ゴルギアス さん プロフィール

  •  
ゴルギアスさん: 教授ゴルギアス
ハンドル名ゴルギアス さん
ブログタイトル教授ゴルギアス
ブログURLhttp://gorgias.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文疲弊した地方大学教員の日々を綴ります.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 295日(平均4.4回/週) - 参加 2017/05/05 09:48

ゴルギアス さんのブログ記事

  • フランク・シナトラ
  • 空港に着くと雪.そこからバスに乗って北上.都内はかなりの渋滞で30分遅れて到着する.停留所の近くに中華料理店で遅い昼食をとり,待ち合わせ場所に行くと,特任助教さんがサンドイッチをほおばりながら立っていた.談笑していると程なく研究所からお迎えが来る.いつもありがたいことです.報告会の前に個別に特許や来年の進め方について1時間ほど打ち合わせ.来年の方向がかなり明確になった.報告会ではあるグループを除 [続きを読む]
  • 直ったのか・・
  • できものは鼻の下にできていて,鼻くそがのぞいているように見える.・・・.医師にはストレスによるものでゆっくり休むように言われた.で,薬が切れたので,朝病院へ行く.すると医師は,何をしに来たんだ,という.薬をもらいに来た旨を告げると,そんなに飲み続ける必要は無い.もう治りかけているから静養すればよし.と言っておん出された.もちろん薬はもらえなかった.・・・・.無駄に薬を出す医師が多い中,この先生 [続きを読む]
  • 意識の外で悲鳴を上げる
  • 朝から企業の技術相談対応.細々と対応して,2時間程度.基礎的なことをエンジニアさんに振ってみて,反応を試してみたりもする.次回は少し勉強会を行うことになった.昼休み.24/7ワークアウトで炭水化物抜きを始める話があったので,ご飯をフェードアウト気味にとる.トレーニング開始は2週間後からとなった.人気なのだ.詳細はまた週末にでも書く.それからK大へ移動.国際会議の打ち合わせである.免許を持っていないBil [続きを読む]
  • 24/7ワークアウト
  • 健康には気を遣っているつもりであるが,最近,サボり気味.スポーツジムにも通ったが,会員の多くを占める年寄りの身勝手さ(ドライヤーで陰毛を乾かしたり.ロッカーを複数使って我が物顔)の方に嫌気がさし,とどめにそれらの年寄りに水虫をうつされ,とっととやめたのだった.これはもう通うことはできない.水虫の治癒にはかなりの時間を要し,家族にもずいぶん非難された・・.・・・・その後は体育館ジムに行っていた. [続きを読む]
  • 卒業研究発表会
  • 卒業研究発表会G研究室は朝一であった.みんな緊張している.ある学生はカツ丼を食べてきたと言っている.カツ丼を食べた成果は十分にあったように思える.終了後,いろいろと労いたかったが,会場にとどまり,他研究室を審査.これを夜まで.Billy先生はこの聴講だけで疲れたらしく,疲れたので帰ります.と早々に帰っていった.学生さんたちは打ち上げに行くと彼らも早く引き上げていった.まあ,今日は学生さんたちだけで盛 [続きを読む]
  • 歴代ドクター勢揃い
  • 今日は朝早く出勤.朝一から卒業研究の予行練習をするのだ.しかし,今日は10時から公聴会もある.例年であれば公聴会の日は案内を事務の方が出してくださっている.事務も年によって当たり外れがある.今年はあまりやらない方なので,予行練習はBilly先生と栗林助教に任せて,公聴会の準備にかかる.1階の掲示板に案内を貼っていると,S社に努める社会人ドクター城茂君が現れた. ..城君の近況を聞きながら会場へ.城君はリ [続きを読む]
  • 打てど響かず
  • 研究室紹介をした.研究室編成から始まり,研究室での一日の過ごし方や夢などを語る.英語プチゼミも,学生さんの成長第一主義も,彼らの頭の上を通過していった気がする.例年であれば,紹介後に何人か研究室を訪問するものがあるが,今日は1人もなかった・・・.ちょっと厳しいことを言い過ぎたかな・・.・・.学生さんたちを信じるとしよう.・・午後は卒業研究の練習を1人1人行っていく.ある学生さんはやったこと全てを [続きを読む]
  • 発表会
  • 修論発表会.K教授,ガンツ教授の研究室と,礼儀もきちんとしていて,内容も分かりやすく話そうと精査されていて,感心すること頻り.G研究室も頑張っているが,緊張しているのか,質問に対して少しずれた答えを返している.我慢して見守る.昼は部屋で野菜たっぷりちゃんぽんを温めてすすってから,M社の来訪.修論発表会とかぶってしまった.が,仕方が無い.今回はコンサルティング.持ち込まれたデータに対し様々な検討可 [続きを読む]
  • 研究室選び
  • 本学では,やっと試験は終わり,学生さんは研究室選びを考えることになる.一番良いのは研究室に行って,良く知った先輩から話を聞くことだ.知っている先輩がいなければ,先生に直接話を聞こう.研究内容も重要ではあるが,先生との相性も重要だ.メールでアポを取ればよい.先生側からしても,研究室に興味があるという学生さんには最優先に時間を確保する.いろいろと素朴な疑問をぶつけてみよう.そのときに部屋の雰囲気も [続きを読む]
  • 疲れの原因
  • 今日も早朝から出勤.朝一でまた会議である.会議を終えてからは採点と国際会議の対応.最近この国際会議の対応時間が増えている.こまったものだ.夕刻,駅前で待ち合わせて,T大の方々と懇親会.飲み過ぎてしまってよく覚えていないが,2次会で「疲れているようだけど,大丈夫?」とH教授がずいぶん心配していたという.教授はBilly先生に「君ができることはやって,G君をフォローしてあげてくれ」と何度も頼んでいたという [続きを読む]
  • Time flies!
  • 朝からNYを結んでSkype会議.操作を誤ってログアウト.で,パスワードを忘れて,再設定.結局遅れて,会議に参加.いつもより1時間程度早く登校したのだから,早めに設定すれば良かった・・・.冒頭部分は参加できず・・.少し振られるが,聞こえないふりをする.その後は積極的に参加.すみませんでした.で,やっぱりいろいろと振られて仕事が増えてしまったわけだが,MTG終了後,すぐさま取りかかる.さっさと終わらせないと [続きを読む]
  • 甘い連中には辛めの採点を
  • 雪.事故で渋滞し,いつもより30分余計にかかる.昨日からずっと採点をしている.その合間に査読をしたり,委員会の作業をしたり,国際会議の雑用(助けてメールの対応)をしたりする.ノックの音.「何点でしょうか?」と聞きに来た学生.「聞いたところで,点数は変わらんよ.」と言いながら,教えてあげる.1人に教えてあげるとSNSを通じてその情報は拡散する.次々と聞きに来る.そのたびに作業が中断する.・・・.で,面 [続きを読む]
  • まれ
  • 卒論提出を確認.みんなよく頑張った.その後,しばらく国際会議の対応.締め切り後に泣きついてくる方々が多数.他の国際会議の皆さんはどう対応されているんだろうか?とりあえず,座長から頼まれたもののみ対応する.が,対応しても礼を言ってくる礼儀のある方は希.Webで自動的に締め切っているわけだから,その後はもう対応しないでも良いようにも思う.対応するからそれが当たり前と思われるのだ.まったく,ジロウ先生 [続きを読む]
  • 新秘書さん,ナナフシ野郎,共同研究報告
  • 秘書の方が本部の事務員に採用され,去って行かれた.・・・・.それで今日新しい秘書の方がお越しになった.MICE関連の組織を定年退職され,国際会議を手伝ってくださっているのだ.そのほかは時間があると言うことで,週2回ほどG研究室に来て頂くことにした.学生居室に行き,両手を広げて,若いエキスを吸い取り,数才若返ったと仰る.学生さんにとってもこのような年配の通訳もできる立派な方とふれあうことにより,得るも [続きを読む]
  • 戦いとは常に二手三手先読んで行うものだ
  • 今日も順次添削.その合間に様々な会社からインターンや会社案内などのメール.昨日名刺交換した方々からだ.その中にはM1生の本命の会社も有る.その担当者の方にはこちらからコンタクトをとり,学校推薦枠を頂く.また,おつきあいのある大会社からも担当者からインターン(の名を借りた採用活動)のお誘いが来て,これも希望するM1生に紹介.手を打てるところはどんどん打っておく.今週締め切りの卒論は2名は合格をだし, [続きを読む]
  • 添削,関西,添削
  • 論文の添削.緒言のところで従来研究との比較が少ないように思う.この部分でどれだけ論文を読んで勉強したのかが分かるのだ.思いつきで勝手に好きなことをやっているようでは困るのである.世界をリードしていることをここで力説しなければならない.参考文献ももう少しないとあかん.勉強が足りない証拠である.とそのようなコメントを入れつつ,添削.今日は最後の講義.応用分野の話をメインとし,試験予想問題を配布後, [続きを読む]
  • クレーム対応
  • 国際会議のクレーム対応の週末.「原稿が間に合いそうにないんだけど,2週間ほど遅れていいかな?お願い!」締め切りに遅れたら原稿がUPできなくなるシステムです.掲載されなくなります.掲載システムは私たちにも制御できません.力になれなくてすみません.「座長引き受けたのはいいけど,よく読むと専門から遠いんだよね. 誰か他の人を探してくれない?」分かりましたちょっと当たってみましょう.で,そのセッションの正 [続きを読む]
  • 人を頼らず,自分のみを恃めと言うことさ(「峠」より)
  • 朝の英語プチゼミは今年度からBilly先生に任せている.教える身が一番の勉強になる.Billy先生は少し英語が弱いので,毎日教えることで,力をつけてもらいたかったのもある.山本五十六も言っている.やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たずやっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず私は感謝で見守って信頼していたのだ. [続きを読む]
  • 天ざる!一丁!
  • 卒研前刷集のアブストラクトの締め切りが迫っている.よって,朝からひたすら添削.ディジタルペーパー大活躍.私1人で見ている学生さんに関しては,ほぼ最終段階.飛び級生に関しては卒論も最終段階.彼も昼出てくる習慣をやめて,朝から出てきてくれればもっと効率よく早く終わるのになあ.・・・・.Billy先生が連名の学生さんに関しては,彼にまず見てもらうことにした.で,彼が添削したというアブストを学生が送ってくる [続きを読む]
  • 帰宅難民はいやっす.
  • 筑波洋君と城茂君の公聴会を同時開催することになった.本当は1年ずれて修了予定であった.が,何か運のようなものがある.奨学金を受けている2人は,2人で争わなければならない.一番避けたかった事態である.が,何か持っているんだろう.そういう避けたいところに向かって,事態は進展してゆく.・・・公聴会の手続きを行い,その後は修了生や卒業生の添削をばしばしと行ってゆく.今大変気に入っているのがディジタルペー [続きを読む]
  • 衝撃
  • 久々に白川総裁を訪ねると「3月で病院を閉じます」といつもの穏やかな顔でおっしゃる.「えーーーーーー!」と,声を上げてしまった.・・・・.事情を聞くことはできない.が,いろいろあるのであろう.ショックである.これからあたいは,誰を頼って生きていけばいいの?!今日はいろいろあったが,これが一番大きな出来事...闘病生活が走馬燈のように頭をよぎっていく.いつも寄り添ってくださっていた先生.ありがとう [続きを読む]
  • 頑張って頂きたいのっ!
  • 朝,共同研究先のT大から”共同出願から降りる”という連絡.は?もうほとんど明細書もできている.何を今更言い出すんだ.・・・.担当者に連絡してみると,彼らも困惑しているらしく,T大の特許担当部署の独断らしい.予算の問題か?しかし,「なんとかする」と担当者の先生は仰る.外部に問題が出る前に内部でなんとかしておいてくださいな.フェードアウトしていくことを決意する出来事であった.その後はスケジ [続きを読む]
  • 前略 おふくろさま
  • 前略おふくろさま様々な拍手コメント,ありがとうございます.国際会議の応援,ありがとうございます.参加者は最終的に1000人ぐらいになると思います.ただ,省庁の協賛などはありませんので,そちらにも出向かれているという司令長官先生のお話を伺うと,地方に身をおく身としては大変なことだと思うのであります.上京だけで一日が失われますものね.国際会議準備ではK大白影先生の愛弟子風葉先生は本当に頑張っており,傍 [続きを読む]
  • 今日は時間があると思っていたらやっぱり忙しかった・・・
  • 朝からニューヨークを結んでSkype会議.国際会議の打合せである.ぼけっと参加していたら,真っ先に私に話が振られる.うーーん,覚えられているか・・・.#当たり前や.だんだん国際会議の準備も忙しくなってきた.つらい事よ.この学会の世話をしてくださっている通訳の方がいる.この方は長年役場で国際交流の仕事をされ,定年後も手伝ってくださっている.しかし,国際会議委員会からの謝礼は薄給だ.年金受給年齢までは [続きを読む]
  • 疲弊
  • 朝メールをチェックするとようやく招待講演をお願いしていた方からアブストラクトなど一式が届いていた.今日届かないととても困っていたところである.よかった.自分も締め切りは守って人に迷惑をかけないようにせにゃならんな.と,このときは思った.・・・.届いた資料をコピペしながら,学会サイトにUP.その後,大学院の講義へ.今日は最終演習である.それぞれの演習を評価する.うん,よくみんな頑張ったな.年によっ [続きを読む]