SHOTA さん プロフィール

  •  
SHOTAさん: SHOTABI 世界一周しますよ
ハンドル名SHOTA さん
ブログタイトルSHOTABI 世界一周しますよ
ブログURLhttp://shoutabi.hatenadiary.jp/
サイト紹介文英語の話せないビール大好き27歳 愛知県小坂井町産グローバルニートが西回りで世界一周へ
自由文2017年4月10日より世界一周開始
自由気ままにあっちに行ったり、こっちに行ったり
旅して巡り合う景色、人、モノ、出来事、時間、感情など、すべてを自分の言葉で書いていきます
ごちゃごちゃのブログですがよろしくお願いします

現在はヨーロッパ(トルコに寄り道中)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 189日(平均2.6回/週) - 参加 2017/05/03 05:05

SHOTA さんのブログ記事

  • 緊急帰国してますよ 〜ピンチをチャンスに変える男〜
  • 旅めちゃくちゃ続けたいですめちゃくちゃ悔しいですめちゃくちゃへこんでますめちゃくちゃ情けないですそうです。世界一周、道半ばにして急遽日本に帰っています。11月1日に決まり3日に帰国しました。理由は本当にアホなことで「キャッシュカードのキャッシュ機能が使えなくなったため、現金がATMでおろせなくなったから」どうにかならないもんか数日間考え、調べに調べたけど僕のツルツルで小さな脳ミソではgoodなideaは出るはず [続きを読む]
  • アジアとヨーロッパの交差点、不思議な街【イスタンブール】
  • ブルガリアの首都ソフィアからトルコの観光地イスタンブールへバス移動20時30分発のバスに乗り所要10時間程度(45〜50レイ約3000円)トルコへのバス移動では国境にてパスポートにスタンプが押されますなんか新鮮でよろこんでしまいました国境では僕と韓国人の女の子2人が審査官に呼ばれ、個別で質問されたまあ内容はいつものように「何しに?泊る所は?トルコの後はどこ行くの?帰りのチケットは?」と簡単なもの「帰り [続きを読む]
  • 「ブルガリアといえばヨーグルト」というのは日本人だけ
  • 午後12時30分と言っていたのに12時15分にベオグラードを出たバスはニーシという街で一度乗り換え、20時にブルガリアのソフィアに到着。ソフィアでもヤギくんと合流。どんだけ好きやねん。ここまで来るとほとんどルート同じなのね。だってルーマニア行けなかったんだもん。そんなわけでヤギくんと世界遺産のリラ修道院へデート。メインバスターミナルとは違うよくわからんバス停から9時頃のバスで出発片道4時間かけて13 [続きを読む]
  • 天使と悪魔が話しかけてきた(ベオグラードの最新プチ情報あり)
  • サラエボからベオグラードへのバスが朝6時1択だったので5時起きして当日チケットを買い、出発。3000円ほど。バスの中では熟睡。ベオグラードに到着したのが11時ごろ。とりあえずATMへ、、、あら?カードが使えない。ムムッ!limit?おいっ!まじか!利用制限で10月中ATMでお金が下ろせないことが判明。どないしよ。とりあえず手元にあった20ユーロを両替。宿代2泊で10ユーロ。なんとか屋根は確保。でもこの先どうし [続きを読む]
  • モスタルからサラエボへ [第一次世界大戦きっかけの場所]
  • 知らない土地に来てマックがあるとなぜか安心するのは日本人だけなのだろうか。朝7時頃モスタルを出発し、サラエボに13時頃到着。思ってたよりも栄えてそうサラエボってなんか聞いたことあるなーと思って調べてみたら第一次世界大戦の引き金となった場所だったオーストリアの偉い人がボスニア人に暗殺されたのがきっかけで戦争に発展した俗に言う「サラエボ事件」ってやつ。小学生の頃なんとなく習ったのを思い出 [続きを読む]
  • モスタールからドブログニクへ日帰り旅行してみた
  • ドブログニクと聞いてピンと来た人はジブリ大好き人間認定そう、ドブログニクは映画「魔女の宅急便」のモデルになったとも言われているとか言われてないとか昔、魔女の宅急便をビデオテープが擦り切れるまで見ていた僕にとっては行かないといけない場所。絶対行きたいと思って調べてみたら、ドブログニクってすごく変な場所にあるんですねスプリト方面から行く場合、クロアチアなのに陸路で行くと一度ボスニアの国境を [続きを読む]
  • 来てみたら、好きになるかも、【モスタール】
  • まず言いたいのは「モスタル」っどこやねんということモスタルはボスニアヘルツェゴビナのいっちゃん下の方にある小さな町この町のシンボルともいえる橋「スタリモスト」が世界遺産に登録されているなぜこんな変哲もない橋が世界遺産登録されたのかというとボスニア紛争が勃発した際、ここモスタルも戦場となりこの橋は壊れてしまった実際に今でも街のいたるところが破壊されているままであったり、銃弾の後?戦争の跡?な [続きを読む]
  • ブダペストの夜景とセンテンドレ日帰りデート
  • ブダペストの夜景はとても素晴らしいとチャン君が言っていた特に「漁夫の砦」からの景色がいいよとのことなので行ってみた夜景だけでなく漁夫の砦そのものもライトアップしていて美しきかな夜景とあって周りにはカップルばかりあっちでキッス、こっちでキッス日本人の僕からしたら目のやり場に困りますわ!なんとなく虚しくなるよね・・うん漁夫の砦から見た国会議事堂国会議事堂をライトアップしちゃうなんて考えら [続きを読む]
  • スロバキアの首都名前覚えにくいねん!
  • そうスロバキアの首都は「ブラチスラバ」ブラスチラバなのかプラスチラバなのかもうワケわかめまあバスステーション行ってチケットセンターで適当にそんな感じのニュアンスで伝えてもわかってくれるので全然問題ないていうか国名もスロバキアとスロベニア紛らわしいわ!どっちか名前変えんかい!と突っ込みたくなるのは日本国民の悩みの種。そんなことはどうでもよいとしてブラチスラバはオーストリアとの国境にとても [続きを読む]
  • ビール天国プラハ ビールが水よりも安いのは本当でした
  • もともと海外に興味がなかった僕でも「ヨーロッパは水よりもビールが安い」ということは耳にしたことがあった。噂では聞いていたが実際のところ大げさだろうと思っていた。結論から言うと水よりビールの方が本当に安い(高いビールは高い)まあ安いと言っても10円20円くらいの差なんだけども一般的なチェコのビールKOZEL,ピルスナーなんかは安いしうまい個人的に好きなのはKOZELの黒ビール外食は高いのでスーパーで買った [続きを読む]
  • 古都リヴィウでイモになる、イモになったら豚になる
  • 無事に愛のトンネルからリヴィウに帰還したリヴィウにいるときは8割くらい雨が降っていたのでほぼほぼ宿でイモっていた。泊まっていたホステルは「Hostel Leosphere」Google マップなんと1泊400円という東南アジア並みの価格で宿の質も最高にいい。キッチンも使えるしきれい、コーヒーも飲み放題そりゃ誰でもイモるわイモったおかげで太ったわ。だってウクライナのご飯、安いしうまいんだもんさすがに豚にな [続きを読む]
  • ウクライナの首都キエフで「財布落とし詐欺」の刑にあう
  • モルドバのキシナウから21時発の夜行バスでキエフに向かう国境で見た星空がクソきれいだったけど写真は撮れず。ちなみにキシナウからキエフに行くには前回紹介した「沿ドニエステル共和国」を通過するつまり出国スタンプが押されない。これにはまじで焦った。バスで横の席だった美女に聞いたらそれが普通だから大丈夫なんていうもんだからすっかり信じるよね。実際なんもなくやっていけてるから大丈夫なんだろう。そし [続きを読む]
  • 飲ま飲まいぇい!の国モルドバと非承認国の存在
  • モルドバの首都は「キシナウ」バスターミナルに到着し、いつものように歩いて宿まで向かう一応何か観光するとこないか事前に調べてみたけど、本当に何にもないらしい。モルドバはヨーロッパ最貧国で国民性でとてもおとなしいらしい余談だと、「恋のマイアヒ」で一躍時の人となった「o-zone」ていうグループの出身国らしい。のまのまいぇい!のやつねめちゃくちゃ懐かしいそれくらいの情報しかない。マーケット的なとこ [続きを読む]
  • 美人大国ウクライナ 初めてのヨーロッパでケバブにハマる
  • インドから飛行機でウクライナの港町「オデッサ」へ飛んだ僕はその質素さに驚愕したオデッサの空港はその辺のローカルバス停と何ら遜色ない簡素なつくりそしてその周辺もイメージとは違う田舎町。宿まで約5キロの道のりを1時間30分かけてのんびり歩く。そして宿のある街の中心に到着一旦宿に荷物を置き恒例の街歩き開始うむさすがに栄えてきたといっても家がたくさんあるだけただその「あるだけの家」が初 [続きを読む]
  • アジア最後の秘境ハンピで岩登り
  • ハンピに到着泊まる宿は「カラヤンゲストハウス」なんとこんなところにも日本人宿世界中どこにでもありますねー特にインドは多い気がする宿まで歩いていると楽器を鳴らして歌を歌って歩く少年少女たちを発見今日は8月15日この日は日本では終戦記念日ここインドでも今日がインディペンデンスデイで祝日らしい街をあげてのお祭りなんだとか。どこの国でも子供が練り歩いてワイワイガヤガヤするのはなんだか町が明るくな [続きを読む]