ameyo さん プロフィール

  •  
ameyoさん: ジーザスナコト
ハンドル名ameyo さん
ブログタイトルジーザスナコト
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ameyo_/
サイト紹介文歳のせいか最近こどもの頃の事を思い出します改めて考えるとなんか凄くて面白い時代だったなあと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 163日(平均1.1回/週) - 参加 2017/05/06 16:26

ameyo さんのブログ記事

  • 秋の思い出、トンボと運動会
  • 秋になると途端にトンボがたくさん飛んでいました遊びの一環で誰から聞いたかトンボを捕まえて胴体に紐を結び付けて、紐の端を持ちながらペット感覚でトンボを飛ばすという残酷な遊びが流行っていました時がたち運動会の日がやって来ました秋晴れの下、運動はそんなに得意ではありませんでしたが勉学が嫌いな私は行事ごとが好きで大いに楽しみました運動会も終わり最後の校長先生の挨拶の時、沢山のトンボに混じって、胴体から紐を [続きを読む]
  • 父、気功にはまる
  • 父は過去の古傷から鞭打ちの様な症状に悩まされていた頃医療にも限界を感じ「気功」にハマった時期があったその気功では「光」や「氣」の文字を印刷したグッズを製作していたらしく父はせっせとTシャツやシールを入手し我が家の至る所に「光」や「氣」があったりしたある時は弟の部屋で、いつもゲームしててテレビばかり見るからとテレビの前の床やテレビに「光」シールを貼った弟は「止めろと言ったが勝手に貼ってった、六角魔方 [続きを読む]
  • 生!!!
  • 中学生の頃、午前中で帰宅した時の事でしたおばあちゃんがお昼ご飯を食べていましたなに食べてるのかな〜覗いてみる私あ、お魚食べていたんですねん?まてよ、もしかして、でもまさか、よくよく確かめてみたら・・・「な、生じゃーーーーー!!!」そう、生の魚をまるで焼き魚を食すみたいにきれいに内臓などを取って食べています!私はビックリ仰天し、すぐに止めました「お腹壊しちゃうよ!コレ焼いてないんだよ!生なんだよ!」と [続きを読む]
  • 夜は獣の時間
  • 最近の話ですすっかり日も短くなり帰りはもう真っ暗街灯のうすら明りのもとで、こちらに向かって可愛く「にゃ〜」と鳴く子猫数日前に同じ場所でサラリーマンの男性が「チッチッ」と猫を呼んでいるのを目撃しましたまた別の日には、道から金網へジャンプしワッシワッシと金網を揺らしながら上がって行く大きな動物を目撃!(猫かしら?)前を行くサラリーマンも振り返っていましたかなりのインパクトだったのですまた別の日にも自宅最 [続きを読む]
  • 祭りの後で…
  • 子供の頃、お祭りでモモレンジャーのお面を買ってもらいましたあくるひ二段ベッドの下段で何となく「お面を着けてみたい」という衝動がわいてきましたそしてお面を着け、その上なぜか窓の外を向いてジッと眺めていました今思えばチョットおかしかったかもしれませんな、なんと、家の裏側の長屋に住む悪童兄弟に見つかってしまいました「なんだアイツ?!」と言うやいなや兄弟は「ぎゃはははーwww」と笑いながら持っていたキン消し( [続きを読む]
  • 割り込みはゆるさーん!
  • 家族で出かけた帰り、ホームで電車をまっていました。電車が入って来て、いよいよ乗り込むぞと意識が高まった所で・・・ドアが開いた瞬間どこからか少年2人がはしゃぎながら列を無視してサッと割り込んだのです次の瞬間、わが母は「コラー!どこの子だー!!!」と怒りまくり「親はどうした!どこに居るー!!!」2人の少年を捕まえてもの凄いけんまく親も出るに出られなかったのか、幼い私には延々とした時間に感じ我々のドアの所だけ乗車 [続きを読む]
  • PTA会長事件
  • 我が家で末弟が高校3年生になった頃ある晩の父はご機嫌で晩酌をしてましたどうやら末弟が通っている学校の次期PTA会長をやらないか、と誰かから言われてすっかりその気になっていた末弟は上機嫌の父からその事を聞き・・・・・キレた、ブチギレました猛然と怒り「絶対にやるんじゃねー断れ!!!怒」父も引っ込みつかず「うるせー!お前なんかかんけーねー!」とヤメロだのやりたいだのとお互い一歩も引かず喧嘩にー!!!しまいに末弟が「 [続きを読む]
  • シャキーンおじさん
  • ある週末、DIYにはまっていた私は末弟に付き合ってもらい朝一で近くのDIYホームセンターへ買い物に出かけました一つ一つかなり吟味し熟考しますすると、向うの方から「シャキーン!!!」「シャキーン!!!」という聞きなれない音が聞こえてきました私は「何の音だろう」と思い探りに行きましたなんと!健康器具売り場で朝一から独占しているおじさんがいますものすごい勢いで足を開いたり閉じたりする運動をやっていました私はその後ろ [続きを読む]
  • 親父のほふく前進
  • ある夜のこと、弟は勉強をしていました親父はすでに就寝して大いびき親父は突然起きたらしく両手を頭にやったかと思うと「痛ェ!頭がイタイ!」と言いだした「オーイ!オーイ!」と母親を呼び出して、布団から這いずりほふく前進をはじめたオヤジ!「救急車呼べ!救急車!」と怒鳴りながら、床をゴンゴンと叩いています母は仕方がないので救急ダイヤルして「頭が痛い!と大声で言ってます」なんて伝えていたのですが「本人が言って [続きを読む]
  • 墓参り
  • 家族で母方の墓参りへ行った時のことです お墓を見つけてお線香やお花などをお供えして準備万端おばあちゃんの息子が小さい時に亡くなっていてこのお墓に入っているとの事なので皆で「さ、おばあちゃんはじめにお参りしなよ」と促しましたするとおばあちゃん、なぜか急に隣の墓石の前でお参り・・・わたしたち全員に「ちがーーーう!!!」とツッコミをさせたのでした 笑 [続きを読む]
  • PRINCE〜愛しい殿下〜
  • 一時期わたしはプリンスという米ミュージシャンにどっぷりはまり自分の部屋にテレビが無いのでお茶の間のテレビを独占し、プリンスのPVを観まくっていました、気分はサイコー♪ある日、弟兄が帰宅し夕飯を食べに茶の間に来ましたお茶の間のテレビで妖艶にギラギラと粘っこいパフォーマンスを魅せる殿下曲、映像、人の動き全てが濃い〜ついに弟兄「メシの時くらい消してくれよ!!!怒」私は内心(あ〜ぁ、やっぱそーだよな…)と思いな [続きを読む]
  • ハイエナばーさん
  • おばあちゃんが外に出て行っては迷子になったり、火を使う事も出来ずトイレも一人では大変になってしまった頃ほぼニートだった私と末弟は、日中かわるがわるおばあちゃんと一緒に過ごしていました末弟は、夜中に欧州サッカー等の中継を堪能し朝刊に一番に目を通してから眠るという日本に居ながらヨーロッパ時間でやっていましたお昼頃起きてきて、必ず買い物へ出かけて行き好きなものを食していましたおばあちゃんは末弟が買って来 [続きを読む]
  • ドロボー
  • 8歳くらいの頃、私は誕生日に友人から缶の貯金箱をもらいました野村義男(ヨっちゃん)が4面にいて、私は興味もないヨっちゃんの貯金箱をなぜ?と思っていましたが、今になってみればもしかしていらないものをくれたのかな〜って笑でもせっかくもらったので、コツコツとお金を貯めて使っていましたある程度貯まって来た頃から、日に日にお金を入れる所がボロボロになっていきますしかし鈍い私は何故ボロくなったのか理由を考えようと [続きを読む]
  • 末弟、初めての給食
  • 学校からか近所のお友達と一緒に帰宅した「ただいま〜」末っ子の帰りを楽しみに待っていた母は「おかえりー」とお出迎え、この日は小学校に入学して最初の給食があったのだーーー一緒に帰宅した近所のお友達の女の子が駆け寄り「おばさーん、あのねー今日〇〇くんがねー学校で給食たべ過ぎて吐いたの〜www」「え〜っ!あら、ヤダー」と、母は予想していなかった展開に驚いた何でもその日、彼の人生初めての給食の日それはもう美味 [続きを読む]
  • 大胆なその場しのぎ
  • 夕食がスパゲッティーだった日がありました皆が食べ終わり、何事も無くその日はおわり・・・翌朝、茶の間の外へ行ったお母さん「あー!!」と大きな声が、何事かと行って見ると昨夜の晩ご飯だったスパゲッティーがほぼひと皿分無残にも地面の上に捨てられていたのでした何でも、本人(末弟)に聞くと「麺が柔らかく味も好みでなく不味かった」との事とりあえずその場をしのげれば、後で発見されても気にしないのだろうそれにしても、 [続きを読む]
  • OSIRI!
  • 新潟に海水浴に行った時の事です宿の前には海水浴客などが利用できる駐車場があってその向こうに行くと100mほどで海がありました朝起きて何気に部屋の窓から外を眺めていると、一組の父子がすでに海でひと泳ぎしたみたいで、駐車場の車にもどって来ている所でしたお父さんが先に車のとこまで来てて子供に手招きしたり、自分も着替え始めたりしてましたすると突然!海水パンツを下げ生尻がツルンっとこちらを向いて現れました!ビッ [続きを読む]
  • シンケーシツ
  • 日曜日の朝などコーヒーを飲む時は、おばあちゃんがみんなの分を入れてくれてましたこういう時は神経質な性格を発揮して、はたから見ていると違いが分らないくらいの違いを気にして、ポットから一滴ずつお湯を注ぎ全ての量や濃さが同じになる様にしていたみたいですなので、すご〜〜〜く時間がかかってしまいますでもそんな事は気にしな〜い個人的には熱いの苦手なので、ちょうど飲み頃になっててソーグッドでした後にこだわってる [続きを読む]
  • 猫の仕返し
  • いつもと変わりない風呂あがりおっさんぽいですが、まだ小さい少年のつもりですあっ、うっかり猫を踏んずけてしまったようです!弟もかなりすばしっこい方なので、踏んだ瞬間に逃げ出しました猫はモーレツ怒ってます!!二段ベットの上へ逃げ込もうとしたのですが、追いつかれてあえなくお尻をガリリッとやられ「びえ〜〜〜」と泣いていました 笑怒って追っかけてった猫の速かった事!野生を感じました一番下の弟は猫の中では自分 [続きを読む]
  • ソボ VS ネコ
  • おばあちゃんは寝相が良く、いつも夜寝た時と朝になった時の姿勢が同じです猫はそんなおばあちゃんの布団の上がお気に入りある時おばあちゃんは猫の重みで目が覚めますすっくと立ちあがり「こんちくしょうめ」とばかりに猫の腹にキック!猫を追い払い、安眠のおばあちゃん♪しばらくすると・・・また元通りなんですある晩ふと目覚めて、二段ベッドの上から目撃しましたおばあちゃんは猫の腹に蹴りを入れるわ、猫はまた布団に乗っか [続きを読む]
  • 通りすがりのヤツ
  • おばあちゃんは寝相が良く、いつも夜寝た時と朝になった時の姿勢が同じです猫はそんなおばあちゃんの布団の上がお気に入りある時おばあちゃんは猫の重みで目が覚めますすっくと立ちあがり「こんちくしょうめ」とばかりに猫の腹にキック!猫を追い払い、安眠のおばあちゃん♪しばらくすると・・・また元通りなんですある晩ふと目覚めて、二段ベッドの上から目撃しましたおばあちゃんは猫の腹に蹴りを入れるわ、猫はまた布団に乗っか [続きを読む]
  • 脅しのしつけ
  • 土曜日の午後や学校が長期休みの時は、お昼ごはんとかおやつ等おばあちゃんが世話をしてくれていました今思えば、年寄りにわんぱくな悪ガキの世話は大変な事ですある日の午後、いくら言っても聞かない弟に口で言っても無駄だと思ったおばあちゃんは考えに考えた末、何か思い付き台所へ向かいますそして、包丁を手に取りました『そうだ!コイツで脅してやろう』万が一の事を考えて、先が尖っていないタイプのものを選びました『よし [続きを読む]
  • 「孫の手」の使い方
  • ある日、学校から帰宅した上の弟がおばあちゃんを怒っていました内容は憶えていませんがガミガミとしつこかったですおばあちゃんをそのまま茶の間に残し言いたいだけ言い放った弟は、自分の部屋へ行きましたしばらくしてから弟の部屋におばあちゃんが来てニコッと微笑みながらドアを開けました弟はさっきの事はもう忘れてマンガを読みながらくつろいでます「何?おばあちゃん」と弟は聞きましたが何も言わずニコニコして部屋に入っ [続きを読む]
  • 吉野家の牛丼(並)
  • おばあちゃん大好物のひとつに吉野家の牛丼がありましたたまに弟が買って来てあげて一人前をペロッと平らげてしまうんですから、凄い食欲です平日はお仕事ですが、今日は会社自体がお休みです・・・午後のロードショー、セガール沈黙シリーズ平日の楽しみの一つ、観られれば必ずチェックします一日だけの休みだから早めにカレーでも作ってしまってNetflixと併せて映画三昧も良いかな [続きを読む]
  • 覗き窓
  • 日中に家に居ると訪問営業が良く来ます平日、呼び鈴が鳴って対応するのはもちろんおばあちゃんでしたなぜか?玄関脇の窓を開けて確認をします当然ですが「こんにちわ!」などとこちらの顔を見て挨拶してきます・・・が、明らかにセールスマンだしって事でバレバレなのに無視して窓を閉め、無言で奥の部屋へ去りそれからしばらく無反応おばあちゃんは、窓を開けてこっちから見ても向うからは見えないまるで覗き穴のつもりでやってた [続きを読む]
  • カチカチ山
  • ある冬の朝、おばあちゃんが電気ストーブを背に髪をとかしていました。寒いけど、布団を畳んだ後なので窓は開けています。私は、二段ベッドでまだ眠ってます。ちなみに上段が私ゆっくりゆっくり丁寧に髪をとかすおばあちゃんしばらくすると…へっ?!燃えたっ?!起きた私は、モクモクと臭い煙が窓のほうへ流れていくのに気付き理解に少々時間がかかって「かあちゃーん、ばあちゃんの 背中が燃えてるー!」毛糸のチョッキなどを着 [続きを読む]