言の葉花壇 さん プロフィール

  •  
言の葉花壇さん: 言の葉花壇
ハンドル名言の葉花壇 さん
ブログタイトル言の葉花壇
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kotonohakadan
サイト紹介文何度聞いても美しい日本語。今日もマナ女とカナ女が呟きます。ぜひお気に入りを見つけてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2017/05/05 15:32

言の葉花壇 さんのブログ記事

  • 11月12日(月)のつぶやき
  • #歎けとて……★☆ 歎けとて 月やは物を 思はするか こちがほなる わが泪かな: 圓位法師 : 歌意:悲しく嘆けと月が物を思わせるのだろうか、いやそうではない。つれない恋人に恨みがましくこぼれる私の涙だ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #千載和歌集 第十五巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年11月12日 - 12:25 [続きを読む]
  • 11月11日(日)のつぶやき
  • #言の繁けく……★☆ 近江の海 沖つ島山 奥まへて 我が思ふ妹が 言の繁けく: 詠み人知らず : 歌意:琵琶湖の沖島の山奥深くにまで私の愛しい人が噂の的になってしまった。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第十一巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年11月11日 - 17:15 [続きを読む]
  • 11月9日(金)のつぶやき
  • #色づきにけり……★☆ 物思ふと 隠らひ居りて 今日見れば 春日の山は 色づきにけり:詠み人知らず : 歌意:物思いをして家に籠っていたら、今日、春日山を見るとすっかり色づいている。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第十巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年11月9日 - 12:05 [続きを読む]
  • まだらに見ゆる
  • 第 2177◆ ◆ 山を詠める 春は萌え 夏は緑に 紅の まだらに見ゆる 秋の山かも よみ人知らず ◆ ◆ 万葉集 第十巻 より::: 読み :::はるはもえ なつはみどりに くれなゐの まだらにみゆる あきのやまかも::: 意訳 :::春は芽吹き夏は緑の新緑だったが、今は紅葉の赤がまだらがに見える秋の山だ 日本の四季を短い文章で表現してるなぁ ♪ ほんまやね。 『紅の まだらに見ゆる』 がいかにもいろんな色に染ま [続きを読む]
  • 11月7日(水)のつぶやき
  • #肴持て来よ……★☆ うま酒に 肴持て来よ いつもいつも 草のいほりに 宿は貸さまし: 良寛 : 歌意:美味しいお酒と肴を持って来なさい。そうすればいつでも草の庵の宿を貸しましょう。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #良寛歌集 雑の部より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年11月7日 - 19:00 [続きを読む]
  • 11月6日(火)のつぶやき
  • #君に寄りなな……★☆ 秋の田の 穂向きの寄れる 片寄りに 君に寄りなな 言痛くありとも: 但馬皇女 : 歌意:秋の田の実った稲穂が一方に片寄るようにあなたに寄り添いたい。どんなに人の噂がうるさくても。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第二巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年11月6日 - 10:20 [続きを読む]
  • 10月30日(火)のつぶやき
  • #君わすれずは……★☆ ちはやぶる 賀茂のやしろの 神もきけ 君わすれずは 我もわすれじ: 馬内侍 : 歌意:賀茂の社の神様も聞いておくれ。あなたが私を忘れないなら私もあなたを決して忘れることはないだろう。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #千載和歌集 第八巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月30日 - 16:45 [続きを読む]
  • 10月29日(月)のつぶやき
  • #うたたねに……★☆ うたたねに 恋しきひとを 見てしより 夢てふ物は 憑みそめてき: 小野小町 : 歌意:うたた寝で恋しい人の夢を見てからは、夢を見ることをあてにするようになった。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #古今和歌集 第十二巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月29日 - 10:15 [続きを読む]
  • 10月28日(日)のつぶやき
  • #天雲晴れて……★☆ 思はぬに しぐれの雨は 降りたれど 天雲晴れて 月夜さやけし: 詠み人知らず : 歌意:思いがけず時雨が降ったけれど、雨雲が晴れて月が清らかに照っている。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第十巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月28日 - 14:00 [続きを読む]
  • 10月25日(木)のつぶやき
  • #落葉のみして……★☆ 來て見れば 我がふる里は 荒れにけり 庭もまがきも 落葉のみして: 良寛 : 歌意:古里に来てみれば住んでいた家はすっかり荒れ果て庭も垣根も落ち葉だけだ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 布留散東より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月25日 - 10:30 [続きを読む]
  • 10月24日(水)のつぶやき
  • #忘れたまふな……★☆ 我が背子が 帰り来まさむ 時のため 命残さむ 忘れたまふな: 狭野弟上娘子 : 歌意: 恋しあなたが帰って来られる時のためにこの命を残しておきましょう。忘れないでください。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第十五巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月24日 - 09:55 [続きを読む]
  • 10月23日(火)のつぶやき
  • #秋にはあらねど……★☆ 月見れは ちぢに物こそ かなしけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど: 大江千里 : 歌意:月を見るといろいろなことがもの悲しい。 自分ひとりだけの秋ではないはずなのに。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #古今和歌集 第四巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月23日 - 10:50 [続きを読む]
  • 10月20日(土)のつぶやき
  • #秋の山かな……★☆ もみぢばの いろにまかせて ときは木も 風にうつろふ 秋の山かな: 春宮権太夫公継 : 歌意:紅葉のもみじの色を真似て常緑樹も風で変わりゆく秋の山だ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #新古今和歌集 第五巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月20日 - 11:20 [続きを読む]
  • 10月19日(金)のつぶやき
  • #漕ぎの進みに……★☆ 大船を 漕ぎの進みに 岩に触れ 覆らば覆れ 妹によりては: 土師水道 : 歌意:大船を一生懸命漕いで進んでいこう。岩に触れて転覆したならしたでよい。恋しい人のそばに行けるなら。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第四巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月19日 - 10:50 [続きを読む]
  • 10月18日(木)のつぶやき
  • #山のこのはの……★☆ あきのつゆ いろいろことに おけはこそ 山のこのはの ちくさなるらめ : 詠み人知らず : 歌意:秋の露はいろんな場所に置いているからこそ山の木の葉は様々な色になるのだろう━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #古今和歌集 第五巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月18日 - 18:50 [続きを読む]
  • 10月12日(金)のつぶやき
  • #もれいづる月の……★☆ 秋風に たなびく雲の たえまより もれいづる月の かげのさやけさ: 左京大夫顕輔 : 歌意:秋風が吹いてたなびく雲の切れ目から漏れ出る美しい月の光がとても清く明るいことだ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #新古今和歌集 第四巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月12日 - 09:20 [続きを読む]
  • 10月11日(木)のつぶやき
  • #戀てふ色は……★☆ 世中に 戀てふ色は なけれ共 深く身にしむ 物にぞありける: 和泉式部 : 歌意:世の中には恋という色はないけれども私のこの身には深く染まっているものだ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #後拾遺和歌集 第十四巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月11日 - 12:00 [続きを読む]
  • 10月10日(水)のつぶやき
  • #花見る程の……★☆ 秋の野の 花見る程の 心をば 行くとやいはむ 止るとやいはむ: 赤染衛門 : 歌意:秋の野の花を見れば見るほど心ゆくというか心に留まると言えばよいものか。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #詩歌集 第三巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月10日 - 11:05 [続きを読む]
  • 10月9日(火)のつぶやき
  • #言の宣しさ……★☆ 酒の名を 聖と負ほせし いにしへの 大き聖の 言の宣しさ: 大伴旅人 : 歌意:酒の名を聖人と言った昔の偉い人の言葉のなんとよいことだろう。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第三巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月9日 - 10:30 [続きを読む]
  • 10月8日(月)のつぶやき
  • #人目を多み……★☆ 心には 千重に百重に 思へれど 人目を多み 妹に逢はぬかも: 詠み人知らず : 歌意:心では何重にも何重にも恋しく思っているのに人目が多くて愛しい人に逢うことができない。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第十一巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月8日 - 16:00 [続きを読む]
  • 10月7日(日)のつぶやき
  • #尾花咲きし……★☆ 秋風の 尾花咲きし 夕暮れは 渚に寄する 浪かとぞ思ふ: 良寛 : 歌意:秋風に薄がなびく夕暮れはまるで渚に寄せる波かと思う。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #良寛歌集 より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月7日 - 11:40 [続きを読む]
  • 10月6日(土)のつぶやき
  • #我れし通はば……★☆ 妹らがり 我が通ひ道の 小竹すすき 我れし通はば 靡け小竹原: 詠み人知らず : 歌意:恋しい人の許へと通う野原の篠竹や薄よ、私が通ったならばなびいて道を通しておくれ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第七巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月6日 - 11:05 [続きを読む]
  • 10月5日(金)のつぶやき
  • #影はわが身の……★☆ 世の中の 憂きをも知らで すむ月の 影はわが身の 心地こそすれ: 西行 : 歌意:世の中の憂きことも知らないで澄んで輝いている月の影は自分自身と同じような気持ちである。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #山家集 上巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月5日 - 09:00 [続きを読む]
  • 10月1日(月)のつぶやき
  • #数みつつ妹は……★☆ ぬばたまの 夜渡る月を 幾夜経と 数みつつ妹は 我れ待つらむぞ: 大伴家持 : 歌意:真っ暗い夜空を渡って行く月を眺めて幾夜経たかと指折り数えて恋しい人は私を待っていることだろ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第十八巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年10月1日 - 12:40 [続きを読む]
  • 9月29日(土)のつぶやき
  • #あらしかも疾き……★☆ ぬばたまの 夜さり来れば 巻向の 川音高しも あらしかも疾き: 詠み人知らず :歌意:真っ暗な夜がやってくると巻向の川音が高くなってきた。嵐が近くやってくるようだ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第七巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年9月29日 - 15:00 [続きを読む]