強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい さん プロフィール

  •  
強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しいさん: 強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい
ハンドル名強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい さん
ブログタイトル強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyohaku-future/
サイト紹介文強迫の過去を回想しています回復のヒントも書いていてカウンセラーとして強迫その他の相談に乗っています
自由文母の極端な教育ママ、兄の暴力、父の無関心(母の言いなり)と、過酷な家庭環境で生まれ育ちました。進学校が合わず、居場所を完全に失い強迫性障害になった過去。強迫性障害を克服しカウンセラーになるまでを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 221日(平均1.9回/週) - 参加 2017/05/06 12:19

強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい さんのブログ記事

  • 「あなた=強迫性障害」ではないので あなたの心の方を大切に
  • 突然ですが、最近光熱費を、かなり減らす事に、成功しました。それは、うちの娘の進学を控え、切実に(授業料の高さにビビリ) 「どうしても節約したかったから」月途中から始めたので、まだ完全繁栄されてないけれど、来月は、もっと減らせてる予定です。  お湯で洗っている所を水にしたり、手洗いや食器洗いの水量を減らしたり、洗濯の工夫をしてみたり、温度設定を1,2度変えてみたり・・・自分が出来そうな事を色々やってみまし [続きを読む]
  • 霧が晴れるように、強迫性障害が消えていく日がきっと来る・・・
  • 勉強でもなわとびでも自転車でも水泳でも料理でも楽器でも 何でもいいのだけど、ちょっと頑張るだけでは、うまく出来なかったけど、それでもコツコツ頑張り続けていると、 ★決して上手くはなかったけど、出来るようになった事、ないですか? ★最初は、周りより下手だったけど、(コツコツする事で、)周りより出来るようになった事は、ないですか? ★頑張っても出来なかったけど、どうしても必要があり、やり続けていると、困らない [続きを読む]
  • 父はアルコール中毒だった2 母から父を守らなければ
  • 肝臓が悪く、お酒を沢山飲んではいけなかった父。私はそんな父の健康だけを考えると、どんな事をしても隠れて飲む父を、どうにかサポートしないといけない事は、分かっていました。 でも私が日々、実際していた事は、父の飲酒に母が気づかないよう家の中の環境調整する事でした。その頃の気持ちを、一言で言い表すと 「母から父を守りたかった」こんな感じでしょうか。 いや、もっと詳しく書くと、「母から父を守らなければ」そん [続きを読む]
  • 強迫性障害の人の長所
  • 「ママの行動の原動力は、いつも不安やな」これ最近、私の夫から言われた言葉。 はい、その通りです。ン〜年も夫婦やっていると、よく見抜いていると思います(^-^; 私は、生まれながらに敏感で、不安に感じやすい人です。だから、強迫性障害に、きっとなりやすかったんでしょう 日常生活でも、何かにつけて気を病むので、生きづらく大変なのですが、裏返せば、この不安さんが、いつも私の行動力に繋がっていて、長所と言えば長所な [続きを読む]
  • 父はアルコール中毒だった。穏やかな人だったけど
  • HSP/HSCの事を、シリーズで書くと言っていたので、私が子供の時、家庭内で敏感だった、ある出来事を書いてみたいと思います。私の父は、アルコール中毒の人でした。「アル中」と言うと、お酒ばかり飲んで働かない、暴れる、そんなイメージかもしれませんが、私の父は、そんな人ではなく、仕事もちゃんとし、とても穏やかな人でした。 では、父が、どんなアル中の人だったかというと、休刊日を作らず沢山飲むので、肝臓が悪くなり、 [続きを読む]
  • ほんとに強い人は、泣かない人ではなくて・・・
  • 「ほんとに強い人と言うのは、泣かない人の事ではなく、泣いても、また笑える人」なんだそうです。 「まゆまゆさんは、強い人だから、強迫性障害に立ち向かえたん(治せたん)ですね」 と、よく言われるのですが、上記の言葉を借りるなら、逆だと思います。 いや、何回も泣いた事ぐらいありますよ。でも、思うに、私は、ほんとに辛い時、心が限界で悲鳴をあげている時には、一度も泣いた事がないように思います。つらい思いとは、裏 [続きを読む]
  • 母の金切り声が家庭内の不穏な雰囲気を・・巻き込みしない人に
  • 前回の記事で、HSP/HSC(ひといちばい敏感な人(子)」について触れました。今から書く事が、HSP/HSCにあたるのか分かりませんが、私は家庭内で起こっている事に、小さい頃から敏感でした。 私の母は、すぐヒステリックになる人だったのですが、それが原因で、家庭内は、不穏な雰囲気によく陥っていました。ずっと側で育っていると分かるんですよね。母がどのような時、怒りだすか・・・「私は、母の金切り声がたまらなかった・・」 [続きを読む]
  • 家庭が崩壊しない為、環境調整し続けた日々、HSPと言う概念
  • HSPまたは、HSCと言う概念は、ご存知でしょうか。HSP(ひといちばい敏感な人) これ私の事かもしれない、ってよく思うんです。 これから何回かシリーズで、私が歩んできた、HSC/HSPの話を書いてみたいと思うのですが、私は、成長過程で、自分がHSC(ひといちばい敏感な子)だったので、家庭内で起こっている負の部分に、すごく敏感だったんだろうと思うんです。 私が生まれ育った家では、さまざまな事がありました。今思えば、私の実 [続きを読む]
  • 強迫性障害に立ち向かう勇気の出し方?
  • 生きている限り将来の事は、心配するものだけど、その心配の仕方を間違えないように出来たらいいね。心配には、大きくわけて二種類あると思うんです。★一つは、生活費の心配、子供の教育の心配、勉強の心配、仕事の心配、老後の心配、すごく身近な細かい事だと、今夜の晩御飯の献立内容の心配や今日はコート着て行った方がいいかどうかと言った心配。★もう一つは、もし〇〇だったらどうしよう。ひょっとしたら○○かもしれない、 [続きを読む]
  • 第三回”強迫性障害の人を、私は¨こう¨思う  家族を安心させたい方
  • 前々回の記事と下記リブログの追加です「巻き込んでしまっているあなたは」家族に安心感を持っている方早く強迫性障害を治し、家族を安心させたい方 「巻き込まれてしまっている家族の方は」苦しんでいる家族を、なんとかしてあげたい優しさがあった人達(家庭・家族) 助けてあげたいのに、方向を間違っちゃうと、症状の応援になっているから、強迫性障害って、嫌な病気だよね。 温かい家庭をもつぶしていってしまう強迫性障害、私 [続きを読む]
  • 強迫性障害の人を、私は¨こう¨思う 誰よりも頑張っている人(修正版)
  • 「強迫性障害になったあなたは」ダメな人間じゃない。おかしい人間でもない。ものすごく努力している人。日々必死で闘っている人。他人には、何もしてないように見えても、そこにいるだけで、24時間頑張り続けている人。怠けている人でも、頑張ってない人でも、ない。誰よりも頑張っている人 「強迫行為をやめられないあなたは」勇気がない人じゃない弱い人でもない。こんな恐怖や不安の中生き続けているあなたは、すごく強い人。 [続きを読む]
  • ホントにいるんだ。心底びっくりした話 強迫と家庭環境
  • 貧困に関する記事を読んでいて貧困家庭に育ってきた男の子が、近所のバイト先で大学生に出会い 「大学生ってホントにいるんだ」とびっくりした。そんな話が書いてありました。 「あっこれ・・・」と思ったのですが、私も同じような事思った覚えがあるんです。 ちょっと前にある方が、「生まれ育った家庭内では、悩みを抱えず育つ事ができた。でも結婚出産後、子供が全員登校拒否になってしまい、家庭で悩むのは、はじめての経験で [続きを読む]
  • 追い詰められる事と良くなる事は、紙一重の関係
  • 強迫性障害が悪くなると毎日つらい事ばかりなのだけど、究極の事を書くと、将来的に良くなるって意味では、ギリギリまで追い詰められるって悪くない事なのかもしれないです。 どういう事かと言うと、「もうこんな状態耐えられない、これでは生活してられない」と言う思いは、 「もう、なんとかするしかない、治すしかない」と言う思いにつながるからです。 自分が本来生きたかった生活(夢)と、上記の思いって紙一重の関係だと思う [続きを読む]
  • 登校拒否も悪化の要因になる事がある
  • ここ2回程、登校拒否の話を書いたのだけど、下記リブログで、 >私は、当時家庭環境の悪さと、進学校が合わなかった・・・このダブルで、追い詰められていました。学校にいても、家にいても地獄。どこにも居場所がなく、この一つでも外してあげられていたら「強迫性障害にならなかったんじゃないか?」この思いは強いのです。 こんな話を書きました。後で思ったのですが、これは、「強迫性障害に発症する前に、こう行動すれば良かっ [続きを読む]
  • 登校拒否しなかった理由、強迫性障害マジックを体験して欲しい
  • この前登校拒否の話を書いてから思った事ですが、私が登校拒否しなかったのには、もう一つ理由がありました。それは、「私だけでも、いい子でいよう」と決心していたから。兄の暴力で苦しんでいるだろう母を、これ以上悲しませたくなかったから。 私だけでも、いい子でいないと、お母さんが可哀そうすぎるって・・・思ってました。 なんだろ私ってね、いつ頃からだろう、生まれ育った家庭内で、いつも家族の気持ちを優先させていた [続きを読む]
  • 登校拒否出来るってすごい事
  • これは、私の考えにすぎないけど、登校拒否出来るって、すごい事だと思う。なぜなら自分の心のSOSをちゃんと捉え、心を守れていると言う事だから。 すみません。登校拒否したらしたで、色んな不安、しんどさ、焦りがある事は、分かった上で書いています。 私は、子供の時登校拒否出来なかったんですよね。それは、「(登校拒否する)勇気がなかったから・・・」レールから外れるのが、すごくすごく怖くて、心は限界にも関わらず出来 [続きを読む]
  • ○○の方がもっと怖いと言う判断が出来たら、治せる
  • この前検査を受け、胃に「ピロリ菌」がいる事が分かったので、退治の為、今お薬を飲んでいます。この薬の副作用には「下痢」があるそうです。 こういうお薬、私は強迫性障害の頃飲む事が出来ただろうか? (強迫性障害だった頃)一番は不潔恐怖で悩んでいたはずだけど、毎日はそこから派生した過敏性腸症候群に振り回されていて、不潔で悩んでいるのか、過敏性腸症候群で悩んでいるのか、分からない状態になっていました。トイレで大 [続きを読む]
  • 2017年残り100日の運勢 ささやかな喜び 達成感を味わえるので
  • アメブロさんの運勢みくじイベント?に参加してみました。 ●残り100日を一言で表すと 小さい事は気にするな!!か この言葉は、このブログを読んでいる方達に捧げたいです。この言葉は、私自身に対してもいい言葉かも・・・。今はもう強迫症状はないけれど、もともと「ちっちゃいことに思い悩み、気にする人」なので、もっと大らかになりたいものです。でも、気にするのが自分なので無理かなぁ。理想です気にしながらも、一歩ずつ [続きを読む]
  • 親子関係の答えは、目の前の子にある
  • 下記リブログと、前回のこの記事( orタップ)で書きたかった事は、家族は、成長過程で、その子が味わってきた思いを、理解してあげて欲しいと言う事。 そこで生きるしかなかった子が、その時、その場所で どんな事を感じ生きてきたか、(そこで生きた)その本人にしか分からない思いを、家族は感じとってあげて欲しいのです。 子供の気持ちが分からないという、親御さんは、多いと思うのですが、答えは、目の前の子にあります [続きを読む]
  • 兄の暴力に怯えてなかった母、家族を支配し負けてなかった母
  • 前回の記事(下記リブログ)を書いて思い出した事がありました。 中学の頃より母に暴力を振るいだした兄。兄は男だし、中学にもなると、母より大きく力もあるので、腕力と言う意味では、(兄が母を)上回っており、母は、いつもやられっぱなしになっていました。 でもね、母はボコボコにされているにも関わらず、決して兄には、負けてなかったんです。どういう意味かというと、家の中での立ち位置、気力面、心では、母は、大きく兄を上 [続きを読む]
  • 親子間で180度違う認識 私がするカウンセリングの中で・・・
  • 私は、カウンセリングで強迫性障害の相談を伺う事が多いです。そこでは、親子関係の問題・葛藤についても、よく相談を受けています。 同じ家庭で、同じ時を過ごし、同じ出来事を共にしたはずなのに、家庭内での立場によって、どうしてこうも、出来事に対する認識が違うんだろうと、よく思います。 親御さんにとっては、「子供が訴えている事は、子供の思い違いなので、子供が言っている事に共感してしまうと、もっと子供をつけあが [続きを読む]
  • 今も昔も変わらずだけど、勢いでやるとうまくいく
  • 何度か書いていますが、私は生まれながらに、強迫性障害になりやすい器質を持った人だと思います。 子供の頃から、ちょっと変わった事があると、すぐ不安になるし緊張しやすい子でした。昨日、大人になった今も相変わらずだなぁと思った事がありました。 健診に行っていて、血圧を測る時、はじめて自動で測る血圧計を使用したんです。説明をされたけど、これで合ってるのか?まず不安でした。それで知らず知らずのうちに緊張してた [続きを読む]
  • あたり前のありがたさを知っているのは それを失くした人たちだけ
  • 強迫性障害の症状がひどくて、「あたりまえがあたり前にできなかった」頃、私がずっと思っていた気持ちと似てるなぁと思ったので紹介しますね。↓↓↓↓↓ あたりまえこんなすばらしいことをみんなはなぜ よろこばないのでしょうお父さんがいる お母さんがいる手が二本あって 足が二本ある行きたいところへ 自分で歩いてゆける手をのばせば なんでもとれる音がきこえて 声がでるこんなしあわせは あるのでしょうか しかし だれもそ [続きを読む]