かふか さん プロフィール

  •  
かふかさん: KafukaTimes
ハンドル名かふか さん
ブログタイトルKafukaTimes
ブログURLhttp://jgptmjnj.blogspot.jp/
サイト紹介文スポーツ、NEWS、政治などを書いています。毎日更新してます(^-^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 167日(平均12.9回/週) - 参加 2017/05/08 23:12

かふか さんのブログ記事

  • 枝野勝て!立憲民主党勝て!
  • いよいよ明日に迫った衆議院選挙。台風が迫っているので明日の投票が厳しくなりそうな人は期日前投票をしておいたほうがいいでしょう。全国で立候補者の演説や応援演説が必死にされている中とんでもない発言をしたという情報が飛び交っています。岩手県一関市で自民党の丸山議員が有権者に向かい「相手候補に投票する人は脳がおかしい」と発言していたのです。丸山議員は参議院議員なので自民党立候補者の応援演説をしていたのでしょ [続きを読む]
  • 明日21日、東京大作戦ファイナル!「新宿駅南口バスタ前」
  • 明日10月21日、17時15分から新宿駅南側バスタ前で東京大作戦ファイナルという大々的なイベントを立憲民主党が実施します!ぜひ参加しましょう(^-^)個人でももちろん、友人や家族などを誘って参加するのもいいと思います。枝野さんの演説は本当に素晴らしく感動すると思います。やっと国民の側を見てくれる政党が誕生してくれたなと感じます。もちろん社民党、共産党も素晴らしい政党だとは思うけど立憲民主党に僕は期待したい。障 [続きを読む]
  • 立憲民主党が躍進すれば政治は変わる!投票率を上げよう!
  • 選挙情勢は自民党、公明党が有利と伝えるメディアは依然として多い。しかし一部のメディアの選挙情勢を見るとまだまだわからないと伝えているところもあります。自民党は289議席を取るのではないかと言われていますがそのうち約半数の140の選挙はまだどうなるかわからないというのです。期日前投票の投票率を見ると過去最高の410万人、有権者の3.8%が投票しています。これは民主党政権誕生のときよりも高い数字だ。組織票では圧倒 [続きを読む]
  • 緊急事態条項の危うさ。権力が首相に集中
  • 選挙の予想は与党の圧勝がよく伝えられています。そうなればもちろん憲法改正が現実味をおびてくるだろう。与党だけではなく維新、希望なども憲法改正には前向きな姿勢をみせています。反対派は立憲民主党、共産党、社民党などの立憲野党でどの程度議席を取れるか。憲法改正といってもどの部分を改正するかはそれぞれ違うと思います。僕が一番気になるのが自民党草案に入っている緊急事態条項。これは日本に有事があったときに首相 [続きを読む]
  • CSシリーズ、阪神vsDeNA ファイナル進出はDeNA
  • 初戦を取って有利だったはずの阪神がDeNAにまさかの連敗でファイナル進出はなりませんでした。2戦目の雨の中の試合を落としてしまったのが明暗を分けた。本来ならば中止にしなければいけない試合。条件は同じとはいえ普通ならありえないコンディションの中での試合でした。そこでDeNAを勢いづかせてしまい今日先発の能見さんも初回から打ち込まれて早々に降板してしまう。打線はDeNA先発のウィーランドを打ちあぐねて1点を取るのが [続きを読む]
  • 立憲民主党が希望の党を逆転、支持率上昇!
  • 立憲民主党の支持率は確実に上がってきています。希望の党を上回り自民党の次に高い支持率となった。これは国民の受け皿は希望ではなく立憲民主党であることの証し。今回は急な結党で立候補者の人数を揃えることはできなかったが必ずや次に繋がるステップとなるでしょう。野党の主役は間違いなく小池氏から枝野さんへと代わったと思います。立憲主義を取り戻す。当たり前のことでありシンプルなスローガンです。しかし立憲主義がな [続きを読む]
  • クライマックスシリーズ1ステージ、阪神vsDeNA 2戦目
  • クライマックスシリーズの1ステージ、阪神vsDeNA第2戦雨のため1時間遅れとなった今日の試合はやはりグランドコンディションや雨の影響で試合がかなり荒れました。阪神の先発は秋山、DeNAの先発は今永です。両投手とも今シーズンは安定した成績を残しています。しかし雨の影響は相当にありましたね。点の取り合いになりました。DeNAは筒香、ロペスが猛打賞。筒香は6打数4安打の2打点です。ロペスは5打点3安打3打点。チームとしても2 [続きを読む]
  • CSシリーズ1ステージ、阪神vsDeNA 阪神が完勝
  • クライマックスシリーズ、ファーストステージの阪神vsDeNA先発は阪神がメッセンジャーDeNAが井能で始まりました。メッセンジャーは巨人戦でピッチャー返しを足にあててしまい戦線離脱をしていたが早い復帰となりCSに間に合ってくれた。DeNAは今永も予想していたが井能。予想通りメッセは好投してくれてDeNAに連打を許しません。しかし井能も調子がよく5回までお互いに0点でゲームは進んだ。そして6回、ランナーを一人おいてベテラ [続きを読む]
  • 衆議院選挙の争点は安倍政権を支持するのか支持しないのかに尽きる
  • 今月22日に投開票が行われる衆議院選挙。争点は憲法、消費税、原発などいろいろありますね。しかしすべて含めてやはり安倍政権を問う選挙だと思います。安倍政権を支持するのかしないのか。安倍総理は自民公明で過半数を割らない限り退陣はしない、続けるとしています。つまり自民党が下野しない限り安倍政権は続くのです。安倍政権の支持率はけして高くはない、支持と不支持が逆転しているところもあります。にも関わらず選挙情勢 [続きを読む]
  • 民主主義の基本は選挙、棄権運動など理解できない
  • 今月22日に行われる衆議院選挙。注目されるのは投票率です。前回の選挙は52%。圧倒的に低いです。これだけ低いと民意と言えるのかどうかすらあやしい。52%の投票した人のうちからさらに自民党、公明党への投票率となれば低くなるわけですから有権者全体から見れば少数派とも言えます。これはせめて70%くらいまで投票率を上げなければいけないのに最近では思想家の人が選挙の棄権運動をしているというからまったく理解に苦しみま [続きを読む]
  • この事件を過失致死と呼べるのか
  • 今年6月に東名高速道路で起きた悲惨な事件。犯人は過失運転致死容疑で逮捕されました。しかしこれを過失致死とするのはあまりに理不尽です。逮捕された犯人はパーキングエリアでマナー違反の駐車の仕方をしていて被害者に注意されたという。他の人が犯人の車が邪魔で通りづらい状態だったらしく注意されても仕方ないと思うし明らかな逆恨みです。その後犯人は恐ろしい行為にでます。被害者の車を猛スピードで追いかけて追い抜き急 [続きを読む]
  • 党首討論を聞いての感想②
  • 昨日も党首討論をやっていました。日テレ系や夜はTBS系でもやっていた。感想としてはやはり森友、加計学園問題を質問されたときの安倍総裁は歯切れが悪いかな。森友問題などは新たな証拠も出てきていてまだまだ解決したとは言えません。森友と財務省は交渉していないと財務省の官僚は答弁していたと思うが交渉の録音データが出てきています。他にも黒塗りの資料もあるし情報公開をしないと国民は納得しないでしょう。こころの人は [続きを読む]
  • 立憲民主党の公約、日本に立憲主義を取り戻す!
  • 立憲民主党が公約を発表しています。公約の中身は1・生活の現場から暮らしを立て直します・長時間労働の規制、最低賃金の引き上げ、同一価値労働同一賃金の実現・保育士、幼稚園教論、介護職員の待遇改善、給与引き上げ。診療報酬、介護報酬引き上げ。医療、介護の自己負担の軽減・正社員の雇用を増やす企業への支援。中小企業、小規模零細事業所に対する社会保険料負担の減免・児童手当、高校授業料無償化ともに所得制限の廃止、 [続きを読む]
  • 昨日、今日と党首討論番組を見ての感想
  • 昨日はネット党首討論、今日は日曜討論、記者クラブと各党の党首討論が行われています。僕は専門家でもないので経済も外交もわかりません。しかし選挙も近いのでしっかりと各党党首の話を聞きたいと思い普段は見ないこういった番組を昨日今日と視聴してきました。最初に印象をもったのは1分とか30秒とか時間制限があるがその時間内に答えをまとまられる党首が少ないですね。時間オーバーしている党首がたくさんいます。時間がちょ [続きを読む]
  • 立憲民主党に対する誹謗中傷は根拠なき批判だ
  • 立憲民主党が結党して数日がたちます。応援の声のほうが圧倒的に大きいとは思うが中には心ない批判も存在する。その批判というのはまるで根拠のないものでただたんに立憲民主党の批判をしたいのだなと感じます。例えば枝野さんが立憲民主党を結党した理由について希望の党に行けなかったからしょうがなく結党したと言う人がいる。それはまるで当てはまらないと思います。たしかに民進党の両院議員総会では全開一致で希望との合流が [続きを読む]
  • 希望の党、公約発表
  • 希望の党が公約を発表しました。1.消費税、増税凍結2.議員定数、議員報酬削減3.ポストアベノミクス(ユリノミクス)4.原発ゼロへ5.雇用、教育、福祉の充実6.ダイバーシティー社会の実現7.地域の活力と競争力の強化8.憲法改正9.危機管理の徹底・希望の道しるべ 12のゼロ1.原発ゼロ 2.隠蔽のゼロ3.企業団体献金ゼロ 4.待機児童ゼロ5.受動喫煙ゼロ 6.満員電車ゼロ7.ペットの殺処分ゼロ 8.フードロスゼロ 9.ブラック企業ゼロ10.花 [続きを読む]
  • 連合は希望の党、細野氏らを支援せず
  • 連合は今回の衆議院選挙で希望の党、そして先に民進党から出ていった細野氏らの支援をしないことを決めたようです。支援に関しては元民進党議員を党ではなく個別に支援するということになります。連合としては自分達の組織の要望と民進党議員を全員希望の党に合流するという話のはずだったのですがまったく流れは変わってきたようです。連合の支援のなくなった希望の党の議員はこれで選挙戦はかなり厳しくなりましたね。前原氏は今 [続きを読む]
  • 枝野さんが立憲民主党を立ち上げ!立憲主義を守る!
  • 民進党代表代行の枝野さんが立憲民主党を結党しました。昨日の会見のじてんでは構成員は1人と言っていたけど報道では40人から50人になると言われています。菅さん、長妻さん、阿倍さん、辻本さんは立憲民主党に入党すると表明していて赤松さんも加わると見られている。この立憲民主党は日本の立憲主義や自由をしっかりと守っていこうという政党です。憲法学者の多くから違憲という声が上がっている安保法制。自民党、公明党、希望 [続きを読む]
  • 枝野氏が新党立ち上げ!リベラル派結集!
  • 民進党リベラル派のメンバーが枝野さんをトップに新党を立ち上げます。党名は立憲民主党が有力でメンバーには赤松さんや辻本さん、阿倍さん、長妻さんなどの名前があり、参議院からも相原さん、有田さん、江崎さん、神本さんの名前が上がっている。他にも自由党の森さん、山本太郎さんは希望の党合流に否定をしましたのでリベラル派新党に合流する可能性はあります。あとはスキャンダルで離党した山尾さんがリベラル派に合流するの [続きを読む]
  • 枝野氏をトップに新党結成なるか
  • 民進党のリベラル派がどうなるのか、今日が山場になりそうです。前原代表は枝野さんに対して今日の夕方まで待ってくれと語ったという。リベラル派は民進党の公認が得られなければ新党を作ることを模索しています。希望の党は憲法改正、安保法制を理由に民進党リベラル派を排除にかかっていて民進党の公認はないと話す前原代表の方針が変わらなければ行き場がない。無所属となれば当然比例復活はなく背水の陣になります。民進党なの [続きを読む]
  • 朝まで生テレビ、衆議院選挙直前各党論客出演
  • 衆議院選挙直前、各党論客が朝まで生テレビに出演しました。残念ながら自由党だけ出演者がいなかった。議論は大きく別けて2つ・北朝鮮問題・衆議院選挙この2つです。北朝鮮問題に関しては国会議員の皆さんの他に国際政治学者の三浦瑠璃さんや朝鮮半島専門家の武貞さんなど論客の皆さんが議論を熱くしていた。最初に司会の田原さんが自ら動き外務大臣や総理にアメリカと北朝鮮の間をとりもち対話を促していたことを発表しました。 [続きを読む]
  • 理念を曲げてまで希望にすがるか
  • 今朝行われた前原、小池会談。小池代表は「民進党の議員全員を受け入れる気はさらさらない」とはっきり断言した。現在希望と民進の間での調整は民進党議員をABCランクに別けて調整中らしい。過去の発言などから憲法、安保法制に対する考え方で公認するかどうか決めるという。前原さんは全員に公認をもらえると言い党内を納得させたが話が全然違います。民進党はずっと安保法制を違憲として反対してきました。それは細野さんが政調会 [続きを読む]
  • 民進党が事実上の解党。保守の2大政党ができようとしている
  • 野党第1党の民進党が希望の党に吸収されます。前原代表は合流と言っているが合流というよりは吸収という表現のほうが合うと思う。希望の党が狙っているのは民進の資金、組織力。希望の党の公認を得られるかどうかは議員の選別をして「憲法改正」「安保法制」の容認の踏み絵をふませるという。民進の中のリベラル派は憲法改正には消極的だし安保法制を違憲だと言って批判してきた。それを容認してから希望の党にこいというのだからとて [続きを読む]