みどりのとり さん プロフィール

  •  
みどりのとりさん: ちょいため
ハンドル名みどりのとり さん
ブログタイトルちょいため
ブログURLhttp://choitame.com/
サイト紹介文暮らしに役立つ雑学・生活の知恵・トレンド情報などを更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 162日(平均2.9回/週) - 参加 2017/05/03 23:27

みどりのとり さんのブログ記事

  • 結婚式の二次会の服装は?夏は男は半袖・上着無しはNG?
  • 結婚式の二次会の服装てかなり悩みますよね。会場にもよりますが、男性の場合は基本としてスーツ&ネクタイ、もしくはジャケットスタイルです。しかし、暑い夏の時期にはスーツスタイルやジャケットを羽織るととても暑いですよね!できたら、ノーネクタイで半袖スタイルで二次会に参加したいところだと思いますが、マナー違反にならないかが気になりますよね。ここでは、夏の結婚式二次会の服装マナーやオススメのオシャレコーディ [続きを読む]
  • コート・ブーツなどの冬物収納術!夏はどこにしまったらいい?
  • 皆さんのクローゼットや靴箱は、季節に合わせて収納されていますか?最近は、おしゃれの幅が広がって季節問わずに洋服を選ぶ方も多いので、洋服の衣替えしない方も増えているのではないでしょうか。ただ、分厚いコートやファーブーツなど、どうしても夏には活用できない物もありますよね。そこで今回は、冬にしか活用できないコート・ブーツなどの冬物収納術をご紹介したいと思います。-----スポンサーリンク-----冬物コートをしま [続きを読む]
  • 歌う・唄う・謡う・謳うの意味・違いと使い分け
  • 大きな声で歌う。みんなで歌う。学校の音楽の時間などでは、「歌う」という漢字を使っていましたね。「うたう」には、他にも「唄う」「謡う」「謳う」など、沢山の漢字があります。ここでは、それぞれの「うたう」の意味の違いや使い分けについて、調べてみました。-----スポンサーリンク-----歌うの意味・使い方歌うとは、音楽的な高低やリズムをつけて発声することです。いろいろな「うたう」がありますが、常用漢字に含まれてい [続きを読む]
  • 吹奏楽でホルンが1番難しい理由とは?吹きやすい曲や解決方法をご紹介
  • ホルンは金管楽器の中で、一番難しい楽器と言われています。そもそも、中学生で初めて吹奏楽の世界に足を踏み込む時に率先して、『ホルンをやりたい!』という生徒さんをあまり見た事が、私はありません。多分、『難しい』を通り越して、『どうやって音を出すのかすら分からない位、難しい楽器』のカテゴリーに、入れられてしまっているような気がするんです。実情として、ホルンを吹く時は前を向いて吹くのに、音が出るベルは後ろ [続きを読む]
  • フィンペシアの効果は20代でも得られる?実際に服用している私が解説
  • ここ数年で、20代の男性でもハゲてきてしまう方が急増しています。友達と遊んだり、彼女をつくったりと楽しいことが山積みな20代の時点でハゲてしまうのは非常に辛い事です!!「何としても治したい」と思っても、20代ではまだ仕事の給料もたくさんはもらえていない人が多い為、高いお金を払って薄毛の治療を行うことは難しい事です。そこでオススメなのが私も使用している料金が安くて薄毛改善効果の高い「フィンペシア」ですが、 [続きを読む]
  • 脅威・驚異の違い・意味と使い分け 自然の「きょうい」はどっちを使う?
  • キョウイの新人、登場!こう言われたら、どういう漢字の「キョウイ」を思い浮かべますか?脅威の新人?驚異の新人?どちらも目にしたことがありそうですが、どちらが正しいのでしょうか。今回は、そんな脅威と驚異の意味や使い方の違いについて、調べてみました。-----スポンサーリンク-----脅威の意味・使い方脅威とは、危害を加えられたり、大きな損害を受けるのではないか、という恐れのことです。脅威の「脅」はそのまま「脅か [続きを読む]
  • 100均グッズを使った収納アイデアで服をきれいに片づけるコツ12選
  • 唐突な質問ですが、100均は好きですか?私はよく活用していて、ちょっとした物であれば、まずは100均で買えるか覗いてしまいます。何でも均一で買える100均は、安心してお買い物が出来ていいですよね。ただ、余計な物も買いすぎてしまって、お会計が「ムムム!?」となることもしばしば。余談はさておき。もちろん、今回のテーマである収納商品も色々と売っています。ただ、キッチン用品や掃除用品、化粧品は活用する方は多いと思 [続きを読む]
  • ワインのポリフェノールは効果なしって本当?正しい効能とは?
  • 「フレンチ・パラドックス」って聞いたことありますか?フランスはボルドー大学の科学者セルジュ・レムーが1991年に打ち出した説で、「フランスは近隣の西欧諸国よりも、チーズやバターに含まれる乳脂肪や、フォアグラや肉などの動物性脂肪を多く摂取しているにもかかわらず、心臓病の死亡率が低い」というもの。低い理由として、フランス人が多く飲む赤ワインに豊富に含まれるポリフェノールには、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作 [続きを読む]