うさりく先生 さん プロフィール

  •  
うさりく先生さん: うさりく先生の陸上教室
ハンドル名うさりく先生 さん
ブログタイトルうさりく先生の陸上教室
ブログURLhttp://www.usariku.com
サイト紹介文陸上競技に関する知りたいことがいっぱい!選手、指導者、応援する人に役立つ情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 169日(平均6.3回/週) - 参加 2017/05/06 22:13

うさりく先生 さんのブログ記事

  • 選手が身に着けている腕時計などは使用OK。しかし・・・
  • 前回の記事で競技会のトラック競技では、競技区域内でのタイムを読み上げは禁止と書きました。これは競技中の選手以外の人が行うことについてです。競技中の選手が腕時計などでタイムを計測するのは構いません。 競技会のトラック競技では競技区域内でタイムを読み上げることは助力になり禁止であることは前回の記事で書きました。でも、選手自身が身に着けているストップウォッチなどの機能がついている腕時 [続きを読む]
  • タイムの読み上げは場所を考えて行おう 〜助力になる場合〜
  • 競技会のトラック競技で、タイムを読み上げている人がいます。1周毎のタイムやスタートからの経過タイムなどです。このタイムの読み上げ、行う場所に注意しなければなりません。 競技会のトラック競技で、タイムを読み上げている人をよく見ます。1周毎のタイムやスタートからの経過タイムなどです。中には設定(予定)のタイムからの遅れを選手に伝えていることもあります。このタイムの読み上げ、スタンド(競技区 [続きを読む]
  • 招集後はすみやかに競技場所へ移動しましょう。
  • 多くの競技会では招集所で招集(点呼)を受けた後、各自で競技場所に移動します。この移動、速やかに行うようにしましょう。規模の大きな競技会では招集(点呼)を受けた後、招集所から競技場所(トラック競技ではスタート地点)へは競技役員などの誘導により出場選手がそろって移動しますが、そうでない競技会では各自で移動することになります。この記事は各自で移動する場合のことです。フィールド競技では、その試 [続きを読む]
  • 競技会での小学生のスタート
  • 小学生の短距離走や4×100mリレー(第1走者)、ハードル競技のスタートは、ほとんど全ての競技会でクラウチングスタートでもスタンディングスタートでも構わないとなっています。全国小学生陸上競技交流大会(各都道府県の予選会を勝ち抜いてきた選手、チームが出場できる小学生の全国大会)の開催要項には、スタートはクラウチングスタートを原則とするが、スタンディングスタートも認める。と記載されています [続きを読む]
  • 第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
  • 第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会が開催されています。先日100m9秒台で盛り上がった学生チャンピオンを決める第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(全日本インカレ)の次は社会人チャンピオンを決める大会です。この大会も100mなど見どころが満載です。大阪のヤンマースタジアム長居で第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会が開催されています。男子100mには山縣亮太選手(セイコー)、藤光謙司選手( [続きを読む]
  • 陸上競技はマイナースポーツ? 〜報道から見る陸上競技〜
  • 桐生祥秀選手(東洋大学)が100m 9秒98(+1.8m/秒)というすばらしい日本新記録を樹立しましたが、報道各社もこのニュースを大々的に取り上げました。しかし中には誤った情報も・・・福井県の福井運動公園陸上競技場で開催された第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(全日本インカレ)の男子100m決勝で、桐生祥秀選手(東洋大学)が日本人初の公認記録9秒台、9秒98(+1.8m/秒)というすばらしい日本新記録を [続きを読む]
  • 桐生祥秀選手 9秒98 〜写真判定結果〜
  • 桐生祥秀選手(東洋大学)が100m10秒の壁を破る 9秒98(+1.8m/秒)というすばらしい日本新記録を樹立しましたが、そのレースの結果を証明するのが写真判定結果の写真です。福井県の福井運動公園陸上競技場で開催された第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(全日本インカレ)の男子100m決勝で、桐生祥秀選手(東洋大学)が日本人初の公認記録9秒台、9秒98(+1.8m/秒)というすばらしい日本新記録を樹立しまし [続きを読む]
  • 競技会の申し込み(エントリ―)は慎重正確に
  • 競技会に申し込み、競技会当日に申込内容に誤りがあったと申し出て来ることがあります。必ず受け付けられるとは限りません。競技場で行われる競技会の申し込み(エントリ―)は、ほとんどの競技会で電子データ(エクセルなど)により行われています。プログラムや競技会で使用する競技運営システムでの選手の氏名や学年、性別、エントリー種目などはその電子データに基づいています。つまり、申し込みのデータをそのまま [続きを読む]
  • 桐生選手の9秒98、世界では?
  • 桐生祥秀選手(東洋大学)が100mを9秒98(+1.8m/秒)で走りました。その記録、日本人初の9秒台ですが、世界的に見るとどの程度の記録なのか・・・福井県の福井運動公園陸上競技場で開催された第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(全日本インカレ)の男子100m決勝で、桐生祥秀選手(東洋大学)が日本人初の公認記録9秒台、9秒98(+1.8m/秒)というすばらしい日本新記録を樹立しました。その記録は世界的に見てどの辺りに位 [続きを読む]
  • 桐生選手、100m 9秒98 その時の速報値は9秒99
  • 桐生祥秀選手(東洋大学)が100m10秒の壁を破る 9秒98(+1.8m/秒)というすばらしい記録を樹立しました。その時の速報値は9秒99、その速報値について。福井県の福井運動公園陸上競技場で開催された第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(全日本インカレ)の男子100m決勝で、桐生祥秀選手(東洋大学)が日本人初の公認記録9秒台、9秒98(+1.8m/秒)というすばらしい日本新記録を樹立しました。これまでの日本記録は、伊東 [続きを読む]
  • 2種目以上の競技に同時に出場するときは申し出ること
  • 同時に2種目以上の競技に出場する時は必ず申し出ましょう。競技会によっては書面の提出が必要な場合もあります。競技会で同時にトラック競技とフィールド競技あるいは2種目以上のフィールド競技に出場する選手が、後から招集(点呼)が行われる競技の招集完了時刻までに招集に来ないで遅れて来る、あるいは招集を受けずに競技場所に行くことがあります。これは招集を招集完了時刻までに受けていないことになるのですが、ほとん [続きを読む]
  • リレーの時のユニフォームはそろっていないといけないのか・・・
  • 競技会でリレーに出場する際、選手4人のユニフォームがそろっているか確認されることがあります。このことに関して。リレー競技の招集(点呼)の際にメンバー4人のユニフォームがそろっているか確認された経験がある選手がいると思います。そのことに関してルール―では、〔国内〕 全国的な競技会でのリレー競走においては、チームの出場者は同一のユニフォームを着用する。と記載されています。これは日本陸上競技連盟が [続きを読む]
  • 競技の前、脱衣のタイミングについての補足
  • 9月3日に「競技の前に身体を冷やさないように・・・脱衣のタイミング」という記事を書きました。その記事に関する補足説明です。9月3日の記事、この時の記事で、次のような記載がありました。規模の大きな大会では、選手は競技場内に入る際にはまだジャージなどを着ていて、スターティングブロックのセットなどの後選手紹介直前に脱衣することが多いのですが、昨年のオリンピックや今年の世界選手権のリレー決勝のようなチ [続きを読む]
  • これからの時期に注意、競技中の衣類の重ね着〜メーカーのロゴの数〜
  •      5月にも記事にしましたが、そろそろ競技に出場する衣類(ユニフォーム)の下にTシャツやタイツ(スパッツ)などを重ね着する選手を多数見るようになってきました。やはり守られていない、あるいは守られていないというより知られていないと言った方が正解かもしれないルールがあります。お得なJR+宿プランはこちらから! 昨日も競技役員を行ってきましたが、やや肌寒い時間帯もあったため、競技に出場す [続きを読む]
  • 競技の前に身体を冷やさないように・・・脱衣のタイミング
  • 競技前にウォーミングアップを行い、身体と心の準備を行いますが、競技前に身体を冷やしてしまったりしてパフォーマンスが発揮できないということがないように。 今回の記事のテーマ、ある程度意識の高い選手にしてみれば当たり前のことです。しかしできていない選手も多数います。そうしたくてもできない選手もいます。8月に開催された世界陸上ロンドン大会の男子4×100mリレー決勝でボルト選手が走っている最中に脚を痛 [続きを読む]
  • 「レースの後、脚を高くしておくように」と顧問に言われた 〜疲れをとる〜
  • 脚の疲れをとるために、あお向けに寝て脚を高くすることがあります。その脚の上げ方について。 小学生のときに指導していた選手が、全中(全国中学校陸上競技選手権大会)前に、私が小中学生を指導しているところに調整練習を行いに来ました。中学生になってからは学校の部活で活動しており、直接指導する機会は減りましたが、ときどき顔を出してくれます。その時アドバイスしたのは、最も大切なのは疲れをしっかり取りのぞく [続きを読む]
  • リレー、バトンパス(受け渡し)の開始
  • 4×100mリレーと4×400mリレーのバトンパス(受け渡し)関するルールを以前記事にしました。その記事で「バトンパスの始まりと終わり」について説明しました。それに関する補足説明です。 この記事で扱うリレーも4×100mリレーと4×400mリレーです。その記事で、ルールブックに、バトンは競技中手でもち運ばなければならない。という記載があると書きました。手以外で持ち運んではいけないのです。バ [続きを読む]
  • 全中、最終日最終競技、4×100mリレー
  • 全中、平成29年度全国中学校体育大会・第44回全日本中学校陸上競技選手権大会は、最終競技4×100mリレーで幕を閉じました。 平成29年度全国中学校体育大会・第44回全日本中学校陸上競技選手権大会(以下「全中」)は、中学新記録というすばらしい記録が樹立された男子4×100mリレー決勝で3日間の幕を閉じました。その4×100mリレーの男女それぞれの優勝校、共に加速ゾーンの使い方が工夫されていました。選手の競技力 [続きを読む]
  • 全中、女子100mの準決勝進出条件を検証
  • 全中、平成29年度全国中学校体育大会・第44回全日本中学校陸上競技選手権大会の女子100mの予選から準決勝への進出条件を検証してみました。平成29年度全国中学校体育大会・第44回全日本中学校陸上競技選手権大会(以下「全中」)に関する以前の記事で、女子100mの予選から準決勝への進出条件が昨年から変更があったことを取り上げましたが、実際に予選が終了しましたのでその検証を行いました。以前の記事です。進出条 [続きを読む]