いくぽこ さん プロフィール

  •  
いくぽこさん: アラサー女子世界ひとり旅
ハンドル名いくぽこ さん
ブログタイトルアラサー女子世界ひとり旅
ブログURLhttp://www.worldtrip193.com
サイト紹介文働きながら世界を旅する、アラサー女子の旅行記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2017/05/08 13:08

いくぽこ さんのブログ記事

  • 【ソウルたび7】結局明洞に行ってみた 夜遅くまでやっているスーパー
  •  焼肉横丁でおいしい焼肉を食べ、東大門でかき氷を食べ、服なんぞをそぞろ見て、韓国サイコーな夜。まだまだ帰りたくない気分!やっぱり行っちゃうか、明洞へ! 明洞も23時近くなると、お店は閉店。屋台がたくさん出てくる。わーい。楽しい そして、夜遅くまでやっているスーパーもあるんです。その名もハーモニーマート明洞!ここ、ほぼ日本人しかいない。。まあ、日本人がお土産に買っていくものばかりで、買い物しやすいかも [続きを読む]
  • 【ソウルたび6】一人でもちょうどいいサイズのかき氷店
  • 念願の焼肉横町に行けたこと、おいしかったこと、お腹いっぱいで大満足!と思っていたら、口の中はさっぱりしたもの、甘いものを求めていた! 例のやつ、パッピンスいっちゃう?と思ったけど、さすがにお腹いっぱいの状態で、あの量は無理。とりあえず、眠らない街「東大門」へ。何かあるでしょ。 ふらふらと東大門に到着。道ばたでフルーツを売っているおじさん、おばさん。屋台もたくさん。 もう少し歩を進めると、おしゃれで [続きを読む]
  • 【ソウルたび5】馬場洞の焼肉横丁 一人でもOK「ホナムッチ」
  •  ハラミ2人前ドーン!意外といけそう。だけど、韓国はおかずもいっぱいあるから、だんだんお腹いっぱいになってくるのよ 18時もすぎてくると、店内はお客さんでいっぱいに。隣のカップルは、数種類の盛り合わせを頼んでいる。サシが入った肉がおいしそう!これ頼みたかったけど、一人じゃとうてい無理しまいには、そのカップルも食べきれず、肉をお持ち帰り。食中毒とか大丈夫かなと、日本人的感覚で心配になる。 そして、この [続きを読む]
  • 【ソウルたび4】ついにディープな焼肉横丁(馬場駅)へ!
  •  ディープな焼肉横丁は、このマーケットからさらに進んでいきます。両側には肉屋さんが立ち並びます。この日は日曜だったからか、空いている店はほとんどなく静かでした。 それでもいくつかの店は、仕込みをしていたり(しかも外で)、おしゃべりしながら和気あいあいとした雰囲気。 さらにいくつかの店では、一階が肉屋、二階が焼肉屋になっているようで、客引きしているおばさんも。この辺りの焼肉屋は、ちょっと高級そう。 肉 [続きを読む]
  • 【ソウルたび3】ディープな焼肉横丁(馬場駅近く)への行き方
  •  今回の目的は、おいしいものの食べ歩き まずは、大好きな焼肉へ 以前、韓国に行ったときに、ソウルの観光本に載っている焼肉屋になんとかたどり着いたものの、あまりおいしくないという結果に。今回は、本当においしい焼肉を求めて、トリップアドバイザーや観光本でリサーチ。その結果、肉卸市場が並ぶ隣に位置しているという、焼肉横丁にターゲットと定めた。まっぷ○や、る○ぶには、大きく取り上げられてないのがいいよね。 [続きを読む]
  • 【ソウルたび 1】韓国LCCティーウェイ航空の利用価値
  •  日々の疲れ、自分へのごほうびから、さらっと韓国ソウルに行くことにしました。 いつものようにスカイスキャナーで検索!  ※スカイスキャナー:最安値の航空券を探すのに便利なサイトです。https://www.skyscanner.jp/ ティーウェイ航空という会社が安いらしい。調べてみると、韓国のLCCで、成田の他にも、大阪、札幌、熊本、佐賀などからインチョン行きが出ています。昔に比べると、地方空港からも飛んでいるって、便利に [続きを読む]
  • 【インドたび27】バラナシはやっぱりホーリーシティだった!
  •  5月インドも暑かったですが、日本も暑い。しかも、豪雨被災地の気温が高すぎる。どうか、みなさん助かったいのち、大切にしてください。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ドーサでおなかいっぱいになり、あとは短い時間で観光! Rくんが案内してくれたのが、ネパール寺院。観光客は5ルピーくらい?払いました。この日は、シヴァのお祭りなので、中がご開帳されていました。ラッキー。 そして、お寺の周りには [続きを読む]
  • 【インドたび26】ボート続きと、おいしいドーサ
  •  ボートは結果、乗ってよかったと思う!くもっていたけど、雲の切れ間から朝日が見えた!! ボートのお兄さんは、「きみはラッキーだよ!」と盛り上げてくれる。ありがたい。お兄さんが映画好きということなので、日本の映画知ってる?って聞くと、もちろんと自信満々。ブルース・リーいいよねと・・・うん、見分けつかないよね。知ってる そして、今日がシヴァのお祭り本番!この日はバングラッシー飲むんだよをご機嫌。ちなみ [続きを読む]
  • 【インドたび25】ガンジス川に抱かれて
  •  インド最後の日。この日は日の出を見るために、早起き。外はまだ暗い。6時にRくんとホテルの前で待ち合わせ。待ち合わせぴったりにホテル前へ。私、さすが日本人だと思う。Rくんいない。だよねーここインドだもんね 思い起こせば、ニューデリーでなぞのおじさんに旅行会社に連れていかれ、バラナシで空港送迎と、ガイドをつけることになったんだよね。そのときに、このボート代も入っていると聞いた気がするんだけどな なんて [続きを読む]
  • 【インドたび24】覚悟を決めた夜
  •  スーツケースは、届いてない。ATMは使えない。やばい。 覚悟を決めるしかない。謎のシャンプーを買い、もう化粧水はいいか。 そして、奇跡的に日本円1万円があることに気づく。Rくんに言って、レートのいい両替屋さんに連れて行ってもらう。そこまでレートはよくなかったけど、ここ観光地だから仕方ないね。 明日の朝は、日の出と合わせてボートに乗る予定。6時にRくんとホテル前に待ち合わせて、今日はお別れ。Rくんに明日の [続きを読む]
  • 【インドたび22】シヴァのお祭り前夜祭、米投げないでってば
  •  まずは、今日大阪北部で発生た地震に心を痛めています。夜は不安な気持ちになります。安全な場所で睡眠をとってください。助かった大事ないのちだから。------------------------------------------- 某歩き方の本を読んでいたら、私がバラナシに滞在する日(2018年2月13日)が「シヴァのお祭り」と書いてあった。小さなお祭りだと思っていたら・・・というお話です。 レストランを出ると、若者の大群がガンガ(ガンジス川)沿 [続きを読む]
  • 【インドたび19】続・グッドカルマとは?!
  •  この旅一番の見所、バラナシのマニカルニカーガート(火葬場)。ここで燃やされ灰となり、聖なる川、ガンジス川に流される。ヒンズー教徒にとって、一番の名誉。 マニカルニカーガートのネタが続き、写真がなくなった(関係ない写真をどうぞ)↓ サドゥー就寝  そこで、案内してもらったボランティアガイドの青年が、あふれる清涼感で言ってきた。「一体焼くのに、薪代が全部で4000ルピーかかるんです。払えない貧しい人もい [続きを読む]
  • インドで日本人女性が暴行の被害を受けた事件について
  •  大好きなインドで、残念な事件が起きてしまいました。-------------------------------------------------------------------------------------- 現地紙「タイムズ・オブ・インディア」などによると、5月30日、同国北部のヒマーチャル・プラデーシュ州マナリで、観光客の日本人女性がタクシーの運転手に強姦された。  現地警察によると、女性は目的地とは違う人けの少ない森に連れていかれ、「抵抗すれば仲間を呼んで輪姦す [続きを読む]
  • 【インドたび18】マニカルニカーガートにて。グッドカルマとは?!
  •  マニカルニカーガート(火葬場)に足を踏み入れた私。  ボランティアガイドさんの説明によると、胸や、おしり、女性の子宮は、体の中で大事な部分なので分厚く燃えにくいのです。燃え残ったものはあちらに固めてあります。 そこに、犬、犬、犬。ひょえー!! 状況がつかめず、ぼーっと見渡していると、ボランティアガイドさんが、「見て」と。炎をよく見ると、足の指がそのまま残っているのが見える。 わー!!!本当にここ [続きを読む]
  • 【インドたび16】スーツケースの行く末・・・?
  •  ガンジス川と初対面して、プジャーを見て、カオスな町に浸りながらも、頭の片隅でもやもやとスーツケースのことがよぎる。 傾斜で遊ぶこどもたち↓  ガイドRくんに「私の荷物ホテルに届いているかな?なくなったこと、知ってるよね?」と聞くと、「もちろん聞いてるよ。不運だったね。あとでホテルに行ってチェックしよう」 私のチャラ男レーダーが即作動したという、ちょっとイケメンなガイドRくん。小さくて明るくて、どこ [続きを読む]
  • 【インドたび15】ガンジス川でプジャーを見る!
  •  スーツケースがなくなったせいで、予定が大きく変わった一日。そう、ここはインドなのです(開き直り)<予定>ガンジス川を見ながらでゆっくり。沐浴する人をぼんやり眺める。または、ガンジス川が見えるカフェでまったり、生死を考えたりなんかして。↓<結果>スーツケースが届いていないというハプニング。本場とは言えないアーユルヴェーダを受ける。髪がオイリーすぎるくらいオイリーですっぴんで、フランス人のすてきな男 [続きを読む]
  • 【インドたび14】ガンジス川が見えた瞬間!
  •  オイリーな髪はどうにもならないから、そうそう!肝心な荷物!ドライバーさんに「スーツケースどうだった?」と聞くと、「まだ連絡していないよ」って。うそでしょ?!そう、ここはインドだった(ってこれ今日何回目w)。 「きみのホテルまでは車が入れないから、彼に案内してもらって」と、他のガイドさん登場。「ナマステ!」彼は若くて明るい笑顔であいさつしてきた。目が大きくイケメン!そして、絶対チャラい!!!私のチ [続きを読む]