28歳宅建士 さん プロフィール

  •  
28歳宅建士さん: 28歳満点宅建士が独立開業する実況中継
ハンドル名28歳宅建士 さん
ブログタイトル28歳満点宅建士が独立開業する実況中継
ブログURLhttp://fudousandokuritsu.hatenablog.com/
サイト紹介文不動産業未経験で独立開業する起業ブログです!副業できる不動産屋を目指します。
自由文不動産屋を開業するために必要な起業情報を集めています。若手不動産屋さんとオフ会や開業相談、フランチャイズの情報収集、物件の紹介、仲介、客付けなどで協力できるネットワークを作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2017/05/04 10:40

28歳宅建士 さんのブログ記事

  • 正月ボケしていたら仮想通貨が暴落していた
  • あけましておめでとうございます。仮想通貨が暴落しています。実は、正月明けから不動産買取専門の新会社の立ち上げ準備をしていたのですが、同時に仮想通貨の投資も継続していました。ところが、今日はかなり相場が荒れてしまっています。こんな感じです汗私が投資していたのはビットコインとイーサとライトコインとモナーコイン。その他ICO銘柄をいくつか。ところが今日、ほぼすべての通貨が暴落しています。20%以 [続きを読む]
  • 土地買取事業スタート! 不要な土地は処分しましょう
  • 全国で不要な土地の処分方法に困っている人が相次いでいます。相続した土地や別荘用に購入した土地が不要になった場合、気軽に売れると思っていても、買い手が全く現れず、売るに売れない状況になっているのです。駅近や都市部ならまだ可能性はありますが、地方都市からさらに車で数時間行った場所にある土地は悲惨です。自治体への寄付を申請しても、自治体は引き取ってくれません。それなのに毎年、固定資産税ばかりが発生 [続きを読む]
  • 整地費用はいくら?不動産売買の実務
  • とある商業用地の買収案件に関わっているのですが、単なる不動産売買の域を超えて、建築方面の知識も要求されているのでとてもエキサイティングな仕事になっています。地方都市の山間部でとある商業施設の建築の計画があり、事業用地として荒地の購入をオーナーが検討しているのですが、その荒地の整地費用はいくらくらいかかるのかがとても重要なのです。不動産屋としては交通の条件がいい土地を売った・買ったで商売をします [続きを読む]
  • プロモーションモデル募集のお知らせ
  • 弊社では会社の顔ともいえるイメージモデルを募集しています。会社やサービスの宣伝や広告、プロモーションを進めるにあたり、一般募集を開始してしていくことになりました。活動の一例としては現在作成しているホームページにイメージモデルとして写真を掲載するなどです。安心感や信頼感、誠実さをアピールするためにイメージモデルとして必要な能力を有していることが応募条件ですが、自薦他薦問いません。プロでも素人で [続きを読む]
  • インフルエンザが流行中!起業家の体調管理
  • インフルエンザが流行期に入り、感染者が増加しているそうです。12月10日までの1週間で患者数は2万人を突破し、その前の週よりも7300人も患者が増えたと医療機関からの報告がありました。今後はさらに感染者数が増えると思われます。クリスマス前の買い物や忘年会など多くの人と関わる機会が増えるため、感染者数は爆発しそうです。知り合いの上場企業の社長もインフルエンザにかかり、今年の仕事はもうしないと言っていまし [続きを読む]
  • 暴騰中の仮想通貨BitZenyをCrypto Bridgeで買ってみた
  • BitZenyという仮想通貨がにわかに人気を博しているという噂を仮想通貨仲間から聞きつけ早速調べてみました。bitzeny.org仮想通貨はマイニングに専用機器が必要ですが、このBitZenyは普通のパソコンでもできるので誰でもマイニングに参加でき、すそ野が広いのが売りのようです。BitZenyで何ができるのか、ですが、これは技術者が趣味で開発しているっぽい通貨なので、この先にBitZeny愛好者がどんどん増えれば価値が上がる仕組 [続きを読む]
  • 不動産飛び込み営業のモチベーション
  • かねてからご紹介している宅建士コミュニティで、不動産営業の中でも特に難易度が高く、心が折れがちな飛び込み営業についてどうすればいいかという質問が来ましたので私なりに考えてみたいと思います。ちなみに宅建士コミュニティは下のURL先です。ブログへの質問として今回取り上げさせて頂きました!goo.gl不動産といえば、電話営業や飛び込み営業というのが悪いイメージとしてつきまといますよね?不動産営業やってるん [続きを読む]
  • ビットコインが爆騰中!ほかの仮想通貨にも波及
  • ビットコインの高騰が止まりません。つい先日1ビットコインが100万円を突破した際はとても大きなニュースになりましたが、昨日と今日でさらに高騰を続けています。180万円台を安定的に維持するようになっています。私自身も50万円台や80万円台のときに売買していましたがその際の売れ残りの0.1ビットコインがたまたま残っていたのですがそれが18万円くらいの価値にまで上がってしまっています。一瞬一瞬の相場の上下 [続きを読む]
  • 不動産屋の実務 現場視察
  • とある物件が持ち込まれました。地方都市からさらに車で1時間ほど山の中に入ったところにある人里離れた物件です。色々な面で調査したところかなりいい物件ということが判明したので、紹介者と共にすぐに現場出張することにしました。実際に目で見て確かめないとわからないこともあるからです。しかし、なんでもかんでも現場出張するわけではありません。あくまでも調べた結果として良さそうな場合に限ります。そのためこの出 [続きを読む]
  • 不動産取引は宅建士の独壇場 情報交換コミュニティ
  • 宅建士向けの交流コミュニティがとても人気です。宅建士や宅建士候補の方々から非常に好評で、登録がかなり多くなっています。個別の問い合わせになかなか返信できておらず、大変申し訳ありません。今の時点では登録者を増やして仲間の輪をつくることに専念しておりますので少々お待ちください。こういう宅建士のコミュニティには他の業界と違ってとてもメリットがあると考えています。なぜなら、不動産の世界では宅建士同士 [続きを読む]
  • 買わない決断・買う覚悟 不動産売買の実務
  • 借金をして不動産を買ったことがある人は覚えているかもしれません。物件をローンで買うというのは決断というより覚悟のほうが大きい気がします。自分の条件に合わない物件は数が多いので、買わないという判断は極めて速く行える気がします。決断というより、アリ・ナシを瞬時に判断する感じです。目の前にとてもいい物件がある場合はどうでしょう?いろいろとダメな点を探してみても、見つからない。そのとき、「買う」とい [続きを読む]
  • 忘年会シーズン突入 新入社員の成長の成果
  • 今日はお付き合いのある企業の忘年会にご招待いただきました。その会社では新入社員が忘年会の幹事をやることになっているのですが、会場手配や料理の献立の調整、出し物や企画の考案・準備、当日の社員の移動の先導、司会・運営などさまざまなことをやらなければいけないようで、かなり大変そうでした。会場は都内のイベントスペースを借り切って、準備時間や閉会後の片づけの時間まで考慮して長めに時間を予約し、料理もケー [続きを読む]
  • 明日から12月!事業計画のすすめ
  • 明日から12月ですね。年末は仕事がなぜか忙しくなります。師走と言われるのはいつの時代も同じなのが不思議ですね。年末までに一定のめどを立てようと頑張るのかもしれません。私は3ヶ月ごとに事業計画を立てることにしています。自分のことと会社のことの2つについてです。今年の4月以降ずっと自分の中では計画を立てていて、今まで全部達成してきました。しかし、10〜12月の三カ月計画はイマイチ達成できませんでした。 [続きを読む]
  • クイズを参考に必勝法を考案してみる
  • 起業に必勝法があるのか私にはわかりませんが、一般的に運に依存すると考えられていることでも、実は裏には必勝法が存在しているということを考えたほうがいいかもしれないと思うことがありました。アメリカのクイズ番組で、クイズに答えて1問正解すると番組後半のルーレットに参加する権利が1回付与されるという企画がありました。そのルーレットは人生ゲームのように、ある目にはお金がもらえると書いてあり、違う目にはそれ [続きを読む]
  • 不動産買収の実務 権利金について
  • 弊社では不動産の買い取り事業も行っています。細々とはですが何人かお客さんから物件の売却依頼が来ておりまして、買収価格の計算や支払い条件などの交渉をしています。今日は、以前買収をお断りしたオーナーさんがいらっしゃって、どうして買ってくれないのかという話になり、こちらとしてもきちんと理由があることをお伝えするために理由を申し上げました。案件規模に比べて権利金が高すぎること(個人的な感覚で言うと2倍 [続きを読む]
  • 起業と病気 予防と克服について
  • 昨日のブログがかなりの反響でした。病気と起業をテーマにしたものなのですが、意外と世の中の社長さんは病気に苦しめられているようです。fudousandokuritsu.hatenablog.com少し前に「マネーの虎」という起業家と投資家を結び付けるテレビ番組がありました。この番組を見る時はいつも自分が怒られるのではないかとドキドキして見ていましたが、起業した今ではここに出演している社長さんたちがかなりまともなことを言って [続きを読む]
  • 不動産屋も風邪をひく 起業と病気
  • だんだんと寒くなってきました。気付けば、街中ではコートを着ている人もちらほら。もともと暑がりなので夏の延長で薄着で仕事をしていましたが、周りはコートだらけで私だけ服装が一季節遅いという状況で、寒いなとうすうす感じてはいたのですが、2日前くらいから頭痛や鼻水がいよいよ本格化してきてしまいました。お客さんに風邪を移すわけにもいかないので大事を取って会社勤め時代よりも長めに休息することにしました。メ [続きを読む]
  • 不動産ローンの注意点
  • 不動産購入時にはローンを活用することが一般的です。ローンについての知識が浅いと思わぬ損失を被ることもあります。100億円の土地建物を購入するとしましょう。このうち、ローンでいくらくらいまで借りることが可能だと思いますか?もちろん、理論上は100億円ですが、ではどのように借り入れの限界を考えればよいでしょう?例えば、年間のローンの返済額が6億円だとしましょう。そのためには、その土地建物が生 [続きを読む]
  • 不動産会社で独立する 交友関係
  • 不動産会社の仕事は不動産だけでは完結しません。保険や銀行、建設関係の会社などの多岐にわたる企業と付き合って仕事をしています。そういう意味で、それぞれの業界では慣習が違うため、その慣習にとらわれずに人間関係を構築していくプロジェクトマネジメント力が不動産会社には求められます。営業だけでは不動産は成立しません。建物の建設はコストと納期がとても重要です。コストがオーバーするとその超過部分は建設会社の [続きを読む]
  • ベンチャー企業と労働基準監督署
  • 今日は労働環境の整備のために労働基準監督署に行ってきました。労基署は会社にとっては警察のような怖いイメージがありましたが、実際に行ってみると普通の役所と一緒で、建物は比較的地味で、労基署の担当者もとても親切に対応してくれました。労災は基本的には仕事中の怪我などが対象になりますが、私のような不動産会社については怪我よりも精神面などの点でケアが必要になるかもしれないのであらかじめ手続きを知ってお [続きを読む]
  • ベンチャーの働き方改革 3時退社制度
  • 弊社では一カ月に一回、午後三時に完全退社する制度を試験的に導入することにしました。今までも定時退社は励行していましたが、さらに2時間ほど早めた三時退社はかなり挑戦的な試みです。三時という中途半端な時間を社員がどう使うのかを後で教えてもらうのですが、映画や勉強、他社でのバイトなど様々なことに時間を使ってもらおうと考えています。働き方というのは本来は会社が決めるべきことではなく、最も効率がいい働 [続きを読む]
  • 不動産会社の事業承継募集中
  • 日経新聞電子版に中小企業の後継者問題について記事が掲載されていました。日本経済の活力を高めるうえで欠かせないのが、雇用の7割を支える中小企業の成長だ。ところが後継者不足が深刻で、廃業に追い込まれる例も少なくない。円滑な事業承継に向け、総合的な対策を講じるときにきている。 2025年には6割以上の中小企業で経営者が70歳を超え、このうち現時点で後継者が決まっていない企業は127万社あると経済産業省は試算し [続きを読む]
  • 先輩社長に学ぶ仕事術 プロの世界
  • 先輩社長に学ぶ仕事術シリーズその2です。先輩社長にランチに誘われて行ってみると何やら隠れ家のようなレストランに連れていかれました。日ごろお世話になっている社長さんたちを集めたランチパーティーだったのですが、そこの出席者がすごい人ばかりで恐縮してしまいました。先輩社長の仕事の関係でレストランオーナーばかりだったのですが、日本を代表するフレンチの社長などが普通に隣に座っていたりして、私なんかがいて [続きを読む]
  • 先輩社長に学ぶ仕事術 奢る技術
  • とある不動産会社の先輩社長を仕事をする上での目標というかロールモデルというか目指しています。その不動産会社の社長は週に1回はかならず連絡をしてくるマメさがあり、毎週その人のことを思い出すきっかけを自ら作っています。それ以外にも各業界の会社の人を紹介してくれたり、すぐ現場に駆け付けたりなどかなり交友関係やフットワークが軽く、同じ人が2〜3人いるんじゃないかというくらい仕事をしているのです。手土 [続きを読む]
  • 新築マンションの売上が減少中!
  • 首都圏で先月10月に販売された新築のマンションの戸数が前年同月比で3%減となり、先々月に続いて2カ月連続となりました。販売価格は以前値上がっていることもあり、駅近などの好立地の物件は人気が続いているものの、不動産業者側も新規販売を抑える傾向にあるそうです。私の知り合いも不動産を売りに出しているのですが、内覧はあっても買付までは進まないと相談をしてきたりします。個人的に相談に乗ってあげて、相場が崩 [続きを読む]