しいたどる さん プロフィール

  •  
しいたどるさん: しいたどるのコウラノウラ
ハンドル名しいたどる さん
ブログタイトルしいたどるのコウラノウラ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tamesuounokami/
サイト紹介文ナンセンス絵本と創作講談
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2017/05/07 16:23

しいたどる さんのブログ記事

  • ネコ講談5/十二匹集合!猫が招いた花蕾
  • 宝永五年と申しますから、徳川五代将軍綱吉の時代で御座います大坂のあみだ池と申しますから、ただ今の北堀江にある和光寺。このお寺の門前には数十軒の茶屋が軒を連ね、境内には浄瑠璃や講釈、見世物といった小屋が立ちが並び、天満や道頓堀にも劣らない一大歓楽街、今で言いますと浅草のような賑わいで御座います。その中に瀬川喜七一座と書かれた芝居小屋。この一座、座長の喜七は年の頃、二十一、二、水も滴るような艶やかな面 [続きを読む]
  • COP展
  • 2018 COLORS OF PALETTECafe Gallery Musashino(HP)にて6月7日(木)〜6月12日(火) 12:00〜19:00 今年のお題目は「雪の女王/アンデルセン」 最寄り駅は三鷹駅ですが 吉祥寺駅の北口2番乗り場から「吉53系統」のバスを使い 市民文化会館前停留所で降りるのがお薦めです。 Web絵本ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • ネコ講談5 講演
  •  六月十日(日)午前十時 開演/お江戸日本橋亭   地下鉄銀座線「三越前」駅出口A10番より徒歩三分         (詳細はこちら)   とりつ胴丸(しい たどる)新作/ネコ講談・第五弾     「十二匹集合!猫が招いた花蕾」    Web絵本ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • ネコ講談4/十二匹集合!新田岩松 猫大名
  • 宝永六年と申しますから、徳川六代将軍家宣の時代。上州は新田郡下田島と申しますから、ただ今の群馬県太田市。ここは旗本領で、領主は百二十石をいただいております岩松富純。年の頃四十代後半で評判の猫好きのお殿様で御座います。陣屋にはいつも、十数匹の猫が遊び戯れております。そんなある日のこと、岩松家の家老、毒島七右衛門が、「殿、今日も猫好きの村人や町家の者、宿場の女郎衆などが入れ替わり立ち替わり参ります。こ [続きを読む]
  • ネコ講談4 公演
  • 十二月三日(日)午前十時 開演/お江戸日本橋亭   地下鉄銀座線「三越前」駅出口A10番より徒歩三分         (詳細はこちら)   とりつ胴丸(しい たどる)新作/ネコ講談・第四弾     「十二匹集合!新田岩松猫大名」    Web絵本ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • ネコ講談1 公演
  •    九月九日(土)午前十時三十分 開演/お江戸日本橋亭     地下鉄銀座線「三越前」駅出口A10番より徒歩三分           (詳細はコチラ)        初心者コース発表会にて「子龍亭みかん」さんが         とりつ胴丸(しい たどる)作/ネコ講談・第一弾       「十二匹集合!梅か牡丹かニャンバラリ!!」を公演!            Web絵本ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • ネコ講談3/十二匹集合!ニャンと赤ひげ道中記
  • この話は、片方の目に光る文字が浮かびあがるという縁に導かれ、仔牛ほどもある大鼠を退治するために集った十二匹の猫たちの二匹、錆び猫と白猫の物語。宝永年間と申しますから、犬将軍綱吉の時代も終わり、六代将軍家宣の頃。じとじと降りしきる雨音を聞きながら、小さな社の床下を借りる、二匹の子猫。一匹は黒と焦茶が混じった毛色の小娘猫サビ。もう一匹は、入道雲のように真っ白な片目小僧シロ。この二匹、旅人や馬方から食べ [続きを読む]