れん。 さん プロフィール

  •  
れん。さん: うつしおみ
ハンドル名れん。 さん
ブログタイトルうつしおみ
ブログURLhttp://sinonomenonome.blog.fc2.com/
サイト紹介文何気ない暮らしの覚書
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2017/05/04 14:20

れん。 さんのブログ記事

  • 昨日買ってしまった、、割引きに弱い?
  • 「これは良い!」と思った服、靴は、同じものを色違いで買っておく。そんなことを出会った頃に夫が言った記憶あり。昨日、映画を観終わったのが午前10時半。映画館はイオンの中にあるので、、、少しだけぶらぶら。滅多に行かないけれど、行った時には必ず寄るのが県内に一店舗だけの無印良品。ここで夏の初めに買ったワイドパンツの履き心地がすごく良い。「イージーワイドパンツ、アンクル丈」3,990円(税込み)、色はベージ [続きを読む]
  • 緑色のものが食べたい(笑)
  • 今日は普段行かない時間にスーパーに行ったので、地元野菜の産直コーナーにまだ商品が残っていた。よし、良い時に来た。目に付く緑色のものを買って行く。冷蔵庫にそのまま仕舞ったら忘れるかもと、直ぐに手を入れておく。80円のゴーヤは種とわたを取ってスライス。実はゴーヤは得意でない。苦みがきついとどうしても。でもこの季節、時々食べたくなるので大体軽く茹でて使っている。最近はこれを絞って甘酢に浸けておくことが多 [続きを読む]
  • ぎりぎりセーフ!、、朝から映画を観に行って来た
  • 昨日は気持ちが落ち込んで、またネガティブなことを書いて、、、消して(笑)「何をしているんだろう?」と思うが、それも良いかと。私にとってブログは思い付くままダラダラと気持ちを吐き出して、何とかまた元気を取り戻そう、前向きになろうとする為のものだから。頭に浮かぶことを際限なく書いてみて、「これは酷い」と思い直して消しても良いし、気持ちの整理が付いたからもう残す必要はないと消すのでも良い。私自身がブログ徘 [続きを読む]
  • 捨てよう!、、、と思ったけれど、、、またぁ(笑)
  • ほぼ全体がこの柄の保冷バッグ。家にある保冷バッグはこれが一番大きい。でも、誰でも知っている銀行の粗品。この銀行のみだけど、こういう大物のグッズを粗品にしている。しかし、どれもシックなデザインではないのが不満。もう少し、もう少し、目立たない極普通のデザインならと、どの粗品を見ても思う。これは2個貰ったので、ピンクの1個は母の所に。どうしても、この柄が気に入らない。「あの銀行の粗品」と分かるのも嫌。嫌 [続きを読む]
  • 捨てる!、、思い付いた時にやらないと
  • 3分の1「しまむら」3分の1「ダイソー」あとは良い品で、長く愛用してきたもの一階の南の広い一室を一応玄関としていて、大き目のシューズボックスを置いているが、普段使いの靴は入っていない。二階に上がった所に三和土があって、横に小さいシューズボックスなら置ける空間もある。そこに小さい棚を置いて普段履く靴はオープン収納にしている。今朝ゴミを出しに下りようとして、ふとそこに目が行った。あぁ、これもあれももう [続きを読む]
  • 嬉しさ、悲しさ、懐かしさ、悔いる想い、「涙と笑い」の同窓会だった
  • ほとんどの人と41年ぶりの再会だった昨日の同窓会。胸にかけたカードの写真と名前を確認することに時間がかかった(笑)昨日来れた人は、それなりの生活を送っていて人との会話も楽しめる人達ばかりだ。いや、私と同じように還暦という節目の年に、ちょっと無理して、思い切って参加したした人もいるかな。皆が言う。41年?あっという間だったね。ふーん、そうなのか。そんな気もするし、あまりに色々あり過ぎた私は長かった気も [続きを読む]
  • 私らしい同窓会の装い
  • 全くぅやはり私らしいと言うか、服に関してはお洒落に自信が無いから冒険は出来ない。派手な色も柄物も、着こなす自信が無い。同窓会って、かしこまるような会では無いし、でも若く見せたい場所でもあって、気合が入った装いで来る人もいる。中学の同窓会では着物の人も二人はいたかな?確かに美しかったし目を引いていた。しかしそんなスキルはないぞ私。大体、目立たなくて良いし〜(負け惜しみ?)スーツも何だか違う気がするのよ [続きを読む]
  • 街はこの時期、祭り一色になる
  • 色んな場所で踊りを披露する会場(主に商店街の通りなのだが)がある。老いも若きも色とりどりの個性的な衣装を身に付け、笑顔を振りまきながら踊る。地方車からは爆音に近い音楽が流れて、地響きを起こす。この激しいお祭りについて行けず、もう数年前からこの4日間は家に籠っていたのだが、ふと思い立って出掛けたついでに一番近い会場の商店街まで足を延ばしてみた。今日は曇り空で少し気温も下がっている。絶好の踊り日和だろう [続きを読む]
  • 野菜が高い、、、直販市の野菜があっという間に無くなっている
  • 野菜が高い時は、農協の市場かスーパーの直販コーナー、そして小さな良心市が頼り。沢山の新鮮な野菜を並べた手作りの棚に、空き缶や瓶を置いて「勝手に代金を入れて買って行って下さい」という、正に売る人の信頼と買う人の良心によって成り立つ無人市は、田舎ならではのものかな。時々心無い人が、お金を入れずに全部盗って行くという話も聞くが、今も続いているということはそういう不届き者は多くはない、、、と思いたい。どれ [続きを読む]
  • 体重は2か月経ってマイナス2kg減、、ここからだ
  • 主治医に厳命されているのは3か月で3?減量。それはあくまで目安であって、それでどれだけ血糖値が下がるものかは検査してみないと分からない。体重を落としたからと言って、劇的に下がるものでもないことは知っている。目安として、体重を落とせば血糖値が下がるということは間違いないようで、それを投薬猶予の条件にされた。でも、、、その後に糖尿病によるものかもと思われる末梢神経の異常が出ているので、次の検査で下がっ [続きを読む]
  • あぁ年を取るって、、、気持ちがコロコロ変わって待てない母
  • 実家の父は13回忌を終えている。そんな時期に、隣の県に住む父の古い知り合いから「お香典をしていなかったから」と父へのお供えと母のお見舞いにと数万円の現金が送られて来た。母もよく知っている男性で、父を兄の様に慕っていた人だと言う。僅かな年金で暮らしている母にとっては大きい金額で、すごく驚いたらしい。もう年月も経っているのに、こんなにしてもらって。直ぐにお礼の電話をかけたが、どうやら書いてある電話番号 [続きを読む]
  • 最初で最後の同窓会になるかもしれないのに、、着ていく服が無い
  • 高校の還暦同窓会は学年単位で初めて企画されたもので、幹事のコメントには「最後の同窓会になるかも」の文字が。そうだろうなぁ。今現在同窓会に行ってみようかと思える人は、少なくても動けるくらいに元気で、介護、看護のために目の離せないほどの家族もいなくて、1万円近い会費を払えるほどには経済的に切羽詰まっていないということだろう。「同窓会?そんな暇もお金もない」という人もいるかもね。私だって、数年前なら「そ [続きを読む]
  • 歩き遍路⑮、、、道を間違えた
  • あーなんでこんな失敗を。「これは違うのでは?」と直ぐに思ったのに、戻らなかった自分に腹が立つ。2週続けて土曜日に歩き遍路に出かけた。方向音痴を自他ともに認める夫に道案内は望めない。計画を立てて、その日に歩く道の地図をコピーして時間配分も私の頭の中に入れている。それなのに、、、第25番札所津照寺(しんしょうじ)への道のりは平坦地を歩いた後に階段を登る。お寺は山の上にあることが多く、山を登った先に長い階 [続きを読む]
  • 私にはこれしかない、、これがあるだけまだ良い方なのだろう
  • 読んでいない小説が、家にまだ2冊残っているのに、図書館でゆっくり選んで爆借り(?)してきた。2冊は料理の本でその他は全てミステリー。警察小説や探偵物。またここに逃げ込むのか?本の世界に入っている時だけが、全てを忘れていられるのだ。続きが読みたくて、家事もさっと済ませる。色々なことがあって、、、24時間臨戦態勢でいなければならない時もあった。そんな時でも、バッグの中には文庫本。追い詰められて体はクタク [続きを読む]
  • 還暦同窓会に参加してみよう
  • 一か月ほど前に高校の同級生から教えてもらった「還暦同窓会」に参加することにした。中学時代は活発だった私は、高校では全く別人の様に大人しい3年間を過ごし、楽しい思い出などほとんど頭に浮かばない。楽しくなかった思い出はある(笑)体育際の気持ちの入らない応援の時間。「来るのではなかった」と思った修学旅行は、本当にずっと一人で過ごした。これはちょっと落ち込んだ、いや戸惑った記憶あり。あぁ、私はこういう時に一 [続きを読む]
  • 還暦旅行に出かけるぞ!、、、秋にね
  • よし!決定!一番の親友二人とは19歳からの付き合いで、互いの(多分)全てを知っている。50歳になった年に、初めて三人で隣の県に一泊旅行に出かけた。長い付き合いだが、3人で旅行出来たのはその一回だけだ。還暦旅行の話しはその時からあったが、近づいても決まらないまま。この10年で経済的状況が、、、その差が違あまりに、ということもあるかな。そんなことを先日も書いたのだが、やはり学生時代からの長い付き合い。そ [続きを読む]
  • 重い心を振り切って
  • 気にしてしまうので、見ないことにしている新聞の「今日の運勢」を見る。7月生まれでくくられてもねえぇと思いながら。今日はあえてそんなことを。「迷わず悩まず、プラス思考で一直線に前進」あら、今の私にピッタリだわ(笑)もうそれしか無いじゃない?まだ朝ではないよね、、、、でも声が聞こえる。うーん、どこで誰が話しているの?あー、あの声は夫だ。一回のガレージあたりで話してる?また叔母から電話がかかったのだろうか [続きを読む]
  • 必要とされるなら、出来る限りのことを
  • 以前にも書いた気がする。「あぁ、また来るのか?」と感じる時のことを。私自身が自分のことだけ考えて、何かを始めよう、自分を優先しようと思い始めると何かが起きるのだと。我が家では珍しいことではない。周りの人間の病気によって、生活が変わる、精神的に追い詰められていく。運命論者ではないつもりが、こうも続くと、、。神様は、、、「貴女はずっと誰かを支えて生きて、終わりなさい」と、私に言っているのではないか。そ [続きを読む]
  • 歩き遍路⑭、、、「良い波だ、、、」
  • 「良い波だ、、、あんなのを見ると自分ももう一度サーフィンをやりたくなる」と夫が言う。台風接近は不安だけれど、サーファー達にとっては絶好の海日和ということか。今まで歩いたところでも見かけたが、確かに綺麗に波に乗っている。台風接近中ということで、日曜に予定していた歩き遍路を土曜に早めた。それも当日の朝、ゆっくり朝食を取っている時に新聞を見た夫が「これは、、明日は絶対無理ではないか?」と言ったので、急に [続きを読む]
  • 家にあるものでアレを作ってみる
  • あれよあれ。先日、自転車で走り回っていた友人が家に寄った時、首にはしっかりガーゼ生地のマフラーを巻いていた。帰り際に「もう、これがないとね〜」と見せてくれたのが、首の後ろあたりに小さな保冷剤を包むようにして巻いているのよと。そう言えば、「しまむら」のワゴンで沢山売られていた細めのマフラー、、、首巻き?こんな細いものをと手に取ってみたら、後ろに保冷剤を入れるポケットがちゃんとついていた。細いから、首 [続きを読む]
  • 妻として母として義母として娘として、、、私は忙しい
  • 妻として忙しいのは当たり前?(いやいや、今の貴女忙しくないでしょ?)この暑い中を遠くまで仕事に出かけている夫。私は、今のところ時間に縛られず、やらなければならないことも自分で決めて後回しにも出来る状態。家の広いリビングでエアコンを点けて、好きな音楽を聞きながらブログを書いていても、小説の中に入り込んでいても何も言われない。夫が帰った時にきちんと片付いて、食事の支度が出来ていれば、冷蔵庫にビールとグラ [続きを読む]
  • 暑い!台所の西日が辛い!
  • 冷蔵庫って、室内の温度がどんなに上がっても、大丈夫なものなんだろうか?最新式の冷蔵庫買ったしー(笑)何やら、3週間分のドアの開け閉め回数や、食品の量まで感知して、4週目からはそれを元に適温で冷やす?省エネタイプらしく、説明書を読んだらそのようなことが書いてある。いやいやそこまで望んだ訳では、、むしろただ冷えてさえいればなんだけど。他にも、すごい機能のパーシャル室は最初の設定ではチルドになっているらし [続きを読む]
  • ほらもうっ!グズグズしてるからそうなるのよ
  • 不動産業に関わりたいが、長い時間は働きたくない、、、などと温い考えが通るはずもなく。やりたいこと、やらなければならないこと、体力、老化、、、色々歯止めをかける、不安になる材料はある。そんな中、取りあえずでも飛び込めばいいものを、ぐずぐずしていて逃した求人。今回2回目の「後で後悔」経験。一回目は昨年、職業訓練が終わって直ぐの頃の希望にぴったりの仕事。気が付けば募集期限が過ぎていた。今回は不動産業だけ [続きを読む]
  • 他人と比べることで幸せを実感する人はいる
  • パソコンを開けばYahoo!ページなので、ニュースをチェックしたり、時には悩み相談のページを何となく読むことも。他人の悩みを読んでもどうにもならないが、「そうか、私だけではないんだ」と思うことはある。今日は「意味なく張り合ってくる人のこと」他人と比べることで自分の幸せを実感する人、その為に何でも知りたがる人がいる。それが兄弟の家族、親を挟んで切っても切れない関係だとやっかいだ。そしてそういうことは意外に [続きを読む]
  • 治療方法無し、これ以上悪化させない対策方法無し!
  • 耳が聞こえにくいと感じ出したのは2、3年前からかな?携帯電話の着信音を、携帯内にあるメロディにしていたのが聞こえにくくなった。「困った」と思って携帯ショップに。音量はマックスでこれ以上どうしようもないと言われた。唯一出来るとすれば「ピピピッ」という一番甲高い音の着信音にすることだと聞いたので、直ぐに切り替えた。しかし最近、家の二階に置いた携帯の着信音が一階にいると聞こえない。戸は開け放しているし、 [続きを読む]