のぼる さん プロフィール

  •  
のぼるさん: 父ちゃん坊やの普通の写真その2
ハンドル名のぼる さん
ブログタイトル父ちゃん坊やの普通の写真その2
ブログURLhttps://noboru1954.exblog.jp/
サイト紹介文モノクロ中心のスナップ写真です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2017/05/06 21:45

のぼる さんのブログ記事

  • ブログ引っ越しのお知らせ
  • エキサイトブログの容量が一杯になり記事をUPできなくなりましたので引っ越します。新しいブログです↓「父ちゃん坊やの普通の写真その3」ご訪問、ありがとうございました。新しいブログも引き続きよろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 観光客で賑わう黒門市場(4)
  • 学校法人「加計(かけ)学園」は26日、愛媛県今治市への獣医学部新設をめぐり、県文書に記載されている2015年2月の安倍晋三首相と加計孝太郎理事長の面会について、「当時の担当者が実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまった」とのコメントを出した(朝日新聞)。この珍案を考えたのは誰?これならアベは逃げ切るな。誰も信じな... [続きを読む]
  • 祭りの子ら
  • あれほど動かぬ証拠が出てきても、退陣に追い込めない。なぜアベの支持率が30%を切らないのか、なぜ自分達の支持率が上がらないのか深く考察し戦略を練り直すことだ。戦術的には、資料、数字に基づく理路整然とした追求、自分の思いを語らない、この質問に対してどのように逃げるかなど、質問力を高めないと。かつて政権側を唸らせた野党議員の論戦を読み直し勉強。正森正二さん... [続きを読む]
  • 観光客で賑わう黒門市場(3)
  • 改竄に加え廃棄である。すべては総理夫人の関与を隠すため。「私や妻が関係していたら辞める」と断言した総理を守るため。そして財務省幹部が出世するため。今になってこんな資料を堂々と出したのはこれ以上、支持率は下がらないと確信したからだ。国民を見下している(鮫島浩@SamejimaH5月24日Twitter)。 [続きを読む]
  • 初夏の山村寸景*
  • 弁護士が最初に配慮をお願いしていた日大選手の顔のアップの写真は一枚も使用せず、余計な編集はせずに陳述書をそのまま見せてくれるベースボール・マガジン社さん。とても信用できる出版社さんだと思いました(@purplebakaringo Twitter5月22日)。https://www.bbm-japan.com/_ct/17170362 [続きを読む]
  • 初夏の山村寸景
  • 「高度プロフェッショナル制度」について、自公と維新は、制度の適用後も労働者側の意向で撤回を可能とするなどの修正案で大筋合意。一介の労働者が「私は、高プロの対象から外れます」なんて言えるわけがない。立場的に弱いから「労基法」がある。経団連は年収400万円以上を要求している。法案が成立すれば、この制度の未来は見えている。やはり維新は自民の補完勢力。 [続きを読む]
  • 道頓堀#206
  • 政府は18日「セクハラ罪という罪はない」「柳瀬元首相秘書官と愛媛県の面会確認は困難」と閣議決定。閣議書は午後には皇居・御座所に送られて天皇に提出され決裁を受ける。陛下も、「こんなのに印、押すの?」って思われているだろうな・・・。 [続きを読む]
  • 裏なんば#102
  • 「森友報道をトップニュースで伝えるな」と上層部が部下に指示したと国会で追及されたが、今度は財務省職員による森友側への口裏合わせなど、森友問題でスクープを連発していたNHK大阪放送局の記者が来月、記者職から考査室へ突如、左遷されるらしい。「森友問題スクープ記者を“左遷” NHK『官邸忖度人事』の衝撃」(日刊ゲンダイDIGITAL5月17日)。 [続きを読む]
  • 裏なんば#100
  • 「核と戦争の恐怖から抜け出し、持続可能な平和を作り出そうとした一年だった」(文在寅大統領)。「核と戦争の恐怖を煽り、軍事力増強と米国追随、モリ・カケ隠しに終始した一年だった」(安倍晋三首相)。(ネットの呟きより) [続きを読む]
  • 安田 菜津紀
  • 土曜日に、東日本大震災の被災地や中東などで活動するフォトジャーナリスト、安田菜津紀さんの写真展「The Voice of Life 死と、生と」&トークショーに行ってきた。写真展は、オリンパスプラザ大阪で17日まで。安田菜津紀さんは「写真で、世界の無関心を関心に変える」と頑張っておられます。 [続きを読む]
  • 我が街スナップ(大垣祭)
  • 久々にロシアンレンズ(Industar-61 L/D 55mm f/2.8)を使って大垣祭間近の我が街をスナップ。八幡神宮の境内では、恒例のお化け屋敷の準備が進んでいたし、駅前通りの歩道には、出店の割り当てを示す表示もあった。水まんじゅうの季節到来でもある。今日は、本楽である。13両の?が市内を巡行する。平成28年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された。午後から雨予報なのが残念。... [続きを読む]
  • 北國街道:今庄宿***
  • 2軒目は、地元今庄の元気なおばちゃんたちがやっている「おばちゃんの店」。おばあちゃんだけでなく若い人も。注文は、そば&揚げ焼きの今庄セット850円。今月27日には、「今庄そばまつり」がおこなわれる。16店の蕎麦屋と模擬店26店が出る。今庄宿には現在も4件の酒蔵がある。江戸時代には15軒もあったという。当然、味合わないと。 [続きを読む]
  • 北國街道:今庄宿**
  • 今庄宿には、「今庄そば」を食べれるところが13カ所ある。「おろしそば」が美味しい。量は少なめなので蕎麦屋の「はしご」がいいだろう。まずは、旅籠だった「わかさや」で一皿。ここは、いろんなお店が交代で営業しているとのこと。 [続きを読む]
  • 北國街道:今庄宿*
  • 京の都から北陸への玄関口に位置する今庄は、古くから交通の要衝であり、江戸時代には越前有数の宿場町として栄えました。町並はいまもなお、昔の面影を残し、素朴な雰囲気を漂わせています。(若狭湾観光連盟のHPより) [続きを読む]
  • 天満スナップ#6
  • 「うそつき内閣が、うそにうそを重ねています。安倍内閣は『総理のご意向内閣』ではありませんか。平和と命と人権を守るためにあらがうことは、私たちが生きている証しであり、誇りなのです。醜悪なオオカミに憲法を差し出すことはできません」(5月3日 落合恵子)。 [続きを読む]
  • 地蔵がある漁師町の路地
  • 憲法記念日である。憲法を意識しない暮らしが一番だろうが、安倍さんがトップになって以来、そうもいかなくなった。何しろ改憲が悲願なのだから。民主主義の根幹を壊した公文書の改竄、それをやらかした政権に改憲を言い出す資格があるのかと問いたい。嘘をつくな、紙を出せ。すべてはモリカケの後だ。(立川談四楼5月3日Twitter) [続きを読む]