湘南カープ男子 さん プロフィール

  •  
湘南カープ男子さん: 湘南カープ男子
ハンドル名湘南カープ男子 さん
ブログタイトル湘南カープ男子
ブログURLhttp://shonancarpboy.seesaa.net/
サイト紹介文広島出身、湘南在住、初優勝からすべての優勝をリアルタイムで知るカープ男子が熱く語る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 156日(平均5.7回/週) - 参加 2017/05/03 17:59

湘南カープ男子 さんのブログ記事

  • 大打撃!琢朗コーチと河田コーチが退団
  • 「広島東洋カープは5日、1軍の石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備・走塁コーチ(49)が今季限りで退団すると発表した。」あまりにも痛すぎる。優勝の立役者、大功労者が去って、黄金時代は2年で終わりか。退団すべきコーチは畝じゃろうが!カープが優勝できたのは、石井琢朗打撃コーチと裏投手コーチの黒田のおかげ、さらに強化したのが河田コーチ。石井琢朗は革命的にカープ打線を進化させた。琢朗コーチがいなかった [続きを読む]
  • 先発投手は中6日について
  • 大瀬良が10勝して、2桁勝ち星3人目になったが、夢の10勝クインテットは絶望的となった。そもそも、先発の登板回数が少ない。いつのころからだか、先発は中6日100球6イニングが、普通になっているが、その分リリーフ陣の仕事が増えて、仕事少ない先発、登板過多のリリーフになっている。昔は先発は中4日が当たり前、大昔はさらに、先発が抑えもやっていた。それでも、昔のほうが、長く安定して活躍した投手が多かったような気がす [続きを読む]
  • ノムスケの10勝消えて、サヨナラ負け、最悪
  • なんで、8回にブレイシアを出すか!ノムスケの10勝が消えたじゃないか!成績から見たら、今年のエースは薮田だが、シーズンを通して、エースの役目を果たしたのは、まぎれもなく、ノムスケだった。今期は勝ち運に恵まれなかったからこそ、なんとしても10勝をつけてやりたかった。なんで、勝ちパターンの継投をしないのか。同点に追いつかれてから、中田廉が出て来るほんまに、畝のバカたれが。独走カープは無敵にみえるが、この無 [続きを読む]
  • 今日の殊勲は菊池のファインプレー
  • ついに、薮田が15勝。丸、松山、バチの頼れるクリーンアップが3打点。今日の殊勲は、7回の菊池のファインプレー。1点差の1死1,2塁から、坂本の当たり、打った瞬間、センターに抜けたかと思ったら、菊池が捕って、得意の空中スローイングからのダブルプレー。同点タイムリーが、併殺で終了だから、巨人は、さぞ凹んだことだろう。プロ初打席の坂倉、平凡はレフトフライだったが、なんか打ちそうな雰囲気の構えはしていた。ひとつ気 [続きを読む]
  • 強化試合第2戦は快勝!
  • 今朝の中国新聞は、優勝後の試合は、消化試合ではなく、強化試合だと、その通り。丸、マツコ、バチのクリーンアップの活躍、そして、中村祐太が5勝目!Gに勝つのは、どんなときでも気分がええ。バチスタが調子を上げてきた。CS、日本シリーズのラッキーボーイになる予感がする。中村祐太が来年が楽しみだね。まだ、他の投手に比べると、体の力強さに欠ける。オフにもっと体を鍛えて、大卒ルーキー相当の歳になる来期、10勝してブレ [続きを読む]
  • 凱旋試合に、
  • すでに優勝決まった後とはいえ、地元凱旋試合に、なんじゃ。初回は最高だったが、逆転されてからは、まるで、無気力試合のようだった。球審も八百長レベルにひどかったが。まあ、いい。CS、日本シリーズに向けて、主力は、しっかり休養、調整してもらって、その代わりに、どんどん若手を使ってくれ。それでなくとも、選手層が厚すぎて、出番が来ないのだから。優勝の場内1周は、ええね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 緒方が泣いとるでー
  • われらがカープが、見事セリーグ連覇を成し遂げた。バンザイ、バンザイ、バンザーイ!優勝の瞬間、ベンチでタオルで顔を拭うやつが、誰かと思ったら緒方じゃないか。おー、こいつ泣いとるでー。ファンは去年の優勝シーンを当然覚えているだろう。黒田が新井と抱き合って号泣しているのを、緒方が「おー、泣いとるでー」と指さしていたのを。連覇なのに、なんで緒方が泣いとるんじゃ。それにしても、1点差のしびれる試合だった。今 [続きを読む]
  • 工藤監督がサファテに謝罪で絆
  • カープより一足早く、リーグ優勝を決めたソフトバンクについて、こんな記事が出ている。「工藤監督パ最速V キレたサファテに頭下げ絆強めた」https://news.yahoo.co.jp/pickup/6254318サファテのカープ時代にも、監督謝罪の一件があった。勝ちゲームの9回、当然サファテが出て来る場面で、当時の監督ノムケンは、何を思ったか中継ぎ要員のミコライオを起用し、結果はミコが打たれて逆転負け。サファテが激怒し、ノムケン監督が謝 [続きを読む]
  • まさかの胴上げ持越し
  • 今日の敵は、台風18号のみだったが、より台風より遠い甲子園が早々に中止に。広島は、カープ優勝をお膳立てするように、奇跡的に雨が止んだ。そして、MVP最右翼の丸が2点タイムリー、さらに、千両役者の新井さんがホームラン!誰もが、今日地元での胴上げを疑わなかったが。薮田が打ち取った当たりが、ヒットコースに転がってまさかの、同点タイムリー。そして、今村が自ら満塁のピンチ作って、犠牲フライで勝ち越しを許した。今村 [続きを読む]
  • 胴上げはおあずけに
  • バチの大活躍、今日も4番仕事の松山の活躍で、マジック1!連覇に大手をかけて、球場に居残りで、巨人阪神を見るという、これ、初めての展開じゃないか。ダメな巨人は、どこまでもダメだった。これで、土曜日のデーゲームで胴上げ、という、盛り上がるにはこれ以上ない展開となってきた。広島は、どんな騒ぎになるんじゃろ。敵は台風18号だけじゃ。いや、松田商店は、雨が降ろうが、嵐が来ようが、野球興業を強行してくれる。にほ [続きを読む]
  • M2、でも投手起用気に入らん
  • 久しぶりに、カープらしいボロ勝ちでついにマジック2。緒方・畝の投手起用は気に食わん。中村祐太は内容が悪かったが、3点勝ってるのに、なんで5回まで投げさせようとしないのか。四球出したら代えられる。球数増えたら代えられる。カープの先発投手は、相手と勝負する以前に、ベンチの顔色を伺いながら、投げないといけない。とにかく、ベンチが先発投手に辛抱できない。一方で、リリーフ投手は酷使する。8点差で勝っていて、一 [続きを読む]
  • ありゃ、負けてしもうた
  • 優勝まで、連戦連勝で乗り切るから、今日も逆転するものと思って、安心して見ていたら、見せ場も無くあっさり、負けてしもうた。とてもとても、意外な感じ。負けのきっかけとなるエラーをした西川、どうも守備には前々から不安がある。守備に不安があるから、スタメンだと打てないのか。これは、ちょっと問題だ。もともとショートが本職だから、まだサードに慣れていないのか。慣れれば上手くなるのだろうか。石井琢朗によると、サ [続きを読む]
  • 地元の胴上げは、ほぼ確定か
  • 大4番打者、松山が特大の同点2ランHR、続いて、ちゃっかり勝利打点の多い西川が、タイムリー内野安打で、予定通りの逆転勝ち。それにしても、松山が凄過ぎる。それも、たまたま調子がいいという感じではない。センター中心の打撃で、しっかり型ができている。3割3分、100打点クラスの打者になったとみてよい。誠也、ゆっくりリハビリしてくれ。8月は月間負け越しで、ちょっと前までどん底といわれたのに、気付いてみれば9連勝。負 [続きを読む]
  • 四球の数で投手を評価するな
  • 鮮やかな逆転勝ちの一方で、先発の岡田は4回4失点で降板、またも不安定さをさらけ出した。岡田はフォーム的にも、元々、制球に難のない投手だと思っていたが、いつのころからだか、突然、四球を連発して打たれて失点する悪癖がすっかり根付いてしまった。原因はメンタルにあると思うが、その根源は、投手を四球数で評価するベンチにある。岡田は、完全に四球に過敏になっている。過敏になっているから、逆に四球を出し、球を置きに [続きを読む]
  • 松山、チャンスに強過ぎ
  • 目標の無いチーム、中日が相手だから、前半2点リードされても、逆転は時間の問題、さあ、どういう形で逆転するかと見ていたら、今日はスタメンの岩本が逆転3ランHR!岩ちゃんが打つと、なんか嬉しいねえ。広島出身だし、あの漫画みたいな顔がええ。さあ、これをきっかけに、カープの大砲となるか。あののんきそうな顔を見ると、やっぱりなれないか。松山のような、ギラギラしたものが見えんのじゃ。その松山が4打席連続タイムリー [続きを読む]
  • 今年のエースは薮田
  • 薮田が今期2度目の完封で14勝目。一流の証である15勝目に大手をかけた。なんといっても、抜群の安定感。KOされたこと、あったかいの?大学の実績ゼロの薮田が、ここまでの投手になるとは。ジョンソン、野村はパッとしないなか、いまや完全にエースとなった。薮田の特徴は、テイクバックの小さいフォームから投げ込まれる剛速球。たぶん故障経験があるので、ああいうフォームになったのだろうと思うが、肩の動きが小さく、腕のしな [続きを読む]
  • 安部は大化けするのか
  • そういえば、この3連戦は首位攻防の天王山だった。結果は3連勝、えてしてこういうもんだが、それも全部逆転勝ち、サヨナラ2戦含む。マツダスタジアムでよかった。これが甲子園なら暴動もんじゃった。今日も松山と安部がひっくり返した。丸と合わせて、勝負強さ最強クリーンアップトリオじゃ。今日もまたヒーローの安部について。安部はタナキクマルより才能が劣るがよく頑張っとると、前に買いたが、今は阪神監督の金本のカープ時 [続きを読む]
  • 連夜のサヨナラ劇場
  • 優勝に向けて、完全に火が着いたね。会澤は、自分で決めてやる気迫が見えた。かぎりなくサヨナラ打の予感がしたよ。上本の盗塁も大きかった。阪神さん、連夜のドラマのおぜん立て、どうもお疲れ様でした。松山と安部は今日も打った。もう、完全につかんだね。結果で評価しようや、緒方監督。優勝決定まで、全勝で一気に決めよう!となると、地元で胴上げか。広島の街は、どれだけ盛り上がるんじゃろ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年のインパクトNo1試合か
  • 今日は、とにかく、安部、安部、安部に尽きる。勝ち越し打+勝ち越し打+逆転サヨナラHR!同級生のタナキクマルに比べると、才能に劣る選手がよく頑張っとると見ていたが、いや、ここまでの選手になるとは。神宮での新井さんの代打逆転HRを超えたか?マジック12点灯だから、やっぱり超えた。今シーズンNo1インパクトの試合、優勝を確実にした試合として、記憶されるだろう。野間も、今日はいい仕事をした。特に、9回の内野安打。 [続きを読む]
  • 予定通りヤクルト3タテで、安全圏で首位攻防戦へ
  • 今日の試合は極めて大事な試合。来たる阪神3連戦を、4.5差で迎えるか、6.5差で迎えるか、今日は絶対に勝たなくてはいけない試合。そんな大事な試合に、スタメン野間。これには、ビックリと共に、怒りを覚えた贔屓の選手にチャンスをやっとる場合じゃない。貧打で負けたら、どうするんじゃ!しかし、打線爆発でそれも杞憂に終わった。打の殊勲は効果抜群の2HRの会澤だが、4番松山は、今日もしっかり仕事をした。そして、やはり、野 [続きを読む]
  • 松山、遠慮はいらん、4番宣言してよし
  • 今日も、松山の打点が結果的に決勝点。「4番は誠也、自分は4番目の打者」とか、謙虚なことを言ってはいるが、開幕前には、4番奪取宣言しとったじゃないか。もう、堂々、4番宣言してもええよ。4番誠也にチャンスが回ってきても、どうせ打てない、やっぱり打てなかったの繰り返しだったけど、4番松山の方が、ずっと期待感がある。そして、実際に期待にこたえる、ことが多い。これが、本当の4番打者。松山は、パワフルなイメージがあ [続きを読む]
  • 継投ミスに肝を冷やした
  • あそこで、ジョンソンからジャクソンへの交代はあり得ない。ジョンソンは序盤はもたついたが、中盤以降は完全に立ち直っていた。8回のピンチも不運から招いたピンチ。あそこは、エースにまかせるべき。勝負所をエースに任せて、たとえ打たれたとしても、本人もチームも納得する。若手の中村祐太ならあり得るが、エース、ジョンソンではありえない。結果的に、今村、中崎で逃げ切ったが、もしも、8回に逆転されて負けていたら、エー [続きを読む]
  • 天敵に手も足も出ず
  • 天敵田口に、またやられて、4敗目。内容的にも、手も足も出なかった。唯一の得点も、油断した磯村の一発。本気モードでは、全く打てなかった。中村祐太も3失点だから、試合は作った。中村より10?以上身長が低い田口の投球フォームの方が大きく見えて、なんか貫禄のピッチングな感じだった。すっかり、セリーグNo1左腕じゃないか。また、なんで田口を取らなかった、という話になってしまう。まあ、もしも田口がカープに居たら、巨 [続きを読む]
  • 東京ドーム全勝の快挙ならず。
  • 今日の大瀬良は前回登板に比べて、フォームに力感が無い、球威がない、いつ打たれるかと見ていたら、2回のピンチも抑えきれずに3失点。シーズンを通してだが、フォームが安定しない。今日は明らかに、ダメな日だった。相手先発が、宮國というカープならば、間違いなく1軍には入れない投手だから、まあ、5点は取れるだろう。と思ったら、早々に引っ込んで、5点取られたのは、大瀬良の方だった。新井さん、最後は残念だったけど、7回 [続きを読む]
  • やはり、西川は持ってる男だった
  • 西川はこのところジリ貧状態で、今日も一打席目は、ボール球を振って三振。バットコントロールに溺れて、ボール球に手を出す場面が目立つ。シーズン初めから、ずっとイチオシだったが、もうこのへんで、ダメ出しだなと思ったら。。。2打席目に、見事な逆転2ランHR。今日のマイコラスは手も足も出ない状態だったので、いやー、ほんまに大きな一発だった。西川は代打中心の起用だから、打席数は少ないが、殊勲打の比率は抜群に高い。 [続きを読む]