top-goukaku さん プロフィール

  •  
top-goukakuさん: 不動産鑑定士試験トップレベル合格への「黄金法則」
ハンドル名top-goukaku さん
ブログタイトル不動産鑑定士試験トップレベル合格への「黄金法則」
ブログURLhttp://topgoukaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文論文合格への黄金法則 ①会計学で上位3〜5%に入る。 ②鑑定基準最速暗記メソッドをマスターする
自由文40歳以上の受験生が、不動産鑑定士試験にトップレベル合格を実現するためのブログです。
 
 不動産鑑定士短答式試験では、年齢別の合格率にさほど違いはありません。しかし、論文式試験になると、特に40歳以上の受験生の合格率は急速に低くなります。

 つまり、人とは違った不動産鑑定士試験「合格戦略」を持って、質の高い学習をする必要があると言えるでしょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 113日(平均4.8回/週) - 参加 2017/05/08 16:01

top-goukaku さんのブログ記事

  • アド10 発表後アドバイス第3弾 - 受験技術を高める
  • <論文式試験 合格発表を受けてのアドバイス 第3弾>[ 特に、鑑定理論は「論文合格への受験技術」を高める ] 2017年(平成29年) 問題2において、「基準総論 第5章 鑑定評価の基本的事項 第1節 対象不動産の確定 Ⅰ 対象確定条件」に関する問題が出題されました。 過去の出題を分析すると、同じ個所から数年連続して出題されるという傾向がよく見受けられます。 したがって、上記「総論 第5章 第1節 Ⅰ」の箇所も [続きを読む]
  • アド9 発表後アドバイス第2弾 - 不合格の原因分析を
  • <論文式試験 合格発表を受けてのアドバイス 第2弾>[ 論文不合格の原因分析を行う ] 論文不合格の原因分析を行わずに、本格的に再スタートを切る人は不動産鑑定士試験に限らず多いものです。 しかし、これをやらないと、何年も合格できないことになってしまいかねません。 問題は、どのように自己分析するかです。努力が足りなかった・時間がなかったというレベルでは、原因分析をやっていないに等しいと言えます。[ なぜ不 [続きを読む]
  • アド8 合格発表を受けてのアドバイス 第1弾
  • <論文式試験 合格発表を受けてのアドバイス 第1弾> これから、2018年合格に向けて節目のスタートとなります。難関国家資格試験は、予備校を利用して不合格となるのが一般的なので、それほど気落ちすることはありません。 本気で18年合格を目指すために、以下何点か確認しておくことがあります。[ 受験を取り巻く環境を知っておく ]・ 論文式試験合格率は15%程度と高めに推移・ 東京都心部では、オリンピック後も続く大規 [続きを読む]
  • 論文合格への「黄金法則」 - 不動産鑑定士論文式試験
  • <不動産鑑定士 論文式試験 「合格への黄金法則」>? 論文式試験合格への「基本戦略」① 極端に点の低い科目は作らない。② 鑑定理論で安定的に合格点を取る。? ?に加えて、「論文トップレベル合格講座」が推奨する「論文合格への黄金法則」? 「論文会計学(教養科目)」で、「最小の努力で上位3〜5%に入ることのできる答案作成力」を身につけること。? 鑑定理論(基準&留意事項) 最速暗記メソッドをマスターする [続きを読む]
  • 留意事項総論 第9章(目次&見出し)
  • <鑑定基準各論 outline(目次&見出し)>[ Ⅶ 「総論第9章 鑑定評価報告書」について ]? 依頼者、提出先等及び利害関係等の確認について? 対象不動産の確認について ? 確認方法について ? 実地調査について? 鑑定評価の手法の適用について 1) 「論文会計学」で上位3〜5%以内を実現する2) 合格ラインを確実に突破する「鑑定基準 最速暗記メソッド」 [ 不動産鑑定士試験ブログ ] 不動産鑑定士試験トップレベル [続きを読む]
  • 今週のブログ予定
  •  毎週水曜日頃にUPしている「論文対策の学習アドバイス」は、10/20の合格発表後にUPする予定です。受験勉強に関するノウハウを習得しながら対策を行うのと、まったく関心を持たずに進めていくのとでは、結果が大きく異なるのは当然と言えるでしょう、 現在、来年の不動産鑑定士論文式試験合格に向けて学習している方、10/20の合格発表を受けてから今後の進路を決める方、いずれの方もぜひ参考にしてください。 1) 「論文会計学 [続きを読む]
  • 基準各論 第1章(目次&見出し)
  • <鑑定基準各論 outline(目次&見出し)>[ 第1章 価格に関する鑑定評価 ]第1節 土地Ⅰ 宅地 ? 更地 ? 建付地 ? 借地権及び底地  ? 借地権   ① 借地権の価格   ② 借地権の鑑定評価    ア 借地権の取引慣行の成熟の程度の高い地域    イ 借地権の取引慣行の成熟の程度の低い地域  ? 底地 ? 区分地上権Ⅱ 農地Ⅲ 林地Ⅳ 宅地見込地第2節 建物及びその敷地Ⅰ 自用の建物及びその [続きを読む]
  • 基準各論 第2章(目次&見出し)
  • <鑑定基準各論 outline(目次&見出し)>[ 第2章 賃料に関する鑑定評価 ]第1節 宅地Ⅰ 新規賃料を求める場合 ? 新規賃料の価格形成要因 ? 宅地の正常賃料を求める場合 ? 宅地の限定賃料を求める場合Ⅱ 継続賃料を求める場合 ? 継続賃料の価格形成要因 ? 継続中の宅地の賃貸借等の契約に基づく実際支払賃料を改定する場合 ? 契約上の条件又は使用目的が変更されることに伴い賃料を改定する場合第2節 建 [続きを読む]
  • 基準各論 第3章(目次&見出し)
  • <鑑定基準各論 outline(目次&見出し)>[ 第3章 証券化対象不動産の価格に関する鑑定評価 ]第1節 証券化対象不動産の鑑定評価の基本的姿勢Ⅰ 証券化対象不動産の範囲Ⅱ 不動産鑑定士の責務第2節 証券化対象不動産について未竣工建物等鑑定評価を行う場合の要件第3節 処理計画の策定Ⅰ 処理計画の策定に当たっての確認事項Ⅱ 確認事項の記録Ⅲ 鑑定評価の依頼目的及び依頼者の証券化関係者との関係第4節 証券化対 [続きを読む]
  • 基準総論 第1章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第1章 不動産の鑑定評価に関する基本的考察 ]第1節 不動産とその価格 第2節 不動産とその価格の特徴第3節 不動産の鑑定評価第4節 不動産鑑定士の責務 1) 「論文会計学」で上位3〜5%以内を実現する2) 合格ラインを確実に突破する「鑑定基準 最速暗記メソッド」 [ 不動産鑑定士試験ブログ ] 不動産鑑定士試験トップレベル合格への「黄金法則」 [続きを読む]
  • 基準総論 第2章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第2章 不動産の種別及び類型 ]第1節 不動産の種別Ⅰ 地域の種別Ⅱ 土地の種別第2節 不動産の類型Ⅰ 宅地Ⅱ 建物及びその敷地 1) 「論文会計学」で上位3〜5%以内を実現する2) 合格ラインを確実に突破する「鑑定基準 最速暗記メソッド」 [ 不動産鑑定士試験ブログ ] 不動産鑑定士試験トップレベル合格への「黄金法則」 [続きを読む]
  • 基準総論 第3章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第3章 不動産の価格を形成する要因 ]第1節 一般的要因Ⅰ 自然的要因Ⅱ 社会的要因Ⅲ 経済的要因Ⅳ 行政的要因第2節 地域要因Ⅰ 宅地地域 ? 住宅地域 ? 商業地域 ? 工業地域Ⅱ 農地地域Ⅲ 林地地域第3節 個別的要因Ⅰ 土地に関する個別的要因 ? 宅地  ? 住宅地  ? 商業地  ? 工業地 ? 農地 ? 林地 ? 見込地及び移行地Ⅱ 建物に関する個別的要 [続きを読む]
  • 基準総論 第4章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第4章 不動産の価格に関する諸原則 ]Ⅰ 需要と供給の原則Ⅱ 変動の原則Ⅲ 代替の原則Ⅳ 最有効使用の原則Ⅴ 均衡の原則Ⅵ 収益逓増及び逓減の原則Ⅶ 収益配分の原則Ⅷ 寄与の原則Ⅸ 適合の原則Ⅹ 競争の原則Ⅺ 予測の原則 1) 「論文会計学」で上位3〜5%以内を実現する2) 合格ラインを確実に突破する「鑑定基準 最速暗記メソッド」 [ 不動産鑑定士試験ブログ ] 不動産 [続きを読む]
  • アド7 合格を引き寄せる思考2
  • <論文〜合格を引き寄せる思考 PART2> PART1では、不動産鑑定士試験を含む難関国家試験では、次の2タイプの問題が出題されると書きました。タイプ1: 既知の問題(基本レベルの問題)タイプ2: 未知の問題(基本から外れた問題) そして、確実な合格を引き寄せるためには、次のように配点されていると仮定して、受験勉強を進めていくことが重要となると私は考えています。[ 難関国家試験における配点(合格のた [続きを読む]
  • 基準総論 第5章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第5章 鑑定評価の基本的事項 ]第1節 対象不動産の確定Ⅰ 対象確定条件Ⅱ 地域要因又は個別的要因についての想定上の条件Ⅲ 調査範囲等条件Ⅳ 鑑定評価が鑑定評価書の利用者の利益に重大な影響を及ぼす場合における条件設定の制限Ⅴ 条件設定に関する依頼者との合意等第2節 価格時点の確定第3節 鑑定評価によって求める価格又は賃料の種類の確定Ⅰ 価格 ? 正常価格 ? [続きを読む]
  • 基準総論 第6章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第6章 地域分析及び個別分析 ]第1節 地域分析Ⅰ 地域分析の意義Ⅱ 地域分析の適用 ? 地域及びその特性  ? 用途的地域   ① 近隣地域   ② 類似地域  ? 同一需給圏   ① 宅地    ア 住宅地    イ 商業地    ウ 工業地    エ 移行地   ② 農地   ③ 林地   ④ 見込地   ⑤ 建物及びその敷地 ? 対象不動産に係る市場 [続きを読む]
  • 基準総論 第7章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第7章 鑑定評価の方式 ]第1節 価格を求める鑑定評価の手法Ⅰ 試算価格を求める場合の一般的留意事項 ? 一般的要因と鑑定評価の各手法の適用との関連 ? 事例の収集及び選択 ? 事情補正 ? 時点修正 ? 地域要因の比較及び個別的要因の比較Ⅱ 原価法 ? 意義 ? 適用方法  ? 再調達原価の意義  ? 再調達原価を求める方法 3.減価修正  ? 減価の要因 [続きを読む]
  • アド6 合格を引き寄せる思考1
  • <論文〜合格を引き寄せる思考 PART1 〜 18年論文対策 学習アドバイス6>> 不動産鑑定士試験を含む難関国家試験では、次の2タイプの問題が出題されます。 タイプ1: 既知の問題(基本レベルの問題) タイプ2: 未知の問題(基本から外れた問題)<比較的短期で合格していく受験生>・ タイプ1の問題で、点数を取るのに優れている。・ 基本について、相対的に丁寧な論述をする。・ 基礎知識を利用して、未知の問題 [続きを読む]
  • 基準総論 第8章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第8章 鑑定評価の手順 ]第1節 鑑定評価の基本的事項の確定第2節 依頼者、提出先等及び利害関係等の確認第3節 処理計画の策定第4節 対象不動産の確認 Ⅰ 対象不動産の物的確認 Ⅱ 権利の態様の確認第5節 資料の収集及び整理 Ⅰ 確認資料 Ⅱ 要因資料 Ⅲ 事例資料第6節 資料の検討及び価格形成要因の分析第7節 鑑定評価の手法の適用第8節 試算価格又は試算賃 [続きを読む]
  • 基準総論 第9章(目次&見出し)
  • <鑑定基準総論 outline(目次&見出し)>[ 第9章 鑑定評価報告書 ]第1節 鑑定評価報告書の作成指針第2節 記載事項第3節 附属資料 1) 「論文会計学」で上位3〜5%以内を実現する2) 合格ラインを確実に突破する「鑑定基準 最速暗記メソッド」 [ 不動産鑑定士試験ブログ ] 不動産鑑定士試験トップレベル合格への「黄金法則」 [続きを読む]
  • 鑑定基準・留意事項 outline(目次&見出し)
  • <鑑定基準・留意事項 outline(目次&見出し) 〜 最速暗記に向けて> 鑑定基準・留意事項を記憶する際の工夫として、目次・見出しを見ながら記憶することが効果的です。今、自分が全体のどの部分を覚えているのかを、意識しながら進めていくのです。 目次だけだと大まかすぎるので、各見出しも参考に記憶する作業を進めていくことが最善の方法と言えるでしょう。このカテゴリにある「目次&見出し」を学習に役立ててみてくださ [続きを読む]
  • 企業会計原則 財表H23
  • <税理士試験 財務諸表論 - 企業会計原則(継続性の原則) 2011(H23)>[ 問題 ] 次の文章は、「企業会計原則注解」の一部を抜粋したものである。この文章に関連する以下の問に答えなさい。 「企業会計原則注解」 企業会計上継続性が問題とされるのは、1つの会計事実について2つ以上の会計処理の原則又は手続の [ ① ] が認められている場合である。  このような場合に、企業が選択した会計処理の原則及び手続を毎期継続し [続きを読む]
  • 企業会計原則 財表H29
  • <税理士試験 財務諸表論 - 企業会計原則(損益計算書原則) 2017(H29)>[ 問題 ] 以下に抜粋したのは、「企業会計原則」第二 損益計算書原則 一Aの第一文である。空欄 [ A ] から空欄 [ C ] までに挿入すべき語句の組み合わせを正しく示しているものを選び、記号で答えなさい。 「すべての費用及び収益は、その [ A ] 及び [ B ] に基づいて計上し、その [ C ] した期間に正しく割当てられるように処理しなければなら [続きを読む]
  • アド5 上位者と下位者の違い
  • <論文成績上位者と下位者の「決定的な違い」 〜 18年論文対策 学習アドバイス5>> 多くの受験生を見てきてわかることは、論文式試験における成績上位者と下位者は、重視しているものがまったく異なるということです。 成績上位者: 「質の高い問題演習」を学習の中心にする。          学習の初期段階から、問題演習を重視する。 成績下位者: 講義の視聴等、いわゆるインプットに時間をかける。        [続きを読む]
  • 減損会計 財表H27
  • <税理士試験 財務諸表論 - 減損会計 2015(H27)>[ 問題 ] 次の文章は、「固定資産の減損に係る会計基準」及び「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準」の一部を抜粋したものである。以下の問に答えなさい。「固定資産の減損に係る会計基準」三 減損処理後の会計処理?  [ ① ] 減損処理を行った資産については、減損損失を控除した帳簿価額に基づき [ ① ] を行う。「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準 [続きを読む]