Eliana さん プロフィール

  •  
Elianaさん: 宝塚観劇の日々
ハンドル名Eliana さん
ブログタイトル宝塚観劇の日々
ブログURLhttp://andtakarazuka.hatenablog.com/
サイト紹介文備忘録的に宝塚を中心にミュージカル観劇の感想などを載せてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2017/05/06 23:20

Eliana さんのブログ記事

  • 星組 2019 下期大劇場ラインナップ
  • 星組の今年後半の大劇場ラインナップが発表されましたね。  ---------------------------------------------2019年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】ミュージカル・フルコース『GOD OF STARS-食聖-』作・演出/小柳 奈穂子スペース・レビュー・ファンタジア『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』作・演出/酒井 澄夫宝塚大劇場:2019年7月12日(金)〜8月19日(月)東京宝塚劇場:2019年9月6日(金)〜 [続きを読む]
  • ミュージカル「サムシング・ロッテン!」
  • 今回はミュージカル「サムシング・ロッテン!」を観に行ってきました。有名なミュージカル作品のオマージュがちりばめられていたり、アドリブも満載ってことでちょっと楽しみにしてた作品。  冒頭、アンサンブルのみなさんによる「Welcome to the Renaissance」で、おぉ〜ミュージカルが始まるぅ〜っとなるのですが、意外とセリフ芝居も多い舞台でした。ほら、アドリブとかそういうのはセリフ部分になるからって事でしょうか。ネ [続きを読む]
  • ミュージカル グレコメ コメットシート
  • なにかと演出(舞台セット)が話題になっている「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」の感想メモその2です。客席の間に舞台(ステージ)が作られているような作りになっているコメットシート。そしてコメットシートではなくても、普段私が見ているミュージカルと比べると格段に多い客席降りでの演出。今回は割と全体が見やすい席での観劇だったからか、1度しか観てない割にいろいろ覚えてるから [続きを読む]
  • よくわからない組替え
  • ちょっと混乱する花組の人事と公演ラインナップ発表と共に、ちなつさん(鳳月杏)の組替えも発表されてしまいましたね---------------------------------------------------このたび、下記の通り、組替えを決定しましたのでお知らせいたします。鳳月 杏・・・2019年4月29日付で月組へ組替え※異動後に最初に出演する公演は未定です。---------------------------------------------------なぜこのタイミングで?しかも、古巣の月組 [続きを読む]
  • 花組トップ娘役決定と演目発表の衝撃
  • 今日は動揺する人事発表が演目と併せて次々と発表されましたね。。。。。  ------------------------------------花組 次期トップ娘役についてこのたび、花組次期トップ娘役に、華優希が決定しましたのでお知らせいたします。------------------------------------つづいて、花組トップ娘役のプレお披露目となる追加公演が発表されました。------------------------------------2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【 [続きを読む]
  • ミュージカル グレコメ 観劇
  • 2019年の観劇始めは「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」略してグレコメです!!!  客席の中に張り巡らされたステージで繰り広げられたというBW版。日本版ではステージにオーケストラピットのように低い空間が4ヶ所(ステージ中央と後方)とオケピの横に1ヶ所。(計5ヶ所)チケット手配の際に悩みに悩んだ末に、通常S席を手配。まっ、コメットシートに座りたくても取れる気がしないけど。苦笑 [続きを読む]
  • 2018観劇振り返り
  • はい。年末なので2018年の一言観劇振り返りです   花組「ポーの一族」年明けにふさわしい華やかで美しいミュージカルでした。明日海りおさんの人外的美しさが凄かった。ミュージカル「マタ・ハリ」加藤和樹さんのラドゥーがカッコ良くてカッコ良くて。個人的に再演が待たれる公演でございます。ミュージカル「HEADS UP!/ヘッズ・アップ!」一部キャストを変えてくれたらもっと良かったのに、とは思うけど、お話は面白かった。 [続きを読む]
  • ミュージカル「マリー・アントワネット」
  • 革命続きの今年の観劇でしたが、締めくくりにマリー・アントワネットを観てきましたよ〜  こちらもミュージカルにありがちな一部ダブルキャストとなっています。私が観劇したキャストはこちら(役替りでダブルマリー両方見た)------------------------------------------------ マリー・アントワネット:花總まり、笹本玲奈 マルグリット・アルノー:ソニン フェルセン伯爵:古川雄大 ルイ16世:佐藤隆紀、原田優一 レオ [続きを読む]
  • じゅりあ姉さんとべーちゃん。そして下級生の退団
  • 本日はクリスマスですが、花組さんと雪組さんの集合日(お稽古開始日)だったようですね。(雪組は東京公演の集合日)  そんなわけで発表されてしまいました。退団者発表です。--------------------------------------------下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。花組 花野 じゅりあ 桜咲 彩花 仙名 彩世 -すでに発表済- 碧宮 るか 茉玲 さや那 凜香 百音2019年4月28日(花組 東京宝塚劇場公演 [続きを読む]
  • ミュージカル「レベッカ」
  • さて、今回はミュージカル「レベッカ」を観てきました。行こうかなぁ〜どうしようかなぁ〜と迷っていた公演なのですが、運よく地方公演もあったので、せっかくなのでと観劇を決意。ミヒャエル・クンツェ、シルヴェスター・リーヴァイ制作ってのも観劇のポイントでした。  今回は主役の「レベッカ」がトリプルキャストで、ダンヴァース夫人がダブルキャスト。地方公演のつらいところは、日程の関係で必ずしも(自分にとってベスト [続きを読む]
  • 花組 全ツ「EXCITER!!2018」
  • たいして公演の感想になっていたか分からないメラコリに続き、ショーの感想です(苦笑)  EXCITER!!自体去年の全ツで公演したばかりだからか、どうしてもみりゆき(明日海りお・仙名彩世)版のEXCITERがチラついちゃうんですよね〜〜〜汗れいちゃん(柚香 光)もかなり頑張ってたし、マイティ(水美舞斗)も良かったけど、4分割されてしまった花組って歌える生徒が結構いないのね(汗)もう、お歌の場面になると基本、和海しょ [続きを読む]
  • 2番手が主演する全ツ
  • 花組全国ツアー公演「メランコリック・ジゴロ/EXCITER!!2018」を観に行ってきました。  私は宝塚観劇歴が浅いので、全ツでトップスターが出演しない公演を観るのは初めて。でも、まぁまぁあることなんですよね。(たぶん)私が知る限りでも過去に3回はあるし。(来年は星組でまこっちゃん(礼真琴)主演で全ツ公演されますしねー) 2016年 珠城りょう(当時2番手) 2015年 紅ゆずる(当時2番手) 2014年 早霧せいな(当時2番 [続きを読む]
  • ファントムを観る前に
  • 2幕でエリックがクリスティーヌを庭へ案内する場面。ここで出てくる詩人 ウィリアム・ブレイク。彼の詩をファントム観劇前に読んでみるとエリックの心がよりわかる気がしました。  エリックが自分の心の代弁者とうい詩人が気になって詩を探してみたのですが、これが本当に胸を掴まれるのです。それが、詩集「無垢と経験の歌/Songs of Innocence and of Experience」の中の1篇「黒人の少年/The Little Black Boy」です。僕の母さ [続きを読む]
  • 雪組 ファントム Bパターン 観劇
  • 先日の連休中にファントムを再び観に行ってきました。  今回は役替りBを観てきました。私の手持ちのチケットは殆どがAパターンなので、今回は(自分にとっては)貴重なBパターン。一応、メモとして残しておくと、Bパターンは3番手格のお役が役替り(伯爵ね) 役替りA  フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵:彩凪 翔  アラン・ショレ:朝美 絢 役替りB  フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵:朝美 絢  アラン・ショレ:彩凪 [続きを読む]
  • 困惑の星組別箱ラインナップ
  • 来年上期の星組別箱ラインナップが発表されましたね。。。。。  ---------------------------------------------------2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【シアター・ドラマシティ公演/日本青年館ホール公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。楽劇(ミュージカル)『鎌足−夢のまほろば、大和し美(うるわ)し−』作・演出/生田 大和シアター・ドラマシティ:2019年5月5日(日)〜5月13日(月) [続きを読む]
  • 雪組「ファントム」観劇 第2幕
  • 観劇の感想を書いていたたら長くなってきたので、ここからは2幕の感想になります。当然ネタバレ含んでます。苦笑  1幕がだいもん(望海風斗)ときいちゃん(真彩希帆)の美しい歌声を堪能させてもらう、エリックとクリスティーヌの物語だったとしたら2幕は、エリックの過去、そしてエリックとキャリエール(彩風咲奈)の親子の物語ですね。キャリエールがクリスティーヌに自分の過去を告げる場面、キャリエールの声色からはまだ [続きを読む]
  • 雪組「ファントム」観劇 第1幕
  • チケット難公演が多かった年の大劇場公演を締めくくるにふさわしい『ファントム』ですが、チケ難であることが納得せざるを得ない完成度で、ホント1回ぐらいの観劇ではもったいない公演でした。(幸運にも私はチケットを確保できたのでまだ数回観劇予定にしてるけど)  最近、宝塚でも映像を使用した演出とかが増えてきてるけど、本作のように冒頭の導入部分でとか、背景としてしようするのは割と効果的かもしれないと思いました [続きを読む]
  • 雪組「ファントム」全体の感想
  • 先週末からムラ(宝塚大劇場)で始まっている雪組公演『ファントム』を観に行ってきました。公演ラインナップが発表されてから多くの方が待ち望んでいた作品ですよね。(私もそのひとりだ)  本公演はオペラ座のパトロンのひとりフィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵とオペラ座の新支配人アラン・ショレが役替わりとなっています。今回は役替わりAを観てきました。ガストン・ルルーの小説『オペラ座の怪人』を基に作られたミュージ [続きを読む]
  • 浪漫活劇「るろうに剣心」
  • 松竹座で絶賛公演中の浪漫活劇「るろうに剣心」初日を観に行ってきました。2016年に宝塚で公演された舞台の、(宝塚以外の)外部公演となります。主演されたのは宝塚版で主演されていて、昨年同劇団を退団された早霧せいなさんです。公演が発表された時はまったく見る気はなかったのですが(苦笑)、まぁ、友人が行きたいって事でその付き添い的な意味も合って観に行ってきました。ストーリーは宝塚版とほぼ一緒で、楽曲も宝塚版と [続きを読む]
  • 生田先生のコネクション
  • 来年冬の花組公演の全楽曲をフランス人作曲家ドーヴ・アチア氏が担当されることが発表されましたね。  ---------------------------------------------------------宝塚歌劇では、花組宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演(2019年2月〜2019年4月)の『CASANOVA』において、ドーヴ・アチア氏に全楽曲をご提供頂くことが決定しましたのでお知らせ致します。---------------------------------------------------------昨年の雪組「ひかり [続きを読む]
  • ジャージー・ボーイズ チームWHITE
  • 2016年にシアタークリエで公演されて話題となった「ジャージー・ボーイズ 」の再演にして全ツ(全国ツアー公演)を見てきました。前回はチームREDとチームWHITEに分かれての公演でしたが、今回はチームWHITEとチームBLUEとして、一部キャストも新たにしての再演。私は、チームWHITEとチームBLUE 両公演とも観てきたのですが、とりあえず初演からのメンバーWHITE(中河内、海宝、福井)の感想を書きたいと思います。 60年代に活躍し [続きを読む]
  • ミュージカル『タイタニック』ACT.2
  • さて、ミュージカル『タイタニック』の観劇感想の続きです。  タイタニック号が氷山にぶつかったところで1幕は終わったので、2幕はどんな風に始まるのかと思って幕が上がるのを待ちました。同じメロディの中で、混乱する船員たち、そして等級によって案内される内容の違う乗客たち。けっして重苦しい楽曲ではないのですが、どこか不安定に感じさせるメロディ状況が分からず不平を漏らす1等客と2等客の乗客たち。楽曲のテンポが速 [続きを読む]
  • ミュージカル『タイタニック』ACT.1
  • ミュージカル『タイタニック』を観てきました。映画で有名なタイタニックではない、実際にタイタニック号に乗っていた乗客・乗員たちの物語です。トム・サザーランド版は2015年以来2度目となりますが、私は観るのがこれが初めて。  タイタニック号に乗船していた人々のいわゆる群像劇で、キャストもメインキャストの内3人(アンドリュース、イスメイ、スミス)以外は全キャストが早替えしながら2役以上を演じているというもの。 [続きを読む]
  • 2019 雪組 大劇場公演ラインナップ
  • 昨日、雪組さんの来年の大劇場公演の作品が発表されましたね。こちらは来年唯一の大劇公演となります。(さみしい)  ------------------------------------------------------------2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   幕末ロマン『壬生義士伝』〜原作 浅田次郎「壬生義士伝」(文春文庫刊)〜脚本・演出/石田 昌也ダイナミ [続きを読む]