草木無量 さん プロフィール

  •  
草木無量さん: 草木無量がただただ書く
ハンドル名草木無量 さん
ブログタイトル草木無量がただただ書く
ブログURLhttp://kusakimuryou.com
サイト紹介文書きたいことをただただ書くブログ
自由文書きたいことをただただ書くブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供423回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2017/05/04 10:19

草木無量 さんのブログ記事

  • 謎のセールストーク
  • 先日服を買いに行った。 20%引きのセールをやっていた。 その時、店員のおっちゃん(推定50代)が謎のセールストークを展開したのでそれを共有したい。 尚、そのおっちゃんは今まで見たことがなかったので新人だと思う(数年前から行っている店なのでわかる)。 実際、20代の店員(お姉さん)から色々ダメ出しされて謝っていた。 まぁそれはどうでもいい。 いや、これから話すおっちゃんのセールストークをそのお姉さんが聞いたら [続きを読む]
  • 車と身なり、どちらに金をかけるか
  • 私の結論。 身なり。 なぜか。 身なりは当然常に自分についてまわる。 車は運転している時だけついてまわる。 もちろんどちらにもかけられる十分な金があればどちらにもかけたい。 でもそんな十分な金はない。 なので常に自分についてまわる身なりに金をかけたい。 サラリーマンに復帰して使える金が以前より増えた。 というわけで1,000円カットはやめて、元の美容室で髪を切ることにした。 美容室のお兄さんには「金がなくてしば [続きを読む]
  • 株日記、週記、月記の更新をやめます
  • タイトルの通りです。 自分の中で公開するメリットがよくわからなくなってしまったので。 最近までは実力以上にたまたま成績が良かったので、公開することでいい気分になれました。 しかし、最近は運の力も削げ落ち、実力相応に成績も振るわず、後悔することで気分が悪くなるばかり。 また、例えば買った銘柄をすぐ売ることで「買い煽っておいて売り抜けやがった」とか勘違い、逆恨みされるリスクもある。 当然そんな意図で書いて [続きを読む]
  • ブログを書くのをさぼって何をしているのか
  • 最近ブログを書くのをさぼっている。 何をしているのか。 中国に友人に会いに行ったときに夜に行った日本人向けのスナックの小姐(はっきり言ってかわいい)とWeChat(LINEとほぼ同じやつ)をしている。 女性とやり取りする楽しさの感情を久々に取り戻している。 まぁ相手にとっては私はただのカモなわけですが。 私はただのカモなんだ、と思いつつも毎日やり取りするのが楽しい。 恥ずかしながら軽く惚れてしまっている。 惚れた [続きを読む]
  • 1銘柄PTS高値掴み:株日記206(20180907前年末比ー8.42%)
  • 旅行から帰ってまいりました。 そのことは別にまた記事にするとして、日本に帰ってきて株のアプリ見た感想。 げっそり。 資産額年初来ワースト記録絶賛更新中であります。 楽しかった旅行が終わって心に穴があいた状態で翌日から仕事(午後からだけど)という現実だけでもきついのに、さらに金が減り続けているという現実を見たらそりゃげっそりですよ。 げっそりだけど金を増やして今回のように旅行に行ったりその他楽しいことに [続きを読む]
  • 1銘柄買戻し:株日記204(20180805前年末比−5.85%)
  • 今日はペッパーが出来高440万株と出来高が急増し株価が噴き上がって前日比+8.91%で終えました。 もっとも噴きあがった後、長い上髭をつけて終わっているのが嫌な感じですが。 何で上がっているのかなと材料を確認したら今朝8時30分に以下の材料の開示があったようです。 ADR(米国預託証券)登録のためSEC(米国証券取引委員会)に登録届出書を提出、9月28日ごろにはナスダック市場に上場される見込み。(SBI証券株アプリ [続きを読む]
  • 私の家計簿の円グラフ
  • 前日に「お金持ちの教科書」という本で三大出費(家、車、保険)を抑えるのが肝要という個所を引用し、全く同感と書いた。 今日は、私のここ2か月の家計簿の円グラフを公開してみたい。 まず7月。 私は血道を上げて細かい出費を抑えるタイプではない。 趣味・娯楽が出費の1/4以上を占めて1位であることからもわかるだろうw 尚、前月の円グラフがちらっと見えているが、前月においては趣味・娯楽が支出の半分だったw しかし、そん [続きを読む]
  • お金持ちの教科書(加谷桂一)を読んだ感想:三大出費、私の場合
  • 昔買った本で、今回読むのは2回目である。 昨日と一昨日で一気に全部読んだ。 以下文中から引用しながらコメント。人生の三大出費は、住宅、自動車、保険である。ズバリ言うと、これら3つ以外に支出を減らす方法はないと考えてよい。特に効果が大きいのが自動車である。(中略)これは大変な金喰い虫だ。本体の購入費用はもちろん、都市部では駐車場代、各種税金、ガソリン代、保険、車検費用など、保有しているだけで様々な費用が [続きを読む]
  • 1銘柄買戻し:株日記203(20180904前年末比−5.37%)
  • JIAの塗りつぶしの色を紫にして初号機カラーにしたw この色の組み合わせ好きなんだよな。 こんなちょっとしたことでテンションを少しでも上げていきますw はい。 上記円グラフの通り、今日は値動きをしばらく監視していたJIAを買い戻しました。 現金比率は以前として高水準を維持し75%。 PFの年初来のパフォーマンスとしてはワースト3位の資産額となった。 前日がワースト1位だったのでこれでも2つ順位を上げた。 少しずつ戻し [続きを読む]
  • 年初来ワーストOTZ:株日記202(20180903前年末比−5.46%)
  • 今日はペッパーが3,800円を割ったので損切り。 午後にしか株を見ないので、買値から−9%での損切りとなり大ダメージ(逆指値はしない主義)。 これで現金比率は87%となり、保有はエスケーエレク1銘柄のみとなった。 ちなみに年初来ワースト記録を更新したOTZ 非常に厳しい状況だが、やけを起こさず向き合っていきたい。 以上 [続きを読む]
  • 3か月連続で前月末比マイナスOTZ:株月記15(20180831前年末比−4.84%)
  • 以下8月の月記。 日記、週記と同様省エネで書いていく。 とりあえず、上記の円グラフを見てもわかる通り前月末と比べてごちゃごちゃ感はなくなった。 頭の中もこれに比例してすっきりしている気がする。 まずは7月の月記で書いた8月の月間目標を振り返ってコメントを書く。 1.月間目標ふりかえり【月間数値目標ふりかえり】①月間プラス→−5.11%と未達。残念。 ②比較している全指数に勝つ→全指数に負けw真逆w 【月間行動目 [続きを読む]
  • 全く波に乗れず:株週記65(20180831前年末比−4.84%)
  • 以下8/27〜31の週記。 尚、日記と同様以前よりも省エネで書いていく。 まずは前週に書いた「次週の行動目標」をふりかえりコメントをつけたい。 1.前週書いた行動目標と実際の行動●自分で決めた基本ルール通り、全銘柄、含み損率が−5%になったら一部または全部を損切り【継続】→OK ●とにかく無理に買わない。儲け損なってもよいし、指数の上げに負けてもよいからとにかく資産を大きく減らさないように落ち着いた投資行動 [続きを読む]
  • ヨコヨコ:株日記201(20180831前年末比−4.84%)
  • ここのところ株日記と週記と月記のタイミングが重なる場合は1記事にしてきたが、株日記を大幅に簡素化したので今後は以前のように別々に書くことにする。 この日は売買なし。 両銘柄とも前日比マイナスであった。 ただ、感覚的なものだが、エスケーエレクはいい感じのヨコヨコだと思っている。 以上 [続きを読む]
  • 年初来ワースト2位:株日記198(20180828前年末比−5.50%)
  • 売買なし。 この日は保有2銘柄がともに下げて年初来ワースト2位の成績となった。 よりによって更新を止めた日の成績がこれw これが原因で更新が止まったと思われると嫌だけど、超素晴らしい成績だったら無理してでも更新を止めずに書いていたかもしれないので何も言い訳はしないでおこう。 それにしても画像が少ないと投稿が楽である。 以上 [続きを読む]
  • 死んだふり
  • 4日間株日記の更新をさぼってしまいました。 出張や飲み会が続き、「疲れたし書くのめんどくさいから1日位放置してもいいか」が積み重なった結果、こうなりました。 このまま更新を止めれば唐突感があるので死んだと思ってくれるかもしれないとも思いました。 死んだふりしてこのまま放置するのもありかもなと割と真剣に考えましたw しかし、そもそもなぜ株日記をブログに書いているかというと、日々の記録を続けることが株がうま [続きを読む]
  • 指数上げても我がPFはマイナスw:株日記197(20180827前年末比−4.95%)
  • 以下月曜日分の株日記。 指数は上がっているのに我がPFはまさかのマイナスw 1.売買売り 買い 売った量と同数を同値で買戻し。 3.各指数との比較【含み益ベースの資産増減】計算式:(a−b)/b×100%a:現時点のPF時価総額b:比較対象時点のPF時価総額 ●前日比=前週末比−0.17%(全指数に負け) ●前月末比−5.22%(全指数に負け) ●前年末比−4.95%(M指数以外には負け。年初来最高値は2/26の+15.49%) ●前年末比パフォ [続きを読む]