noguchiizumi さん プロフィール

  •  
noguchiizumiさん: 野口泉 オイリュトミー 朝起きて夜寝る
ハンドル名noguchiizumi さん
ブログタイトル野口泉 オイリュトミー 朝起きて夜寝る
ブログURLhttp://noguchiizumi.com/
サイト紹介文オイリュトミスト 野口泉のページです。オイリュトミーとはR・シュタイナーの創った身体技法です。
自由文自己紹介 武蔵野美術大学映像学科卒。2002年より舞踏家笠井叡に師事、オイリュトミーを学ぶ。高橋悠治演奏「フーガの技法とオイリュトミー」(2008,2010)、「蝶たちのコロナ」(2013〜2015)、「毒と劔」(2015) など国内外の様々な公演に出演。いのち・むすびばとの共同公演「アシタノクニ」(2011)や、人形劇、シュタイナー農法研究会(「種まきカレンダーを読み解く」)など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 123日(平均2.6回/週) - 参加 2017/05/07 14:01

noguchiizumi さんのブログ記事

  • 7月はあっという間
  • 7月はクラウドファンドの記事作成、『桃』公演の本番、軽井沢、甲府、白州へ行ったり、稽古したりであっという間に過ぎてしまった。当初、二週間程度を見ていた記事作成におよそ三ヶ月かかっていた。ここまでに本当にたくさんの人の力を... [続きを読む]
  • 深夜猫
  • 5月6日 昼過ぎから三軒茶屋のシアタートラムへ。「花粉革命」笠井瑞丈公演。京鹿子娘道成寺「恋の手習い〜」からの舞が美しく印象的。ロビーでいろんな場所でお世話になった人たちと会えて嬉しかった。そのあと吉祥寺へ移動してインド... [続きを読む]
  • 連休
  • 5月3日 やっと連休!自分の完全オフ日は3日間。山になっている自分のしごとに取り掛かる。舌がまだ荒れていて塩気のあるものや、ジャンクな風味のものを摂ると、口内がイソギンチャクのようにキュワ〜っと収縮する感じがある。ナッツ... [続きを読む]
  • 「マジカル・チャイルドの記憶」
  • 5月2日 「マジカルチャイルドの記憶」再読する。数年前に読んだ時には、何も読めていなかったなと思う。しかし数年後に読んだらまた同じことを思うのかも。その時々で、訴えかけてくる部分が違う。自分の成長によって同じ本も受け取り... [続きを読む]
  • 口と腸
  •  5月1日 毎日、外のしごとだけで疲れきってしまう。なるべく水分と酵素のある食物を摂ること。こないだの強制的リセットからくずきり、寒天、わらびもち、ゼリーのようなものを欲するようになった。戸棚に残っていたドリトスをたべた... [続きを読む]
  • 4月
  • 3月30日 お墓参り。身体検査の結果を受け取り。整骨院のお手伝い。腰を痛めている若い人が多い。11月公演の宣伝撮影をしてくれる友人と打ち合わせ。誕生日プレゼントに多肉植物をいただいた!かわいい。    3月31日 藤野で... [続きを読む]
  • 春分あたり
  • 3月20日 春分。聴覚的ひろがり。 3月21日 本屋さん手伝い。「桃」の宣伝チラシ、ついに入稿。 3月22日 行動、決断するとき過去と未来から自分を双方向的に俯瞰できているか。 3月23日 新... [続きを読む]
  • 人と会う
  • 3月3日 甲府。「みなみ音楽教室」リフォーム中。「ブックカフェカピバラ」を併設するそう。オリジナルコーヒーもある!自然焼菓子工房rocoさんの桑の実ジャムいただく。作業しにきていた大工さんのヴィパッサナー瞑想の話や、イン... [続きを読む]
  • 風邪
  • 2月10日 水沢サンパレスホテル泊。祖父一周忌。 2月11日 目覚めたら尋常じゃないのどの痛み・・・ 2月12日 風邪二日目。東神奈川 バーナデット・ライヒレさん講座 2月13日 風邪三日目。元気がないと何一つできない。... [続きを読む]
  • 熱海など
  • 1月27日 一日中家の中のしごとを片付ける。そうじ、料理など。 1月28日 お墓まいりとカレーだった。あと仙台でファンチ(猫)が死んじゃった日。 1月29日 WS。美術予備校でお世話になってた小笠原さんが来てくれた。終わ... [続きを読む]
  • すごく寒い日に思う
  • 1月23日 すごく寒い日。1月がまだ終わっていないなんて信じられないほど、この一ヶ月でいろいろあった。この調子だとあっという間に半年経って一年経ってしまう。時間は本当に有限だ。気づいたらあの世にいたというようなことになら... [続きを読む]
  • 『響身』
  • 1月21日、22日 ペルセパッサオイリュトミー団公演『響身(ひびきみ)』本番。 ペルセパッサとしては約1年ぶりの公演。今回は群舞に出演させていただきました。 群舞の稽古はソロと違い、自分を客観視せざるを得ない状況を作り出... [続きを読む]