どちらも攻撃の攻め手を欠く。こいつにボールが渡ったら怖い、という選手がどちらにもいない。それでもうちはサイドから、脚は長沢のポストプレーから好機を作っていたが、得点には至らなかった。 この試合も最初の交代カードはマルティノス。宇賀神 [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第14節 vs サガン鳥栖 埼スタ
  • 攻めても攻めてもゴールが遠くスコアレスドロー。 主力を欠き下位に沈む鳥栖は、アウェイで必死の勝ち点1を狙ったか。5バックに3ボランチで序盤からガチガチに引き籠り。圧倒的なポゼッションで攻め続けたが、なかなかシュートまでもっていけない。鳥栖の守備陣もそれなりに崩れていたので、攻め方は間違ってなかったと思うけど、シュート前のあとひとつのパスが50cmから1mぐらいずれる。このへんは、まだ練習が足りてな [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第13節 vs 鹿島アントラーズ 鹿スタ
  • 0-1で敗戦。連勝ならず。 一昨年、優勝をかけて争った鹿島と、お互いに二桁順位に沈んだ状態で対戦となった。去年の対戦もことごとく敗れたせいか、鹿島が低い位置にいると言っても、どこが悪いのかよくわからない。興梠と監督にとっての古巣対決という面がクローズアップされていたが、そういうこと抜きにして鹿島には負けたくない。 うちのスタメンは、川崎戦で負傷したナバウトのところに武藤が入った他は川崎戦と同じ。中2日 [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第12節 vs 川崎フロンターレ 等々力
  • オリヴェイラ体制で待望の初勝利はディフェンディングチャンピオンから。 仕事帰り、スタジアムに着いたのはキックオフを10分ぐらい過ぎていたか。空席は見当たらず、2階の最上段へ。なんとか視界を確保できたのがここ。 右側タッチライン付近は、この柱の右側へ移動し背伸びをするとなんとか見える程度。なので、今日は参戦記などと呼べるものではなく、印象程度にしておきます。 川崎が自らの強みを信じてポゼッションにこ [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第11節 vs 湘南ベルマーレ 埼スタ
  • オリヴェイラ監督ホーム初戦に敗れリーグ2連敗。 右CBに遠藤が入り、久しぶりの直輝先発で阿部ちゃんとボランチを形成。ここまで出番の少なかった直輝が、今のチームに変化をもたらすことを期待したが、結構持ち味を出していたと思う。あちこちでボールを受けては散らし、守備でもかつて悪い癖だった当たりすぎることもなく、いい動きだったと思う。 予想外だったのは湘南の戦い方で、守備時に食いついてこないものだから、直輝 [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第10節 vs 柏レイソル 日立台
  • オリヴェイラ初陣は0-1の敗戦。戦前のインタビューで、就任から期間がないので中断期間までは3バックを踏襲すると明言していたとおり、前節からはCBの阿部ちゃんをマウリシオに入れ替えただけで、他はおなじスタメン。だが、わざわざ手の内を明かす必要があったのだろうか、と思うほど柏にうまく嵌められた感じがした。特にトップ下に入った中川がFWよりも前からチェイスしてくるのには面食らった。右に、左に走る走る。挙句 [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第9節 vs コンサドーレ札幌 埼スタ
  • 今年のリーグ開幕前から、この試合は楽しみだった。ミシャ率いる札幌が、浦和とどんな試合をするのか。 ところがこの試合は大槻監督が采配をとる最後の試合となった。大槻監督は選手たちに「ストーリーを乗っけるな」と語っていたようだがサポーターとしては特別な思いを持たないわけにいかない。瀕死のレッズを蘇らせ、無敗でラストゲームを迎えるのだから。 スタジアムへ向かう電車ではスカパラの仁義なき戦いをウォークマンで [続きを読む]
  • とりあえず借りは返した
  • 今日はいつものバーで観戦。 勝ち点0なら予選敗退もあったこの試合。ホームで4−1食らった借りを返すまでには至らないが勝ち点は奪い返した。さらに同グループの名古屋広島の結果のお陰でなんとグループ首位に。とにかく勝ち点をひとつでも多く積み上げることが命題の大槻レッズ。この結果は上出来でしょう。 マルティノスがエンドラインまでボールを追ったとき浦和サポーターに拍手を促す大槻監督。もはやコールリーダー(笑) [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第8節 vs 清水エスパルス 埼スタ
  • 大槻体制になってリーグ3連勝! 連戦が続く中、今回の布陣はリーグ戦3試合連続となる3-4-1-2。どうやらこれが今のベストチョイスのようだ。メンバーは前節から青木→阿部ちゃん、岩波→マウリシオで他は同じ。次が中2日のルヴァン脚戦なので、ここで全面ターンオーバーする算段なのだろうが、前2試合連続スタメンの菊池、前節足を攣っていた橋岡の両WB起用に少し不安を感じていた。 ところがこの二人が躍動し、共にアシストとなる [続きを読む]
  • 2018J1リーグ 第6節 vs ベガルタ仙台 埼スタ
  • ようやく今季リーグ初勝利。監督交代から最初のリーグ戦、この大事な一戦でとった布陣は3バック。前列は武藤興梠の2トップ気味で3-4-1-2でトップ下に柏木。平川が久しぶりに先発、右WBに入った。配置がほぼミシャ式なら、攻撃パターンもミシャ式で、今年ほとんどみられなかったワンタッチショートパスの連続、斜めの裏スペースへパスなど、懐かしくも迫力ある攻撃だった。早々の先制となった興梠弾は、下がり気味で受けた武藤から [続きを読む]
  • 心機一転
  • 今夜は銀座のいつものバーで観戦。平日アウェイに駆けつけたサポーターには頭が下がります。 この状況で迎えたカップ戦、スタメン全員入れ替え。そりゃそうだ。 結果はスコアレスドロー。でも今年一番見ていて楽しかった。奪ってからのファーストチョイスが縦の楔、フリック、ワンタッチパスも解禁。何より普段控えの選手たちが、必死に戦う姿には胸を打たれた。正直、致命的なミスもいくつかあって、相手がベスメンだったら難な [続きを読む]