うさりく先生 さん プロフィール

  •  
うさりく先生さん: うさりく先生の陸上教室
ハンドル名うさりく先生 さん
ブログタイトルうさりく先生の陸上教室
ブログURLhttp://www.usariku.com
サイト紹介文陸上競技に関する知りたいことがいっぱい!選手、指導者、応援する人に役立つ情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2017/05/06 22:13

うさりく先生 さんのブログ記事

  • インターハイ地区予選会に出る人に読んでほしい記事まとめ
  • インターハイの各地区予選会が始まっています。その地区予選会やインターハイなど大きな大会に行く人に読んでほしい記事をまとめました。参考にしてください。地区予選会とは  日本全国を11地区に分けた地区大会北海道、東北、北関東、南関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、北九州、南九州。地区大会は以上の11地区に分けて行われます。 大会前には前哨戦が行われます。・各校、休憩(待機)場所の確保・横断幕 [続きを読む]
  • 特集 リレーを制する
  • リレーに関する過去記事を集めました。2018年新ルール バトンパスのことマーカーのこと エントリー、オーダー用紙のこと 練習で意識すること ヒーローたちから学ぶ その他 2018年新ルールについてバトンパスについてオーバーハンドパス、アンダーハンドパス、利得距離とは何か?写真で分かるおすすめの記事です。マーカーに関することエントリー、 [続きを読む]
  • 男子マラソン日本新記録・・・世界との差は?
  • 東京マラソン2018で設楽悠太選手(ホンダ)が2時間6分11秒という日本新記録を樹立しました。世界との差は? 2002年シカゴで高岡寿成氏(当時所属カネボウ、現カネボウ監督)が樹立したマラソンの日本記録2時間6分16秒を2018年2月25日に開催された東京マラソン2018で設楽悠太選手(ホンダ)が5秒更新、2時間6分11秒という日本新記録を樹立しました。井上大仁選手(MHPS)も2時間6分54秒という日本歴代4位の記録、 [続きを読む]
  • 東京オリンピック 陸上競技の聖地は?
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアム、陸上競技が実施される新国立競技場の工事(準備)が急ピッチで進んでいます。陸上競技の聖地は? 2018年1月28日現在の新国立競技場です。しかし、新国立競技場はオリンピック後「球技専用」に改修するという基本方針を2017年11月に政府が正式決定しています。陸上競技界では「聖地」と呼ばれていた旧国立競技場(国立霞ヶ丘競技場)にかわ [続きを読む]
  • 陸上競技における事故防止・安全対策
  • 陸上競技における練習や大会での事故防止や安全対策についてです。過去にも主に大会時の安全対策について記事を書いていますが再度記事にします。 2017年に痛ましい事故が起きました。部活の練習中に投てき物が他の部活の生徒にあたるというものです。陸上競技では、投てき物や全力で走っている選手など危険なものや場面がたくさんあります。陸上競技における練習や大会での事故防止や安全対策について [続きを読む]
  • 今春発売予定、ニシ・スポーツの新商品
  • 陸上競技関連用品を取り扱っている株式会社ニシ・スポーツから今春気になる新商品が発売される予定です。ニシ・スポーツ (NISHI) ストップウォッチ(SVAS005) F3051A [分類:ストップウォッチ] 送料無料価格: 17,280円 (2018/03/11 22:47時点 )■NISHI(ニシ・スポーツ)陸上用電子機器 ■プリンター付ストップウォッチ■F3061A■価格: 29,376円 (2018/03/11 22:49時点 )まず、株式会社 ニシ・スポーツに関する過去 [続きを読む]
  • ペースランナー(ペースペーカー)
  • 中長距離走、特にマラソンでみられるペースメーカー、先頭選手を引っ張る役目が知られていますが、一般のいわゆる市民ランナー向けのフィニッシュ時間(設定時間)毎のペースメーカーが身近な存在になってきました。中長距離走、特にマラソンでみられるペースメーカー、先頭の選手をハイレベルかつ一定のペースで引っ張る役目の走者で、レース序盤から選手同士がお互いにけん制し過ぎてペースが上がらない、ペースが乱 [続きを読む]
  • アンチ・ドーピング(反ドーピング)
  • ドーピングに関する国内初の事件が起きました。他競技ですが、陸上競技でもドーピングは問題となることが過去何度も起きています。ドーピングについての基礎知識などについて。 ドーピングに関する日本国内初の事件が起きました。ライバル選手の飲食物に禁止薬物を入れるという事件です。陸上競技でもドーピングは問題となることが過去多数起きています。ドーピングについての基礎知識などについてです。尚、本記 [続きを読む]
  • マラソン・ロードレースでの給水などについて 〜その2(陸王)〜
  • マラソンやロードレースなどの道路競走では水やスポンジおよび飲食物供給所(給水所)が設けられ、スペシャルドリンクと呼ばれる選手自身が持ち込む飲食物を給水所に置くことができることを先の記事で書きましたが、今回はその飲食物(スペシャルドリンク)に関することです。(2017年12月まで放映されたTBSドラマ「陸王」でも見られたシーンも関係します)。2018年度ルール改正に伴う追記、削除があります(赤字部分、打消し部分 [続きを読む]
  • 駅伝の当日メンバー(エントリ―)変更
  • 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)など駅伝競走で「当日メンバー(エントリー)変更」を行うことがあります。予定選手の不調?それとも作戦?・・・ トラック競技のリレーは、申し込み時典でオーダー(走順)までは決めず、競技会当日にオーダー(走順)を最終決定できますが、駅伝競走では異なることがあります。多くの駅伝競走の申し込みは各区の選手を決めた上で行います。申し込み時には走順を決めなけ [続きを読む]
  • マラソン・ロードレースでの給水などについて
  • マラソンやロードレースなどの道路競走では水やスポンジおよび飲食物供給所が設けられます。一般的にまとめて給水所と呼ばれることが多いものです。今回は給水などについて。 日本陸上競技連盟競技規則の道路競走に関する規則では、道路競走の標準となる距離は10?、15?、20?、ハーフマラソン、25?、30?、マラソン(42?195)、100?およびロードリレーとなっています。本記事はこれらに適用されるルールに関 [続きを読む]
  • 日本陸上競技連盟競技規則(ルール)の修改正
  • 前回リレーのテイク・オーバー・ゾーンの長さが2018年度よりかわるという記事を書きました。ルール、日本陸上競技連盟競技規則の修改正について。日本陸上競技連盟競技規則(ルールブック)はかなりのボリュームがあります。書籍のページ数は2017年度版で518ページ、そして毎年度修改正があり、特に近年はその量が多くなっています。そもそも日本陸上競技連盟競技規則は国際陸上競技連盟競技規則(IAAF規則)に準 [続きを読む]